木塚忠助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木塚 忠助
Kiduka Chusuke.JPG
1955年
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 佐賀県唐津市
生年月日 1924年4月23日
没年月日 (1987-12-16) 1987年12月16日(63歳没)
身長
体重
168 cm
60 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1948年
初出場 1948年
最終出場 1959年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

木塚 忠助(きづか ちゅうすけ、1924年4月23日 - 1987年12月16日)は、佐賀県唐津市出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。本名は同字で「ただすけ

通算盗塁数歴代4位。

経歴[編集]

唐津中学(現・佐賀県立唐津東高校)出身。野球を始めたのは3年からと遅かったが、5年次には佐賀県大会で1試合16奪三振を記録する好投手となりプロからも誘いを受けた。しかし警察官の父親の勧めで鉄道省門司鉄道局に進む。三塁手を務め、俊足・強肩・強打の三拍子揃った活躍を見せた。会社にあったインクでバットを赤く染めていたことから「門鉄の赤鬼」の異名を取った[1]。ライバルの八幡製鐵との試合は常に荒れ模様となり、木塚のラフプレーを引き金に乱闘騒ぎとなり、警察官が出動する騒ぎになったこともあったという[2]

1948年に争奪戦の末南海ホークスに入団。1年目からレギュラーに定着し、その強肩ぶりは「バカ肩」と呼ばれ、「イダ天」とも称された俊足と相まって人気が高かった。サードの"定位置"で守っていた山本一人(鶴岡一人)の股間を抜けた打球を一塁に遠投して刺した、など伝説的な逸話を残す。その守備は堅実というより華麗[3]、守備範囲が広いうえに送球への流れの中で捕球し[3]、矢のような球を投げた[3]。2年目の1949年から4年連続で盗塁王を獲得。この4年間で246盗塁、成功率は.855の高さだった[3]。打率も3割を3回記録し、一塁手・飯田徳治、二塁手・山本、三塁手・蔭山和夫らと百万ドルの内野陣を形成した。

1949年9月29日大陽戦第1試合(阪急西宮球場)で、1試合6失策(遊撃手で3、三塁手で3)を記録した。直後の第2試合で阪神本堂保次が二塁手として1イニング4失策を記録したことから、グラウンドの整備不良が主な原因と考えられる。1950年6月5日西鉄戦では7回に1イニング3盗塁(日本タイ記録)を記録している[4]。この年はシーズン78盗塁を記録。当時のプロ野球記録でありまだ記録を伸ばすこともできたが、東急フライヤーズ代表の猿丸元が「チームの為ではなく、自分のために走っている」と語っているのを聞き、それ以上盗塁をするのが馬鹿馬鹿しくなり残り試合で一度も盗塁をしなかった[2]

1956年、プロ入り9年目の同年シーズンオフ、A級10年選手制度が適用される前年に金銭トレードで近鉄パールスに移籍。当時は10年間同一球団に在籍した選手に対して、ボーナスの受給(再契約金)を受け取るか、所属球団から移籍できることを選ぶ権利が与えられる10年選手制度があった。在籍して実働10年の選手にはボーナスを払わなければならないという規定は、出費がかさんでしまうことから南海のような貧乏球団にとっては悩みの種であり、しばしば主力選手の放出がなされた。南海の主力選手であった木塚もこれにあたり、球団は打線の大型化を図る構想をすると共に木塚をトレードに出した(類似の例に大沢啓二がいる)。チームの4番打者であった飯田も同年にこの制度のために南海球団からボーナスの支払いを渋られ、国鉄へ移籍している。1959年に現役を引退。

引退後は近鉄一軍コーチ(1962年 - 1966年)、東京一軍コーチ(1967年 - 1968年)を務めた。東京退団後は、大阪でレストランの経営をしていた[5]

1987年12月16日死去[5]享年63。

人物[編集]

巨人軍の「引き抜き」の誘いを「俺は金では動かない」と断った選手として有名で、九州男児の心粋を通した気っ風のいい選手であった。また、メジャーリーグから誘いを受けた日本人選手第一号でもある。

