長崎慶一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長崎 慶一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市阿倍野区
生年月日 (1950-05-13) 1950年5月13日(67歳)
身長
体重
178 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1972年 ドラフト1位
初出場 1973年4月14日
最終出場 1987年10月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本代表

長崎 慶一(ながさき けいいち、1950年5月13日 - )は、高知県生まれ、大阪府大阪市阿倍野区出身の元プロ野球選手外野手、左投左打)・コーチ1981年から1987年までは「長崎 啓二」(ながさき けいじ)と改名していた。現役引退後は阪神タイガースで打撃コーチを務めたほか、シドニーオリンピック日本代表コーチも務めた。

経歴[編集]

北陽高校在学中の1966年、全国高等学校野球選手権大会(第48回)に1年生ながら外野のレギュラーとして出場した。大会では初戦(対福島商業高校)に勝利するも、2回戦で桐生高校(群馬)に1-10で敗れている。3年生時の1968年にはプロ野球ドラフト会議で、阪神タイガースから8位指名を受けた。長崎自身も阪神ファンであったが、一般の職に就くことを望んでいた母親の反対を受け、やむなく入団を拒否(尚、この年阪神タイガースがドラフトで指名した選手で入団に合意したのは、8人中3人だけであった)。高校卒業後、法政大学経営学部へ進学した。同大学の野球部では入学早々主軸に座り、東京六大学リーグ史上初の2シーズン連続首位打者を獲得するなど、法政初のリーグ4連覇に貢献。東京六大学リーグでは通算79試合に出場し、273打数93安打・打率.341・8本塁打・53打点を記録した。同リーグのベストナインにも3回、選出されている。1972年秋、ドラフト1位で大洋ホエールズに指名され、プロ入り。ホエールズ(以下、大洋)時代は主力打者として活躍し、「和製ミッキー・マントル」と称された。大洋では、オールスターゲーム出場1回、ベストナイン1982年)の経験がある。入団当初長崎はブンブン振り回す三振の多い打者であったが、当時の大洋打撃コーチ大下弘の薫陶を受けアベレージヒッターへの転身を図り成功した。長崎は、当時世田谷区経堂に住んでいた大下の自宅にチームメイトの山下大輔とともによく訪れ、大下の次女と恋仲になり結婚したが、大下の死後に離婚している。

1982年のシーズンには、当時中日ドラゴンズ(以下、中日)の田尾安志外野手と、球史に残る首位打者争いを繰り広げた。大洋は長崎の支援のために10月18日の対中日最終戦で田尾に四球(敬遠)を与え続けて打撃をさせず、首位打者のタイトルは長崎のものとなった。一方、読売ジャイアンツ(以下、巨人)との優勝争いが続いていた中日は、田尾の出塁を足がかりにこの試合に勝利し、セ・リーグ優勝が決定した。そのことについて、「個人タイトルのためにペナントレースの帰趨を左右した」として強い批判が広がり[1]、特に宇佐美徹也は、この時の大洋の采配を敗退行為[2]と批判している。一方、やくみつるは、田尾への敬遠をさせた采配によって得られた首位打者が結果的には長崎をも傷つけてしまったとして、長崎に同情的な意見を寄せている[3][要出典]。この時タイトルを争った田尾とは、後、1987年に1年だけ同僚としてプレーしている。

1983年6月4日の阪神戦(横浜スタジアム)で、岡田彰布の左中間へのフライを追って中堅手の加藤博一と衝突。この時、長崎の顔面と加藤の顔面がぶつかったので、『プロ野球珍プレー好プレー大賞』では「空中キッス」と呼ばれ珍プレー大賞を受賞した。なお、受賞したのは加藤だけである。1985年池内豊投手との交換トレードで阪神タイガース(以下、阪神)へ移籍。この年、阪神は21年ぶりにセ・リーグを制覇した。8月1日の中日戦には、前日の試合でランディ・バースが自打球を当て骨折したため、一塁手としてスタメン出場を果たす。しかし、8年振りの一塁守備にぎこちなさを感じた首脳陣は、翌日から真弓明信を一塁に回した。そして、同年の日本シリーズ(対西武ライオンズ)第6戦では勝利を決定付ける満塁本塁打を放ち、チーム初のシリーズ優勝に貢献している。

阪神では主に代打で活躍し、1987年オフに現役引退。現役引退については裏話があり、長崎本人によると別の選手が戦力外となる予定だったが、その選手が戦力外を固辞したため、代わりに長崎が戦力外通告を受けたというのが真相だそうである[4]。その後は1988年から1992年までよみうりテレビ野球解説者として活躍し[4]川藤幸三がコーチとして阪神に復帰していた1990~91年には、読売テレビの解説者として、『ズームイン!朝!』の『プロ野球いれコミ情報』に出演していた。1993年、阪神の一軍打撃コーチに就任[4]

阪神退団後は東京都新橋で焼肉店を経営する傍ら[4]シドニー五輪の日本代表打撃コーチに就任したが[5]、チームはメダルを逃した。2001年、高校野球の指導者を目指し、教員免許修得のため東洋大学二部に入学、教員免許を取得した[5]。教員免許の取得を目指したのは息子を指導するためだったそうである[5]。その後、成立学園高校(東京)で教職をこなしている。2006年5月24日日本学生野球協会よりアマチュア資格を認定された。今後は同高校硬式野球部の指導者となることが可能である。

