田辺徳雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田辺 徳雄
Lions Norio Tanabe.JPG
2014年7月2日、西武ドームにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山梨県富士吉田市
生年月日 (1966-05-11) 1966年5月11日(51歳)
身長
体重
178 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手二塁手三塁手
プロ入り 1984年 ドラフト2位
初出場 1985年8月26日
最終出場 2000年6月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 西武ライオンズ
    埼玉西武ライオンズ (2002 - 2016)

田辺 徳雄(たなべ のりお、1966年5月11日 - )は、山梨県富士吉田市出身の元プロ野球選手内野手)。埼玉西武ライオンズ監督代行を経て2015年シーズンより2年間監督を務めた。

現役時代、西武ライオンズ黄金期の遊撃手として活躍した。

読売ジャイアンツに移籍した2000年の登録名は「田辺 路朗(読み同じ)」、埼玉西武ライオンズ監督としての登録名は「田邊 徳雄(読み同じ)」。現役時代のあだ名は「おやじ」であった[1]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

吉田高校在学中、1983年夏の選手権大会に出場。1回戦で吉井理人山下徳人を擁する箕島高校と対戦するが、延長13回サヨナラ負けを喫した。
大学進学を表明していたが1984年のドラフト2位で指名され、西武ライオンズに入団。当時は西武黄金時代の始まりで、周囲の選手の体格やプレーを見てプロでやっていけるか強い不安を感じたという[2]

プロ野球選手時代[編集]

二軍時代は二軍監督の日野茂や二軍コーチの広瀬宰から厳しく鍛えられ、昼の試合後に特守を行って夕食後も夜間練習をするほどだった[2]。その甲斐もあって1年目の1985年イースタン・リーグで多くの出場機会を得て打率3割を記録し、秋にはアリゾナでの教育リーグに派遣された。翌1986年は1Aにあたるカリフォルニアリーグのサンノゼ・ビーズでトップバッターとしてプレー。140試合に出場し.306の高打率で[3]、1Aオールスターゲームにも出場した[4]。ここでは破けたスパイクを使う選手達を見てハングリー精神を学んだと語っている[4]

一方、1986年に監督に就任した森祇晶は1年目のシーズン終了後秋山幸二三塁手から中堅手に、石毛宏典を遊撃手から三塁手にコンバートさせた。田辺は石毛の後任の遊撃手となる事が期待され、帰国後の1987年は背番号が6に変えられている。同年は開幕から一軍のレギュラーとなったが、気持ちを入れ込みすぎて練習で負傷し[4]さらにベン・オグリビーにスネをスパイクされ、後半戦は二軍で過ごした。翌1988年清家政和とレギュラーの座を争い、自己最高を更新する51安打、打率.258を記録するなど打撃力でポジションを勝ち取った[5]。しかし、シーズン中にヒジを痛めさらにそれをかばって8月に肩も痛めたため[6]後半戦は一軍登録を抹消されている。

1989年3月11日オープン戦で打球に飛びついた際に右肩鎖関節脱臼し、開幕から16試合を欠場したが猛打賞を6回記録するなどの活躍で打順も8番から6番に上がった[7]。この年は年間を通じてスタメンに定着し、最終的にはブーマー・ウェルズに次ぐリーグ2位の打率.316を残し、ベストナインゴールデングラブ賞に選ばれている。また同年オフの12月7日には3歳年上の女性と結婚式を挙げて独身寮を出た[8]。翌1990年からの西武のリーグ5連覇を遊撃手として支えた。

1992年オールスターゲーム第1戦で7番・遊撃手として先発出場し、6番の石井浩郎および8番の佐々木誠とともに5回に小松辰雄から3連続本塁打を達成した[9]。この試合は3安打を放ち、優秀選手賞を受賞している[10]。シーズン通算ではリーグ3位の打率.302を記録。この年パリーグで打率3割を記録したのは田辺と佐々木誠、ケルビン・トーベの3人のみであった[11]。また、この年再びベストナインとゴールデングラブ賞を受賞している。4度の延長戦を経て4勝3敗で制したヤクルトスワローズとのこの年の日本シリーズが、田辺自身の出場した日本シリーズの中で最も印象深かったという[12]

