金子侑司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金子 侑司
埼玉西武ライオンズ #7
金子侑司 2018年8月19日.jpg
2018年8月19日 メットライフドームにて。
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府京都市右京区
生年月日 (1990-04-24) 1990年4月24日(32歳)
身長
体重
179 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 外野手遊撃手二塁手三塁手
プロ入り 2012年 ドラフト3位
初出場 2013年3月29日
年俸 1億2600万円+出来高(2022年)
※2020年から4年契約[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

金子 侑司(かねこ ゆうじ、1990年4月24日 - )は、京都府京都市右京区出身[2]プロ野球選手外野手内野手)。右投両打。埼玉西武ライオンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学4年時に野球を始め[3][4]ラグビーも並行してプレーしていた。6年生時には100メートル走で京都市大会4位に入り、京都市代表に選ばれた[3]。中学時に右打ちから両打ちに転向した[3][4]。理由は格好いいから。中学生時代はボーイズリーグの「京都嵐山ボーイズ」に所属する一方、学校では身長を伸ばすため、バレーボール部に所属していた[3]立命館宇治高校では遊撃手としてプレーし、高校通算20本塁打を放った[4]。甲子園出場経験は無い[5]

立命館大学時代(2012年)

立命館大学では産業社会学部に在学[6]坂本一輝は同学部の同窓生。1年生時の春季から関西学生野球・リーグ戦に出場[3]。2年生時の春季に遊撃手のベストナインを受賞[7]。3年生時に第38回日米大学野球選手権大会にの日本代表に選ばれた[8]。4年生時、第61回全日本大学野球選手権大会の2回戦(初戦)に1番・遊撃手で先発出場し4打数1安打で、チームは敗れた[9][10]。大学通算成績は83試合出場、288打数79安打1本塁打、打率.274、17打点、28盗塁だった[11]

2012年10月25日に行われたプロ野球ドラフト会議埼玉西武ライオンズに3巡目で指名され[12]、契約金5000万円、年俸1200万円(金額は推定)で合意し[13]、入団。背番号は2に決まった[14]

2013年3月、大学の卒業式・学位授与式で特筆すべき活躍や努力をした学生におくられる「立命館大学・学長表彰」を受賞した[15]

2013年7月18日、こまちスタジアムにて

西武時代[編集]

2013年は春季キャンプをA班でスタートし、オープン戦では大学時代に数試合経験しただけの外野手としても出場[16]。チームの新人選手の中で唯一開幕一軍登録され[17]、3月29日の北海道日本ハムファイターズとの開幕戦にて7番・右翼手でプロ初出場・初先発し、初打席で初安打となる遊撃手への内野安打を打った[18]。しかし、慣れない外野の守備では3回に打球の目測を誤り、6回には本塁への悪送球失策を記録した[19]。4月3日の福岡ソフトバンクホークス戦では、第1打席は左打席で右投手の山中浩史から左中間へ適時三塁打を打ち初打点を挙げ、第2打席では右打席で左投手の山本省吾から初本塁打を打った[4][20]。同16日のオリックス・バファローズ戦の4回にはプロ初盗塁を決めた[21]。その後疲労などもあって打撃不振に陥り、5月19日に一軍登録を抹消された[22]。7月18日に行われたフレッシュオールスターゲームでは3番・二塁手で先発出場し、3打数1安打だった[23]。6月に一軍再登録された後も2度抹消と登録を繰り返したが[24]、9月15日の千葉ロッテマリーンズ戦では西武の新人選手としては2011年9月に秋山翔吾が記録した以来となるサヨナラ安打を打った[25]。ルーキーイヤーは一軍で94試合に出場し、打率.223・2本塁打・23打点・12盗塁を記録。オフに600万円増となる推定年俸1800万円で契約を更改した[26]

2014年、3月28日の東北楽天ゴールデンイーグルスとの開幕戦に9番・遊撃手で先発出場し、1打数無安打だった[27]。開幕当初はこの年に新たに監督に就任した伊原春樹の方針によりスイッチヒッター(両打ち)から左打ちに専念していたが、打率1割台と不振に陥り、その後打撃コーチ(当時)の田辺徳雄と相談の上、両打ちに戻した[28][29]。この年は91試合に出場し、打率.247・2本塁打・16打点、チーム最多の21盗塁を記録[30]。オフに800万円増となる推定年俸2600万円で契約を更改した[31]

