竹内愛一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
竹内 愛一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府
生年月日 1903年
没年月日 1972年
身長
体重
170 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
初出場 1941年
最終出場 1941年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

竹内 愛一(たけうち よしかず、1903年 - 1972年)は、京都府出身のプロ野球選手投手)、監督

来歴・人物[編集]

1921年京都一商全国高等学校野球選手権大会準優勝。早稲田大学野球部でも引き続き投手として活躍し、19年ぶりに行われた1925年早慶戦で先発・完封した。

早大卒業後は、社会人野球の全京都、神戸スタークラブを経て、1941年にはプロ野球朝日軍の監督に就任(同年は選手兼任)し、1942年1943年には弱小だった同チームをAクラスまで引き上げた。

戦後の1946年には中部日本の監督に就任。ショーマンシップがあった[1]が、酒絡みのトラブルで選手からは反発され、7月には更迭された。同年、プロ野球加盟を目指す東京カッブスの監督に就任するが、早朝からの飲酒・放蕩等の不行跡のため、またしても更迭された。

1947年には国民野球連盟加入を目指す熊谷ゴールデン・カイツの監督として登録されるが、親会社の熊谷組が同リーグの宇高レッドソックスを買収したため、頓挫した。同年秋には京都府出身者を中心に「京都団」というチームの結成を試みたが、叶わなかった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1941 朝日 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 18 2.2 3 0 6 -- 1 2 1 0 5 1 3.00 3.38
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 18 2.2 3 0 6 -- 1 2 1 0 5 1 3.00 3.38

年度別監督成績[編集]

年度 球団 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率
1941 朝日 8位 85 25 59 1 .298
1942 4位 105 49 50 6 .495
1943 3位 84 41 36 7 .532
1946 中部日本 7位 36 13 21 2 .382
通算 310 128 166 16 .435

背番号[編集]

  • 30 (1941年 - 1943年、1946年)

脚注[編集]

  1. ^ 『中日ドラゴンズ70年 - 昇竜の軌跡』 ベースボール・マガジン社、2005年ISBN 978-4583613246

関連項目[編集]