浜屋将太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浜屋 将太
埼玉西武ライオンズ #20
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県大崎町
生年月日 (1999-01-26) 1999年1月26日(21歳)
身長
体重
175 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2019年 ドラフト2位
初出場 2020年6月21日
年俸 1,300万円(2020年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

浜屋 将太 (はまや しょうた、1999年1月26日 - )は、鹿児島県大崎町出身のプロ野球選手投手)。左投左打。埼玉西武ライオンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

大崎町立大崎小学校では2年時に大崎ソフトボールスポーツ少年団でソフトボールを始め、大崎町立大崎中学校では鹿児島大隅ボーイズに所属した[1]

樟南高等学校進学後、1年夏からベンチ入りし、2年秋からエースとなり、3年夏の鹿児島県大会では決勝の鹿児島実業高校戦では6回から10イニングをロングリリーフし、13奪三振無失点に抑え、再試合に持ち込んだ。再試合では3―2で勝利し、甲子園出場を決めた[2]第98回全国高等学校野球選手権大会では初戦の石原彪山本祐大擁する京都翔英高校戦では8回を1失点に抑え勝利に貢献[3]。続く2回戦の高橋昂也岡崎大輔西川愛也擁する花咲徳栄高校戦では7回途中5失点でマウンドを降り、チームも敗れた[4]

三菱日立パワーシステムズ入社後、2年目から主力として活躍。第71回JABA九州大会では準決勝の日本通運戦では生田目翼と投げ合い、6回途中1失点で勝利に貢献し、チームも優勝を収めた[5]。3年目の第90回都市対抗野球大会では初戦のトヨタ自動車戦で1回2/3を4奪三振無失点と好投[6]第45回社会人野球日本選手権大会では初戦の日本新薬戦では7回1安打7奪三振無失点の好投を見せた[7]。準々決勝の日本製鉄鹿島戦では7回途中8奪三振2失点とこちらも好投したが、チームは敗れた[8]

2019年のプロ野球ドラフト会議で、埼玉西武ライオンズから2巡目で指名。契約金7,000万円、年俸1,300万円(金額は推定)という条件で入団した[9]背番号は「20」。

西武時代[編集]

2020年は開幕を一軍で迎え、6月21日の対北海道日本ハムファイターズ戦の7回表に2番手で初登板を果たした[10]

選手としての特徴[編集]

  • 最速148km/hの直球と切れ味鋭いスライダーで三振を奪うサウスポー。その他に球種はチェンジアップ、カーブ、フォークなどがある[1]

詳細情報[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 20 (2020年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]