2015年は3年連続で開幕を一軍で迎えたものの[32]打撃不振が続き6月9日に登録抹消[33]。同13日には練習中に打球が当たり鼻骨を骨折するなど[34]シーズン終盤まで一軍復帰できず、57試合の出場で打率.224・1本塁打・6打点・11盗塁という成績に留まり、オフに200万円減となる推定年俸2400万円で契約を更改した[35]

2016年は2月の春季キャンプで腰の異常を訴え[36]、初めて開幕を二軍で迎えたが[37]、4月5日に出場選手登録された[38]。7月1日から1番・右翼手で出場するようになると[39]、9月17日の楽天戦で球団史上4人目のシーズン50盗塁を記録し[40]、23日のソフトバンク戦ではリーグ最多の盗塁を記録していたオリックスの糸井嘉男に並ぶ53個目の盗塁を成功させた[41]。盗塁が同数のまま27日に右膝裏痛のため出場選手登録を抹消され[42][43]、この時点でオリックスは4試合を残していたが、糸井はそれ以上盗塁を記録できず、パ・リーグの最多盗塁者賞は同時受賞となった[44]。この年、初めて規定打席に到達し(両打の選手では同年唯一[45])、また初めて外野手としての出場が内野手としての出場を上回った。打率.265・1本塁打・33打点・53盗塁を記録し、オフに倍増となる推定年俸4800万円で契約を更改した[46]

2017年、シーズン開幕前に内野手から外野手登録に変更された[47]。3月に入った頃から足の痛みを感じていたが、その後左脛を疲労骨折していたことが判明し、開幕を二軍で迎えた[48]。5月19日の二軍戦で骨折から実戦復帰し[48]、30日に出場選手登録されると[49]、同日の広島東洋カープ戦の9回に代打で出場し一軍復帰を果たした[48][50]。打撃が好調だった8月中盤まではスタメン起用が続いたが、シーズン終盤は状態を落としベンチスタートが増え、この年は出場90試合中、77試合にスタメン出場し、打率.272・5本塁打・34打点・25盗塁という成績を残した[51]。オフに200万円増となる推定年俸5000万円で契約を更改し、また翌年から背番号が8に変更されることになった[52]

2018年は開幕から打撃不振が続き、後半戦に入っても打率.196と復調の兆しが見られず7月21日に登録抹消[53]。8月17日に一軍再昇格を果たすと、同19日の日本ハム戦では決勝の適時三塁打を放つなど[54]再昇格後は打率.270と復調を見せ、シーズン打率は.223に留まったものの32盗塁を記録し、また勝負所での好守でチームに貢献し、オフに700万円増となる推定年俸5700万円で契約を更改した[55]

2019年は前年の3番打者浅村栄斗のFA移籍による構想の変化があり[56]、金子は1番レフトで開幕スタメンに名を連ねた[57]。しばらく1番起用が続いたが、打率.206・出塁率.289と役割を果たせず、5月16日のソフトバンク戦を最後に下位打線へ回った[58]。その後は主に9番打者を務め、右大腿骨骨挫傷で戦列を離れた時期もあったが[59]、正左翼手として自己最多の133試合に出場。打率.251・3本塁打・33打点・41盗塁を記録し、2度目となる最多盗塁のタイトルを獲得した[60]。11月25日、2020年シーズンより背番号を7に変更することが発表された[61]。12月4日、2020年シーズン中に国内FA権を取得予定であったが、埼玉西武ライオンズと新たに4年契約を締結[62]。年俸変動制であり、2020年は6300万円増の推定年俸1億2000万円プラス出来高で契約を更改した[63]

2020年秋山翔吾のメジャー移籍の穴を埋めるべく、キャンプからセンター守備に取り組み[64]、センターで開幕スタメンに名を連ねるも打撃不振が続き、さらには首痛も発症し、7月5日に登録を抹消された[65]。しかし、8月14日に一軍復帰を果たすと8月は月間打率.321と復調を見せた。抹消時は.179だった打率も最終的には.249まで持ち直し、10月に入ってからは1番を任されるようになった。ただ、本人も「失敗したくないと思ってしまい、勇気が足りなかった」と語ったように盗塁死を9つ記録したこともあって積極性に欠け盗塁数は14に留まり[66]、さらには不慣れなセンター守備[67]、出塁率.312と1番センター定着に向けて課題が多く残るシーズンとなった[68]。オフに600万円増となる推定年俸1億2600万円で契約を更改した[69]

