杉本裕太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
杉本 裕太郎
オリックス・バファローズ #99
Orix Buffaloes Yutaro Sugimoto 20200320.jpg
京セラドーム大阪にて(2022年3月20日)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県阿南市
生年月日 (1991-04-05) 1991年4月5日(31歳)
身長
体重
190 cm
104 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 2015年 ドラフト10位
初出場 2016年6月24日
年俸 7000万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

杉本 裕太郎(すぎもと ゆうたろう、1991年4月5日 - )は、徳島県阿南市出身のプロ野球選手外野手内野手)。右投右打。オリックス・バファローズ所属。愛称は「ラオウ[2]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校から野球を始めると、阿南市立阿南中学校では軟式野球部に所属。中学3年の時には、徳島県大会での優勝や、四国大会でのベスト4進出に貢献した。

徳島商業高等学校への進学後は、1年生の夏に投手として、徳島大会に登板。チームが全国大会への出場を決めると、控え投手としてベンチ登録のメンバーに入ったが、甲子園球場での登板機会はなかった。2年生の夏にクローザーを任されると、2年生の秋からエースに定着。しかし、全国大会への出場は1年生の夏だけにとどまった。

高校卒業後に青山学院大学へ進学。投手としての素質を見込まれていたが、自身の志願によって、入学早々に外野手へ転向した。東都大学リーグでは、1年生の秋季リーグ戦から指名打者に起用。4番打者に定着した2年生の秋季リーグ戦では、10月6日の日本大学戦でリーグ史上19年ぶり6人目のサイクル安打を達成し[3]、ベストナインを受賞した。3年生以降のリーグ戦では、2年後輩の3番打者・吉田正尚との2者連続本塁打を3回記録。4年生の秋季リーグ戦では、駒澤大学今永昇太から、単独で2打席連続本塁打を打った[4]。東都大学1部リーグ通算83試合に出場、309打数81安打、打率.262、9本塁打、32打点。野球部の同期には東條大樹渡邉雄大、1学年後輩には加藤匠馬がいる。

大学卒業後はJR西日本へ入社。入社1年目から公式戦に出場すると、JABA広島大会広島東洋カープの二軍に在籍していた池ノ内亮介から特大の本塁打を打った。同社勤務時には広島支社輸送課に所属。 書類のシュレッダーやコーヒーシロップの買い足しなどの雑務が主な業務であり、「お金を稼いでいくことの大変さを学んだ」と語る[5]

2015年のNPBドラフト会議で、オリックス・バファローズから10巡目で指名された。杉本が指名されたのは、支配下登録選手として指名された88選手中の87番目であった[6]。指名後に契約金2000万円、年俸600万円(金額は推定)という条件で入団した[7]背番号99。吉田とは大学以来のチームメイトとなり、JR西日本でのチームメイト・高野圭佑も、千葉ロッテマリーンズから7巡目で指名された。

オリックス時代[編集]

2016年、同期入団の大城滉二鈴木昂平と共に、春季キャンプを一軍で迎え[8]、途中まで一軍に帯同した。公式戦では、6月14日の対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)に、「1番・中堅手」として先発で一軍デビューしたが、無安打に終わり、この試合に出場しただけで出場選手登録を抹消された。また、痛めていた右肘の状態が悪化したため、抹消後の8月10日には右肘骨棘(こっきょく)を内視鏡で除去する手術を受けた[9]。オフに、現状維持の推定年俸600万円で契約を更改した[10]

2017年、2年連続で春季キャンプのスタートを一軍で迎えた[11]が、公式戦は二軍でスタート。7月13日のフレッシュオールスターゲーム草薙球場)では、ウエスタン・リーグ選抜の「6番・右翼手」として先発出場を果たした[12]。ウエスタン・リーグ公式戦には、9月上旬までに80試合へ出場し、打率.250ながらチームトップの8本塁打、35打点を記録した。9月9日にシーズン初の出場選手登録を果たすと、当日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(Koboパーク宮城)に「1番・中堅手」として先発出場。1回表に先頭打者として辛島航からバックスクリーンに打った本塁打が、一軍公式戦でのプロ初安打にもなった[13][注 1]。翌10日の同カードでも1点ビハインドの9回表二死二塁から代打に起用されたが、3球三振に終わり、わずか2日で登録を抹消された[14]。一軍公式戦通算では、9試合の出場で打率.118(17打数2安打)にとどまったが、安打はいずれも長打(二塁打と前述した初回先頭打者本塁打)であった。オフに、100万円増の推定年俸700万円で契約を更改した[15]

