嵯峨健四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
嵯峨 健四郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 秋田県秋田市
生年月日 (1937-08-15) 1937年8月15日
没年月日 (2011-11-01) 2011年11月1日(74歳没)
身長
体重
175 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1960年
初出場 1960年
最終出場 1968年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

嵯峨 健四郎(さが けんしろう、1937年8月15日 - 2011年11月1日[1])は、秋田県秋田市出身で、1960年代に活躍したプロ野球選手投手)である。

経歴[編集]

秋田商業高校では、エースとして1954年秋季東北大会準決勝に進むが、盛岡商に敗退。翌1955年夏の甲子園県予選を勝ち抜き、奥羽大会に進むが1回戦で盛岡工に敗れる。

卒業後は日鉱日立に入社。1956年都市対抗にエースとして出場、準々決勝に進むが大昭和製紙に敗れる[2]1958年都市対抗でも2回戦に進み、ニッポンビール北川芳男と投げ合うが惜敗[2]。翌1959年都市対抗では2回戦で富士鉄釜石に敗退した[2]。社会人屈指の好投手として注目され、1960年東映フライヤーズへ入団。

なお、高校時代の1年後輩には、後に大毎オリオンズ阪急ブレーブスなどで活躍する三平晴樹がいた。三平も高校卒業後、嵯峨と同じルートでプロ入りしている(但し、プロでチームメイトになる事は無かった)。

1963年の7月から先発陣の一角として起用され、8月22日には阪急ブレーブス足立光宏と投げ合い、初勝利を完封で飾る。1964年には21勝を挙げ、土橋正幸尾崎行雄と並んでフライヤーズの20勝投手として球界に知れ渡った。だが、この年は打席でヒットが打てず、4月以降77打席連続無安打に終わった。

1965年は胃腸障害で2勝しかできず、打撃も不振で、8月半ばまで13打席連続ノーヒット。前年から、トータル90打席連続無安打を記録してしまった。これらは1シーズン、連続シーズンいずれも連続打席無安打の日本記録である。[3]

しかし、同年8月19日の本拠地・後楽園球場での阪急ブレーブスとの試合で、91打席ぶり(およそ1年5か月ぶり)の安打を記録。足立光宏から、二塁手の頭を越えるヒットを放ち、不名誉な記録を漸くストップさせた。1966年は投打両面で復調し、17勝を記録する一方、10本の安打を打っている。

1968年には、松村正晴内野手との交換トレードで読売ジャイアンツへ移籍。シーズン序盤には1完封を含む2勝を挙げるが、6月以降は失速し不本意な成績に終わった。

僅か1年でジャイアンツを戦力外となり、翌年フライヤーズに復帰したが、この年を最後に引退した。

武器はスライダー、カーブ、シュート。

2011年11月1日午前5時30分、肝細胞癌のため神奈川県鎌倉市内の病院で逝去した。74歳没。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1960 東映 7 1 0 0 0 0 2 -- -- .000 49 11.0 10 1 6 0 0 4 0 0 6 6 4.91 1.45
1961 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 18 4.0 4 1 1 0 0 0 1 0 2 2 4.50 1.25
1963 22 15 2 1 0 6 6 -- -- .500 355 92.2 74 12 18 0 1 45 1 0 26 23 2.23 0.99
1964 55 31 7 5 3 21 9 -- -- .700 905 225.1 197 20 53 3 5 90 3 0 82 67 2.68 1.11
1965 23 14 0 0 0 2 8 -- -- .200 283 65.0 66 6 27 0 0 23 1 0 38 32 4.43 1.43
1966 46 33 13 4 0 17 9 -- -- .654 986 244.0 204 19 56 3 6 80 6 0 77 63 2.32 1.07
1967 27 20 0 0 0 5 8 -- -- .385 488 111.1 122 15 33 0 1 52 1 0 71 66 5.35 1.39
1968 巨人 14 5 1 1 0 2 0 -- -- 1.000 180 42.0 38 7 19 0 2 26 1 0 22 20 4.29 1.36
通算:8年 196 119 23 11 3 53 42 -- -- .558 3264 795.1 715 81 213 6 15 320 14 0 324 279 3.16 1.17

記録[編集]

  • 連続打席無安打:90 (1964年3月31日 - 1965年8月19日) ※NPB記録
  • オールスターゲーム出場:1回 (1966年)

背番号[編集]

  • 19 (1960年 - 1961年)
  • 45 (1962年 - 1967年)
  • 17 (1968年)
  • 24 (1969年)

脚注[編集]

  1. ^ 『現代物故者事典 2009〜2011』 日外アソシエーツ、2012年、260頁。
  2. ^ a b c 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  3. ^ 【8月19日】1965年(昭40) 90打席、506日もヒットが打てなかった男”. スポーツニッポン (2007年8月19日). 2012年6月26日閲覧。

関連項目[編集]