梅野隆太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
梅野 隆太郎
阪神タイガース #44
2014T44.jpg
2014年5月18日 阪神甲子園球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県筑紫郡那珂川町
生年月日 1991年6月17日(24歳)
身長
体重
173 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2013年 ドラフト4位
初出場 2014年3月28日
年俸 1,500万円(2016年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本

梅野 隆太郎(うめの りゅうたろう、1991年6月17日 - )は、阪神タイガースに所属するプロ野球選手捕手)。阪神入団後の愛称は「梅ちゃん」[1]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

福岡大学時代(2013年6月11日 明治神宮野球場)

福岡県筑紫郡那珂川町出身。草野球に親しんでいた父の影響[2]から、小学校2年生の時に、父がコーチを務めるリトルリーグ加盟の少年野球チーム「片縄ビクトリー」へ第27期生として入団[3]。入団当初のポジションは外野手だったが、小学校4年生から捕手に転向した。

中学生時代には、ジャパンリーグ(日本硬式野球連盟)に加盟する「那珂川シャークス」に第19期生として所属[4]。在籍中の2005年2006年に春季ジャパンリーグで2年連続優勝を果たすなど、「4番・捕手」としてチームを数々の大会で優勝に導いた[5]

福岡工大城東高校へ特待生として入学し[3]、1年生の夏にベンチ登録を勝ち取ると、1年生の秋から2年生の夏まで再び外野手としてプレー。2年生の秋からは、捕手へ復帰するとともに主将を務めた。在校中には公式戦で通算24本塁打を放った[6]が、春夏を通じて全国大会とは無縁であった[7]2011年に高校から直接阪神に入団した中谷将大は1年後輩[8]で、在校中には梅野と同じく外野手から捕手に転向している。

2009年のドラフト会議で指名される可能性もあったが、「下位指名でプロ野球に入れたとしても、身体もできていないし勝負できない」という理由で、地元の福岡大学への進学を決めた[2]

福岡大学への進学後は、1年生の春から九州六大学野球のリーグ戦へ出場[9]。在学中には、チームを2012年春から4季連続の全国大会出場へ導く[2]とともに、リーグ戦通算で28本塁打と3割以上の打率を記録した[9]。また、3年生からは主将を任された。ちなみに、宮崎梅田学園自動車学校での勤務を経て2015年のドラフト会議千葉ロッテマリーンズの6巡目指名を受けた信楽晃史投手とは同級生で、在学中にバッテリーを組んでいる[10]

大学4年生だった2013年には、第39回日米大学野球選手権大会の日本代表に選出。大学に続いて主将を務めた[7][11]

2013年のドラフト会議で、阪神から4巡目指名を受けて入団。高校の後輩の中谷と再びチームメイトになった。担当スカウトは田中秀太で、背番号は「44」。指名後の同年11月8日には、ヤフオクドームの九州大学野球選手権決勝で日本文理大学に勝利。この勝利によって、第44回明治神宮野球大会へ九州代表として出場した[12]。同大会では、八戸学院大学との1回戦(11月16日)に「4番・捕手」として出場[13]。ソロ本塁打を含めて3安打を放ったが、チームは2-6で敗退した[13][14]

プロ入り後[編集]

2014年には、自身を含めて9人もの支配下登録捕手がいるチーム状況にありながら、新人選手でただ1人公式戦の開幕を一軍で迎えた[15]。開幕戦であった3月28日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦(東京ドーム)で、7回表に代打でプロ初出場。その裏の守備から試合終了までマスクをかぶる [16]と、3月30日の同カードでは代打でプロ初安打[17]、4月27日の対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)では代打でプロ初本塁打を放った[18]詳細後述)。6月7日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)では、同期入団で同い年の岩崎優とバッテリーを組んで先発。阪神では2002年安藤優也 - 浅井以来12年振りに、新人同士のバッテリーで一軍公式戦への出場を果たした[19]。岩崎とのバッテリーで臨んだ7月5日の対DeNA戦(横浜スタジアム)では[20]、阪神の一軍公式戦では1983年御子柴進 - 木戸克彦以来31年振りの新人バッテリーによる勝利を達成[21]。レギュラーシーズン全体では、阪神の捕手で最も多い92試合の出場で、打率.197、7本塁打、捕逸0という記録を残した(詳細後述)。チーム事情でベテラン捕手(鶴岡一成藤井彰人)の起用を優先した終盤に出場機会が減少[22]したものの、シーズンを通じて一軍に帯同。チームのシーズン2位で迎えたポストシーズンでは、日本シリーズの第2戦(10月27日甲子園球場)に、阪神の新人捕手としては1985年嶋田宗彦以来のシリーズ出場を果たした[23]。さらに、シリーズ終了後の11月11日に甲子園球場で開催の「日本プロ野球80周年記念試合」では、阪神・巨人連合チームの捕手としてスタメンに起用[24]。同月21日には、推定年俸1800万円(960万円増)で契約を更改した[25]