2018年、3年続けて春季キャンプのスタートを一軍で迎えたが、終盤の紅白戦でサインミスを犯し、二軍へ合流。ウエスタン・リーグ公式戦でも、開幕からは7月上旬まで本塁打が出ず、打率が2割を切るほどの不振に陥っていた。7月11日に初めて一軍登録されると、同日の対楽天戦(楽天生命パーク)に「7番・右翼手」として先発で起用された。4回表一死満塁で迎えた第2打席で、辛島から一軍でのシーズン初満塁本塁打を記録した[16]。7月17日の対北海道日本ハムファイターズ戦(京セラドーム大阪)でも、3回裏一死満塁で玉井大翔から2試合連続となる満塁本塁打を記録した[17][注 2]。9月2日の西武戦で今井達也から左手に死球を受け途中交代し、左第5中手骨骨折と診断された[19]。9月6日に骨折部の接合手術を受けた[20]。一軍公式戦は7試合の出場で、わずか3安打で8打点を記録し、シーズン終了後の契約交渉では推定年俸830万円(前年から130万円増)という条件で契約を更改。この年も一軍公式戦で打った安打がいずれも長打(二塁打と前述した2試合連続満塁本塁打)であり、「一軍に定着して一軍公式戦で単打を打つこと」を翌2019年の目標に挙げた[18]

2019年、春季キャンプからオープン戦まで一軍に帯同した。開幕一軍入りは逃したものの、ウエスタン・リーグ公式戦9試合で打率.313、4本塁打を記録するなど好調で、4月10日から一軍へ復帰した[21]。4月13日の対埼玉西武ライオンズ戦(メットライフドーム)に先発で一軍公式戦初の4番打者に起用されると、3回表の第2打席でシーズン初安打をバックスクリーン直撃の1号2点本塁打、7回表の第4打席で2本目の安打を2号ソロ本塁打でマーク[22]。4月19日の対日本ハム戦(ほっともっとフィールド神戸)7回裏には、シーズン3本目の安打を一軍公式戦初の代打本塁打で記録した[23]。翌20日の楽天戦(楽天生命パーク)で「6番・左翼手」として先発出場し、5回表の第2打席で、美馬学から一軍公式戦初の単打を打った[24]。一軍公式戦では通算で4本の本塁打を打ち、4試合で4番打者を任されたが、出場自体は18試合、打率は.157にとどまった[25]。ウエスタン・リーグの公式戦では、通算78試合の出場でチームトップ(リーグ2位)の14本塁打、チームトップ(リーグ6位)の43打点、打率.277を記録した。オフに、50万円増の推定年俸880万円で契約を更改した[25]

2020年は開幕二軍だった。しかし8月21日の朝、二軍本拠地の舞洲の浴場で8月20日をもって監督を退任することになった西村徳文の代わりに同日から監督代行を務めることになった前二軍監督の中嶋聡から「一緒に行くぞ」と伝えられ、一軍に昇格[26]。その日の西武戦(京セラドーム)に先発出場し、6回には同点の2点適時打を放つ活躍を見せた[27]。オフに、520万円増の推定年俸1400万円で契約を更改した[27]

