平沼翔太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
平沼 翔太
北海道日本ハムファイターズ #45
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福井県福井市
生年月日 (1997-08-16) 1997年8月16日(22歳)
身長
体重
179 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 2015年 ドラフト4位
初出場 2017年4月20日
年俸 570万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

平沼 翔太(ひらぬま しょうた、1997年8月16日 - )は、福井県福井市出身のプロ野球選手内野手)。右投左打。北海道日本ハムファイターズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

福井市立社中学校進学とともに、全日本少年硬式野球連盟ヤングリーグ「オールスター福井」に入部[2]。小学6年生時に体験入部した際、総監督の小林繁から「必ずプロ野球選手になる逸材」という言葉をかけられたというエピソードがある[3]。オールスター福井時代は、ヤングリーグ中日本選抜選手や台湾遠征選手に選ばれている[3]

敦賀気比高等学校に進学後は1年生春から、外野手左翼手)でベンチ入りを果たした[2][3]。1年生の秋に投手として県の1年生大会で優勝[2]。2年生からは本格的に投手となり、背番号1をつけて同年の第96回全国高等学校野球選手権大会に出場し、3試合で完投勝利を収め、ベスト4の結果を残した[2][4]。3年生では第87回選抜高等学校野球大会で、1回戦から決勝戦まで四番投手として敦賀気比を福井県勢初の甲子園優勝に導いた[3]。また打者としても2年の秋から四番を任され第87回選抜高校野球大会準々決勝静岡戦でライト方向への一発を放っている。甲子園成績は40打数15安打で通算打率.375だった。

2015年10月22日のドラフト会議で、日本ハムから内野手として4位で指名された[4]。平沼は指名挨拶の際に「ショートでレギュラーを目指したい」とコメントした[5]

日本ハムの栗山英樹監督は平沼に対して、「投打二刀流」となることを期待していると報じられている[6]

日本ハム時代[編集]

2017年は一軍では4試合に出場した。

2018年、6月17日の東京ヤクルトスワローズ戦(札幌ドーム)で、石山泰稚から左前にプロ初安打を記録した[7]。2年目は7試合に出場した。

2019年は、4月16日に一軍に昇格して以降出場を重ねていたが、6月15日の読売ジャイアンツ戦(札幌ドーム)で山口俊から左ふくらはぎに死球を受け、6月16日に一軍登録を抹消される[8]。7月26日の埼玉西武ライオンズ戦(メットライフドーム)で十亀剣からプロ初本塁打を記録した[9]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 日本ハム 4 8 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2018 7 9 9 0 3 1 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .333 .333 .444 .778
2019 73 184 165 20 39 9 2 1 55 16 2 1 5 1 10 0 3 26 3 .236 .291 .333 .624
通算:3年 84 201 182 20 42 10 2 1 59 16 2 1 5 1 10 0 3 29 3 .231 .281 .324 .605
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



二塁 三塁 遊撃




































2017 日本ハム - - 1 1 3 0 1 1.000
2018 - - 6 3 7 1 1 .909
2019 1 0 0 0 0 .--- 56 26 74 6 4 .943 20 19 33 0 4 1.000
通算 1 0 0 0 0 .--- 56 26 74 6 4 .943 27 23 43 1 6 .985
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 45 (2016年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 日本ハム - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2018年12月21日閲覧。
  2. ^ a b c d 敦賀気比高等学校 平沼 翔太投手 「目指すは世代ナンバーワンピッチャー!」”. 高校野球ドットコム (2015年1月3日). 2016年1月10日閲覧。
  3. ^ a b c d “平沼翔太、小林繁氏が見出した才能 センバツ優勝、敦賀気比のエース”. 福井新聞. (2015年4月1日). http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/hibaseball/67878.html 2016年1月10日閲覧。 
  4. ^ a b “平沼翔太決意「気持ち負けない」 日本ハムからドラフト4位に喜び”. 福井新聞. (2015年10月23日). http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/hibaseball/82199.html 2016年1月10日閲覧。 
  5. ^ “平沼翔太、日ハムから指名あいさつ ショートでレギュラーに、決意新た”. 福井新聞. (2015年10月28日). http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/sports/82481.html 2016年1月10日閲覧。 
  6. ^ “日本ハム4位平沼にも二刀流 栗山監督条件付き手形”. 日刊スポーツ. (2016年1月10日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1590159.html 2016年1月10日閲覧。 
  7. ^ 日本ハム平沼翔太、歌手の夢捨て野球選手の階段1歩”. 日刊スポーツ (2018年6月27日). 2019年11月9日閲覧。
  8. ^ 日ハム平沼、死球で負傷交代→抹消へ…松葉杖をついて球場を後に”. full-count (2019年6月15日). 2019年11月9日閲覧。
  9. ^ 【日本ハム】平沼が右翼席へプロ1号「まだ実感はないです」”. スポーツ報知 (2019年7月26日). 2019年11月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]