今井達也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
今井 達也
埼玉西武ライオンズ #11
Imai(lions)2.jpg
2017年11月13日、対侍ジャパン日本代表
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県鹿沼市[1]
生年月日 (1998-05-09) 1998年5月9日(21歳)
身長
体重
180 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト1位
初出場 2018年6月13日
年俸 1,800万円(2019年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

今井 達也(いまい たつや、1998年5月9日 - )は、栃木県鹿沼市出身[1]プロ野球選手投手)。右投右打。埼玉西武ライオンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学1年から野球を始め、鹿沼市立西中学校時代、クラブチームの鹿沼レッドソックスに所属し全国大会に出場した[3]

作新学院高等学校に進学し、2年次は栃木大会までは背番号「11」でベンチ入りしたが國學院栃木との決勝戦でリリーフ登板した際、相手打者に対して頭部死球を与え降板した。チームは夏の甲子園大会出場を果たしたものの、今井だけはベンチ漏れで甲子園の舞台に立てなかった。

高校3年、第98回全国高等学校野球選手権大会、初戦の尽誠学園高等学校戦で自己最速の151km/hを記録。その後の花咲徳栄高等学校戦で自己最速を更新する152km/hを計測し、プロからの注目を浴びた[4]。決勝では北海高等学校を相手に9回1失点の好投で優勝投手に輝いた[5]

甲子園の後はU-18アジア野球選手権大会に出場し[6][7]、決勝の台湾戦では5回1失点と好投し、2大会ぶり5度目の優勝に貢献した[8]

2016年9月16日にプロ志望届を提出し[9]2016年度ドラフト会議にて埼玉西武ライオンズから単独1位指名を受け[10]、契約金1億円プラス出来高払い5000万円・年俸1300万円(金額は推定)で契約した[11]。同年オフにFAで楽天に移籍した岸孝之背番号11」を背負うこととなった。

プロ入り後[編集]

2017年は、ファームで登板を重ね、投球回を上回る21奪三振を記録したものの、四球を多く出しWHIPが1.76に達するなど、課題の残るシーズンとなった。

2018年2月6日、未成年喫煙が発覚し球団から厳重注意され、5月まで対外試合出場停止処分を受けた[12][13]。問題となった同年1月24日の埼玉県所沢市パチンコスロット店で喫煙している姿が2月8日発売の週刊文春に掲載された[14]。4月30日に、5月1日付で処分が解除されることが発表された[15]。6月13日の東京ヤクルトスワローズ戦で先発デビューし、6回1失点でプロ初勝利を挙げた。初先発で初勝利を挙げたのは球団では松坂大輔以来となる[16]。四球で試合を崩す試合も多々あったが、5勝を挙げるなど高卒2年目にしては上々の成績を残した。

2019年5月5日にメットライフドームで行われた楽天イーグルス戦で、3年目にしてプロ初完封勝利を飾った。また令和の完封勝利第1号であった[17]

選手としての特徴[編集]

投球フォームはスリークォーター[18]。最速154km/h[19]ストレートスライダーチェンジアップカーブなどの変化球を投じる[20]

人物[編集]

甲子園出場前の4月に祖父が他界している。甲子園では祖父の遺骨が入ったネックレスを付けていた。

高校時代、制球力を良くする為ワインドアップからセットポジション投球へ変更した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2018 西武 15 15 1 0 0 5 5 0 0 .500 345 78.2 74 11 35 0 6 65 4 1 45 42 4.81 1.39
通算:1年 15 15 1 0 0 5 5 0 0 .500 345 78.2 74 11 35 0 6 65 4 1 45 42 4.81 1.39
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2018 西武 15 4 6 0 0 1.000
通算 15 4 6 0 0 1.000
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 11 (2017年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 今井達也(作新学院) - 高校野球 : 日刊スポーツ”. 日刊スポーツ (2016年10月17日). 2016年10月31日閲覧。
  2. ^ 西武 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2018年12月23日閲覧。
  3. ^ 【西武】ドラ1今井、目標は東京五輪出場!作新OB競泳・萩野と金メダル目指すスポーツ報知 2016年11月2日掲載
  4. ^ 作新・今井 自己最速152キロ ビッグ3花咲徳栄・高橋昂に投げ勝ったスポニチアネックス 2016年8月17日掲載
  5. ^ 作新 54年ぶりV 今井152キロ涙の志願完投、天国の祖父に届けスポニチアネックス 2016年8月21日掲載
  6. ^ 作新学院高等学校”. 学校法人作新学院 (2016年8月21日). 2016年10月31日閲覧。
  7. ^ 今井 達也|侍ジャパン選手プロフィール|野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト”. NPBエンタープライズ. 2016年10月31日閲覧。
  8. ^ U―18侍、2大会ぶりアジア王者に 今井&堀が零封リレー 納がV打スポニチアネックス 2016年9月4日掲載
  9. ^ 作新学院・今井、東邦・藤嶋らもプロ志望届提出スポニチアネックス 2016年9月17日掲載
  10. ^ 2016年ドラフト会議 全指名選手”. 埼玉西武ライオンズ (2016年10月20日). 2016年10月31日閲覧。
  11. ^ 西武ドラ1今井達也と合意「1軍で早く投げたい」 - 野球”. 日刊スポーツ (2016年11月20日). 2017年5月26日閲覧。
  12. ^ 当球団所属選手(未成年)の喫煙行為が判明した件についてのお詫びとお知らせ”. 埼玉西武ライオンズ (2018年2月6日). 2018年2月6日閲覧。
  13. ^ “甲子園V腕の西武今井が未成年で喫煙、出場停止処分”. 日刊スポーツ. (2018年2月6日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201802060000567.html 2018年2月6日閲覧。 
  14. ^ 雑誌の新聞. (2018年2月8日). http://www.zasshi.com/zasshiheadline/syuukanbunsyun.html+2018年2月10日閲覧。 
  15. ^ “西武 喫煙発覚・今井の処分解除、5月1日付で 「引き続き自分に厳しく、野球に専念を」”. スポニチアネックス. (2018年4月30日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/04/30/kiji/20180430s00001173165000c.html 2018年4月30日閲覧。 
  16. ^ “甲子園V腕の西武今井が松坂以来デビュー戦先発勝利”. 日刊スポーツ. (2018年6月13日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201806130000766.html 2018年6月24日閲覧。 
  17. ^ 西武今井が令和完封第1号 新フォームで悪癖改善 - プロ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2019年5月11日閲覧。
  18. ^ https://live.nicovideo.jp/watch/lv278676360
  19. ^ https://full-count.jp/2019/03/30/post331758/
  20. ^ https://www.nikkansports.com/baseball/news/201806130000888.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]