2021年はシーズン途中で4番打者に定着し、6月は打率.375、5本塁打、19打点の活躍で初の月間MVPを受賞[28]。同年のオールスターには監督推薦で初選出され、第2戦で初本塁打を放ち敢闘選手賞を受賞[29]。10月7日の対北海道日本ハムファイターズ戦(京セラドーム大阪)の3回裏に、30歳で自身のキャリア初となる30号本塁打を放つ[30][注 3]。最終的に、自身初の規定打席に到達し打率.301・32本塁打・83打点を記録し、パ・リーグの本塁打王を獲得[31]。本塁打王のタイトルは球団では2010年のT-岡田以来11年ぶり、球団の日本人右打者としては1973年の長池徳士以来48年ぶりの受賞となった[32][注 4]。ドラフト10位指名からの本塁打王は1979年の掛布雅之、2005年の新井貴浩のドラフト6位からの本塁打王より低い指名順位からの本塁打王となり、史上最も低い指名順位からの本塁打王となった[33]。さらに、前年2本塁打以下の選手による本塁打王の獲得は、新人や新外国人を除いて、2リーグ制になってからは初のことであった[34]。また、球団としては2008年のアレックス・カブレラ以来、日本人打者に限れば1989年の門田博光以来となる3割30本を達成した[35]千葉ロッテマリーンズ戦ではチーム別最多の13本塁打を放った[36]。ロッテとのクライマックスシリーズでは第2戦に東妻勇輔から決勝本塁打を放つ活躍を見せ、シリーズMVPに選ばれた[37]東京ヤクルトスワローズとの日本シリーズでは打率.292(24打数7安打)、1本塁打、3打点の活躍で日本シリーズ優秀選手に選出された[38]。オフに5600万円増となる推定年俸7000万円で契約を更改した[39]

2022年オープン戦前半は打率3割台と好調だったものの[40]、後半は調子を落とし、計15試合の出場で打率.233、本塁打を記録できなかった[41]。開幕から4番に座るも、開幕14試合時点で打率1割台前半と打撃不振に陥り、4月10日の対千葉ロッテマリーンズ戦で初めてスタメンを外された[42]。同日の試合ではロッテ先発の佐々木朗希が打者一人の出塁も許さない快投を披露。27人目の打者として代打で出場するも、フォークボール3連投を前に一度もバットに当てることができず、3球で空振り三振を喫し、佐々木の完全試合ならびに1試合19奪三振のNPBタイ記録達成の最後の打者となった[43]。同月26日の対北海道日本ハムファイターズ戦(東京ドーム)でシーズン初のマルチ安打を記録し、復調の兆しを見せたが、試合後に体調不良を訴え、検査の結果、新型コロナウイルス感染症に罹患していることが判明。翌日に一軍登録を抹消された[44]。5月14日に一軍に復帰[45]。復帰後3試合では11打数無安打6三振の内容で[46]、打順も4番から下げられてしまい、5月17日時点で打率は.117だった[47]。18日の対日本ハム戦で復帰後初安打を含むマルチ安打を打った[46]のを皮切りに打撃が復調。そのままセ・パ交流戦に突入しても好調を維持し[47]、全18試合に先発出場したうち15試合で安打を放ち、更にそのうち9試合でマルチ安打を記録した[48]。6月3日からは4番にも復帰し[49]、交流戦終了の12日時点で打率を.250まで回復させた[50]。交流戦での打率は首位の.391(69打数27安打)を記録し[50][51]、交流戦の優秀選手賞にあたる日本生命賞を受賞した[48]。リーグ戦が再開されると、6月22日の第4打席から22打席連続無安打と不調に陥り、またしても打順は4番から外されることになったものの[52]、6月を通しては全21試合への先発出場でリーグ1位タイの15打点、2位タイの5本塁打、2位の長打率.538を記録。交流戦での活躍や5本の殊勲打でチームの月間勝ち越しに貢献したことも評価され、2021年6月以来2度目となる月間MVPに選ばれた[53][54]

選手としての特徴[編集]

社会人時代に身長190センチメートル・体重104キログラムと大柄な身体ながら、50メートル走で最速6秒0を計測した俊足と、遠投で115メートルを記録した強肩の持ち主[6]。打撃では長打力と勝負強さを武器としている[55]。その一方で好不調の波が激しいため、確実性を高めることが大学時代からの課題になっている[56]

入団1年目の春季一軍キャンプではシートノックを視察したデイビッド・サムソン英語版マイアミ・マーリンズの球団社長(当時))から、「99番の子(杉本)は肩が強くて、体格も良いので気に入った」との賛辞を受け、当時、オリックスの一軍監督であった福良淳一からも、「肩はイチロー田口壮に匹敵するレベル」と絶賛された[57]

目標の選手として、糸井嘉男を挙げている[56]

人物[編集]

漫画北斗の拳』に登場するラオウのファンで、ラオウの最期の言葉である「我が生涯に一片の悔いなし」を座右の銘に挙げており[58]、グラブなどに刺繍を入れている[59]。自身の愛称も「ラオウ」[60][2]であり、将来的に登録名とすることも考えていた[59]。2021年9月18日 - 9月21日の「Bsオリっこデー2021」で選手自身がニックネームを決めて背ネームに表記する企画では、「RAOH」表記を使用した[61]。2021年から本塁打を打った後のベンチ前で、ラオウの最期のように右拳を突き上げる「昇天ポーズ」を行っている[62]

