岸潤一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岸 潤一郎
徳島インディゴソックス #22
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県尼崎市
生年月日 (1996-12-08) 1996年12月8日(22歳)
身長
体重
174 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手一塁手投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

岸 潤一郎(きし じゅんいちろう、1996年12月8日 - )は、兵庫県尼崎市出身のプロ野球選手外野手投手)。

経歴[編集]

明徳義塾高等学校時代は投手として甲子園大会に4回出場し、2014年の第69回国民体育大会では優勝を達成した[1]。高校通算24本塁打。拓殖大学に進学し、野球部に所属したが、肩や肘の故障に見舞われ、肘の手術を受けるも術後の経過が思わしくなく、3年生の秋に退部した[1]。その後、四国アイランドリーグplus徳島インディゴソックスの球団社長より、リハビリから面倒を見るという誘いを受ける[1]

2017年11月10日香川県丸亀市で行われたリーグのトライアウトに参加し、特別合格[2]翌12日に行われたドラフト会議において徳島より4位指名を受けた[3]

2018年3月29日の開幕時点では投手登録であったが[4]前期シーズン中に登板することないまま、7月26日の後期シーズン開幕時点では外野手登録となっている[5](ただし、徳島球団の公式サイトでは内野手として紹介されていた)。野手登録となったのは肘の状態からの判断で、自身は投手・野手のいずれでもこだわりはないと述べている[1]。このシーズンは、38盗塁を記録して最多盗塁のタイトルを獲得した[6]。2019年の開幕時点ではチームウェブサイトでも外野手と表示されている[7]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]











































2018 徳島 .275 64 250 218 45 60 7 6 3 18 34 15 11 4 2 38 .403 .349 5
通算:1年 .275 64 250 218 45 60 7 6 3 18 34 15 11 4 2 38 .403 .349 5
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 22 (2018年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]