水谷孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
水谷 孝
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県
生年月日 (1948-04-28) 1948年4月28日(69歳)
身長
体重
180 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1966年(第1次) ドラフト1位
初出場 1967年
最終出場 1977年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

水谷 孝(みずたに たかし、1948年4月28日 - )は、愛知県出身[1][2]の元プロ野球選手。右投げ右打ち。投手

来歴・人物[編集]

三重高校では、1966年にエースとして春夏の甲子園に連続出場。春の選抜では2回戦(初戦)で宇部商に敗れる[3]。春季中部大会では、決勝で静岡高のエース望月充に投げ勝ち優勝。夏の選手権では、初戦で川畑和人投手を擁する鹿児島実を破り2回戦に進出するが、平安門野利治投手と投げ合い敗退[4]。高校同期に渋谷洋一左翼手阪急)、控えの榎本直樹投手がいる。

同年のドラフト(1次)1位で、阪急ブレーブスに入団する。当時の阪急には梶本隆夫米田哲也足立光宏石井茂雄といった好投手が揃っていたが、1968年には先発陣の一角に食い込み15勝7敗、米田の29勝に次ぐ好成績をあげる。同年の読売ジャイアンツとの日本シリーズでは2試合に登板。翌1969年も11勝を記録、同年の読売ジャイアンツとの日本シリーズでは第1戦にリリーフで登板するが、敗戦投手となった。その後は故障で一時低迷するが、1973年に12勝、1974年にも11勝をあげ復活した。1968年はリーグ防御率第7位、1973年は第4位、1974年は第6位(チームトップ)を記録している。1975年は再度の故障のため棒に振り、1976年島野修との交換トレードで読売ジャイアンツに移籍する。しかし故障の影響もあって球威の衰えは隠せず、目立った活躍はできなかった。1977年に無償トレードで阪急に復帰するが、1978年限りで引退した。

入団時は速球投手であったが、故障後は技巧派に転向。制球力に優れ、変化球はカーブ、チェンジアップ、フォークを武器とした。

現在は、名古屋市で少年野球(硬式)名古屋フレンズの監督をつとめる。本業は針鍼灸院を名古屋市中川区で開業している。 中日に在籍していた前田章宏捕手は水谷の教え子である。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1967 阪急 9 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 67 17.0 16 3 2 0 0 10 0 0 7 7 3.71 1.06
1968 46 18 4 1 1 15 7 -- -- .682 782 194.0 158 16 60 6 1 98 2 0 63 61 2.83 1.12
1969 43 19 3 0 1 11 7 -- -- .611 598 143.2 138 16 42 3 2 47 0 0 58 54 3.38 1.25
1970 10 4 0 0 0 0 1 -- -- .000 94 22.1 26 5 8 0 1 7 1 0 17 13 5.32 1.52
1971 4 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 29 7.1 8 0 0 0 0 4 0 0 2 2 2.57 1.09
1972 12 1 0 0 0 1 2 -- -- .333 92 22.1 24 3 4 0 0 9 1 0 8 6 2.45 1.25
1973 30 18 9 2 1 12 4 -- -- .750 568 138.0 129 13 34 3 4 66 2 2 44 41 2.67 1.18
1974 26 16 4 3 1 11 5 1 -- .688 549 136.0 124 13 30 4 2 37 1 2 48 44 2.91 1.13
1976 巨人 13 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 85 19.1 23 3 8 0 1 6 0 0 13 13 6.16 1.60
1977 阪急 6 4 1 0 0 2 1 0 -- .667 112 26.1 28 2 7 0 0 5 0 0 15 15 5.19 1.33
通算:10年 199 82 21 6 4 53 27 1 -- .663 2976 726.1 674 74 195 16 11 289 7 4 275 256 3.17 1.20
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 15 (1967年 - 1975年、1977年 - 1978年)
  • 22 (1976年)

脚注[編集]

  1. ^ 『阪急ブレーブス 黄金の歴史』 ベースボール・マガジン社、2011年、126頁。
  2. ^ 森岡浩『プロ野球人名事典2003』 日外アソシエーツ、2003年、549頁。
  3. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  4. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]