オリックス入団直後のほっともっとフィールド神戸での新人合同自主トレーニング中にイチローから声を掛けられ、新人野手で最初に合同でのフリーバッティングへ名乗りを上げた。イチローは、その姿勢とフリーバッティングの打球に注目[63]。自主トレーニングの最終日には、球団関係者を通じてイチローの練習パートナーに指名されると、イチローから打撃に関するアドバイスを受けた[64]。イチローが新人選手から杉本だけを指名したのは、自身と同じ外野手で、身体面の不安がなかったことによるという[65]。練習後にはイチローの前で阿波踊りを披露し、「自分は日本で一番幸せでしょう」と感激していた[66]。以降はオフシーズンを迎えるたびにイチローの自主トレーニングへ参加していたが、「(自分はまだ一軍で活躍していないので)イチローに迷惑が掛かる」という理由から、2017年に一軍初安打を初回先頭打者本塁打で記録するまでその事実を伏せていた[67]。奇しくも、イチローがシアトル・マリナーズで現役引退を発表した翌日(2019年3月22日)には、阪神タイガースとのオープン戦(京セラドーム大阪)で「野球人生では初めて」というサヨナラ本塁打を代打で打っている[68]

徳島商業高校での1学年先輩に、米津玄師がいる。米津とは直接の面識がないものの、在学中に校内の文化祭で歌っている姿を見たことがあるという。オリックス4年目(2019年)の契約更改直後に臨んだ記者会見では、シンガーソングライターとしての米津の知名度の高さを引き合いに出しながら、(活動のジャンルが違っていても)米津より知名度を上げることを翌2020年の目標に挙げた[25]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2016 オリックス 1 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
2017 9 17 17 2 2 1 0 1 6 2 0 0 0 0 0 0 0 6 1 .118 .118 .353 .471
2018 7 14 12 2 3 1 0 2 10 8 0 0 0 0 1 0 1 3 0 .250 .357 .833 1.190
2019 18 51 51 5 8 1 0 4 21 7 1 0 0 0 0 0 0 22 2 .157 .157 .412 .569
2020 41 141 127 13 34 3 1 2 45 17 1 0 0 0 10 0 4 34 4 .268 .340 .354 .695
2021 134 542 478 73 144 20 2 32 264 83 3 3 0 3 51 4 10 116 15 .301 .379 .555 .934
通算:6年 210 768 688 95 191 26 3 41 346 117 5 3 0 3 62 4 15 183 22 .278 .350 .501 .851
  • 2021年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



外野 一塁
























2016 オリックス 1 1 0 0 0 1.000 -
2017 3 4 0 0 0 1.000 -
2018 5 4 0 0 0 1.000 -
2019 15 19 0 1 0 .950 -
2020 35 49 1 0 0 1.000 -
2021 131 203 11 5 1 .977 6 30 1 0 3 1.000
通算 190 280 12 6 1 .980 6 30 1 0 3 1.000
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 99(2016年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ NPBの一軍公式戦初安打を初回先頭打者本塁打で記録した日本人選手は、史上3人目だった[13]
  2. ^ 2試合連続満塁本塁打は、NPB一軍公式戦史上8人目であり[17]、オリックスの選手では初めてとなった[18]
  3. ^ 球団では2017年のT-岡田以来、球団の日本人右打者に至っては1990年の石嶺和彦以来の記録となった[30]。さらに、球団で30歳以降に初めて30本塁打を記録したのは、1983年に36歳で36本塁打を放った水谷実雄以来2人目である[30]
  4. ^ 球団合併前の大阪近鉄バファローズを含めると2001年の中村紀洋以来20年ぶり。

出典[編集]

