2018年の日本プロ野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

< 2018年 | 2018年のスポーツ

2018年の日本プロ野球(2018ねんのにほんぷろやきゅう)では、2018年日本プロ野球(NPB)における動向をまとめる。

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

  • 2日
    • 中日ドラゴンズは、キューバ出身のアリエル・マルティネスを育成契約で獲得したことを発表。背番号は210[38]
    • 福岡ソフトバンクホークスは、保留選手名簿に名前がありながら契約更改に至っていない川崎宗則について、球団公式ホームページの選手名鑑から同選手の情報を一旦削除した[39]
  • 5日
  • 7日
  • 9日
    • 読売ジャイアンツは、MLB・シカゴ・カブスからFAとなっていた上原浩治の入団を発表。単年契約で背番号は11。上原は10年ぶりの日本球界復帰となる[43]
  • 14日
    • 阪神タイガースの榎田大樹と埼玉西武ライオンズの岡本洋介のトレードが成立したことを両球団が発表[44]
  • 15日
    • オリックス・バファローズは、育成登録の榊原翼と支配下選手として契約すると発表。背番号は61[45]
  • 16日
    • 日本野球機構は、中日ドラゴンズの岩瀬仁紀荒木雅博のコーチ登録を解除したことを公示。ただし肩書きは従来通り「選手兼任コーチ」のままで変わらない[46]
  • 19日
    • 1月4日に逝去した星野仙一のお別れの会が東京都内で開催され、東北楽天ゴールデンイーグルスオーナーの三木谷浩史は楽天監督時代の背番号「77」を永久欠番にすることを明言[47]。その後3月26日に正式に永久欠番にすることを発表した[48]
    • RKBラジオ(福岡県)は7月4日から、タマホーム スタジアム筑後で行われる福岡ソフトバンクホークスの二軍公式戦のナイトゲーム中継を行うことを発表。一軍公式戦のない日に行われる試合が対象となる[49]
  • 20日
    • 東京ヤクルトスワローズは、育成登録の田川賢吾大村孟を支配下選手登録したことを発表。背番号は田川が62、大村が59[50]
  • 22日
  • 23日
    • 中日ドラゴンズは、育成登録の木下雄介を支配下選手登録したことを発表。背番号は98[53]
    • 読売ジャイアンツは、育成登録の高木京介を支配下選手登録したことを発表。背番号は57[54]
  • 26日
    • 福岡ソフトバンクホークスと未契約の状態が続いていた川崎宗則が球団を通じて退団することを発表。退団の理由として「自律神経の病気になり、それが元で体を動かすことを拒絶するようになってしまった」と明かした[55]。翌27日に日本野球機構は川崎を自由契約選手として公示した[56]。→3月2日の出来事も参照
    • 北海道日本ハムファイターズは、現在の本拠地である札幌ドームに代わり2023年に開業を目指す新球場の候補地を札幌市に隣接する北広島市に決定し、その準備会社として「株式会社北海道ボールパーク」を設立したことを発表[57]
  • 27日
    • 福岡ソフトバンクホークスは、デニス・サファテと2021年シーズンまで最大総額20億円の3年契約を新たに結んだことを発表[58]。また、育成登録の堀内汰門を支配下選手登録したことも発表。背番号は39[59]

4月[編集]

  • 5日
    • 広島東洋カープ対中日ドラゴンズの3月31日の開幕第2戦もしくは4月1日の開幕第3戦(マツダスタジアム)において、中日応援席から複数の男の声で不適切な内容のやじが飛ばされ、動画投稿サイト「YouTube」にアップされていたことがこの日までに判明。中日球団は「(やじを飛ばした)当事者を特定するのは難しいが大変遺憾である」として、4日にナゴヤドームで行われた対読売ジャイアンツ第2回戦の試合前に注意喚起するアナウンスが流された[60]。また中日球団代表の西山和夫は「今後同様の行為が行われたら厳しく対処する」とコメントした[61]
    • 読売ジャイアンツの青山誠イースタン・リーグ・対千葉ロッテマリーンズ3回戦(ロッテ浦和球場)で本塁クロスプレーでアウトになった際に審判に暴言を吐き退場処分。翌6日にコミッショナー斉藤惇は青山に対し厳重注意および制裁金5万円の処分を科した[62]
  • 6日
    • 東北楽天ゴールデンイーグルスの則本昂大が通算1000奪三振。史上147人目[63]
  • 7日
    • 埼玉西武ライオンズが、1954年の南海ホークスと並び日本プロ野球最多タイとなる開幕7試合連続先発投手勝利を記録[64]
  • 10日
    • オリックス・バファローズの金子千尋が通算1500奪三振。史上53人目[65]
    • 横浜DeNAベイスターズの山崎康晃が通算100セーブ。史上29人目[66]
  • 12日
    • 阪神タイガースのランディ・メッセンジャーが対広島東洋カープ3回戦(甲子園球場)の2回表に判定を不服として球審に暴言を吐き退場処分[67]。翌13日にコミッショナーの斉藤はメッセンジャーに対し厳重注意および制裁金10万円の処分を科した[68]
  • 13日
  • 18日
    • 福岡ソフトバンクホークスは、北海道日本ハムファイターズの市川友也を金銭トレードで獲得したことを発表。背番号は30[70]
    • 東京ヤクルトスワローズの青木宣親が通算1000試合出場[71]
  • 19日
  • 21日
  • 23日
  • 25日
    • 東北楽天ゴールデンイーグルスは、9時43分から10時28分までの45分間にわたり球団公式サイトにおいてこの日の対千葉ロッテマリーンズ戦を「中止」と誤表示していたとして謝罪した[76]
    • 読売ジャイアンツの坂本勇人が通算300二塁打。史上70人目[77]
    • 読売ジャイアンツが1955年以来63年ぶりとなる20得点[78]。一方対戦相手の中日ドラゴンズは2004年5月以来14年ぶりの大敗となる屈辱となった[79]
    • 横浜DeNAベイスターズの大和両打ちから右打ちに登録を変更[80]
  • 28日
    • 福岡ソフトバンクホークスは、デニス・サファテが米国国内で右股関節の修復手術を受け、復帰までに4ヶ月かかることを発表[81]
  • 30日
    • 埼玉西武ライオンズは、1月下旬に未成年でありながら喫煙行為が発覚し2月7日から対外試合出場停止処分を受けていた今井達也について5月1日付で処分を解除することを発表[82]。→2月6日の出来事参照
    • 中日ドラゴンズの松坂大輔が日本球界復帰後初勝利。2006年9月以来、4241日ぶりの勝利だった[83]
    • 東北楽天ゴールデンイーグルスは、一軍の高須洋介立石充男と二軍の栗原健太真喜志康永の各コーチを入れ替える配置転換を発表[84]