1993年奈良原浩の成長で出場機会が減り規定打席に到達しなかったが、球団からは一定の評価を受けて50万円増の年俸7,750万円(推定)で契約を更改している[13]。翌1994年は規定打席には達しなかったものの自己最高の打率.338を記録。読売ジャイアンツとの同年の日本シリーズでも第1戦で水野雄仁から満塁本塁打を放ち、契約更改では年俸が1億円(推定)と大台に到達した[14]。同年オフに石毛宏典が福岡ダイエーホークスに移籍すると三塁手にコンバートされ、松井稼頭央と奈良原が主に遊撃手を務めるようになっている。その後スコット・クーパー鈴木健が三塁手のレギュラーとなり、田辺自身も二塁手や三塁手を務めた。

1997年、ヤクルトとの日本シリーズ第2戦で延長10回に代打として起用され、伊藤智仁からサヨナラヒットを放った。オフにはフリーエージェントの権利を獲得したが、行使せずに残留。代打を務めていた1999年には夏場でも昼12時に球場に一番乗りし、ランニングやダッシュ、ティーバッティングなどを全体練習前にこなし、試合に備えていた[15]。同年オフに巨人に金銭トレードされ、年俸3,200万円(推定)で契約を結んでいる[16]。田辺は翌年が現役最後の年になると覚悟していたという[2]2000年の出場は7試合に終わり、同年の日本シリーズ終了の翌日に戦力外通告を受けて1ヶ月考えた末に引退を決断した[2]

現役引退後[編集]

2001年文化放送で解説者を務め、2002年から西武の二軍打撃コーチに就任した。中村剛也栗山巧など数多くの若手打者を一軍へ輩出した名伯楽でもある。2006年12月25日には早稲田大学人間科学部の通信教育課程に合格したことが、日本プロ野球OB会から発表された。2007年に二軍野手総合コーチ、2008年には二軍守備・走塁コーチ、2009年に再び二軍打撃コーチを務めてから、2010年にフロントへ転出。しかしこの年、二軍打撃コーチだった大久保博元が不適切な行為を行った事を理由に7月22日で解任されたため[17]、29日に再度二軍打撃コーチに就任[18]、2012年まで務め[19][20]2013年に一軍打撃コーチになった[21]

2014年も引き続き一軍打撃コーチでスタートしたが[22]、チームが最下位に低迷した事を理由に監督の伊原春樹が6月4日に球団に休養を申し入れ、了承されたことで監督代行として指揮を執ることになり[23]、27日に伊原が辞任した後も職名そのままに監督代行を続けた[24]。10月2日に2015年の監督就任が決まり発表され[25]、同年10月13日には2016年も引き続き監督を務める事が発表された[26]。2016年1月29日、西武鉄道所沢駅で一日駅長を務めた[27]。9月27日、球団に辞意を伝える[28][29]

監督退任後[編集]

2017年2月1日、球団本部チームアドバイザーに就任[30]。また同年2月から3月にかけ、沖縄県八重瀬町でキャンプを実施する韓国プロ野球ハンファ・イーグルスの臨時巡回打撃・守備コーチを務め、プロ野球シーズン開幕後の5月15日まで任期が延長された。

プレイスタイル[編集]

打撃[編集]

アメリカへの野球留学でクラウチングスタイルを身に付けたが、日本の投手の左右への揺さぶりに対応しきれず[6]、足を上げてボールを呼び込むスタイルに変更した[12]。ポイントを近めにしたことで広角打法が身に付き、一、二塁間を抜ける当たりやライト前のポテンヒットが増えたという[12]AK砲の後の6番を打っていた頃は走者の残っている場面で打席を迎えることが多く、ヒット狙いで打席に立っていた[31]

