安藤順三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安藤 順三
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岐阜県多治見市
生年月日 (1935-06-28) 1935年6月28日(83歳)
身長
体重
170 cm
69 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1954年
初出場 1954年
最終出場 1970年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 東映フライヤーズ
    日本ハムファイターズ (1966 - 1971, 1975 - 1976, 1989 - 1990)

安藤 順三(あんどう じゅんぞう、1935年6月28日 - )は、岐阜県多治見市[1]出身の元プロ野球選手捕手)・コーチ監督

経歴[編集]

多治見工業高校では同期のエース・梶本隆夫とバッテリーを組み、3年次の1953年岐阜大会を勝ち抜いて三岐大会の決勝に進出。津高に完封負けを喫し、甲子園出場を逃す[2]1954年東映フライヤーズへ入団。1959年には山本八郎の三塁手転向によって正捕手となり、初めて規定打席にも到達(25位、打率.184)。山本は1960年に捕手へ復帰するが、1961年には一塁手に回る。再び正捕手となった安藤は同年から1963年まで3年連続でオールスターゲームに出場し[1]1962年のリーグ優勝・日本一にも貢献。1965年には白仁天種茂雅之の成長もあって定位置を譲り、1966年からはコーチを兼任。1970年引退。

その後は東映・日本ハムで二軍バッテリーコーチ(1971年, 1976年)、一軍バッテリーコーチ(1975年)、二軍監督(1989年 - 1990年)、スコアラーを歴任。

エピソード[編集]

現役時代のライバルであった野村克也とは同期であり、誕生日も一日違いである(野村は1935年6月29日生まれ)。

後に阪急ブレーブスの左のエースとなる梶本隆夫とは、中学・高校時代にバッテリーを組んでいた[1]。梶本とは幼馴染であり、小学生のころの梶本は自分の実力に自信を持っていなかったが、安藤はこの頃からプロを意識していた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]


















































O
P
S
1954 東映 25 26 25 0 7 0 1 0 9 0 0 0 0 0 1 -- 0 4 1 .280 .308 .360 .668
1955 24 30 28 2 2 1 0 0 3 1 0 1 1 0 1 0 0 9 2 .071 .103 .107 .211
1956 95 225 210 12 31 2 0 1 36 11 1 2 5 2 3 0 5 41 4 .148 .177 .171 .349
1957 70 141 135 6 26 3 0 1 32 10 0 1 0 0 6 0 0 20 1 .193 .227 .237 .464
1958 67 161 151 11 34 9 1 3 54 10 1 0 2 1 6 0 1 33 3 .225 .258 .358 .615
1959 130 438 408 26 75 11 1 4 100 33 1 0 9 3 17 6 1 55 9 .184 .217 .245 .462
1960 26 52 46 2 10 1 0 0 11 4 0 0 2 0 4 0 0 9 1 .217 .280 .239 .519
1961 135 436 403 25 90 8 2 4 114 32 2 1 10 0 21 2 2 57 9 .223 .265 .283 .548
1962 106 278 260 14 54 15 1 0 71 22 3 0 11 1 6 2 0 25 10 .208 .225 .273 .498
1963 123 386 360 26 91 9 1 4 114 29 1 2 5 1 18 1 2 43 11 .253 .291 .317 .608
1964 91 210 192 10 43 4 0 1 50 25 1 1 3 1 14 2 0 21 14 .224 .275 .260 .536
1965 43 63 60 1 13 2 0 0 15 4 0 1 1 0 2 0 0 3 3 .217 .242 .250 .492
1966 21 11 11 1 2 1 1 0 5 2 0 0 0 0 0 0 0 4 1 .182 .182 .455 .636
1967 15 9 9 1 3 1 0 0 4 2 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .333 .333 .444 .778
1968 62 76 69 4 17 3 0 0 20 7 0 2 3 1 3 0 0 11 1 .246 .274 .290 .564
1969 41 22 22 2 4 2 0 0 6 4 1 0 0 0 0 0 0 6 0 .182 .182 .273 .455
1970 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:17年 1078 2564 2389 143 502 72 8 18 644 196 11 11 52 10 102 13 11 342 70 .210 .245 .270 .514

記録[編集]

節目の記録
  • 1000試合出場:1968年7月17日 ※史上133人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 31 (1954年 - 1970年)
  • 71 (1971年)
  • 60 (1975年)
  • 72 (1976年)
  • 88 (1989年 - 1990年) 

脚注[編集]

  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、26ページ
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]