  1. ^ オリックス - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年12月16日閲覧。
  2. ^ a b 「なんで詰まってホームラン…」 オリ杉本、豪快フルスイングの“今季1号”が凄い”. Full-Count (2021年2月15日). 2021年5月8日閲覧。
  3. ^ リーグ6人目の快挙だ!青学大・杉本がサイクル達成”. スポニチアネックス (2011年10月7日). 2021年5月8日閲覧。
  4. ^ 【オリックス好き】杉本裕太郎、ドラフト最下位ルーキーの逆襲はあるか(1)”. J SPORTS (2016年2月11日). 2016年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月8日閲覧。
  5. ^ オリのラオウ杉本は苦労人 ほろ苦い下積み経験” (日本語). 日刊スポーツ (2021年5月11日). 2021年10月7日閲覧。
  6. ^ a b JR西日本から高野、杉本が指名「うれしい気持ちでいっぱい」”. スポーツ報知 (2015年10月22日). 2016年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月12日閲覧。
  7. ^ オリックス10位指名、JR西日本・杉本と仮契約”. スポニチアネックス (2015年11月19日). 2021年5月8日閲覧。
  8. ^ 2016年春季キャンプメンバーのお知らせ”. オリックス・バファローズ公式サイト (2016年1月27日). 2017年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月8日閲覧。
  9. ^ オリックス杉本が8月に右肘手術 来季は1軍定着だ”. 日刊スポーツ (2016年12月15日). 2021年5月8日閲覧。
  10. ^ 球団別年俸ランキング【オリックス編】”. BASEBALL KING (2016年12月1日). 2021年5月8日閲覧。
  11. ^ 2017年春季キャンプメンバーのお知らせ”. オリックス・バファローズ公式サイト (2017年2月14日). 2017年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月8日閲覧。
  12. ^ 2017年度フレッシュオールスター・ゲーム 試合結果”. 日本野球機構 (2017年7月13日). 2021年5月8日閲覧。
  13. ^ a b オリックス杉本、先頭弾「やっとプロ野球選手に」”. 日刊スポーツ (2017年9月9日). 2021年5月8日閲覧。
  14. ^ オリックスの「ラオウ」杉本、2試合で二軍落ち”. 日刊スポーツ (2017年9月10日). 2021年5月8日閲覧。
  15. ^ オリックス 契約更改 2017年”. Baseball LAB. 2021年5月8日閲覧。
  16. ^ オリックス杉本が初満弾“ラオウ”に神が運与えた!”. 日刊スポーツ (2018年7月12日). 2021年5月8日閲覧。
  17. ^ a b オリックス杉本2戦連続満弾「すごいパワーだ」監督”. 日刊スポーツ (2018年7月17日). 2021年5月8日閲覧。
  18. ^ a b オリックス杉本130万増 来季目標シングルヒット”. 日刊スポーツ (2018年11月27日). 2021年5月8日閲覧。
  19. ^ 昨日昇格のオリックス杉本が今井の死球受け左手骨折”. 日刊スポーツ (2018年9月2日). 2021年11月6日閲覧。
  20. ^ オリックス杉本が2日西武戦で死球を受けた左手手術”. 日刊スポーツ (2018年9月6日). 2021年11月6日閲覧。
  21. ^ オリックス杉本が一軍昇格、二軍打率3割超&4発”. 日刊スポーツ (2019年4月10日). 2021年5月8日閲覧。
  22. ^ ラオウ級破壊力!オリックス新4番杉本2発「完璧」”. 日刊スポーツ (2019年4月13日). 2021年5月8日閲覧。
  23. ^ オリックス杉本が初代打弾「ポテンシャルに任せた」”. 日刊スポーツ (2019年4月18日). 2021年5月8日閲覧。
  24. ^ 「ラオウ」オリックス杉本53打席目でプロ初単打”. 日刊スポーツ (2019年4月20日). 2021年5月8日閲覧。
  25. ^ a b c 米津玄師より有名に!オリックス杉本高校先輩超えだ”. 日刊スポーツ (2019年12月3日). 2021年5月8日閲覧。
  26. ^ オリックス・杉本裕太郎を覚醒させた“一軍300打席”という栄養分”. 文春オンライン (2021年6月13日). 2021年11月24日閲覧。
  27. ^ a b 【オリックス】杉本裕太郎1400万円でサイン「中嶋監督に恩返しが出来るように死ぬ気でレギュラーを」” (日本語). スポーツ報知 (2020年12月4日). 2021年3月16日閲覧。