2015年には、一軍で開幕戦から13試合続けてスタメンマスクを任された。その間にチームが6連敗を喫したこと[26]や、配球面での課題が露呈したことから、4月中旬以降は出場機会が減少。打撃面でも打率.239、2本塁打と低迷したため、5月24日に入団後初めて出場選手登録を抹消された[27]。その後も、2度にわたって一軍と二軍を往復。二軍調整中の5月31日には、中日とのウエスタン・リーグ公式戦で5番打者を任されると、3番・北條史也、4番・江越大賀とのクリーンアップによってチーム35年振りの同リーグ公式戦3者連続本塁打を達成した[28]。8月中旬から再び一軍に定着したが、鶴岡・藤井との併用策から脱し切れなないまま、レギュラーシーズンを終えた。ポストシーズンでは、チームのシーズン3位によって進出した巨人とのクライマックスシリーズ ファーストステージ(東京ドーム)で、第1戦(10月10日)と第3戦(12日)に捕手として出場。スタメンに起用された第1戦では、7回表に適時打を放つなど3安打1打点を記録した[29](チームは同ステージ1勝2敗で敗退)。しかし、レギュラーシーズンの一軍公式戦で56試合出場、打率.239、4本塁打という成績にとどまったことから、11月20日には推定年俸1500万円(300万円減)で契約を更改している[30]

2016年には、新任の一軍首脳陣が「捕手2人制」を採用したことを背景に、公式戦の開幕から岡崎太一と交互に一軍のスタメンマスクを任されている。

選手としての特徴[編集]

二塁送球が平均で1.9秒の強肩[31]。打撃面ではスイングスピードが速く、逆方向への打球が伸びる[9]

捕手でありながら、プロ1年目の2014年に、一軍の公式戦で7本塁打を記録したほどの長打力の持ち主。梅野と同様に、大学出身の捕手として新人時代から阪神の一軍で活躍した田淵幸一からは、「(現役時代の背番号である)22番を付けられるように頑張れ」というエールを送られている[32]

また、2014年には、捕手としての出場試合数が規定試合数[注釈 1]に達した選手でただ1人捕逸0でシーズンを終了[33][34]セントラル・リーグでシーズンの規定試合数を満たした捕手では、1979年水沼四郎広島東洋カープ)以来35年振りの捕逸0であった[34]

人物[編集]

小学校4年生だった2001年の時、母がガンのため34歳で死去した。父は、母が余命2か月の宣告を受けた後に残した「隆太郎をプロ野球選手にして下さい」という遺言どおりに[2][3]、内装業を営みながら男手一つで梅野と弟を育て上げた[3]。このエピソードは、2013年のドラフト会議当日(10月24日)にTBS系列で放送された『ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう』(TBS制作)で、梅野父子への取材映像などを通じて紹介された。梅野が阪神から指名されたのは、当番組の生中継に出演している最中のことであった。ちなみに、阪神でプロ初安打を放った際の記念球は、母の墓前に供えられた[17]

2014年には、前述した新人記録に加えて、阪神の新人選手としては久し振りに一軍公式戦での本塁打記録を次々と達成[35]。阪神球団では6月20日から、下位指名の新人選手では異例のプロジェクトとして、梅野のプロデュースによる公式グッズを発売した[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2014 阪神 92 265 249 23 49 13 2 7 87 21 0 1 2 2 10 0 2 78 7 .197 .232 .349 .581
2015 56 149 138 16 33 9 1 4 56 18 0 2 4 0 6 0 1 33 2 .239 .276 .406 .682
NPB:2年 148 414 387 39 82 22 3 11 143 39 0 3 6 2 16 0 3 111 9 .212 .248 .370 .618
  • 2015年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]


捕手
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 捕逸 守備率 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
2014 86 550 49 3 4 0 .995 57 42 15 .263
2015 55 263 24 4 5 3 .986 24 18 6 .250
通算 141 813 73 7 9 3 .992 81 60 21 .259
  • 2015年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 44 (2014年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

