中沢伸二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中沢 伸二
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山梨県中巨摩郡白根町
(現・南アルプス市
生年月日 (1946-06-18) 1946年6月18日(71歳)
身長
体重
176 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1965年
初出場 1965年5月21日
最終出場 1985年10月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 阪急ブレーブス
    オリックス・ブレーブス
    オリックス・ブルーウェーブ (1986 - 1994)
  • 日本ハムファイターズ (1995 - 1998)
  • オリックス・ブルーウェーブ
    オリックス・バファローズ (1999 - 2006)

中沢 伸二(なかざわ しんじ、1946年6月18日 - )は、山梨県中巨摩郡白根町(現・南アルプス市)出身の元プロ野球選手捕手)・コーチ監督解説者

経歴[編集]

甲府工業では同期のエース・原初也とバッテリーを組み、1964年春の選抜へ出場。1回戦で谷哲男投手(中日)を擁する市西宮高に延長13回サヨナラ負けを喫する[1]

1965年阪急ブレーブスへ入団。入団して5年間は内野手・外野手・捕手と様々なポジションを守っていたが、一軍の試合出場数は少なかった。1969年日本シリーズ第4戦で岡村浩二が退場になった後にマスクを被ったのは中沢であった[2]。6年目からは捕手に固定され、1974年には種茂雅之からレギュラーを奪い、入団10年目で一軍に定着。上田利治監督率いる第二次阪急黄金時代の正捕手として活躍。ディフェンスやリード面に長け、数回にわたるリーグ優勝、日本一に貢献した。1978年ベストナインダイヤモンドグラブ賞を獲得し、18年目の1982年には初めて規定打席に到達、打率.302(ベストテン6位)をマークして2度目のベストナインを受賞。この頃から口髭を蓄えるようになった。その後は藤田浩雅の台頭もあり、1985年引退。

その後は阪急・オリックス(1986年 - 1990年1994年1999年 - 2000年2002年2004年一軍バッテリーコーチ, 1991年2001年2005年 - 2006年二軍バッテリーコーチ, 1992年二軍チーフコーチ, 1993年二軍チーフ兼バッテリーコーチ, 2003年二軍監督→ヘッドコーチ)、日本ハム1995年 - 1998年一軍バッテリーコーチ)で監督・コーチを歴任。2007年からはJ SPORTS解説者を務めており、バッテリーについての解説が中心となっている。

人物[編集]

打撃力はそれほどでもなかったが、ディフェンスやリード面は非常に長けたキャッチャーであり、捕手としての能力の高さは(普段は捕手についての採点には辛い)野村克也からも常に高く評価されていた。また監督の上田からは「うちの投手で中沢の頭脳についていけるのは山田(山田久志)くらいだろう」とその頭脳的リードを認められていた。

唯一の欠点は、弱肩とマスコミでいわれる盗塁阻止率であった。しかし、ある年のキャンプでアメリカから臨時バッテリーコーチをよんでマンツーマン指導をうけて、その年から、突然、「強肩中沢」と褒めたたえるような盗塁阻止率を上げた。これによりキャッチャーの盗塁阻止率では、動作各所のタイミングで大変身を遂げられることを示した。

長嶋巨人に勝って日本一になった時は、野村の呟き作戦が通じなかった王貞治が、「中沢がヘンなタイミングで、イヨーとか掛け声をかけてきて調子狂った」述べている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1965 阪急 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1966 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1967 19 11 10 1 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 4 0 .100 .100 .100 .200
1968 37 45 40 2 8 1 0 1 12 4 0 0 2 0 3 0 0 8 0 .200 .256 .300 .556
1969 32 28 25 0 3 0 0 0 3 1 0 0 2 0 1 0 0 12 1 .120 .154 .120 .274
1970 34 19 14 3 3 2 0 0 5 0 0 0 1 0 4 0 0 6 0 .214 .389 .357 .746
1971 16 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1972 27 28 23 2 3 1 0 0 4 0 1 0 1 0 4 0 0 5 0 .130 .259 .174 .433
1973 20 23 20 2 6 0 0 1 9 3 1 0 0 0 3 0 0 5 0 .300 .391 .450 .841
1974 113 343 302 32 69 9 0 7 99 41 0 2 5 2 33 0 1 53 11 .228 .305 .328 .633
1975 116 316 271 25 67 8 1 6 95 27 2 2 7 1 35 0 2 48 2 .247 .337 .351 .687
1976 94 261 225 15 46 9 0 1 58 16 1 5 7 1 27 0 1 39 7 .204 .291 .258 .549
1977 84 209 191 11 30 4 0 2 40 14 1 1 4 1 12 0 1 32 2 .157 .210 .209 .419
1978 118 353 306 33 73 11 0 7 105 40 1 6 9 3 33 0 2 48 7 .239 .314 .343 .657
1979 106 327 276 30 61 11 0 8 96 27 1 2 9 3 38 1 1 57 4 .221 .314 .348 .662
1980 118 328 275 20 59 8 0 8 91 24 2 2 17 2 33 0 1 63 8 .215 .299 .331 .630
1981 86 181 163 13 38 9 1 6 67 22 0 1 6 1 9 0 2 39 7 .233 .280 .411 .691
1982 120 404 334 39 101 15 0 11 149 47 1 0 8 5 55 1 2 59 6 .302 .399 .446 .845
1983 107 263 222 20 47 5 0 2 58 11 0 4 7 1 33 0 0 50 6 .212 .313 .261 .574
1984 65 169 148 12 28 3 1 1 36 16 0 0 5 1 14 0 1 28 8 .189 .262 .243 .505
1985 42 38 36 0 5 1 0 0 6 3 0 0 0 0 2 0 0 8 0 .139 .184 .167 .351
通算:21年 1359 3350 2885 260 648 97 3 61 934 296 11 25 91 21 339 2 14 564 69 .225 .307 .324 .631

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 39 (1965年 - 1985年)
  • 81 (1986年 - 1994年、2004年 - 2005年)
  • 77 (1995年 - 1998年)
  • 70 (1999年 - 2003年)
  • 91 (2006年)

関連情報[編集]

出演[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 【10月30日】1969年(昭44) カメラは見ていた…ブロック名人岡村浩二の股下から左足 Archived 2014年11月3日, at the Wayback Machine. 日めくりプロ野球-2008年10月 スポーツニッポン 2008年10月30日閲覧参照

関連項目[編集]