三上朋也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三上 朋也
横浜DeNAベイスターズ #35
20140429 Tomoya Mikami pitcher of the Yokohama DeNA BayStars, at Yokohama Stadium.JPG
2014年4月29日、横浜スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岐阜県多治見市
生年月日 (1989-04-10) 1989年4月10日(30歳)
身長
体重
190 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2013年 ドラフト4位
初出場 2014年3月28日
年俸 8,500万円(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

三上 朋也(みかみ ともや、1989年4月10日 - )は、岐阜県多治見市出身のプロ野球選手投手)。横浜DeNAベイスターズ所属。

妻は、東海テレビ出身のフリーアナウンサー関根和歌香[2]

DeNA時代 横浜スタジアムにて (2014年3月8日)

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

岐阜県多治見市立南ヶ丘中学校3年生の時に、全国中学校軟式野球大会への出場を経験している。

岐阜県立岐阜商業高等学校の2年生の夏に、内野手として第88回全国高等学校野球選手権大会に出場。1回戦の対智弁学園和歌山高等学校戦に「7番・三塁手」として出場し、1安打を放ったがチームは敗れた。3年生で投手に転向した[3]が、全国大会への出場は果たせなかった。1m90cm台の長身、高校通算18本塁打の長打力、投手としてエースを務めた強肩を買われて、2007年のドラフト会議の前には、複数の球団が三上を「野手」として指名する動きを見せていたが、投手にこだわる三上は法政大学へ進学した。

法政大学では東京六大学野球のリーグ戦通算10勝8敗、防御率2.52という成績を残した。大学の1年先輩・加賀美希昇、1年後輩の三嶋一輝とは、後にDeNAでもチームメイトになっている[4]

大学卒業後は、JX-ENEOS野球部へ入部。入部2年目には先発投手として、都市対抗野球大会でチームの大会史上最多優勝(11回)およびチーム51年振りの連覇に貢献した[5]

2013年のNPBドラフト会議で、横浜DeNAベイスターズから4巡目で指名[6]。契約金5,000万円、年俸950万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は35

DeNA時代[編集]

2014年には、公式戦の開幕を一軍で迎えると、3月28日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)に2番手投手としてプロ入り初登板。この試合から中継ぎで8試合(12イニング)連続無失点を記録したことや、クローザーを任されていたホルヘ・ソーサが開幕から不調だったことを受けて、4月29日の対中日ドラゴンズ戦(横浜スタジアム)から「野球人生で初めて」というクローザーへ転向した[7]。5月6日の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)から5月31日の対千葉ロッテマリーンズ戦(QVCマリンフィールド)までの登板で7セーブを記録。新人投手による月間最多セーブの球団記録を更新した[8]オールスターゲームにも、セントラル・リーグの監督推薦選手として出場[9]。9月14日の対巨人戦(東京ドーム)で19セーブを記録し、新人投手によるシーズン最多セーブの球団新記録(当時)を達成した[10]。シーズンを通じて一軍へ帯同し、一軍公式戦でチーム最多の65試合に登板。13試合に登板した巨人戦では、3ホールド、6セーブ、防御率0.00という好成績で、チームの9年振りカード勝ち越しに貢献した[11]。また、通算のセーブ数は21で、NPBの新人投手としては歴代5位の多さであった[12]。シーズン終了後の12月11日には、推定年俸3,200万円で契約を更改し、年俸の一部を横浜スタジアムの年間シート(2席)の購入に充てる意向を示した[11]

2015年には、春季キャンプ中に右肘が炎症を起こし、一軍公式戦でのシーズン初登板は8月8日の対阪神タイガース戦(横浜)まで持ち越された[13]。さらに、新人の山崎康晃がクローザーに定着していたため、主に山崎につなぐセットアッパーに起用された。9月29日の対阪神戦(阪神甲子園球場)では、同点で迎えた9回裏に登板し、先頭打者・江越大賀振り逃げを許した際に暴投を記録。この暴投によって、チームのシーズン暴投数がNPBタイ記録の68に達した[14]。さらに、野手陣の失策捕逸で江越を本塁に生還させ、被安打・与四死球0ながらサヨナラ負けを喫した[15]。一軍公式戦での登板数は前年の3分の1(21試合)にとどまり、12月15日に推定年俸3,000万円(前年から200万円減)という条件で契約を更改[16]。ただし、通算の防御率は0点台と低く、山崎が調子を落とした9月には一時クローザーへ復帰した。シーズンの序盤には、自身と同じ法政大学出身で5歳年上の関根と結婚している[2]