2003年の統一地方選挙で、自民党公認で荒川区議選に出馬し、当選[5]。区議を1期務めたが2007年の区議選には出馬せず、同年7月29日投開票の第21回参議院議員通常選挙では民主党公認で比例区より立候補したが、落選した[6]

現在はレイアンドエムという会社の代表取締役を務めており[7]、東日本大震災の復興支援などを行なっている[6]

選手としての特徴[編集]

力まずに自然体でバットを構え、ボールを体の近くまで引きつけ、回転で打つ打撃フォームはどんな変化球にも対応出来た[8]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1973 大洋 75 220 203 28 45 8 0 2 59 7 4 1 1 1 12 1 3 43 4 .222 .274 .291 .565
1974 95 258 225 49 80 19 3 13 144 33 8 2 1 0 29 3 3 34 4 .356 .436 .640 1.076
1975 122 468 406 48 107 17 3 12 166 42 11 9 7 0 51 3 4 91 5 .264 .351 .409 .760
1976 101 325 276 41 65 10 1 12 113 25 5 3 10 1 32 2 6 47 2 .236 .327 .409 .736
1977 126 519 433 79 115 18 3 19 196 57 19 4 10 3 58 1 15 101 3 .266 .369 .453 .822
1978 128 530 438 84 126 30 8 21 235 72 27 9 7 7 70 3 8 67 6 .288 .390 .537 .927
1979 117 419 351 71 102 18 5 11 163 50 18 9 7 1 53 0 7 77 6 .291 .393 .464 .858
1980 86 299 245 42 57 12 1 10 101 25 13 9 5 0 43 1 6 48 0 .233 .361 .412 .773
1981 118 383 343 42 100 12 5 10 152 35 10 12 9 2 29 1 0 41 3 .292 .345 .443 .788
1982 114 462 396 57 139 21 1 11 195 40 3 1 18 1 43 0 4 37 9 .351 .419 .492 .911
1983 112 421 364 40 111 17 2 7 153 44 0 2 10 6 38 0 3 29 11 .305 .370 .420 .790
1984 84 289 250 38 61 14 1 5 92 29 4 1 4 4 30 1 1 21 6 .244 .323 .368 .691
1985 阪神 68 116 106 15 30 6 0 6 54 25 0 0 1 0 7 0 2 17 4 .283 .339 .509 .849
1986 68 96 87 6 16 1 0 3 26 13 0 0 0 1 8 1 0 14 3 .184 .250 .299 .549
1987 60 54 59 5 14 1 0 4 27 11 0 0 0 1 4 2 0 15 2 .237 .281 .458 .739
通算:15年 1474 4869 4182 645 1168 204 33 146 1876 508 122 62 90 28 507 19 62 682 68 .279 .363 .449 .812
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 100本塁打:1980年8月9日、対読売ジャイアンツ18回戦(横浜スタジアム)、7回裏に堀内恒夫からソロ ※史上114人目
  • 1000試合出場:1982年5月26日、対阪神タイガース9回戦(横浜スタジアム)、3番・左翼手として先発出場 ※史上228人目
  • 1000本安打:1983年7月17日、対読売ジャイアンツ15回戦(横浜スタジアム)、1回裏に槙原寛己から右前安打 ※史上128人目
その他の記録
  • サイクルヒット:1978年5月20日、対阪神タイガース10回戦(横浜スタジアム) ※史上30人目
  • お釣り無しサヨナラ満塁本塁打:1982年5月23日、対中日ドラゴンズ戦、スコアは10対9 ※史上4人目
  • オールスターゲーム出場:1回 (1982年)

背番号[編集]

  • 23 (1973年 - 1976年)
  • 7 (1977年 - 1984年)
  • 3 (1985年 - 1987年)
  • 74 (1993年 - 1995年)

登録名[編集]

  • 長崎 慶一 (ながさき けいいち、1973年 - 1980年、1993年 - 1995年)
  • 長崎 啓二 (ながさき けいじ、1981年 - 1987年)

脚注[編集]

  1. ^ スポーツニッポン『【10月18日】1982年(昭57) 田尾、5連続敬遠で毛の差の2位 “引き換え”に中日V』
  2. ^ 野球協約177条1項の1にある、永久失格となる行為の一つとして「所属球団のチームの試合において、故意に敗れ、又は敗れることを試み、あるいは勝つための最善の努力を怠る等の敗退行為をすること。」とあり、宇佐美は大洋の行為を「勝つための最善の努力を怠った」と批判した。
  3. ^ やくみつる『ベイスターズ心中』(泉書房)1998年
  4. ^ a b c d 宝島社 別冊宝島1819号 元阪神414人の今 P35
  5. ^ a b c d 宝島社 別冊宝島1819号 元阪神414人の今 P36
  6. ^ a b 宝島社 別冊宝島1819号 元阪神414人の今 P37
  7. ^ 宝島社 別冊宝島1819号 元阪神414人の今 P34
  8. ^ B砲の再生は可能か? バースの〝変身〟がお手本

関連項目[編集]

外部リンク[編集]