関連情報[編集]

出演[編集]

CM

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 捕手はチームの試合数の2分の1。

出典[編集]

  1. ^ a b “今や虎の正妻!ドラフト4位・梅野、グッズでもレギュラー獲ったァ”. サンケイスポーツ. (2014年6月20日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140620/tig14062005030012-n1.html 2014年7月27日閲覧。 
  2. ^ a b c d “プロ野球ドラフト会議に臨む梅野隆太郎選手が心境を語る”. 福岡大学. (2013年10月21日). http://www.fukuoka-u.ac.jp/news/13/10/21123919.html 2014年1月26日閲覧。 
  3. ^ a b c d “阪神ドラ4梅野隆太郎を“男手一つ”で育てた父親の奮闘”. 日刊ゲンダイDIGITAL. (2013年11月27日). http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/146234 2015年12月1日閲覧。 
  4. ^ “祝 阪神タイガース入団おめでとう 第19期卒団生 梅野隆太郎先輩”. 那珂川シャークス. http://www.geocities.jp/jl02ns/ 2014年1月26日閲覧。 
  5. ^ “那珂川シャークス チームプロフィール”. 那珂川シャークス. http://www.geocities.jp/jl02ns/04profile.html 2014年1月26日閲覧。 
  6. ^ “阪神・梅野「はい上がる」不本意4位指名に奮起/ドラフト”. サンケイスポーツ. (2013年10月25日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20131025/tig13102505020010-n2.html 2014年1月26日閲覧。 
  7. ^ a b “ドラフト4位梅野は聖地にワクワク「楽しみ」”. デイリースポーツ. (2013年10月25日). http://www.daily.co.jp/tigers/2013/10/25/0006445435.shtml 2013年11月1日閲覧。 
  8. ^ “阪神ドラフト4位・梅野、中谷“監視トレ”で激震200スイング!”. サンケイスポーツ. (2014年1月4日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140104/tig14010405020004-n1.html 2014年1月26日閲覧。 
  9. ^ a b c “2013年ドラフト 梅野 隆太郎”. スポーツニッポン. http://www.sponichi.co.jp/baseball/npb/2013/draft/profile/umeno-ryuutarou.html 2013年11月1日閲覧。 
  10. ^ “2015年ドラフト 信楽 晃史”. スポーツニッポン. http://www.sponichi.co.jp/baseball/npb/2015/draft/profile/shigaraki-akifumi.html 2015年10月30日閲覧。 
  11. ^ “福岡大の梅野捕手が主将に 日米大学選手権メンバー決定”. 朝日新聞. (2013年6月27日). http://www.asahi.com/sports/update/0623/TKY201306230109.html 2013年11月1日閲覧。 
  12. ^ “福岡大が2年連続神宮切符/大学野球”. 日刊スポーツ. (2013年11月8日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp3-20131108-1215604.html 2013年11月8日閲覧。 
  13. ^ a b “意地の一発締め!虎ドラフト4位梅野「打てる捕手目指す」/神宮大会”. サンケイスポーツ. (2013年11月17日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20131117/unv13111705100001-n1.html 2013年12月9日閲覧。 
  14. ^ “福大初戦敗退、梅野は最終打席弾 明治神宮野球”. 西日本新聞. (2013年11月17日). http://www.nishinippon.co.jp/nsp/local_baseball/article/52844 2013年12月9日閲覧。 
  15. ^ “阪神ドラフト4位の梅野が開幕1軍「いいイメージを持って」”. サンケイスポーツ. (2014年3月25日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140325/tig14032519530015-n1.html 2014年7月27日閲覧。 
  16. ^ a b c “阪神・梅野、田淵以来の新人捕手開幕戦出場「幸せなこと」”. サンケイスポーツ. (2014年3月29日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140329/tig14032904000012-n1.html 2014年3月29日閲覧。 
  17. ^ a b c d “阪神 ドラフト4位梅野がプロ初安打 記念球は亡き母親の墓前に”. スポーツニッポン. (2014年3月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/03/30/kiji/K20140330007880150.html 2014年3月30日閲覧。 
  18. ^ a b “De連敗4で止まる バル4打点”. デイリースポーツ. (2014年4月27日). http://www.daily.co.jp/newsflash/baseball/2014/04/27/1p_0006907324.shtml 2014年4月27日閲覧。 
  19. ^ “阪神12年ぶり岩崎-梅野の新人バッテリー”. 日刊スポーツ. (2014年5月7日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140507-1297448.html 2014年5月7日閲覧。 