2021年は1番センターで開幕スタメン入りを果たすも、打撃で結果を残せず開幕12試合目で1番から外れた[70]。以降スタメン時は9番での起用が中心となったが、愛斗若林楽人岸潤一郎ら若手選手の台頭がありスタメンでの出場機会が減少した。さらにこの年初めて金子がスタメンを外れた4月18日のソフトバンク戦以降、ベンチに金子が控えているときのセンターの守備固めには必ず金子が起用されていたが、守備で気の緩んだプレー[71]や記録に残らないミス[72][73]が目立ち、6月27日のオリックス戦では岸、8月13日の楽天戦では熊代聖人がセンターの守備固めで起用され、控え選手としても出場機会が減っていった。7月以降チームが16試合を戦って金子に与えられた打席数は僅かに20、その20打席では打率.059・OPS.111と全く結果を残せず8月20日に登録抹消となった[74]。降格直後は打撃不振が続いていたものの9月に入ると調子を上げ、9月15日に一軍再昇格[75]。翌16日の日本ハム戦ではその状態の良さを買われて6月26日のオリックス戦以来、41試合ぶりに1番センターでスタメン起用された[76][77]。その後は途中出場が中心となり、守備固めではチームを救う場面もあったが[78]、再昇格後に放った安打は10月16日の楽天戦での1本[79]のみと打撃が振るわず、また勝負所での代走で盗塁死を喫するなど[80]攻撃面では精彩を欠いた。先発出場54試合・220打席は2015年(50試合・176打席)に次いで少なく、プロ入り後初めて「打率1割台」「本塁打0本」「1桁盗塁」に終わり、101試合の出場で打率.192・0本塁打・9打点・9盗塁という成績に留まった。オフの11月30日に一般女性と結婚したことを発表し[81]、契約更改では現状維持の推定年俸1億2600万円でサインをした[82]

選手としての特徴[編集]

50メートル走のタイムは5秒7[3]、1年目の春季キャンプでは30メートル走でチームトップのタイムを計測した[4]。右投げでの遠投は110メートルで[83]、高校生時代には左投げでも80メートル、球速は120km/hを記録したことがある[84]

盗塁王を2度獲得しているが最多盗塁死も2度記録しており、盗塁成功率に課題を抱えている[85]

内野手時代は守備、特にスローイングに難があり、外野にコンバートされた大きな理由の1つであった[86]。コンバート後は左翼と右翼を守り、俊足を生かした広い守備範囲で高い守備力を誇った。2019年は左翼で12球団トップとなるUZR+21.0を記録した[87]。ただ中堅手に転向した翌2020年はUZR+2.4、特にこれまで大きくUZRを稼いでいたRngR(守備範囲の指標)が+4.7に留まり、中堅守備への適応にも課題を抱えている[88]

人物[編集]

愛称は「ネコ[89][90]

中学生時代に独学でバック転を習得し、高校生時代に運動会のリレーでゴールする際に披露したことがある[5]

座右の銘は「華麗奔放」[3]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2013 西武 94 311 278 30 62 3 5 2 81 23 12 6 12 0 18 0 3 56 5 .223 .278 .291 .569
2014 91 272 243 32 60 10 3 2 82 16 21 6 12 1 14 0 2 48 2 .247 .292 .337 .630
2015 57 176 156 22 35 4 3 1 48 6 11 7 10 0 10 0 0 43 0 .224 .271 .308 .579
2016 129 520 460 64 122 12 3 1 143 33 53 17 13 1 40 0 6 69 5 .265 .331 .311 .642
2017 90 320 283 43 77 17 2 5 113 34 25 8 5 4 27 0 1 49 5 .272 .333 .399 .733
2018 111 356 310 50 69 7 3 1 85 34 32 11 6 3 34 0 3 53 5 .223 .303 .274 .577
2019 133 524 463 60 116 8 1 3 135 33 41 10 6 3 49 1 3 81 3 .251 .324 .292 .616
2020 86 338 301 41 75 7 0 3 91 21 14 9 5 3 29 0 0 55 5 .249 .312 .302 .615
2021 101 220 198 24 38 7 1 0 47 9 9 9 6 2 12 0 2 39 7 .192 .243 .237 .480
NPB:9年 892 3017 2692 366 654 75 21 18 825 209 218 83 75 17 233 1 20 493 37 .243 .306 .306 .613
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



