種茂雅之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
種茂 雅之
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県磐田市
生年月日 (1938-02-13) 1938年2月13日(79歳)
身長
体重
175 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1961年
初出場 1961年9月2日
最終出場 1974年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 阪急ブレーブス (1975 - 1977)
  • 日本ハムファイターズ (1981 - 1988, 1993 - 1995)

種茂 雅之(たねも まさゆき、1938年2月13日 - )は、静岡県磐田市出身の元プロ野球選手捕手)・コーチ監督

経歴[編集]

静岡高校では1年生からレギュラーを務め、1955年夏の甲子園に出場。主将として臨んだが、1回戦で城東に敗退。高校卒業後は立教大学へ進学し、東京六大学リーグでは5度優勝したほか、日本選手権2連覇(1957年 - 1958年)を経験。4年生から正捕手となり(1年上に片岡宏雄がいたため)、1959年春季リーグでベストナインを受賞。リーグ通算29試合出場、93打数18安打、打率.194、1本塁打。大学の2年先輩に杉浦忠本屋敷錦吾長嶋茂雄稲川誠、同期には森滝義巳浜中祥和高林恒夫がいる。大学卒業後は丸善石油に入社し、1960年から都市対抗に2年連続で出場(1961年東邦レーヨン徳島の補強選手)。1961年シーズン途中に東映フライヤーズへ入団し、同年9月23日近鉄戦(日生)で初出場。1962年には球団初のリーグ優勝に貢献し、日本シリーズでは胴上げ投手となった土橋正幸と共に史上唯一のダブルMVPを受賞[1]。その後も安藤順三白仁天との併用が続いていたが、1966年には正捕手の座を掴み、オールスターゲームにも出場。規定打席にも到達し、打率も自己最高の.291(ベストテン5位)を記録。1969年は不調もあって鈴木悳夫との併用となったが、1971年まで正捕手の座を守った。1972年には岡村浩二阪本敏三との正捕手ー正遊撃手同士での交換トレードで、大橋穣と共に阪急ブレーブスへ電撃移籍。同年のリーグ優勝に貢献し、創設初年度のダイヤモンドグラブ賞を受賞。1974年限りで現役を引退。

引退後は阪急・オリックスで二軍バッテリーコーチ(1975年 - 1977年)・スコアラー(1978年 - 1980年)・スカウト(1996年 - 2000年)、古巣・日本ハムで一軍バッテリーコーチ(1981年 - 1983年)・二軍監督(1984年 - 1988年, 1993年 - 1995年)・ファームディレクター(1989年 - 1992年)を務めた。その後は日本ティーボール協会で理事や顧問を務め、首都圏の小・中学校などで普及活動を展開した。現在は参与。

1960年代 - 1970年代を代表する「イケメン選手」で、マスクを被るのがもったいないと言われていた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1961 東映 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1962 85 180 169 15 43 3 5 0 56 13 5 0 2 0 7 1 2 26 5 .254 .292 .331 .623
1963 52 126 113 9 25 2 2 1 34 7 1 0 1 2 6 0 4 15 3 .221 .280 .301 .581
1964 58 89 88 6 20 3 1 0 25 7 0 0 0 0 1 1 0 8 4 .227 .236 .284 .520
1965 79 160 158 12 34 7 0 2 47 10 0 0 0 0 2 0 0 12 3 .215 .225 .297 .522
1966 132 453 419 32 122 16 6 2 156 39 4 3 2 2 21 5 9 25 10 .291 .337 .372 .709
1967 116 395 374 31 95 10 3 5 126 33 3 2 2 3 13 0 3 30 12 .254 .282 .337 .619
1968 97 241 228 8 58 6 1 0 66 14 0 3 2 2 6 1 3 20 5 .254 .280 .289 .570
1969 87 207 192 10 33 4 1 3 48 13 2 0 5 0 4 3 6 22 6 .172 .213 .250 .463
1970 117 284 259 12 53 12 1 4 79 22 1 1 9 1 12 0 3 20 6 .205 .247 .305 .552
1971 121 361 322 23 65 8 1 4 87 23 2 5 8 3 22 2 6 30 10 .202 .263 .270 .534
1972 阪急 112 405 373 29 101 17 2 5 137 38 2 2 6 3 16 1 7 31 10 .271 .311 .367 .678
1973 102 305 275 21 76 10 0 3 95 27 1 2 4 1 22 3 3 11 15 .276 .336 .345 .681
1974 31 57 53 5 11 1 0 0 12 1 0 0 0 0 4 0 0 4 3 .208 .263 .226 .490
通算:14年 1190 3264 3024 213 736 99 23 29 968 247 21 18 41 17 136 17 46 255 92 .243 .285 .320 .605

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 67 (1961年)
  • 22 (1962年 - 1975年)
  • 66 (1976年 - 1977年)
  • 88 (1981年 - 1988年)
  • 80 (1993年 - 1995年)

脚注[編集]

  1. ^ その際、MVPの賞品は自動車が土橋、冷蔵庫等の全ての賞品は種茂と山分けで贈られた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]