5月[編集]

  • 4日
  • 5日
  • 6日
    • オリックス・バファローズのT-岡田が通算1000試合出場。史上490人目[89]
    • 埼玉西武ライオンズの浅村栄斗が通算1000試合出場。史上491人目[90]
    • 北海道日本ハムファイターズの清宮幸太郎が史上初の一軍デビューから5試合連続安打[91]
    • 東北楽天ゴールデンイーグルスが31試合目にして自力優勝の可能性を失った[92]
  • 9日
    • 福岡ソフトバンクホークスの内川聖一が通算2000本安打。史上51人目[93]
    • 北海道日本ハムファイターズの中田翔が通算1000本安打。史上291人目[94]
    • 北海道日本ハムファイターズの清宮幸太郎が一軍デビュー戦から7試合連続安打。ドラフト制導入後の新人では史上初[95]
  • 10日
  • 11日
  • 12日
    • 東京ヤクルトスワローズの松岡健一が通算150ホールドポイント。史上11人目[100]
    • オリックス・バファローズが開幕40試合未満で三度目の1安打試合で敗戦。2リーグ分裂後史上初。[101]
  • 16日
  • 19日
    • オリックス・バファローズの山岡泰輔が1イニング3暴投。プロ野球タイ記録[103]
    • 東北楽天ゴールデンイーグルスの則本昂大が通算1000投球回。史上349人目[104]
    • 広島東洋カープは、育成契約のヘロニモ・フランスアを支配下選手として契約したことを発表。背番号は97[105]
  • 22日
    • 中日ドラゴンズの山井大介が完封勝利。40代での達成は史上9人目[106]
  • 24日
    • 横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智が通算150本塁打。史上166人目[107]
  • 25日
    • 阪神タイガースの糸井嘉男が通算150本塁打。史上167人目[108]
  • 29日
    • 日本生命セ・パ交流戦開幕[109]
    • 阪神タイガースの鳥谷敬が対ソフトバンク1回戦で出場しなかったため、連続試合出場が歴代2位の1939試合でストップ[110]
  • 31日

6月[編集]

  • 1日
    • 北海道日本ハムファイターズの西川遥輝が通算200盗塁。史上75人目[113]
  • 7日
    • 東北楽天ゴールデンイーグルスの岸孝之が通算1500奪三振。史上54人目[114]
  • 8日
    • 広島東洋カープの丸佳浩が通算1000試合出場。史上492人目[115]
  • 9日
    • 千葉ロッテマリーンズが、プロ野球史上初となる2試合連続で失策によるサヨナラ負け[116]
  • 11日
  • 12日
  • 13日
    • 読売ジャイアンツの河野元貴篠原慎平が、10日深夜から11日未明にかけて「Instagram」に不適切な画像を投稿していたことが判明。球団は「球団規則に反する行動で誠に遺憾である」として両者を謹慎とし、事実関係の確認が取れ次第厳正に処分することを発表したうえで[121]、河野の一軍出場選手登録を抹消した[122]
  • 14日
  • 15日
  • 16日
    • 読売ジャイアンツは、育成登録のサムエル・アダメスを支配下選手登録し[128]、即日一軍出場選手登録した[129]。背番号は92[128]
    • 東北楽天ゴールデンイーグルスの梨田昌孝監督が球団の成績不振の責任を取って辞任を申し入れ。球団はそれを受託し、平石洋介打撃兼ヘッドコーチが監督代行を務めることを発表。[130]
    • 埼玉西武ライオンズ対中日ドラゴンズ2回戦の7回裏西武の攻撃中、球審を務めていた敷田直人が急に倒れるアクシデント。敷田は病院に運ばれたが意識はあり[131]、日本野球機構は倒れた原因は直前の打者が打ったファウルチップが左膝に当たった影響であると説明した[132]
  • 19日
    • 東京ヤクルトスワローズの青木宣親が対福岡ソフトバンクホークス3回戦(神宮球場)の7回裏に判定を不服として球審に暴言を吐き退場処分[133]。翌20日にコミッショナーの斉藤は青木に対し厳重注意および制裁金10万円の処分を科した[134]