二塁 三塁 遊撃 外野
















































2013 西武 36 80 88 2 22 .988 3 0 2 0 0 1.000 27 47 57 6 13 .945 27 42 1 2 0 .956
2014 49 128 157 6 20 .979 - 27 26 40 3 12 .957 11 7 0 1 0 .875
2015 - - 57 85 164 8 33 .969 -
2016 - 29 17 47 9 3 .983 24 49 33 5 8 .943 94 112 119 2 1 .983
2017 - - - 87 138 2 4 0 .972
2018 - - - 106 188 4 1 0 .995
2019 - - - 132 273 9 3 0 .989
2020 - - - 86 182 2 4 1 .979
2021 - - - 93 132 0 0 0 1.000
通算 85 208 245 8 42 .983 32 17 49 9 3 .880 132 191 330 22 66 .958 636 1074 137 17 2 .986
  • 2021年度シーズン終了時

タイトル[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 200盗塁:2020年9月22日、対北海道日本ハムファイターズ16回戦(メットライフドーム)、3回裏に二盗(投手:上沢直之、捕手:清水優心)※史上78人目

背番号[編集]

  • 2(2013年 - 2017年)
  • 8(2018年 - 2019年)
  • 7(2020年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “西武金子侑、6300万円増の1.2億円! 変動制の4年契約「ずっとライオンズでやれたら最高」”. Full-Count. (2019年12月4日). https://full-count.jp/2019/12/04/post624360/ 2020年8月23日閲覧。 
  2. ^ プロ野球12球団全選手カラー百科名鑑 廣済堂出版発行(ISBN 978-4-331-80325-7) 84頁
  3. ^ a b c d e f g 猫より機敏!?西武ドラ3の金子 炭谷から快盗連発”. スポニチ Sponichi Annex (2013年2月9日). 2021年9月16日閲覧。
  4. ^ a b c d e 西武金子スイッチ5打点!左三塁打右1号”. 日刊スポーツ (2013年4月4日). 2021年9月16日閲覧。
  5. ^ a b 西武ドラ3金子伝説の「バック宙」再現だ”. 日刊スポーツ (2013年1月14日). 2021年9月16日閲覧。
  6. ^ 硬式野球部 金子侑司選手が埼玉西武ライオンズからドラフト3位指名”. 立命館大学 HEADLINE NEWS (2012年10月25日). 2021年9月16日閲覧。
  7. ^ 記録 歴代ベストナイン”. 関西学生野球連盟. 2021年9月16日閲覧。
  8. ^ 第38回 日米大学野球選手権大会 大学日本代表チーム”. 公益財団法人 全日本大学野球連盟. 2021年9月16日閲覧。
  9. ^ 第61回全日本大学野球選手権大会 ■試合詳細 2012/6/14(木) 東京ドーム”. 公益財団法人 全日本大学野球連盟. 2021年9月16日閲覧。
  10. ^ 第61回全日本大学野球選手権大会 ■試合詳細/個人成績”. 2021年9月16日閲覧。
  11. ^ 「別冊宝島 プロ野球選手データ名鑑2013」 宝島社発行 132頁
  12. ^ 2012年ドラフト会議 全指名選手”. 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト (2012年11月13日). 2021年9月16日閲覧。
  13. ^ 西武 ドラ3金子と合意”. スポニチ Sponichi Annex (2012年11月16日). 2021年9月16日閲覧。
  14. ^ 2012ドラフト指名選手 入団発表会!”. 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト (2012年12月13日). 2021年9月16日閲覧。
  15. ^ 2012年度後期 立命館大学卒業式・学位授与式(学部・大学院)を衣笠キャンパスにて挙行”. 立命館大学 PICK UP (2013年3月21日). 2021年9月16日閲覧。
  16. ^ 西武 金子 外野守備無難に 打撃、脚力生かしたい「選択肢あっていい」”. スポニチ Sponichi Annex (2013年3月17日). 2021年9月16日閲覧。
  17. ^ 2013年 開幕登録選手発表!”. 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト (2013年3月27日). 2021年9月16日閲覧。