  20. ^ “岩崎プロ最多131球熱投!「ホームだけは踏ませないと」”. スポーツニッポン. (2014年7月5日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/07/05/kiji/K20140705008509870.html 2014年7月5日閲覧。 
  21. ^ “和田監督「俺入る前」新人バッテリー勝利”. 日刊スポーツ. (2014年7月5日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140705-1329434.html 2014年7月6日閲覧。 
  22. ^ “歓喜の陰で…梅野&伊藤隼CSの“雪辱”へ汗 Fリーグでアピールへ”. スポーツニッポン. (2014年10月21日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/10/21/kiji/K20141021009140890.html 2014年11月1日閲覧。 
  23. ^ “阪神ルーキー梅野、ポストシーズン初出場で刺した”. 日刊スポーツ. (2014年10月27日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20141027-1387943.html 2014年11月1日閲覧。 
  24. ^ 2014 SUZUKI 日米野球シリーズ 日本プロ野球80周年記念試合 打席結果・投打記録
  25. ^ “阪神・梅野が契約更改 倍増1800万円に「すごく高い評価」”. 産経新聞. (2014年11月21日). http://www.sankei.com/west/news/141121/wst1411210065-n1.html 2014年11月22日閲覧。 
  26. ^ “6連敗中の阪神 オーダーをガラリと変える”. 日刊スポーツ. (2015年4月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1460485.html 2015年10月11日閲覧。 
  27. ^ “阪神梅野プロ初2軍 正捕手育成プラン頓挫”. 日刊スポーツ. (2015年4月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1482143.html 2015年10月11日閲覧。 
  28. ^ 阪神ファーム公式戦では35年ぶりの3者連続ホームラン!Yahoo!ニュース『岡本育子』の新・小虎日記 2015年6月1日配信
  29. ^ “阪神梅野が適時打 西岡の助言感謝「力が抜けた」”. 日刊スポーツ. (2015年4月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1550878.html 2015年10月10日閲覧。 
  30. ^ “阪神梅野300万↓「くやしさをプレーにぶつける」”. 日刊スポーツ. (2015年11月20日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1568720.html 2015年11月23日閲覧。 
  31. ^ ベースボール・マガジン社週刊ベースボール』2013年11月11日号「2013ドラフト総決算号」、JANコード 4910204421135
  32. ^ “田淵氏「22番を…」阪神梅野を後継者指名”. 日刊スポーツ. (2014年7月22日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140722-1338659.html 2014年7月27日閲覧。 
  33. ^ 2014年度 セントラル・リーグ 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年12月16日閲覧。
  34. ^ a b “梅ちゃん挑む!セ界初2年連続捕逸ゼロ”. デイリースポーツ. (2014年12月16日). http://www.daily.co.jp/tigers/2014/12/16/0007586773.shtml 2014年12月16日閲覧。 
  35. ^ 7月1日の対ヤクルト戦(倉敷マスカットスタジアム)では、プロ入り後初の2打席連続本塁打を記録。阪神の新人選手による1試合2本塁打は1980年岡田彰布、2打席連続本塁打は田淵以来の記録であった(参照)。同月8日の対広島戦(甲子園)では、2004年鳥谷敬以来10年振りに、阪神の新人選手として同球場での一軍公式戦で本塁打を記録(参照)。同月11日の対巨人戦(東京ドーム)では、2001年沖原佳典以来13年振りに、阪神の新人選手として同カードで本塁打を放った(参照)。
  36. ^ a b “阪神 梅野 田淵以来45年ぶり虎新人捕手開幕デビュー”. スポーツニッポン. (2014年3月29日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/03/29/kiji/K20140329007867490.html 2014年3月29日閲覧。 
  37. ^ “阪神・D4梅野がプロ入り初安打 記念球もゲット!”. サンケイスポーツ. (2014年3月30日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140330/tig14033016400017-n1.html 2014年3月30日閲覧。 
  38. ^ “梅野プロ初スタメン「勝ててよかった」”. 日刊スポーツ. (2014年4月21日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140421-1288671.html 2014年4月21日閲覧。 
  39. ^ “阪神・D4梅野、プロ1号&初打点!虎3人目の新人捕手弾”. サンケイスポーツ. (2014年4月28日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140428/tig14042805030012-n4.html 2014年5月5日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]