予定[編集]

7月[編集]

10月[編集]

  • 6日 - ファーム日本選手権
  • 25日 - ドラフト会議
  • 27日 - プロ野球日本シリーズ2018開幕

11月[編集]

  • 27日 - NPBアワード

競技結果[編集]

セントラル・リーグ[編集]

2018年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝
2位
3位
4位
5位
6位

パシフィック・リーグ[編集]

2018年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝
2位
3位
4位
5位
6位

セ・パ交流戦[編集]

日本生命セ・パ交流戦2018 最終成績
順位 球団 勝率
優勝 東京ヤクルトスワローズ 12 6 0 .667 ---
2位
3位
4位
5位 北海道日本ハムファイターズ 10 8 0 .556 2.0
6位 埼玉西武ライオンズ 10 8 0 .556 2.0
7位 読売ジャイアンツ 8 10 0 .444 4.0
8位 横浜DeNAベイスターズ 8 10 0 .444 4.0
9位
10位
11位
12位 東北楽天ゴールデンイーグルス 6 12 0 .333 6.0

[注 2]


クライマックスシリーズ[編集]

ファーストステージ[編集]

2018 クライマックスシリーズ セ ファーストステージ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月13日(土) 第1戦
10月14日(日) 第2戦
10月15日(月) 第3戦  
勝者: 
2018 クライマックスシリーズ パ ファーストステージ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月13日(土) 第1戦
10月14日(日) 第2戦
10月15日(月) 第3戦  
勝者: 

ファイナルステージ[編集]

2018 クライマックスシリーズ セ ファイナルステージ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
アドバンテージ
10月17日(水) 第1戦
10月18日(木) 第2戦
10月19日(金) 第3戦
10月20日(土) 第4戦
10月21日(日) 第5戦
勝者:
2018 クライマックスシリーズ パ ファイナルステージ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
アドバンテージ
10月17日(水) 第1戦
10月18日(木) 第2戦
10月19日(金) 第3戦
10月20日(土) 第4戦
10月21日(日) 第5戦
勝者:

日本シリーズ[編集]

日本シリーズ2018
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月27日(土) 第1戦 -
10月28日(日) 第2戦 -
10月29日(月) 移動日
10月30日(火) 第3戦 -
10月31日(水) 第4戦 -
11月1日(木) 第5戦 -
11月2日(金) 移動日
11月3日(土) 第6戦 -
11月4日(日) 第7戦 -
優勝:

個人タイトル[編集]

セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
タイトル 選手 球団 成績 選手 球団 成績
最優秀選手        
最優秀新人        
首位打者     .     .
本塁打王      本      本
打点王      点      点
最多安打      本      本
盗塁王      個      個
最高出塁率     .     .
最優秀防御率     .     .
最多勝利      勝      勝
最多奪三振      個      個
最高勝率     .     .
最多セーブ投手      S      S
最優秀中継ぎ投手      HP      HP 

月間MVP[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
投手 球団 野手 球団 投手 球団 野手 球団
4月 R.メッセンジャー 阪神 坂本勇人 読売 多和田真三郎 西武 山川穂高 西武
5月 大瀬良大地 広島 Z.アルモンテ 中日 岸孝之 楽天 柳田悠岐 ソフトバンク
6月
7月
8月
9月

ベストナイン[編集]

セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
守備位置 選手 球団 選手 球団
投手        
捕手        
一塁手        
二塁手        
三塁手        
遊撃手        
外野手        
       
       
指名打者    

ゴールデングラブ賞[編集]

セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
投手        
捕手        
一塁手        
二塁手        
三塁手        
遊撃手        
外野手        
       
       

オールスターゲーム[編集]

2018年のオールスター戦を参照

ファーム[編集]

誕生[編集]

2018年の野球を参照

死去[編集]

