1958年の西鉄ライオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1958年の西鉄ライオンズ
成績
日本一
4勝3敗(対巨人[1]
パシフィック・リーグ優勝
78勝49敗5分 勝率.619[2]
本拠地
都市 福岡県福岡市
球場
平和台野球場
1954 0602 Heiwadai Baseball stadium 1st night geme.jpg
球団組織
経営母体 西日本鉄道
監督 三原脩
« 1957
1959 »

1958年の西鉄ライオンズでは、1958年の西鉄ライオンズにおける動向をまとめる。

このシーズンの西鉄ライオンズは、三原脩監督の8年目のシーズンであり、3年連続4度目のリーグ優勝、3年連続3度目の日本一を果たしたシーズンである。

概要[編集]

この年、出始めは南海ホークスの新人・杉浦忠の好調もあってライオンズは低迷、オールスター前までは南海に11ゲーム引き離された。だが夏場に上昇、引き分けを挟む13連勝で逆転優勝、1956年の「南海に7差」を上回る「奇跡」となった。この好調で稲尾和久投手はMVPを含む4タイトルを獲得、中西太内野手も首位打者と本塁打王の「2冠王」となった。

この「逆転」魂は日本シリーズでも継続、いきなり読売ジャイアンツに3連敗されるも、稲尾投手の獅子奮迅の活躍で4連勝して逆転日本一となった。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 高倉照幸
2 豊田泰光
3 中西太
4 大下弘
5 関口清治
6 河野昭修
7 仰木彬
8 和田博実
9 河村久文
1958年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 西鉄 --
2位 西鉄 1.0 西鉄 3.5 阪急 5.5 阪急 6.5 阪急 3.0 南海 1.0
3位 東映 3.0 阪急 4.0 西鉄 6.5 西鉄 10.5 西鉄 3.0 阪急 4.5
4位 大毎 5.0 大毎 4.5 大毎 9.5 大毎 12.5 大毎 13.5 大毎 16.0
5位 阪急 7.5 東映 7.5 東映 12.5 東映 17.0 東映 14.0 東映 22.0
6位 近鉄 10.5 近鉄 19.5 近鉄 29.0 近鉄 37.5 近鉄 38.5 近鉄 49.5
1958年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 西鉄ライオンズ 78 47 5 .619 -
2位 南海ホークス 77 48 5 .612 1.0
3位 阪急ブレーブス 73 51 6 .585 4.5
4位 毎日大映オリオンズ 62 63 5 .496 16.0
5位 東映フライヤーズ 57 70 3 .450 22.0
6位 近鉄パールス 29 97 4 .238 49.5

[2]

日本シリーズ[編集]

1958年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月11日(土) 第1戦 西鉄ライオンズ 2-9 読売ジャイアンツ 後楽園球場
10月12日(日) 第2戦 西鉄ライオンズ 3-7 読売ジャイアンツ
10月13日(月) 移動日
10月14日(火) 第3戦 読売ジャイアンツ 1-0 西鉄ライオンズ 平和台球場
10月15日(水) 第4戦 雨天中止
10月16日(木) 読売ジャイアンツ 4-6 西鉄ライオンズ
10月17日(金) 第5戦 読売ジャイアンツ 3-4 西鉄ライオンズ
10月18日(土) 移動日
10月19日(日) 第6戦 雨天中止 後楽園球場
10月20日(月) 西鉄ライオンズ 2-0 読売ジャイアンツ
10月21日(火) 第7戦 西鉄ライオンズ 6-1 読売ジャイアンツ
優勝:西鉄ライオンズ(3年連続3回目)

[1]

オールスターゲーム1958[編集]

  • 選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
監督 三原脩
投手 稲尾和久 2
河村久文 5
捕手 和田博実 2
三塁手 中西太 6
内野手 豊田泰光 4
外野手 関口清治 4
  • 太字はファン投票による選出。

個人成績[編集]

投手成績[編集]

  • 色付き規定投球回(190イニング)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手








































W
H
I
P
 
/稲尾和久 72 35 19 6 4 33 10 1432 373.0 269 8 76 4 334 2 0 74 59 1.42 0.92
/河村久文 52 31 6 2 0 14 11 892 220.0 173 7 68 8 122 6 1 74 63 2.58 1.10
/島原幸雄 43 15 1 1 1 11 7 -- 590 146.0 124 6 32 4 100 1 0 53 43 2.65 1.07
/若生忠男 44 17 1 0 0 5 5 -- 497 120.2 83 2 59 12 105 8 0 52 46 3.42 1.18
/西村貞朗 39 16 1 1 1 7 10 -- 472 113.2 96 6 42 1 69 2 0 41 35 2.76 1.21
/畑隆幸 24 14 3 0 1 6 2 -- 385 94.2 71 5 42 2 62 2 0 34 26 2.46 1.19
/村山泰延 28 6 1 0 1 2 0 -- 261 65.2 61 4 7 0 52 1 0 28 24 3.27 1.04
/西原恭治 12 0 0 0 0 0 1 -- 60 12.2 16 0 5 1 8 0 0 8 7 4.85 1.66
/有吉洋雅 4 0 0 0 0 0 1 -- 37 10.0 5 1 0 1 3 0 0 3 2 1.80 0.50
/山野本忠志 7 0 0 0 0 0 0 -- 30 7.2 5 0 3 0 7 0 0 3 1 1.13 1.04

選手・スタッフ[編集]

[3]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
稲尾和久 最高殊勲選手 2年連続2度目
最優秀防御率 1.42 3年連続3度目
最多勝利 33勝 2年連続2度目
最多奪三振 334個 初受賞
中西太 首位打者 .314 3年ぶり2度目
本塁打王 23本 2年ぶり5度目
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
稲尾和久 投手 2年連続2度目
中西太 三塁手 6年連続6度目
関口清治 外野手 4年ぶり2度目

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 1958年度日本シリーズ”. 2016年6月20日閲覧。
  2. ^ a b 年度別成績 1958年 パシフィック・リーグ”. 2015年10月3日閲覧。
  3. ^ 西武ライオンズ公式HP 背番号の歴史”. 2015年10月3日閲覧。