佐藤勇 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤 勇
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福島県西白河郡西郷村[1]
生年月日 (1994-09-18) 1994年9月18日(24歳)
身長
体重
182 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2012年 ドラフト5位
初出場 2016年4月26日
最終出場 2016年5月31日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

佐藤 勇(さとう いさむ、1994年9月18日 - )は、福島県西白河郡西郷村出身の元プロ野球選手投手)。左投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

西郷村立小田倉小学校5年生の時に、投手としてソフトボールを始めた。西郷村立西郷第二中学校への進学後に野球部へ入部すると、2年時の秋からエースとして活躍。福島県南部選抜チームでのプレーも経験した[1]

福島県立光南高等学校への進学後は、1年時の夏にベンチ入り[2]。3年時の春季県大会1回戦では、先発で9回1/3を投げて13奪三振を記録した[1]。3年夏の第94回全国高等学校野球選手権福島大会では、2回戦の6回から救援で登板すると、延長12回まで投げて10奪三振無失点でチームを勝利に導いた[3]聖光学院高等学校との準決勝では先発で登板したが、岡野祐一郎との投げ合いに敗れた[4]

高校への在学中は春夏とも阪神甲子園球場での全国大会に出場できなかったが、2012年のNPBドラフト会議で、埼玉西武ライオンズに5巡目で指名[5]。契約金3,000万円、年俸500万円(金額は推定)という条件で入団した[6]。背番号は63[7]。光南高校からプロ野球選手を輩出したのは、この時の佐藤が初めてである[8]

プロ入り後[編集]

2013年には、イースタン・リーグ公式戦14試合の登板で2勝をマーク。通算投球イニングは37回で、防御率は3.89であった[9]

2014年には、イースタン・リーグ公式戦12試合に登板。通算投球イニングは63回2/3で、1勝6敗、防御率4.95という成績にとどまった[10]が、シーズン終了後の11月には、チームメイトの福倉健太郎宮田和希藤澤亨明と共に、オーストラリアン・ベースボールリーグに加盟するメルボルン・エイシズへの派遣選手としてオーストラリアのウインターリーグに参加した[11]

2015年には、イースタン・リーグ公式戦18試合に登板。通算投球イニングは88回で、リーグ最多の12敗(4勝)に終わった[12]9月21日に先発で登板した対千葉ロッテマリーンズ戦では、2回裏に肘井竜蔵へ投じた1球が、肘井の顔面を直撃(記録は死球)。肘井はこの死球によって、鼻骨篩骨を折った[13][14]

2016年には、春季キャンプを主力選手中心の「A班」で迎えた[15]。公式戦の開幕を二軍で迎えた[16]ものの、4月23日にプロ入り後の出場選手登録を果たす[17]と、26日の対ロッテ戦(西武プリンスドーム)9回表に救援投手として一軍公式戦にデビュー[18][19]5月には、11日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(楽天Koboスタジアム宮城)で一軍公式戦初先発を経験。4回1/3を投げて5失点という内容で一軍初黒星を喫した[20][21]が、24日にプリンスドームで催された同カードでも先発を任されると、5回を投げて3被安打3奪三振4与四死球無失点という内容で一軍公式戦初勝利を挙げた[22][23]。一軍公式戦では、通算7試合の登板で、1勝3敗、防御率5.76をマーク。イースタン・リーグ公式戦では、13試合の登板で、4勝5敗(1完投)、防御率4.08を記録した[24]。さらに、7月14日フレッシュオールスターゲーム倉敷マスカットスタジアム)では、同リーグ選抜の5番手投手として6回裏に登板。1イニングを無失点に抑えた[25]

2017年には、イースタン・リーグ公式戦14試合の登板で、1勝1敗1セーブ、防御率10.64をマーク[26]。しかし、一軍公式戦への登板機会がなく、10月6日に球団から戦力外通告を受けた[27]11月9日に現役引退を表明[28]

現役引退後[編集]

地元・福島県内の高校で硬式野球部の監督を務めることを目標に、高校球児の指導に必要な学生野球資格の回復に向けた日本学生野球協会の講習会を受講する一方で、不動産・飲食などの事業を展開する株式会社GSLに入社。2018年からは、営業部員として勤務しながら、「GSL野球塾 プリマヴェーラ・リオーネ」(同社が運営する少年少女向けの野球塾)で講師を務める[29]。同年8月1日に放送された『TOKIOカケル』のVTRにも出演した。

選手としての特徴[編集]

左腕から最速151km/h[30]ストレートを繰り出したほか、高校時代からスライダー[1]、西武での3年目からチェンジアップ[31]などの変化球を投げていた。

人物[編集]

左投げ左打ちだが、野球以外では右利き[2]

5人兄弟の末っ子(姉1人と兄3人[2])だが、5歳の時に父が他界してからは母に女手1つで育てられた[32]。西武から指名を受けたNPBドラフト会議の当日(2012年10月25日)に放送された『ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう』(TBSテレビ制作・全国ネットの特別番組)では、指名前から家族ぐるみで密着取材を受けていた関係で、このような家庭環境が紹介された。