  18. ^ 2013年3月29日 埼玉西武 対 北海道日本ハム 成績詳細”. 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト. 2021年9月16日閲覧。
  19. ^ 新人金子は収穫と課題、2安打2得点も守備でミス2回”. スポニチ Sponichi Annex (2013年3月29日). 2021年9月16日閲覧。
  20. ^ 2013年4月3日 埼玉西武 対 福岡ソフトバンク 成績詳細”. 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト. 2021年9月16日閲覧。
  21. ^ スコア速報 西武対オリックス”. 日刊スポーツ (2013年4月16日). 2021年9月16日閲覧。更新
  22. ^ 【西武】金子2軍落ち「はい上がれ」”. 日刊スポーツ (2013年5月19日). 2021年9月16日閲覧。
  23. ^ 2013年度フレッシュオールスター・ゲーム 試合結果”. 日本野球機構. 2021年9月16日閲覧。
  24. ^ 体力と技術を向上させ、遊撃のレギュラー獲りへ”. 週刊ベースボールONLINE (2013年12月27日). 2021年10月6日閲覧。
  25. ^ 【西武】金子がプロ入り初のサヨナラ打”. 日刊スポーツ (2013年9月15日). 2021年9月16日閲覧。
  26. ^ 今季の主なルーキーの契約更改一覧”. 日刊スポーツ (2013年12月9日). 2021年10月6日閲覧。
  27. ^ 2014年3月28日 埼玉西武 対 楽天イーグルス 成績詳細”. 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト. 2021年9月16日閲覧。
  28. ^ 田辺代行満足「恐怖の9番だね」 金子侑4安打 4連勝で4位浮上”. スポニチ Sponichi Annex (2014年7月10日). 2021年9月16日閲覧。
  29. ^ 西武・金子侑、両打ち復活で∨打!「身体の動きがよくなった」”. SANSPO.COM (2014年6月13日). 2021年9月16日閲覧。
  30. ^ 2014年度 埼玉西武ライオンズ 個人打撃成績(パシフィック・リーグ)”. 日本野球機構. 2021年9月16日閲覧。
  31. ^ 全年俸データを掲載!2015年俸ランキング”. 週刊ベースボールONLINE (2015年2月6日). 2021年10月6日閲覧。
  32. ^ 2015年 開幕登録選手発表!”. 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト (2015年3月25日). 2021年9月16日閲覧。
  33. ^ 公示(出場選手登録・抹消) 2015年6月”. 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト. 2021年9月16日閲覧。
  34. ^ 西武・金子侑 練習中に鼻骨骨折…ミタパンも心配?”. スポニチ Sponichi Annex (2015年6月14日). 2015年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月16日閲覧。
  35. ^ 西武 金子侑 200万円ダウン 2軍降格、骨折…「いろいろ考えた」”. Sponichi Annex (2015年11月30日). 2021年10月6日閲覧。
  36. ^ 西武、斉藤、金子侑がチーム離れる”. 日刊スポーツ (2016年2月27日). 2021年9月16日閲覧。
  37. ^ 2016年 開幕登録選手発表!”. 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト (2016年3月23日). 2021年9月16日閲覧。
  38. ^ 公示(出場選手登録・抹消) 2016年4月”. 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト. 2021年9月16日閲覧。
  39. ^ 西武 新打線が機能、6連敗でストップ 田辺監督は安どの表情”. スポニチ Sponichi Annex (2016年7月3日). 2021年9月16日閲覧。
  40. ^ 西武・金子侑 球団史上4人目の50盗塁 糸井に肉薄2差”. スポニチ Sponichi Annex (2016年9月18日). 2021年9月16日閲覧。
  41. ^ 西武・金子侑 オリ糸井に並んだ53盗塁 2度目挑戦で成功”. スポニチ Sponichi Annex (2016年9月23日). 2021年9月16日閲覧。
  42. ^ オリ 糸井、初の盗塁王確定的 西武・金子侑抹消 単独なるか”. スポニチ Sponichi Annex (2016年9月27日). 2021年9月16日閲覧。