2018年の野球を参照

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 当初、登録名をカタカナ表記の「リー・トゥーシェン」としていたが、3月13日に漢字表記の「李杜軒」に変更することを発表した[33]
  2. ^ 勝率が同率で並んだ場合、(1)勝利数(2)当該チーム間の当年度交流戦の直接対決成績(3チーム以上並んだ場合は省略)(3)得点/攻撃イニング-失点/守備イニング(4)前項を自責点に置き換えたもの(5)チーム打率(6)前年度の交流戦順位で順位が決定される。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2018年チームスローガンは「奮輝 〜GIANTS PRIDE 2018〜」 読売ジャイアンツ公式サイト(2018年1月6日閲覧)
  2. ^ 星野仙一氏死去 がん闘病…「燃える男」「闘将」突然すぎる70歳”. スポニチアネックス (2018年1月6日). 2018年1月6日閲覧。
  3. ^ “中日 メジャー51勝右腕獲得 いきなり開幕投手抜てきも”. スポーツニッポン. (2018年1月5日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/01/05/kiji/20180104s00001173172000c.html 2018年1月5日閲覧。 
  4. ^ “日本ハム レンジャーズと業務提携契約を締結 吉村GM「積極的交流に期待」”. スポーツニッポン. (2018年1月5日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/01/05/kiji/20180105s00001173122000c.html 2018年1月5日閲覧。 
  5. ^ “日本ハム、マルティネス投手と契約合意 MLBオファー断り「気持ち高ぶります」”. デイリースポーツ. (2018年1月6日). http://www.daily.co.jp/baseball/2018/01/06/0010874273.shtml 2018年1月6日閲覧。 
  6. ^ パドレス、牧田獲得を発表 西武からポスティング”. 産経新聞 (2018年1月7日). 2018年1月7日閲覧。
  7. ^ “マット・ドミンゲス選手 獲得について”. 千葉ロッテマリーンズ公式HP. (2018年1月10日). http://www.marines.co.jp/news/detail/00001813.html 2018年1月10日閲覧。 
  8. ^ 笠井崇正選手 支配下選手として契約が決定”. 横浜DeNAベイスターズ公式HP (2018年1月12日). 2018年1月13日閲覧。
  9. ^ 巨人・岡本 人身事故 バイクと衝突…10代男性親指骨折”. スポーツニッポン (2018年1月16日). 2018年1月16日閲覧。
  10. ^ 今季契約について 千葉ロッテマリーンズ公式サイト
  11. ^ タナー・シェッパーズ投手 獲得について 千葉ロッテマリーンズ公式サイト
  12. ^ “平成30年 野球殿堂入り発表 松井氏、金本氏、原氏、瀧氏が殿堂入り” (プレスリリース), 野球殿堂博物館, (2018年1月15日), http://i.baseball-museum.or.jp/baseball_hallo/news/halloffame2018_02.html 2018年1月15日閲覧。 
  13. ^ 松井氏 最年少43歳7カ月殿堂入り 長嶋氏「いつか次代の4番育てて」”. スポーツニッポン (2018 -01-16). 2018年1月16日閲覧。
  14. ^ ヤングマン投手との契約合意について 読売ジャイアンツ公式サイト
  15. ^ オリックス、舞洲球場名を変更「舞洲バファローズスタジアム」”. サンケイスポーツ (2018年1月18日). 2018年1月18日閲覧。
  16. ^ 2018年シーズンスローガン『VICTORY is within US.』に決定! 横浜DeNAベイスターズ公式サイト(2018年1月18日閲覧)
  17. ^ “松坂大輔の入団テストは23日 中日、非公開で実施”. 産経ニュース. 産経新聞. (2018年1月18日). http://www.sankei.com/sports/news/180118/spo1801180028-n1.html 2018年1月19日閲覧。 
  18. ^ DeNA 松尾大河→大河など3選手が登録名変更”. 日刊スポーツ (2018年1月19日). 2018年1月19日閲覧。
  19. ^ 日本シリーズの延長規定変更 第7戦まで15回→12回に”. スポーツニッポン (2018年1月23日). 2018年1月23日閲覧。
  20. ^ 松坂大輔が中日合格 室内練習場でテスト受ける”. 日刊スポーツ (2018年1月23日). 2018年1月23日閲覧。
  21. ^ 日本ハムスローガン「道 FIGHTERS XV」”. 日刊スポーツ (2018年1月24日). 2018年1月24日閲覧。
  22. ^ セ、3・30ナイターで開幕 DeNA主催7試合で午後5時45分開始”. スポーツニッポン (2018年1月25日). 2018年1月26日閲覧。
  23. ^ 2018年キャッチフレーズ決定! オリックス・バファローズ公式サイト(2018年1月29日閲覧)
  24. ^ 2018年度 野球規則改正 NPB 日本野球機構
  25. ^ 涌井がロッテと契約完了 2月1日キャンプインからチームに参加”. デイリースポーツ (2018年1月30日). 2018年1月30日閲覧。
  26. ^ “【ロッテ】公式戦全試合を「日テレNEWS24」で放送”. スポーツ報知. (2018年1月31日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180131-OHT1T50086.html 2018年1月31日閲覧。 
  27. ^ 新規支配下登録選手 NPB 日本野球機構
  28. ^ “19歳の西武・今井 喫煙発覚で厳重注意処分 5月まで対外試合出場停止「深く反省」”. スポーツニッポン. (2018年2月6日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/02/06/kiji/20180206s00001173156000c.html 2018年2月6日閲覧。 
  29. ^ “甲子園V腕の西武今井が未成年で喫煙、出場停止処分”. 日刊スポーツ. (2018年2月6日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201802060000567.html 2018年2月7日閲覧。 
  30. ^ ジュリスベル・グラシアル選手入団のお知らせ”. 福岡ソフトバンクホークス公式HP (2018年2月13日). 2018年3月16日閲覧。
  31. ^ 韓国ロッテ会長に実刑判決朴・前大統領への賄賂認定 懲役2年6月 ソウル地裁”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社 (2018年2月13日). 2018年2月13日閲覧。
  32. ^ 代表取締役の異動に関するお知らせ”. 千葉ロッテマリーンズ公式HP (2018年2月23日). 2018年2月24日閲覧。
  33. ^ “ロッテ、登録名の変更を発表”. サンケイスポーツ. (2018年3月13日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20180313/mar18031313010002-n1.html 2018年3月15日閲覧。 
  34. ^ “【ロッテ】大隣、李杜軒、ペゲロと契約 大隣「これからが本当の勝負」”. BASEBALL KING. (2018年2月16日). https://baseballking.jp/ns/144590 2018年2月16日閲覧。 
  35. ^ “プロ野球11球団の主催試合配信へ〜DAZN新コンテンツ発表会”. デイリースポーツ. (2018年2月16日). https://www.daily.co.jp/baseball/2018/02/16/0010991534.shtml 2018年2月16日閲覧。 