西武時代の2016年8月15日には、球団の本拠地がある埼玉県所沢市内の交差点を自家用車で走行中にオートバイとの衝突事故を起こしたため、球団から厳重注意と自家用車の運転自粛処分が科せられた[33]

西武時代には、自身と同じ東北地方の高校(花巻東高校)から入団した左腕投手・菊池雄星に師事。現役からの引退を機に、菊池からの勧めで、トレーニングコーチになるための自己研鑽も始めている[29]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2016 西武 7 4 0 0 0 1 3 0 0 .250 111 25.0 24 3 13 0 5 17 3 0 16 16 5.76 1.48
通算:1年 7 4 0 0 0 1 3 0 0 .250 111 25.0 24 3 13 0 5 17 3 0 16 16 5.76 1.48

年度別守備成績[編集]



投手












2016 西武 7 0 5 0 1 1.000
通算:1年 7 0 5 0 1 1.000

記録[編集]

背番号[編集]

  • 63 (2013年 - 2017年)

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 光南佐藤勇13Kにスカウト17人/高校野球 日刊スポーツ 2012年5月18日紙面から
  2. ^ a b c 西武ドラ5光南・佐藤 東北3枚看板だ! 日刊スポーツ 2012年10月30日紙面から
  3. ^ 光南・佐藤勇圧巻の10K/福島大会 日刊スポーツ 2012年7月17日紙面から
  4. ^ 聖光学院・岡野完封で王手/福島大会 日刊スポーツ 2012年7月27日紙面から
  5. ^ 2012年ドラフト会議 全指名選手 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト (2012年10月25日)
  6. ^ 西武 ドラフト5位佐藤と合意 契約金3千万、年俸500万円 スポーツニッポン(2012年11月15日)
  7. ^ 2012ドラフト指名選手 入団発表会! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト(2012年12月13日)
  8. ^ 佐藤 光南から初のプロ「歳内選手と福島盛り上げたい」 スポーツニッポン(2012年10月26日)
  9. ^ 2013年度 埼玉西武ライオンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ) 日本野球機構オフィシャルサイト
  10. ^ 2014年度 埼玉西武ライオンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ) 日本野球機構オフィシャルサイト
  11. ^ オーストラリア ウインターリーグ参加メンバーのお知らせ 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト(2014年11月3日)
  12. ^ 2015年度 埼玉西武ライオンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)2015年度 イースタン・リーグ リーダーズ(投手部門) 敗北 日本野球機構オフィシャルサイト
  13. ^ ロッテ肘井2軍戦で顔面に死球、鼻骨など骨折 日刊スポーツ (2015年9月21日)
  14. ^ 2015年9月21日(月)イースタン・リーグ公式戦ロッテ3 - 1 西武 スコアテーブル 日本野球機構オフィシャルサイト
  15. ^ 2016春季キャンプ情報SPRING CAMP 2016 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  16. ^ 2016年 開幕登録選手発表! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト(2016年3月23日)
  17. ^ 2016年4月23日の出場選手登録、登録抹消 NPB.jp 日本野球機構
  18. ^ 西武 2投手が一軍デビュー 新人南川、4年目佐藤が1回零封 スポーツニッポン(2016年4月26日)
  19. ^ 2016年4月26日 埼玉西武 対 千葉ロッテ 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  20. ^ 西武・佐藤 プロ初先発初黒星も「東北で投げられてうれしかった」 スポニチ Sponichi Annex 2016年5月12日掲載
  21. ^ 2016年5月11日 楽天イーグルス 対 埼玉西武 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  22. ^ 西武佐藤が4年目プロ1勝「苦労したけど早かった」 日刊スポーツ(2016年5月25日)
  23. ^ 2016年5月24日 埼玉西武 対 楽天イーグルス 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  24. ^ 2016年度 埼玉西武ライオンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)、日本野球機構オフィシャルサイト
  25. ^ プロ野球フレッシュオールスターゲーム2016 出場者試合結果 NPB.jp 日本野球機構
  26. ^ 2017年度 埼玉西武ライオンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)、日本野球機構オフィシャルサイト
  27. ^ 埼玉西武ライオンズ来季選手契約について 埼玉西武ライオンズオフィシャルサイト 2017年10月6日
  28. ^ 【西武】戦力外通告の佐藤勇が引退表明「違う道を進んでいこうかなと」スポーツ報知(2017年11月9日)
  29. ^ a b 佐藤勇、先輩菊池雄星の助言で会社員兼指導者の卵へ日刊スポーツ(2018年1月3日)
  30. ^ 離脱した岸の代役 1軍未登板の4年目左腕・佐藤が急浮上 スポニチアネックス 2016年4月26日掲載
  31. ^ 巨人新外国人フランシスコいきなり1発 日刊スポーツ 2015年4月29日掲載
  32. ^ 「別冊宝島 プロ野球選手データ名鑑2013」 宝島社発行 130頁
  33. ^ 佐藤勇投手 交通事故についてのお詫びとお知らせ 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト(2016年8月17日)
  34. ^ 2016年5月1日 福岡ソフトバンク 対 埼玉西武 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  35. ^ 選手登場曲 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]