  43. ^ 公示(出場選手登録・抹消) 2016年9月”. 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト. 2021年9月16日閲覧。
  44. ^ 2016年度 表彰選手(パシフィック・リーグ)”. 日本野球機構. 2021年9月16日閲覧。
  45. ^ 2016年度 パシフィック・リーグ 個人打撃成績(規定打席以上)”. 日本野球機構. 2021年9月16日閲覧。
  46. ^ 西武・金子侑は倍増4800万円、初の盗塁王 来季へ「出塁率こだわる」”. Sponichi Annex (2016年12月1日). 2021年10月6日閲覧。
  47. ^ 別冊宝島 プロ野球選手データ名鑑2017 宝島社発行(ISBN 978-4-8002-6655-2) 69頁
  48. ^ a b c 昨季盗塁王・金子侑司の開幕戦…2カ月の悶々とした日々を乗り越えて”. BASEBALL KING (2017年5月31日). 2021年9月16日閲覧。
  49. ^ 出場選手登録・抹消 2017年5月公示”. 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト. 2021年9月16日閲覧。
  50. ^ 2017年5月30日(火)埼玉西武 vs 広島 成績詳細(出場選手成績)”. 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト. 2021年9月16日閲覧。
  51. ^ 西武・金子侑司 真の主力へ一瞬たりともムダにしない/来季こそ主力に”. 週刊ベースボールONLINE (2017年11月19日). 2021年10月6日閲覧。
  52. ^ 西武 金子侑 200万円増 背番号「8」で再スタート「小学校の時にラグビーをやっていた時の番号」”. Sponichi Annex (2017年12月5日). 2021年10月6日閲覧。
  53. ^ 西武 金子侑司 打撃の調子を取り戻して”. 週刊ベースボールONLINE (2018年8月1日). 2021年10月6日閲覧。
  54. ^ 西武金子侑司、再昇格2試合目で逆転V打「ホッと」”. 日刊スポーツ (2018年8月18日). 2021年9月16日閲覧。
  55. ^ 西武・金子侑 感謝の700万円増 来年はレジェンドと顔合わせたくない!”. Sponichi Annex (2018年12月5日). 2021年10月6日閲覧。
  56. ^ 西武・辻監督、19年版「獅子脅し打線」構想明かす 4番は不動の山川”. 西日本スポーツ (2018年12月24日). 2021年10月6日閲覧。
  57. ^ 3番秋山、4番山川、5番森/西武開幕スタメン”. 日刊スポーツ (2019年3月29日). 2021年10月6日閲覧。
  58. ^ 西武・金子侑司 あきらめず一番に再チャレンジ/斬り込み隊長は俺だ”. 週刊ベースボールONLINE (2020年1月30日). 2021年10月6日閲覧。
  59. ^ 西武金子侑、右大腿骨骨挫傷で戦線離脱 リーグ断トツトップ32盗塁”. Full-Count (2019年8月2日). 2021年10月6日閲覧。
  60. ^ 【西武】金子、背番号「7」に 憧れ稼頭央を継ぐ” (日本語). スポーツ報知 (2019年11月11日). 2019年11月25日閲覧。
  61. ^ 来季背番号変更のお知らせ|埼玉西武ライオンズ” (日本語). 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト. 埼玉西武ライオンズ (2019年11月25日). 2019年11月25日閲覧。
  62. ^ 西武金子侑司4年総額5億超え、生涯ライオンズ宣言”. 日刊スポーツ (2019年12月4日). 2021年9月11日閲覧。
  63. ^ 西武金子侑、6300万円増の1.2億円! 変動制の4年契約「ずっとライオンズでやれたら最高」”. Full-Count (2019年12月4日). 2021年10月6日閲覧。
  64. ^ 西武金子が「1番・中堅」を秋山から引き継ぐため…球団関係者指摘「とにかく出塁率」”. Full-Count (2020年2月8日). 2021年6月20日閲覧。
  65. ^ 抹消の西武金子に首痛で「しびれ」、辻監督「結構きつい」”. 西日本スポーツ (2020年7月5日). 2021年6月20日閲覧。
  66. ^ 西武・金子、1億2600万円で更改 けがで離脱「申し訳ない」”. 日本経済新聞 (2020年12月9日). 2021年10月6日閲覧。
  67. ^ 西武・金子侑司「軽率プレー」負傷交代”. BBNEWS (2020年9月25日). 2021年10月6日閲覧。
  68. ^ 西武辻監督「出塁率を上げて」今季も1番金子構想”. 西日本スポーツ (2021年2月19日). 2021年10月6日閲覧。