  36. ^ “11球団の主催試合「DAZN」で見られる!”. サンケイスポーツ. (2018年2月17日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20180217/npb18021705010003-n1.html 2018年2月17日閲覧。 
  37. ^ “巨人キャンプ前倒し打ち上げ インフル禍に鹿取GM「緊急事態」”. スポーツニッポン. (2018年2月28日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/02/28/kiji/20180227s00001173459000c.html 2018年2月28日閲覧。 
  38. ^ 新外国人育成選手獲得のお知らせ”. 中日ドラゴンズ公式HP (2018年3月2日). 2018年3月16日閲覧。
  39. ^ ソフトバンクと未契約の川崎、球団ホームページから消える”. デイリースポーツ. 神戸新聞社 (2018年3月2日). 2018年3月2日閲覧。
  40. ^ “セ・リーグ、今季からCSで予告先発!理事会で決定”. サンケイスポーツ. (2018年3月6日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20180306/npb18030605020002-n1.html 2018年3月13日閲覧。 
  41. ^ ジョアン・タバーレス選手、育成選手契約締結!”. 広島東洋カープ公式HP (2018年3月7日). 2018年5月20日閲覧。
  42. ^ ヘロニモ・フランスア選手、育成選手契約締結!”. 広島東洋カープ公式HP (2018年3月7日). 2018年5月20日閲覧。
  43. ^ 巨人復帰の上原、1年契約で年俸2億円プラス出来高”. 日刊スポーツ (2018年3月9日). 2018年3月9日閲覧。
  44. ^ “西武が阪神榎田求める、岡本は「寂しい気持ちも」”. 日刊スポーツ. (2018年3月14日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201803140000438.html 2018年3月14日閲覧。 
  45. ^ 榊原翼投手 支配下選手登録のお知らせ”. オリックス・バファローズ公式HP (2018年3月15日). 2018年3月16日閲覧。
  46. ^ “中日が肩書き兼任のまま岩瀬、荒木のコーチ登録解除”. 日刊スポーツ. (2018年3月16日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201803160000584.html 2018年3月17日閲覧。 
  47. ^ “楽天 星野氏77番永久欠番に 三木谷オーナー「宝物として取っておく」”. スポーツニッポン. (2018年3月20日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/03/20/kiji/20180319s00001173392000c.html 2018年3月20日閲覧。 
  48. ^ “楽天、「77」永久欠番に 個人番号は球団初”. サンケイスポーツ. (2018年3月27日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20180327/gol18032705010001-n1.html 2018年3月27日閲覧。 
  49. ^ “7月4日からソフトB2軍ナイターラジオ生中継 RKB毎日放送「スターの原石発掘を」”. 西日本スポーツ. (2018年3月20日). http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/402380 2018年3月20日閲覧。 
  50. ^ 支配下選手登録のお知らせ”. 東京ヤクルトスワローズ公式HP (2018年3月20日). 2018年3月21日閲覧。
  51. ^ “【隠しマイク】球団代表退任のハム島田利正氏 胴上げは「とにかく怖かった」”. スポーツニッポン. (2018年3月24日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/03/24/kiji/20180324s00001173134000c.html 2018年3月24日閲覧。 
  52. ^ “日本ハム、新オーナーの畑佳秀氏は日本一奪還の使者”. 日刊スポーツ. (2018年3月23日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201803230000470.html 2018年3月24日閲覧。 
  53. ^ “中日・木下雄介が支配下選手に 背番号98「松坂さんの隣や!」”. スポーツニッポン. (2018年3月23日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/03/23/kiji/20180323s00001173180000c.html 2018年3月23日閲覧。 
  54. ^ “巨人 高木京介が支配下復帰「感謝の気持ちでいっぱい」「真摯に」再出発誓う”. スポーツニッポン. (2018年3月23日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/03/23/kiji/20180323s00001173185000c.html 2018年3月23日閲覧。 
  55. ^ “川崎宗則 ソフトバンク退団を発表 自律神経の病気にもなり…「野球から距離をおいてみようと決断」”. スポーツニッポン. (2018年3月26日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/03/26/kiji/20180326s00001173211000c.html 2018年3月26日閲覧。 
  56. ^ “川崎の自由契約を公示 ソフトバンクを退団”. サンケイスポーツ. (2018年3月27日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20180327/haw18032719230006-n1.html 2018年3月27日閲覧。 
  57. ^ “日本ハム新球場は北広島市へ 札幌市に断り、2023年開業目指す”. サンケイスポーツ. (2018年3月26日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20180326/fig18032617290003-n1.html 2018年3月27日閲覧。 
  58. ^ “総額20億円!鷹、サファテと3年契約延長 昨季54セーブでMVP”. サンケイスポーツ. (2018年3月27日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20180327/haw18032719050005-n1.html 2018年3月27日閲覧。 
  59. ^ “【ソフトバンク】育成の堀内を支配下登録、背番号「39」…栗原故障で捕手補充”. スポーツ報知. (2018年3月27日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180327-OHT1T50103.html 2018年3月27日閲覧。 
  60. ^ “「○○落ちろ」とヤジ 広島戦、中日側応援席から”. スポニチ. (2018年4月5日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/04/05/kiji/20180405s00001173222000c.html 2018年4月5日閲覧。 
  61. ^ “中日応援席から「○○落ちろ。カープ」 西山球団代表「今後は厳しく対処」”. サンケイスポーツ. (2018年4月6日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20180406/dra18040605010002-n1.html 2018年4月6日閲覧。 