2016年には、オールスターゲームに、セントラル・リーグの監督推薦選手として2年振りに出場[17]。山崎が極度の不振に陥った8月には、田中健二朗と交互に一時クローザーを務めた。同年は2年振りに一軍にフルシーズン帯同し、一軍公式戦59試合の登板で、2勝4敗2セーブ32ホールド、防御率2.61という成績を残し、チーム史上初のクライマックスシリーズ進出へ貢献した。チームのレギュラーシーズン3位で初めて臨んだクライマックスシリーズでは、10月8日に、巨人とのファーストステージ第1戦(東京ドーム)8回裏の登板で初ホールドを記録。翌10月9日の第2戦でも、同点で迎えた8回裏に登板したが、勝ち越しを許し、CSで初めての敗戦投手になった。

2017年には、FA権の行使によって巨人へ移籍した山口俊から、選手会長を引き継いだ。レギュラーシーズンでは、一軍公式戦61試合に登板。自己最多の3勝を挙げ、前年と同じく34ホールドポイント(3救援勝利と31ホールド)を記録した。ただし、防御率が5.12に達するなど投球内容は不安定で、8月には一時二軍での調整を余儀なくされた[18]。チームのレギュラーシーズン3位で迎えたポストシーズンでは、監督のアレックス・ラミレスによる小刻みな継投策の下で、ワンポイント・リリーフやショート・リリーフに起用。CS全体で8試合中4試合に登板し、大雨の甲子園球場で催された阪神とのファーストステージ第2戦(10月15日)では勝利投手になった。さらに、福岡ソフトバンクホークスとの日本シリーズでも、6試合中3試合で救援登板。11月4日の第6戦(福岡ヤフオク!ドーム)では、同点で迎えた延長11回裏に登板したが、川島慶三にサヨナラ安打を浴び、チームは19年振りのシリーズ制覇を逃した。

2018年には、一軍公式戦で入団1年目に並ぶ65試合に登板。通算成績は1勝1敗25ホールドながら、防御率を3.05にまで持ち直した。さらに、走者のいない局面での投球間隔でセ・リーグ最短の10秒4を記録したため、NPBからスピードアップ賞を授与された[19]。シーズン終了後の11月には、DeNA球団がこの年から戦略的パートナーシップ契約を締結したオーストラリアン・ベースボールリーグキャンベラ・キャバルリーに自身の希望で派遣され、派遣期間中にオーストラリア国内で契約更改に臨み、推定年俸1億500万円という条件で契約を更改し、1億円プレイヤーの仲間入りを果たした。契約更改後の12月7日には、オーストラリアと横浜市の球団事務所をスカイプで結びながら、契約更改に関する記者会見を実施した。ビデオ電話を活用した生中継方式の記者会見は、球団史上初めての試みであった[20]

2019年には、オープン戦期間中の3月10日に京セラドーム大阪で開催された日本代表メキシコ代表の強化試合6回表に、プロ入り後初めて日本代表の一員として登板[21][22]。レギュラーシーズンでも開幕一軍入りを果たしたが、開幕直後に右肘を痛め、公式戦5試合に登板しただけで4月13日に出場選手登録を抹消された。5月13日に患部のクリーニング手術を受けた[23]後に、8月20日のイースタン・リーグ対ヤクルト戦(戸田球場)から実戦に復帰[24]。9月8日から一軍へ再び合流した[25]が、同日の対中日戦(ナゴヤドーム)6回裏の救援登板で3失点を喫すると、翌9月9日に登録を再び抹消された[26]

選手としての特徴[編集]

JX-ENEOS時代の2013年に、投球フォームをオーバースローからサイドスローに変更。スライダーと低めへの制球力に磨きを掛けた。ただし、サイドスローへ完全に転向したわけではなく、スリークォーターなどの投球も織り交ぜる「千手観音投法」と表現されるフォームから[3]、腕の角度により3種類あるという最速154km/hのストレート[27]、横に滑ったり縦に落ちたりする数種類のスライダーを投じる[28]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2014 DeNA 65 0 0 0 0 1 4 21 13 .200 279 65.2 55 3 27 4 4 67 2 1 18 17 2.33 1.25
2015 21 0 0 0 0 1 1 0 9 .500 93 22.1 16 0 9 0 1 20 3 0 3 2 0.81 1.12
2016 59 0 0 0 0 2 4 2 32 .333 241 58.2 47 7 18 2 2 36 2 0 21 17 2.61 1.11
2017 61 0 0 0 0 3 3 0 31 .500 213 51.0 47 8 16 1 2 29 1 0 31 29 5.12 1.24
2018 65 0 0 0 0 1 1 0 25 .500 239 56.0 55 3 20 4 3 40 2 0 19 19 3.05 1.34
2019 6 0 0 0 0 0 1 0 1 .000 25 4.2 5 0 6 0 0 5 1 0 4 3 5.79 2.36
NPB:6年 277 0 0 0 0 8 14 23 111 .364 1090 258.1 225 21 96 11 12 197 11 1 96 87 3.03 1.24
  • 2019年度シーズン終了時

