三浦清弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
三浦 清弘
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県別府市
生年月日 (1938-09-02) 1938年9月2日
没年月日 (2016-03-27) 2016年3月27日(77歳没)
身長
体重
180 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1957年
初出場 1957年7月29日
最終出場 1975年9月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • クラウンライターライオンズ (1977)

三浦 清弘(みうら きよひろ、1938年9月2日 - 2016年3月27日[1])は、大分県別府市出身の元プロ野球選手投手)・コーチ

経歴[編集]

別府鶴見丘高ではエースとして1956年夏の甲子園に出場。1回戦で足利工を降すが、2回戦では米子東高に0-1で惜敗。高校同期に右翼手の山本征良がいた。

山本と共に1957年南海ホークスに入団。1年目から一軍で登板機会こそ得たものの、1961年までは目立った活躍はできなかった。1962年には開幕から先発陣の一角に組み込まれ、生涯最高の成績となる17勝を記録、1963年も13勝を挙げる。1965年には最優秀防御率のタイトルを獲得。同年の読売ジャイアンツとの日本シリーズでは、第2戦で7回からジョー・スタンカをリリーフするが、延長10回、長嶋茂雄に2点本塁打を喫し敗戦投手となる。第3戦では先発として起用されるが、1回にまたもや長嶋に2点本塁打を浴び3回途中で降板した。1966年にも15勝を記録、その後も杉浦忠皆川睦雄らとともに南海最盛期の投手陣を担った。

1972年も9勝を挙げたが、1973年に金銭トレードで太平洋クラブライオンズに移籍。ここでも先発として活躍するが、1975年には勝星がなく、同年限りで現役引退。引退後は1977年にクラウン二軍投手コーチ、1978年にスカウトを経て、退団後は大阪市北区曾根崎新地ふぐ料理店『三浦屋』を経営していた。

2016年3月27日肺炎のため大阪市内の病院で死去[1]。77歳没。

選手としての特徴[編集]

スリークウォーターからの速球に威力があり、カーブスライダーシュートナックルを多彩に操った。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1957 南海 5 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 34 8.0 8 1 3 0 1 5 0 0 3 3 3.38 1.38
1958 18 3 0 0 0 0 1 -- -- .000 216 51.0 53 2 12 0 3 32 2 0 25 20 3.53 1.27
1959 16 1 0 0 0 2 3 -- -- .400 164 40.2 36 1 7 1 2 17 0 0 15 12 2.66 1.06
1960 17 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 131 30.0 28 1 13 1 2 22 0 0 14 11 3.30 1.37
1961 24 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 174 39.0 42 5 13 0 3 27 1 0 24 20 4.62 1.41
1962 58 25 7 0 0 17 8 -- -- .680 901 222.1 196 10 55 4 9 143 5 0 76 65 2.63 1.13
1963 57 24 7 3 1 13 12 -- -- .520 886 219.2 182 17 64 5 14 96 1 0 77 62 2.54 1.12
1964 45 15 1 1 0 6 6 -- -- .500 612 140.1 145 14 52 0 4 87 0 0 79 66 4.23 1.40
1965 41 14 3 0 1 11 3 -- -- .786 702 178.1 128 13 44 2 3 84 2 0 34 31 1.56 0.96
1966 45 29 6 0 2 15 8 -- -- .652 848 203.1 188 10 65 1 7 85 1 0 71 61 2.70 1.24
1967 16 12 4 1 1 6 6 -- -- .500 328 82.1 70 8 20 0 1 49 2 0 28 26 2.84 1.09
1968 37 16 3 2 1 7 5 -- -- .583 504 126.1 105 11 39 4 6 58 2 0 42 39 2.78 1.14
1969 33 29 10 1 1 12 14 -- -- .462 882 215.0 196 29 62 3 6 79 3 0 93 78 3.27 1.20
1970 23 22 5 2 0 8 7 -- -- .533 586 140.0 135 13 51 3 4 67 1 0 59 50 3.21 1.33
1971 29 29 10 2 1 13 10 -- -- .565 799 184.1 185 29 70 2 6 71 4 0 94 86 4.20 1.38
1972 25 23 6 1 2 9 7 -- -- .563 568 136.2 130 13 44 1 4 41 1 0 54 48 3.16 1.27
1973 太平洋 27 15 4 1 0 8 5 -- -- .615 496 115.0 123 16 36 1 4 38 0 0 53 44 3.44 1.38
1974 21 17 4 1 0 5 6 0 -- .455 426 103.1 103 8 31 0 4 37 0 1 42 36 3.14 1.30
1975 16 5 0 0 0 0 1 0 -- .000 196 44.1 53 4 16 0 5 14 0 0 29 25 5.08 1.56
通算:19年 553 281 70 15 10 132 104 0 -- .559 9453 2280.0 2106 205 697 28 88 1052 25 1 912 783 3.09 1.23
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000投球回数:1966年6月7日、対西鉄ライオンズ8回戦(大阪スタヂアム) ※史上121人目
  • 1500投球回数:1969年8月31日、対近鉄バファローズ21回戦(大阪スタヂアム) ※史上65人目
  • 100勝:1971年4月29日、対ロッテオリオンズ4回戦(大阪スタヂアム)、先発登板で6回3失点 ※史上53人目
  • 2000投球回数:1972年8月13日、対近鉄バファローズ16回戦(大阪スタヂアム) ※史上39人目
  • 500試合登板:1973年6月2日、対ロッテオリオンズ前期6回戦(平和台野球場)、5回0/3を3失点 ※史上29人目
  • 1000奪三振:1973年10月7日、対近鉄バファローズ後期13回戦(平和台野球場)、8回表に岩木康郎から ※史上48人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 34 (1957年 - 1975年)
  • 77 (1977年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]