  62. ^ “巨人青山誠に制裁金 イースタンで球審に暴言”. 日刊スポーツ. (2018年4月6日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/201804060000444.html 2018年4月6日閲覧。 
  63. ^ “【楽天】則本が通算1000奪三振…NPB史上147人目”. スポーツ報知. http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180406-OHT1T50136.html 2018年4月6日閲覧。 
  64. ^ “西武、投打かみ合って開幕7連勝!オール先発白星最多記録に並んだ”. スポニチ. (2018年4月7日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/04/07/kiji/20180407s00001173248000c.html 2018年4月7日閲覧。 
  65. ^ “オリ金子 通算1500奪三振、右腕史上2位のスピード記録”. スポニチ. (2018年4月10日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/04/10/kiji/20180410s00001173202000c.html 2018年4月10日閲覧。 
  66. ^ “DeNA山崎通算100S 上原さんに「負けない声援ありがとうございます!」”. スポニチ. (2018年4月10日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/04/11/kiji/20180411s00001173032000c.html 2018年4月11日閲覧。 
  67. ^ “阪神 メッセンジャー 球審への暴言行為で退場 3失点降板”. スポニチ. (2018年4月12日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/04/12/kiji/20180412s00001173291000c.html 2018年4月12日閲覧。 
  68. ^ “阪神・メッセに制裁金10万円 12日の広島戦で球審に暴言”. スポニチ. (2018年4月13日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/04/13/kiji/20180413s00001173201000c.html 2018年4月13日閲覧。 
  69. ^ “阪神福留が日米通算300号も空砲 ブキャナン撃ち”. 日刊スポーツ. (2018年4月13日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201804130000764.html 2018年4月13日閲覧。 
  70. ^ “故障者が続出ソフトバンクが日本ハム市川を緊急獲得”. 日刊スポーツ. (2018年4月18日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201804180000541.html 2018年4月18日閲覧。 
  71. ^ “ヤクルト青木1000試合出場、通算打率依然トップ”. 日刊スポーツ. (2018年4月18日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201804180000089.html 2018年4月19日閲覧。 
  72. ^ “中日 育成のマルティネスを支配下登録 来日2年目、背番号「97」”. スポニチアネックス. (2018年4月19日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/04/19/kiji/20180419s00001173212000c.html 2018年4月19日閲覧。 
  73. ^ “ソフトバンク柳田サイクル安打達成「怖い」65人目”. 日刊スポーツ. (2018年4月21日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201804210000542.html 2018年4月21日閲覧。 
  74. ^ “【楽天】今江、3号ソロで通算100本塁打達成…NPB286人目”. スポーツ報知. (2018年4月21日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180421-OHT1T50144.html 2018年4月21日閲覧。 
  75. ^ ““鉄人”衣笠祥雄氏が大腸がん死去、19日まで仕事”. 日刊スポーツ. (2018年4月24日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201804240000356.html 2018年4月25日閲覧。 
  76. ^ “楽天、25日ロッテ戦で一時誤表示”. サンケイスポーツ. (2018年4月25日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20180425/gol18042512500002-n1.html 2018年4月25日閲覧。 
  77. ^ “巨人・坂本勇が史上70人目の通算300二塁打達成”. サンケイスポーツ. (2018年4月25日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20180425/gia18042518220004-n1.html 2018年4月25日閲覧。 
  78. ^ “巨人 63年ぶり20得点!“歴史的”大勝で5割復帰”. スポニチ. (2018年4月25日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/04/25/kiji/20180425s00001173357000c.html 2018年4月26日閲覧。 
  79. ^ “中日、あきれる大敗…森監督「バスケットボールか」”. サンケイスポーツ. (2018年4月26日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20180426/dra18042605000001-n1.html 2018年4月27日閲覧。 
  80. ^ “DeNA・大和、両打ちから右打ちに登録変更”. サンケイスポーツ. (2018年4月25日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20180425/den18042518200005-n1.html 2018年4月27日閲覧。 
  81. ^ “ソフトB・サファテが右股関節手術 復帰まで約4カ月の見込み”. サンケイスポーツ. (2018年4月28日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20180428/haw18042810340003-n1.html 2018年4月28日閲覧。 
  82. ^ “西武 喫煙発覚・今井の処分解除、5月1日付で 「引き続き自分に厳しく、野球に専念を」”. スポニチ. (2018年4月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/04/30/kiji/20180430s00001173165000c.html 2018年4月30日閲覧。 
  83. ^ “松坂ついに勝った!4241日ぶり勝利 8四死球も6回1失点 147キロ出た!”. スポニチ. (2018年4月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/04/30/kiji/20180430s00001173259000c.html 2018年4月30日閲覧。 