ど真ん中の球は苦手で見逃す事も多かったが、高めはボール球でも積極的に打っていった[12]。外す配球がしにくいため田村藤夫ら他球団の捕手に嫌がられた[12]ものの、チーム内のミーティングで打撃コーチに怒られることも多かった[12]

守備[編集]

遊撃手時代の田辺は、二塁手辻発彦三塁手石毛宏典という名手に挟まれていた。遊撃手経験の長かった石毛には厳しく守備をチェックされ、声を出さずに捕球して怒られる事もあった[4]。辻にはキャンプ期間から連係プレーの練習に付き合ってもらっていたが、6-4-3のダブルプレーの送球は非常に緊張したという[4]。余裕を持って打球に追いつく高い身体能力が認められ、石毛のコンバート後に10年間は遊撃守備でチームを支えられると森は評価していた[1]

30歳を過ぎると頭の中でイメージする遊撃守備に体がついていかない事も増えた[12]。二塁や三塁の守備についた事で新たな視点を得ることができ、勉強になったと田辺は語っている[12]

監督としての特徴[編集]

2014年の監督代行就任時、当初から選手に髭を生やす事や髪を染める事及び裾の長いズボンの着用を禁止していた伊原監督[32]とは打って変わって、それらを容認する方針を示した[33]。また、選手とコーチ陣との対話やコミュニケーションを重視している[33][34]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1985 西武 2 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 .000 .000 .000 .000
1987 78 241 223 24 50 10 1 7 83 15 3 2 6 1 11 0 0 37 7 .224 .261 .372 .633
1988 74 214 198 25 51 8 2 7 84 23 1 0 10 0 6 0 0 27 6 .258 .279 .424 .703
1989 114 472 424 51 134 20 3 8 184 68 18 10 21 8 14 1 5 32 8 .316 .345 .434 .779
1990 113 371 330 34 79 20 1 6 119 34 8 7 21 2 17 0 1 30 5 .239 .279 .361 .640
1991 124 415 359 42 96 19 0 11 148 54 3 3 17 4 34 1 1 63 5 .267 .332 .412 .744
1992 126 441 401 50 121 32 0 13 192 63 4 4 16 2 19 0 3 48 10 .302 .338 .479 .817
1993 104 291 260 26 64 13 1 6 97 32 4 1 11 3 15 0 2 36 10 .246 .292 .373 .665
1994 104 365 337 44 114 18 1 8 158 41 6 4 11 0 16 1 1 41 10 .338 .370 .469 .839
1995 117 389 348 38 89 14 1 6 123 40 8 6 14 4 20 0 3 55 16 .256 .302 .353 .655
1996 83 229 210 19 46 8 0 7 75 19 1 1 10 1 7 1 1 34 6 .219 .248 .357 .605
1997 63 136 122 9 26 2 0 3 37 13 3 0 5 2 6 0 1 21 2 .213 .256 .303 .559
1998 79 185 168 9 42 4 2 4 62 30 0 0 3 3 11 1 0 23 7 .250 .296 .369 .665
1999 41 77 70 3 13 2 0 1 18 9 1 0 0 2 5 1 0 18 4 .186 .240 .257 .497
2000 巨人 7 7 7 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .143 .143 .143 .286
通算:15年 1229 3837 3461 374 926 170 12 87 1381 442 60 38 145 32 199 6 18 469 97 .268 .307 .399 .706
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別監督成績[編集]

年度 球団 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 チーム
本塁打
チーム
打率
チーム
防御率
年齢
2014年 西武 5位 91 43 44 4 498 125 .248 3.77 48歳
2015年 4位 143 69 69 5 .500 136 .263 3.69 49歳
2016年 4位 143 64 76 3 .457 128 .264 3.85 50歳
通算:3年 377 176 189 12 .482 Aクラス0回、Bクラス3回