  28. ^ オリックスの「ラオウ」杉本が初の月間MVP「わが生涯の1カ月で1番…」”. 日刊スポーツ (2021年7月7日). 2021年12月15日閲覧。
  29. ^ 驚異の打球速度で1発&好捕「ラオウ」杉本裕太郎が敢闘選手賞「悔いない」”. 日刊スポーツ (2021年7月17日). 2021年12月15日閲覧。
  30. ^ a b c オリックス杉本裕太郎が初の30発! 30歳以降、球団では水谷以来2人目”. 日刊スポーツ (2021年10月7日). 2021年11月24日閲覧。
  31. ^ オリックス・杉本が初タイトルの本塁打王「びっくり」 愛称・ラオウ登録名にはせず”. デイリースポーツ (2021年10月30日). 2021年11月24日閲覧。
  32. ^ 西武・山川の信念に感銘 オリックス・杉本“どすこいイズム”で本塁打キング狙う”. スポニチアネックス (2021年7月23日). 2021年11月24日閲覧。
  33. ^ オリ・ラオウ杉本、史上最大の下克上キング!ドラフト10位から初の本塁打王「最後の年だと思っていた」”. スポニチアネックス (2021年10月31日). 2021年11月29日閲覧。
  34. ^ オリックス・ラオウ杉本裕太郎、感謝で覚醒「○○のおかげでした」一挙公開”. 日刊スポーツ (2021年11月29日). 2021年12月9日閲覧。
  35. ^ オリックス・ラオウ杉本裕太郎3割30発達成 球団カブレラ以来13年ぶり”. 日刊スポーツ (2021年10月25日). 2021年11月24日閲覧。
  36. ^ オリックス杉本裕太郎「内角の練習する」ロッテ井口監督がラオウ包囲網公言”. 日刊スポーツ (2021年12月24日). 2021年12月24日閲覧。
  37. ^ オリックス杉本裕太郎CS最優秀選手賞 第2戦で決勝2ラン日本S進出導く”. 日刊スポーツ (2021年11月12日). 2021年11月12日閲覧。
  38. ^ 日本シリーズ表彰選手 プロ野球”. 時事ドットコム (2021年11月27日). 2021年12月9日閲覧。
  39. ^ ラオウ杉本裕太郎「昇天」更改で年俸5倍、解雇の恐怖におびえた夜乗り越え”. 日刊スポーツ (2021年12月16日). 2021年12月19日閲覧。
  40. ^ 堀まどか (2022年3月11日). “オリックス杉本裕太郎「正尚が帰ってきたらもっと強くなる」吉田正尚ら故障組の戦列復帰を心待ち”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/baseball/news/202203100000851.html 2022年4月11日閲覧。 
  41. ^ 2022年度 オープン戦 個人打撃成績(規定打席以上)”. NPB.jp 日本野球機構. 2022年4月11日閲覧。
  42. ^ “【オリックス】ラオウ・杉本裕太郎がスタメン落ち 17打席ヒットなし”. スポーツ報知. (2022年4月10日). https://hochi.news/articles/20220410-OHT1T51099.html?page=1 2022年4月11日閲覧。 
  43. ^ “朗希が完全試合、松川が攻守に存在感、髙部・藤原がチャンスメイク…ロッテ若手が躍動した1日”. BASEBALL KING. (2022年4月11日). https://baseballking.jp/ns/319228 2022年4月11日閲覧。 
  44. ^ “【オリックス】杉本裕太郎コロナ陽性で抹消 復調の兆し見せた日本ハム戦後に体調不良訴える”. 日刊スポーツ. (2022年4月27日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202204270000542.html 2022年4月29日閲覧。 
  45. ^ “オリックスが杉本を登録、コロナ陽性から復帰 右手首痛のバレラを抹消、14日の公示”. Full-Count. (2022年5月14日). https://full-count.jp/2022/05/14/post1221036/ 2022年6月9日閲覧。 
  46. ^ a b “「気楽に打ってる場合じゃない」オリ"元4番"が復調2安打も中嶋監督は奮起促す”. Full-Count. (2022年5月19日). https://full-count.jp/2022/05/19/post1223323/ 2022年6月9日閲覧。 
  47. ^ a b “オリのラオウ・杉本 4打数4安打で交流戦打率トップに!菅野からも3安打で4番復帰ある!?”. Sponichi Annex. (2022年5月27日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/05/27/kiji/20220526s00001173709000c.html 2022年6月9日閲覧。 
  48. ^ a b “交流戦MVPはヤクルト・村上宗隆! 日本生命賞は阪神・大山悠輔、オリックス・杉本裕太郎”. 週刊ベースボールONLINE. (2022年6月13日). https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=097-20220613-15 2022年6月13日閲覧。 