  84. ^ “泥沼7連敗の楽天 コーチ配置転換を発表 借金13で最下位”. スポニチ. (2018年5月1日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/05/01/kiji/20180430s00001173471000c.html 2018年5月1日閲覧。 
  85. ^ “鳥谷2000試合出場は代打で 阪神生え抜き3人目”. 日刊スポーツ. (2018年5月4日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201805040000562.html 2018年5月4日閲覧。 
  86. ^ a b “楽天 育成の37歳・久保裕也を支配下登録「やっと支配下選手になれました」”. スポニチ. (2018年5月5日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/05/05/kiji/20180505s00001173116000c.html 2018年5月5日閲覧。 
  87. ^ “阪神才木浩人、楽天久保裕也ら1軍登録/5日公示”. 日刊スポーツ. (2018年5月5日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201805050000449.html 2018年5月5日閲覧。 
  88. ^ “日本ハム 大田泰の適時打でロッテに逆転勝ち 清宮はデビューから4試合連続安打、走塁ミスも”. スポニチ. (2018年5月5日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/05/05/kiji/20180505s00001173212000c.html 2018年5月5日閲覧。 
  89. ^ “【オリックス】T―岡田が通算1000試合で勝ち越し2号ソロ”. スポーツ報知. (2018年5月6日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180506-OHT1T50120.html 
  90. ^ “西武浅村1000試合出場「1試合1試合を大事に」”. 日刊スポーツ. (2018年5月6日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201805060000486.html 
  91. ^ “清宮5戦連続安打 ボテボテ内野安打で新記録達成”. 日刊スポーツ. (2018年5月6日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201805060000458.html 
  92. ^ “楽天大敗で4連敗 112試合残して自力V消滅…藤平が4回途中9失点KO”. スポニチ. (2018年5月6日). https://news.yahoo.co.jp/pickup/6281519 
  93. ^ “ソフトB内川ついに決めた!2000安打 史上51人目、右打者3位のスピード到達”. 西日本スポーツ (西日本新聞社). (2018年5月9日). https://www.nishinippon.co.jp/sp/nsp/hawks_flash/article/414922/ 2018年5月9日閲覧。 
  94. ^ “日本ハム中田1000安打「支えてくれた方に感謝」”. 日刊スポーツ. (2018年5月9日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201805090000667.html 
  95. ^ 清宮 プロ初本塁打!24打席目 新人新記録のデビュー7戦連続安打も達成”. スポーツニッポン新聞社 (2018年5月9日). 2018年5月10日閲覧。
  96. ^ 新外国人選手保有権譲渡合意のお知らせ”. 埼玉西武ライオンズ公式HP (2018年5月10日). 2018年5月16日閲覧。
  97. ^ デュアンテ・ヒース投手 入団会見”. 埼玉西武ライオンズ公式HP (2018年5月15日). 2018年5月16日閲覧。
  98. ^ “広島・石原、史上最年長で通算1000安打「周りからまだかまだかと言われていた”. サンケイスポーツ. (2018年5月11日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20180511/car18051120360002-n1.html 2018年5月12日閲覧。 
  99. ^ “広島が珍しい快記録!菊池&バティスタが1試合で2度の2者連続アーチ!”. スポニチ. (2018年5月11日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/05/11/kiji/20180511s00001173419000c.html 2018年5月12日閲覧。 
  100. ^ “ヤクルト・松岡、球団初の150HP!延長十一回死闘制した(1/3ページ)”. サンケイスポーツ. (2018年5月13日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20180513/swa18051305030002-n1.html 2018年5月13日閲覧。 
  101. ^ “オリックス珍記録 開幕40戦未満3度目1安打試合”. 日刊スポーツ. (2018年5月13日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201805130000073.html 2018年5月13日閲覧。 
  102. ^ “パ7人目!鷹モイネロ「スーパー」3者連続3球三振”. 日刊スポーツ. (2018年5月16日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201805160000943.html 2018年5月17日閲覧。 
  103. ^ “オリックス・山岡が3暴投…不名誉なプロ野球タイ記録マーク”. サンケイスポーツ. (2018年5月19日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20180519/buf18051917590001-n1.html 2018年5月19日閲覧。 
  104. ^ “楽天・則本8回11K無失点で4勝目 通算1000イニングも達成”. スポニチ. (2018年5月19日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/05/19/kiji/20180519s00001173281000c.html 2018年5月19日閲覧。 
  105. ^ “24歳フランスアを支配下選手契約 カープアカデミー出身左腕「夢への第一歩」”. デイリースポーツ. (2018年5月20日). https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2018/05/20/0011274006.shtml 2018年5月20日閲覧。 
  106. ^ “中日にまた「ダイスケ」40歳山井4年ぶり完封勝利”. 日刊スポーツ. (2018年5月22日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201805220000911.html 
  107. ^ DeNA筒香が通算150号!吉見から特大12号ソロ 史上166人目”. スポニチ (2018年5月24日). 2018年5月24日閲覧。
  108. ^ “阪神・糸井、通算150号本塁打達成!史上167人目「自分でもどうやって打てたのか」”. スポニチ. (2018年5月25日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/05/25/kiji/20180525s00001173346000c.html 2018年5月25日閲覧。 
  109. ^ 2018年 日本生命セ・パ交流戦 2018NPB.jp 日本野球機構