  69. ^ 西武・金子、600万円増で更改 来季こそは「全試合に出たい」”. サンスポ (2020年12月9日). 2021年10月6日閲覧。
  70. ^ 西武1番にドラ4若林 ロッテ戦スタメン発表”. 西日本スポーツ (2021年4月9日). 2021年8月20日閲覧。
  71. ^ 5位転落の西武に求められる緻密野球の復活 専門家が「怠慢」とした守備ミス”. Full-Count (2021年5月19日). 2021年8月20日閲覧。
  72. ^ 西武の守護神・平良の連続無失点試合がストップ 野村氏「ちょっとかわいそうでしたね」”. BASEBALL KING (2021年7月7日). 2021年8月20日閲覧。
  73. ^ 西武・平良の無失点記録ストップは「防げた」 里崎氏が指摘した守備の“中途半端さ””. ABEMA TIMES (2021年7月10日). 2021年8月20日閲覧。
  74. ^ 西武、金子の出場選手登録抹消 打率2割7厘と打撃不振で”. 西日本スポーツ (2021年8月20日). 2021年8月20日閲覧。
  75. ^ 西武、金子が1軍復帰 先発の本田と出場選手登録”. 西日本スポーツ (2021年9月15日). 2021年9月17日閲覧。
  76. ^ 西武、打線入れ替え実らず 辻監督「金子も2軍では良かったが…」”. 毎日新聞 (2021年9月16日). 2021年9月17日閲覧。
  77. ^ 西武、金子を約3カ月ぶりに1番起用も不発 辻監督、上沢攻略できず「いい投球をされた」”. スポーツニッポン (2021年9月16日). 2022年1月21日閲覧。
  78. ^ 西武金子が守護神救うビッグプレー ヒーロー山川も「ネコさんじゃないと」”. 西日本スポーツ (2021年10月1日). 2021年10月27日閲覧。
  79. ^ 試合速報 東北楽天ゴールデンイーグルス VS 埼玉西武ライオンズ”. 日本野球機構. 2021年10月27日閲覧。
  80. ^ 西武、絶対にアウトになってはいけない盗塁失敗 自力CS消滅 辻監督「今年の象徴」”. 西日本スポーツ (2021年9月23日). 2021年10月27日閲覧。
  81. ^ 西武・金子侑司が結婚を発表「より一層がんばっていきます」”. デイリースポーツ (2021年11月30日). 2021年12月2日閲覧。
  82. ^ 新婚の西武・金子侑司は現状維持で更改「嫌な思いをさせないように」”. Sponichi Annex (2021年12月2日). 2021年12月2日閲覧。
  83. ^ 西武、ポスト中島に立命大・金子を検討”. デイリースポーツ online (2012年10月21日). 2012年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月16日閲覧。
  84. ^ 西武ドラ3金子は“両投げ”左で80m投”. デイリースポーツ online (2013年1月16日). 2013年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月16日閲覧。
  85. ^ 西武・金子侑「8割の男」になる 今年から背番8 盗塁成功率上げキング奪う”. 西日本スポーツ (2018年1月13日). 2021年9月11日閲覧。
  86. ^ 西武・金子侑司の生きる起用法は? 「かっこいい選手に見られたい」独自のセルフコントロールで存在感”. ベースボールチャンネル (2016年7月25日). 2021年9月11日閲覧。
  87. ^ 野手の守備力をデータから分析し評価する[1.02 FIELDING AWARDS 2019]左翼手部門”. 1point02.jp (2019年12月1日). 2021年9月11日閲覧。
  88. ^ 野手の守備力をデータから分析し評価する “1.02 FIELDING AWARDS 2020”中堅手部門”. 1point02.jp (2021年1月8日). 2021年9月11日閲覧。
  89. ^ 西武金子侑、イケメン&可愛い“ネコと猫”の2S公開 ファン歓喜「たまらんです」” (日本語). Full-Count (2019年12月22日). 2021年6月15日閲覧。
  90. ^ 5/1(水・祝)金子侑司選手プロデュース「ねこの洋食弁当」発売決定!|埼玉西武ライオンズ” (日本語). 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト. 2021年6月15日閲覧。
  91. ^ 2013年3月29日 埼玉西武 対 北海道日本ハム”. 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト. 2021年9月16日閲覧。
  92. ^ 選手登場曲”. 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト. 2021年9月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]