表彰[編集]

記録[編集]

投手記録
節目の記録
  • 通算100ホールド:2018年7月25日対中日ドラゴンズ(ナゴヤドーム)※史上29人目
打撃記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 35 (2014年 - )

登板曲[編集]

  • Avicii ft Aloe Blacc - Wake Me Up(2014年 - )

代表歴[編集]

  • 「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 日本vsメキシコ」代表

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ DeNA - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2019年11月30日閲覧。
  2. ^ a b DeNA三上 女子アナと結婚していた 5歳上の関根和歌香さんと(『スポーツニッポン2015年12月14日付記事)
  3. ^ a b キヨシ監督指名!新守護神に千手観音投法のD4・三上(『サンケイスポーツ2014年4月29日付記事)
  4. ^ キヨシが仰天の「法大トリオリレー」提案(『日刊スポーツ』2014年1月29日付記事)
  5. ^ ENEOS、51年ぶり連覇/都市対抗(『日刊スポーツ』2013年7月24日付記事)
  6. ^ 横浜DeNA:4位三上「プロ実感」仮契約 (『神奈川新聞2013年11月9日付記事)
  7. ^ 中畑監督「怖いもの知らず」三上を抑えに(『日刊スポーツ』2014年4月22日付記事)
  8. ^ DeNA三上が月間7S 球団新人新記録(『日刊スポーツ』2014年5月31日付記事)
  9. ^ DeNA 三上と井納が初選出「夢の舞台ではありますけど…」 (『スポーツニッポン』2014年7月3日付記事)
  10. ^ DeNA 三上が球団新人新19セーブ目「他球団に比べたら…」(『スポーツニッポン』2014年9月15日付記事)。2015年に山崎が37セーブで記録を更新している。
  11. ^ a b DeNA三上「感謝」2250万円増!両リーグ新人王超え昇給(『スポーツニッポン』2014年12月12日付記事)
  12. ^ 横浜に歓喜をもたらす“小さな大魔神” 山崎康晃が打たれない理由(『BASEBALL KING』2015年5月19日付記事)。2015年に山崎が37セーブでNPBの新人投手記録も達成したことによって、歴代6位になった。
  13. ^ 5位転落も・・・尚成&三上好投が救い(『スポーツニッポン』2015年8月9日付記事)
  14. ^ DeNA シーズン68暴投のプロ野球ワーストタイ記録(『スポーツニッポン』2015年9月29日付記事)。DeNAでは、投手陣が以降の公式戦で1暴投を記録したことによって、シーズンワースト記録の69暴投を達成している。
  15. ^ 阪神、無安打でサヨナラ勝ち!振り逃げ、落球、最後はパスボール(『スポーツニッポン』2015年9月29日付記事)
  16. ^ DeNA・三上200万円減3000万円サイン「予想通り…当然かなと」(『スポーツニッポン』2015年12月15日付記事)
  17. ^ マツダオールスターゲーム2016出場者
  18. ^ 同点被弾のDeNA・三上 二軍再調整へ「レベルアップしないと」 (『スポーツニッポン』2017年8月18日付記事)
  19. ^ DeNA三上がスピードアップ賞 投球間隔10秒4(『日刊スポーツ2018年11月28日付記事)
  20. ^ DeNA三上前代未聞スカイプ会見 豪州で1億超え (『日刊スポーツ』2018年12月7日付記事)
  21. ^ 「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」侍ジャパン代表に山﨑康選手・今永選手・三上選手が選出(横浜DeNAベイスターズ2019年2月18日付ニュースリリース)
  22. ^ ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 日本 対 メキシコ 2019年3月10日(日)京セラドーム大阪 打席結果・投球成績野球日本代表公式サイト)
  23. ^ DeNA三上、古村がクリーニング手術受け無事終了(『日刊スポーツ』2019年5月13日付記事)
  24. ^ 【DeNA】5月に右肘手術の三上が二軍で実戦復帰。来月昇格も(『スポーツ報知2019年8月20日付記事)
  25. ^ DeNA 三上、5カ月ぶり1軍合流 5月右肘手術から復帰へ(『スポーツニッポン2019年9月8日付記事)
  26. ^ DeNA三上、1軍昇格→翌日「即降格」 ラミレス采配にファン疑問(『J-CASTニュース2019年9月9日付記事)
  27. ^ “DeNA・エスコバー 頼れる155キロ剛腕サウスポー/わがチームの速球王”. 週刊ベースボール. (2018年7月28日). http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=015-20180806-09 2018年9月14日閲覧。 
  28. ^ ハマの守護神に抜擢された、ルーキーの大胆不敵。”. Number Web (2014年7月8日). 2016年10月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]