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000試合出場:1996年7月26日、対千葉ロッテマリーンズ15回戦(西武ライオンズ球場)、3番・三塁手として先発出場 ※史上332人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 51 (1985年 - 1986年)
  • 6 (1987年 - 1999年)
  • 23 (2000年)
  • 76 (2002年 - 2009年)
  • 82 (2010年 - 2014年)
  • 90 (2015年 - 2016年)

登録名[編集]

  • 田辺 徳雄 (たなべ のりお、1985年 - 1999年、2002年 - 2014年)
  • 田辺 路朗 (たなべ のりお、2000年)
  • 田邊 徳雄 (たなべ のりお、2015年 - 2016年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 読売新聞、1987年5月8日付夕刊、P.3
  2. ^ a b c d 週刊ベースボール、2000年12月25日号、P.109
  3. ^ baseball-reference.com 個人成績
  4. ^ a b c d e 週刊ベースボール、2000年12月25日号、P.110
  5. ^ 朝日新聞、1988年6月21日付朝刊、埼玉地方面
  6. ^ a b 週刊ベースボール、1989年10月9日号、P.116
  7. ^ 週刊ベースボール、1989年9月25日号、P.27
  8. ^ 週刊ベースボール、1989年9月25日号、P.28
  9. ^ 1992年NPBオールスター第1戦 公式記録
  10. ^ 読売新聞、1992年7月19日付朝刊、P.21
  11. ^ 年度別成績 1992年 パシフィック・リーグ”. 日本野球機構. 2017年3月5日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h 週刊ベースボール、2000年12月25日号、P.111
  13. ^ 朝日新聞、1993年12月16日付朝刊、P.22
  14. ^ 朝日新聞、1994年12月11日付朝刊、P.27
  15. ^ 週刊ベースボール、1999年8月31日号、P.64
  16. ^ 読売新聞、1999年11月6日付朝刊、P.27
  17. ^ 雄星らに暴行か…デーブ2軍打撃コーチ解任 スポニチ Sponichi Annex 2010年 7月23日掲載
  18. ^ ファーム打撃コーチ就任のお知らせ 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2010年7月29日配信
  19. ^ 2011年度 コーチングスタッフ発表! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2010年10月29日配信
  20. ^ 2012年度 コーチングスタッフ発表! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2011年11月11日配信
  21. ^ 2013年度 コーチングスタッフ発表! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2012年10月26日配信
  22. ^ 2014年度 コーチングスタッフ発表! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2013年10月22日配信
  23. ^ 伊原春樹監督の休養を発表 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2014年6月4日配信
  24. ^ 伊原春樹氏が球団本部付アドバイザーに就任 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2014年6月27日配信
  25. ^ 田辺 徳雄監督 就任のお知らせ 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2014年10月2日配信
  26. ^ 2016年度 コーチングスタッフ発表! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2015年10月13日配信
  27. ^ 西武田辺監督が所沢駅の一日駅長、制服姿を自画自賛 日刊スポーツ 2016年1月29日掲載
  28. ^ 田邊徳雄監督が辞意を表明 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2016年9月27日配信
  29. ^ 西武田辺監督「3年Bクラスに沈み」辞任伝える 日刊スポーツ 2016年9月27日掲載
  30. ^ 田邊徳雄との契約についてのお知らせ 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2016年12月7日配信
  31. ^ 週刊ベースボール、1989年10月9日号、P.117
  32. ^ 伊原監督 初日から鬼説教 ヒゲ、茶髪、ダブダブズボン禁止 スポニチ Sponichi Annex 2013年10月24日掲載
  33. ^ a b 西武一新!田辺代行「仏路線」ダボユニ、茶髪、ひげもOK スポニチ Sponichi Annex 2014年6月6日掲載
  34. ^ 西武・田辺監督代行「厳しくするだけが教育じゃない」昇格後6勝6敗 スポニチ Sponichi Annex 2014年6月27日掲載

関連項目[編集]

外部リンク[編集]