  110. ^ “阪神・鳥谷 連続試合出場 歴代2位の1939試合でストップ「いつかは止まるもの」”. スポニチ. (2018年5月29日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/05/29/kiji/20180529s00001173381000c.html 
  111. ^ “ソフトバンク中田3勝1500投球回「裏方に感謝」”. 日刊スポーツ. (2018年5月31日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201805310001010.html 
  112. ^ “日本ハム マルティネス投手、右投右打→右投左打”. 日刊スポーツ. (2018年5月31日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201805310000455.html 
  113. ^ “日本ハム・西川 今度は正真正銘の200盗塁達成 史上75人目”. デイリースポーツonline. (2018年6月1日). https://www.daily.co.jp/baseball/2018/06/01/0011315169.shtml 
  114. ^ “【楽天】岸、1500奪三振達成”. スポーツ報知. (2018年6月7日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180607-OHT1T50177.html 
  115. ^ “広島丸が1000試合出場達成、納得7号で自ら祝砲”. 日刊スポーツ. (2018年6月8日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201806080000707.html 
  116. ^ “ロッテ史上初2戦連続失策サヨナラ負け 延長12回に中村悪送球”. スポーツニッポン. (2018年6月10日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/06/10/kiji/20180609s00001173462000c.html 2018年6月10日閲覧。 
  117. ^ “オリックス育成の神戸がBCリーグ・福井へ”. 日刊スポーツ. (2018年6月11日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201806110000480.html 2018年6月11日閲覧。 
  118. ^ a b “阪神○○スコアラー盗撮逮捕 スマホでスカートの中”. 日刊スポーツ. (2018年6月13日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201806130000146.html 2018年6月13日閲覧。 
  119. ^ “「スカートがめくれた」逮捕の阪神○○スコアラー”. 日刊スポーツ. (2018年6月13日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201806130000378.html 2018年6月14日閲覧。 
  120. ^ “阪神、盗撮・○○スコアラーと契約解除”. サンケイスポーツ. (2018年6月16日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20180616/tig18061605010014-n1.html 2018年6月16日閲覧。 
  121. ^ “巨人河野元貴と篠原慎平が不適切な行為で当面謹慎”. 日刊スポーツ. (2018年6月13日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201806130000545.html 2018年6月14日閲覧。 
  122. ^ “【セ・リーグ公示】6月13日 巨人・森福&宇佐美が登録”. サンケイスポーツ. (2018年6月13日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20180613/npb18061316250009-n1.html 2018年6月14日閲覧。 
  123. ^ “福留が史上33人目全球団本塁打、阪神では3人目”. 日刊スポーツ. (2018年6月14日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201806140000852.html 
  124. ^ “外国人選手との契約合意について”. 阪神タイガース公式HP. (2018年6月15日). http://hanshintigers.jp/news/topics/info_5624.html 2018年6月17日閲覧。 
  125. ^ “エフレン・ナバーロ選手入団会見”. 阪神タイガース公式HP. (2018年6月17日). http://hanshintigers.jp/news/topics/info_5627.html 2018年6月17日閲覧。 
  126. ^ “日本ハム・宮西、救援で節目の数字「300もしっかり投げられた」”. サンケイスポーツ. (2018年6月15日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20180615/fig18061523430008-n1.html 2018年6月16日閲覧。 
  127. ^ “日本ハム中島が史上41人目の通算200犠打達成”. 日刊スポーツ. (2018年6月15日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201806150000760.html 2018年6月16日閲覧。 
  128. ^ a b “巨人アダメスが支配下登録即1軍合流 背番号92”. 日刊スポーツ. (2018年6月16日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201806160000382.html 2018年6月16日閲覧。 
  129. ^ “【セ・リーグ公示】6月16日 巨人・アダメスが支配下登録から即1軍”. サンケイスポーツ. (2018年6月16日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20180616/npb18061610460005-n1.html 2018年6月16日閲覧。 
  130. ^ “楽天、梨田監督辞任で平石洋介ヘッドが監督代行”. 日刊スポーツ. (2018年6月16日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201806160000987.html 2018年6月16日閲覧。 
  131. ^ “敷田球審、突然倒れる 救急車で運ばれるも意識あり”. 日刊スポーツ. (2018年6月16日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201806160000882.html 2018年6月17日閲覧。 
  132. ^ “試合中に倒れ救急搬送の敷田球審、意識あり命に別条なし 左膝へのファウルチップ影響”. サンケイスポーツ. (2018年6月16日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20180616/npb18061619130013-n1.html 2018年6月17日閲覧。 
  133. ^ “青木暴言で日本初退場…交流王のヤクルト、逆転負けでセ歴代最高勝率逃す”. サンケイスポーツ. (2018年6月20日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20180620/swa18062005040002-n2.html 2018年6月20日閲覧。 
  134. ^ “ヤクルト・青木に制裁金10万円 球審に暴言はき退場処分”. サンケイスポーツ. (2018年6月20日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20180620/swa18062016240005-n1.html 2018年6月20日閲覧。