保井浩一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
保井 浩一
Yasui Koichi.JPG
1956年
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府京都市
生年月日 (1921-07-19) 1921年7月19日
没年月日 (2001-11-17) 2001年11月17日(80歳没)
身長
体重
168 cm
60 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手
プロ入り 1950年
初出場 1950年
最終出場 1951年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

保井 浩一(やすい こういち、1921年7月19日 - 2001年11月17日)は、京都府出身のプロ野球選手監督

来歴・人物[編集]

平安中学から立命館大学専門部法科を経て、中央倉庫、満州電電、京都大丸で活躍。平安高校監督を務め、戦後初の甲子園出場に導いた[1]1950年東急フライヤーズに入団した。1年目は内野手として主に一塁・三塁を守った。87試合に出場し、打率.280、9本塁打を放つ活躍を見せる一方、投手としても1試合に登板した。

1951年限りわずか2年で現役を引退したが、1955年には東映の監督に就任。成績を残せず監督は1年で解任されたが、1956年からは監督の岩本義行の下、二軍監督に就任した[1]1960年、代理監督をつとめていた試合で大毎山内和弘による振り逃げ4得点という珍記録を引き起こしている。

1961年には大洋ホエールズのコーチとなり、1963年からは大洋ホエールズのスカウト部長の任に着いた。1965年近鉄バファローズの監督に岩本義行が就任すると、保井もコーチとして移籍した[1]衣笠祥雄平安高等学校2年の秋に「今すぐ大洋に来ないか」と誘ったがその時衣笠は全然その気がなかったという[2]

その後は滋賀県で割烹旅館の経営をした[1]。2001年11月17日、心不全のため死去。享年81(80歳没)。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1950 東急 87 258 243 29 68 9 1 9 106 30 1 3 2 -- 13 -- 0 30 7 .280 .316 .436 .753
1951 55 105 99 7 25 3 1 1 33 13 1 0 0 -- 6 -- 0 12 5 .253 .295 .333 .629
通算:2年 142 363 342 36 93 12 2 10 139 43 2 3 2 -- 19 -- 0 42 12 .272 .310 .406 .717

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1950 東急 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 28 5.2 12 1 3 -- 0 3 0 0 7 6 9.00 2.65
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 28 5.2 12 1 3 -- 0 3 0 0 7 6 9.00 2.65

背番号[編集]

  • 10 (1950年 - 1951年)
  • 30 (1955年)
  • 40 (1956年 - 1960年)
  • 31 (1961年 - 1962年)
  • 70 (1965年 - 1966年)
  • 60 (1967年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 【9月13日】1955年(昭30) “敗戦監督”保井!マウンドからのシグナル無視して逆転負け”. SPORTS NIPPON NEWSPAPERS. 2011年10月28日閲覧。
  2. ^ 2014年8月8日付のスポーツニッポン、衣笠祥雄「我が道」より

関連項目[編集]