2007年の北海道日本ハムファイターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
2007年の北海道日本ハムファイターズ
成績
日本シリーズ敗退
日本S:1勝4敗(対中日)
CS 2nd:3勝2敗(対ロッテ)
パシフィック・リーグ優勝
79勝60敗5分 勝率.568
本拠地
都市 北海道札幌市豊平区
球場
札幌ドーム
Sapporo dome view from seats.jpg
球団組織
オーナー 大社啓二
経営母体 日本ハム
監督 トレイ・ヒルマン
« 2006
2008 »

2007年の北海道日本ハムファイターズ(2007ねんのほっかいどうにっぽんハムファイターズ)では、2007年北海道日本ハムファイターズにおける動向をまとめる。

この年の北海道日本ハムファイターズは、トレイ・ヒルマン監督の5年目のシーズンであり、2年連続4度目のリーグ優勝に輝いたシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 森本稀哲
2 田中賢介
3 稲葉篤紀
4 セギノール
5 木元邦之
6 高橋信二
7 グリーン
8 坪井智哉
9 金子誠
投手 ダルビッシュ有
2007年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 ソフトバンク -- ロッテ -- 日本ハム -- 日本ハム -- 日本ハム -- 日本ハム --
2位 西武 1.0 ソフトバンク 2.5 ロッテ 0.5 ソフトバンク ソフトバンク 3.0 ロッテ 2.0
3位 ロッテ 2.0 日本ハム 4.5 ソフトバンク 1.0 ロッテ 4.0 ロッテ 3.5 ソフトバンク 6.0
4位 日本ハム 5.5 楽天 7.0 西武 6.5 西武 6.0 西武 10.0 楽天 13.5
5位 オリックス 6.0 西武 7.5 楽天 9.0 楽天 12.0 楽天 11.5 西武 14.5
6位 楽天 6.5 オリックス 12.5 オリックス 12.0 オリックス 13.0 オリックス 13.0 オリックス 17.0


最終成績
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 北海道日本ハムファイターズ 79 60 5 .568 -
2位 千葉ロッテマリーンズ 76 61 7 .565 2.0
3位 福岡ソフトバンクホークス 73 66 5 .525 6.0
4位 東北楽天ゴールデンイーグルス 67 75 2 .472 13.5
5位 西武ライオンズ 66 76 2 .465 14.5
6位 オリックス・バファローズ 62 77 5 .446 17.0

クライマックスシリーズ[編集]

2007 ヨドバシカメラ クライマックス パ 第2ステージ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月13日(土) 第1戦 千葉ロッテマリーンズ 5-2 北海道日本ハムファイターズ 札幌ドーム
10月14日(日) 第2戦 千葉ロッテマリーンズ 8-1 北海道日本ハムファイターズ
10月15日(月) 第3戦 千葉ロッテマリーンズ 0-7 北海道日本ハムファイターズ
10月16日(火) 第4戦 千葉ロッテマリーンズ 5-1 北海道日本ハムファイターズ
10月17日(水) 休養日
10月18日(木) 第5戦 千葉ロッテマリーンズ 2-6 北海道日本ハムファイターズ
勝者:北海道日本ハムファイターズ

日本シリーズ[編集]

2007年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月27日(土) 第1戦 中日ドラゴンズ 1-3 北海道日本ハムファイターズ 札幌ドーム
10月28日(日) 第2戦 中日ドラゴンズ 8-1 北海道日本ハムファイターズ
10月29日(月) 移動日
10月30日(火) 第3戦 北海道日本ハムファイターズ 1-9 中日ドラゴンズ ナゴヤドーム
10月31日(水) 第4戦 北海道日本ハムファイターズ 2-4 中日ドラゴンズ
11月1日(木) 第5戦 北海道日本ハムファイターズ 0-1 中日ドラゴンズ
優勝:中日ドラゴンズ(53年ぶり2回目)

個人成績[編集]

投手成績[編集]

  • 色付き規定投球回(144イニング)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手











































W
H
I
P
 
/[[]]

打撃成績[編集]

  • 色付き規定打席(446打席)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手











































O
P
S
 
/[[]]

できごと[編集]

5月[編集]

6月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

  • 9月29日 - 対ロッテ戦(千葉マリン)に5対4で勝利し、2年ぶりにパ・リーグ優勝達成[3]

10月[編集]

11月[編集]

  • 11月1日 - 日本シリーズ第5戦(ナゴヤドーム)が行われ、中日が日本ハムに1対0で勝利し4勝1敗で日本シリーズ優勝達成。先発のダルビッシュ有はこの試合を11奪三振で、史上初の同一シリーズ2度の2桁奪三振。2桁奪三振の敗戦投手は史上2度目[4]

選手・スタッフ[編集]

  • 背番号変更

ドラフト[編集]

大学生・社会人ドラフト
順位 選手名 ポジション 所属 結果
1巡目 多田野数人 投手 3A・サクラメント 入団
2巡目 (選択権なし)
3巡目 宮西尚生 投手 関西学院大学 入団
4巡目 村田和哉 外野手 中央大学 入団
高校生ドラフト
順位 選手名 ポジション 所属 結果
1巡目 中田翔 外野手 大阪桐蔭高 入団
2巡目 (選択権なし)
3巡目 津田大樹 投手 倉敷高 入団
4巡目 大平成一 外野手 波佐見高 入団
5巡目 松山傑 投手 横浜商科大学高 入団
6巡目 豊島明好 投手 北陸大谷高 入団
7巡目 浅沼寿紀 投手 旭川南高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 18 達成記録一覧NPB公式サイト
  2. ^ 【6月19日】2007年(平19) さすがセギノール 球界初の記録は“試供品”で決めたスポーツニッポン2008年6月14日配信
  3. ^ 週刊ベースボール2013年10月7日号43ページ
  4. ^ a b 【10月27日】2007年(平19) 連発150キロ!ダルビッシュ、シリーズ初の先発全員奪三振!スポーツニッポン2008年10月25日配信