歴代屈指の名遊撃手とも呼ばれ[3]吉田義男は木塚のプレーを見て学び、「機敏で肩が強くてダイナミックで一番の手本でした」と語っている[1]野村克也は『うたばん』(TBSテレビ)に出演した際、自身が選ぶ日本野球史上最強メンバーで遊撃手に木塚を選んでいた。野村は「今まで見てきたショートの中で右に出る者はいない」と語っている[5]。盗塁・走塁に関してはフリーパスであったという[2]

晩年、子供たちに指導する機会があった際、グラブから指を出していた子供に「坊や、指だしたらあかん」と注意したところ、「そやかて、篠塚もだしてるやん」と言われて困惑したという。しかし木塚は「いまの選手、手ェ痛いよって指だすのやろ。痛いんやったら、野球、やめなはれ」と語ったという[6]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1948 南海 140 545 504 58 119 14 7 4 159 54 34 12 16 -- 23 -- 2 44 -- .236 .272 .315 .588
1949 135 559 524 69 159 18 9 7 216 54 59 13 10 -- 23 -- 2 37 -- .303 .335 .412 .747
1950 116 520 481 94 145 14 8 8 199 47 78 8 10 -- 23 -- 6 19 11 .301 .341 .414 .755
1951 104 455 421 78 130 17 5 1 160 34 55 7 17 -- 13 -- 4 16 2 .309 .336 .380 .716
1952 115 496 454 78 127 20 3 8 177 41 55 11 23 -- 13 -- 6 35 6 .280 .309 .390 .699
1953 91 381 343 55 82 14 1 2 104 23 44 6 17 -- 19 -- 2 21 6 .239 .283 .303 .586
1954 115 479 443 53 112 11 7 7 158 30 37 16 12 2 21 -- 1 29 3 .253 .288 .357 .645
1955 122 421 386 53 96 6 4 2 116 21 38 7 10 1 22 0 2 39 3 .249 .293 .301 .593
1956 133 470 427 52 108 10 3 1 127 27 34 8 15 4 22 0 2 45 6 .253 .293 .297 .590
1957 近鉄 116 431 392 43 81 11 4 1 103 22 30 17 12 1 24 0 2 54 7 .207 .256 .263 .519
1958 88 268 251 22 52 4 2 1 63 6 14 9 5 1 9 0 2 37 7 .207 .240 .251 .491
1959 13 23 21 2 5 1 0 0 6 1 1 0 1 0 1 0 0 6 0 .238 .273 .286 .558
通算:12年 1288 5048 4647 657 1216 140 53 42 1588 360 479 114 148 9 213 0 31 382 51 .262 .299 .342 .640
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

  • 盗塁王:4回 (1949年 - 1952年)
  • 最多安打(当時連盟表彰なし):1回 (1951年) ※1994年より表彰

表彰[編集]

記録[編集]

  • オールスターゲーム選出:6回 (1951年 - 1956年)
  • 1試合6失策(1949年9月29日)※日本記録
  • シーズンランニング本塁打:2本(1954年)※日本タイ記録
  • 月間ランニング本塁打:2本(1954年8月)※日本記録
  • 通算ランニング本塁打:5本 ※日本タイ記録
  • 通算盗塁成功率:80.8%(479盗塁114盗塁死) ※歴代4位(300盗塁以上対象)
  • 通算1000試合出場達成 1956年7月18日(38人目)

背番号[編集]

  • 3 (1948年 - 1949年)
  • 14 (1950年 - 1959年)
  • 1 (1962年)
  • 40 (1963年 - 1966年)
  • 54 (1967年 - 1968年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 大阪日刊スポーツ編著『感涙!ナニワ野球伝説』朝日新聞出版、2011年、P39
  2. ^ a b c プロ野球データファイル(ベースボール・マガジン社)第31号
  3. ^ a b c d e 南海ホークス栄光の歴史―1938ー1988、ベースボール・マガジン社、2012年、P47
  4. ^ HAWKS the 70th―ホークス栄光の軌跡、ベースボールマガジン社、2008年、P61
  5. ^ a b c 【8月16日】1954年(昭29) イダ天・木塚忠助 今でも記録の1カ月ランニング本塁打2本”. SPORTS NIPPON NEWSPAPERS. 2011年10月28日閲覧。
  6. ^ (「プロ野球 野村克也の目」より)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]