  49. ^ “杉本、止まらぬ勢い 7試合連続安打―プロ野球・オリックス”. 時事ドットコムニュース. (2022年6月8日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2022060801072&g=spo 2022年6月9日閲覧。 
  50. ^ a b “オリックス・杉本が交流戦首位打者に セの強打者から受けた刺激「みんな勝負どころで打点を挙げている」”. BASEBALL KING. (2022年6月12日). https://baseballking.jp/ns/327355 2022年6月13日閲覧。 
  51. ^ 真柴健 (2022年6月12日). “【オリックス】杉本裕太郎が交流戦首位打者 打席回してくれた中川に感謝「めっちゃありがとう」”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/baseball/news/202206120001441.html 2022年6月13日閲覧。 
  52. ^ “柳田悠岐、杉本裕太郎、森友哉…パ・リーグ6球団 真夏の「大逆襲」を期待したい選手は?”. 週刊ベースボールONLINE. (2022年7月2日). https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=097-20220702-13 2022年7月4日閲覧。 
  53. ^ 2022年6月度「大樹生命月間MVP賞」受賞選手 (パシフィック・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2022年7月9日閲覧。
  54. ^ “オリ・由伸&ラオウが6月の月間MVP 昨年6月以来の同時受賞「去年も一緒に取ったころからいい勢いに」”. Sponichi Annex. (2022年7月8日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/07/08/kiji/20220708s00001173323000c.html 2022年7月8日閲覧。 
  55. ^ オリックス・杉本 初出場の球宴「運動会のつもりで楽しむ」勢い失速も、浅村に弟子入り志願で再上昇だ” (日本語). スポニチ Sponichi Annex (2021年7月16日). 2021年7月18日閲覧。
  56. ^ a b 【オリックス好き】杉本裕太郎、ドラフト最下位ルーキーの逆襲はあるか”. J SPORTS (2016年2月11日). 2016年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月22日閲覧。
  57. ^ 【オリックス】「イチ2世」ドラ10・杉本をマーリンズ社長絶賛”. スポーツ報知 (2016年2月4日). 2016年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月12日閲覧。
  58. ^ オリックス10位杉本 座右の銘はラオウの名セリフ”. 日刊スポーツ (2016年1月10日). 2021年5月8日閲覧。
  59. ^ a b オリックス杉本が登録名「ラオウ」実現へ2ケタ弾誓う”. 日刊スポーツ (2018年12月24日). 2021年11月6日閲覧。
  60. ^ オリックス10位“ラオウ”杉本、弱点は日本語!?”. 日刊スポーツ (2016年1月16日). 2021年5月8日閲覧。
  61. ^ オリックス杉本、ついに「ラオウ」襲名?背中に呼んでほしいニックネーム”. 日刊スポーツ (2021年9月18日). 2021年11月28日閲覧。
  62. ^ 「ラオウ」オリックス杉本ファンに絶賛猛アピール中の昇天ポーズ披露”. 日刊スポーツ (2021年4月27日). 2021年5月1日閲覧。
  63. ^ イチロー「おじさん1人じゃあ、しんどいんやで~」”. 日刊スポーツ (2016年1月24日). 2021年5月8日閲覧。
  64. ^ オリックス10位杉本「まさか」イチローが単独指名”. 日刊スポーツ (2016年1月31日). 2021年5月8日閲覧。
  65. ^ オリックスドラフト10位杉本 イチローが仰天指名(1)”. デイリースポーツ (2016年1月31日). 2021年5月8日閲覧。
  66. ^ オリックスドラフト10位杉本 イチローが仰天指名(3)”. デイリースポーツ (2016年1月31日). 2021年5月8日閲覧。
  67. ^ 初安打が先頭弾オリックス杉本、極秘イチローとトレ”. 日刊スポーツ (2017年9月10日). 2021年5月8日閲覧。
  68. ^ オリックス杉本サヨナラ弾!引退イチローの姿に刺激”. 日刊スポーツ (2019年3月22日). 2021年5月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]