縞田拓弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
縞田 拓弥
オリックス・バファローズ #33
Shimada takuya.jpg
2012年7月8日、QVCマリンフィールドにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県福岡市
生年月日 (1987-01-22) 1987年1月22日(31歳)
身長
体重
180 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 2011年 ドラフト2位
初出場 2012年5月4日
年俸 1,250万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

縞田 拓弥(しまだ たくや、1987年1月22日 - )は、福岡県福岡市出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。オリックス・バファローズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

打席に立つ縞田
(2013年3月17日、横浜スタジアム)

東福岡高時代は、1年夏から遊撃手レギュラーながら甲子園出場経験は無し。高校の同級生にはサッカー日本代表長友佑都インテル・ミラノ)がいた。

高校卒業後は日本大学に進学。1部リーグ通算62試合に出場、185打数37安打、打率.200、2本塁打、15打点を記録。大学卒業後はJR東日本に入社。野球部では1年目から公式戦で起用されて、第80回都市対抗野球大会では東京ガスの補強選手として参加。2年目から遊撃手のレギュラーをつかみ、3年目の2011年は、第82回都市対抗野球大会で優勝を果たした。

2011年10月27日、プロ野球ドラフト会議オリックス・バファローズから2位指名を受けた。

プロ入り後[編集]

2012年、開幕こそ二軍スタートだったが、ファームでは主に三塁手としてスタメン出場し、4月28日に初めて一軍登録[2]。5月10日に一旦登録抹消となったが[3]、7月4日に再昇格[4]。その後は主に守備固めとして出場機会を得たが、後藤光尊大引啓次の不振・故障もあってスタメン出場する機会もあった。しかし、9月14日の対楽天戦ではプロ初打点となる適時打を放ったが[5]、守備面で1試合3失策を犯してしまい[6]、ベンチで号泣する悔しさも味わった。この年は28試合で打率.181、2打点の成績に終わった。二軍では51試合に出場して打率.255、2本塁打15打点を記録している。

2013年、51試合出場したものの、多くの打撃指標で前年を下回った。

2014年、9月24日の埼玉西武ライオンズ戦にてプロ初盗塁、同30日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦でプロ初本塁打を放った。

2015年は、自己最多の80試合に出場し2本塁打を放った。また内野の全ポジションに加え外野での出場も果たした。

2016年は、打率.167、31試合の出場にとどまった。

2017年は、わずか5試合の出場にとどまった。

2018年は、一軍出場がないまま球団から戦力外通告を受けた。

選手としての特徴・人物[編集]

守備力は高く二塁、三塁、遊撃をこなすユーティリティープレイヤーで器用さと俊足とパンチ力が売り[7]。遠投は100m[8]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2012 オリックス 28 51 44 2 8 2 0 0 10 2 0 0 5 0 2 0 0 11 0 .182 .217 .227 .445
2013 51 40 35 6 5 1 1 0 8 3 0 0 2 0 3 0 0 14 0 .143 .211 .229 .439
2014 36 29 24 4 3 1 0 1 7 1 2 0 2 0 3 0 0 11 1 .125 .222 .292 .514
2015 80 152 133 17 30 10 1 2 48 16 3 0 6 1 12 0 0 30 1 .226 .288 .361 .649
2016 31 46 42 4 7 1 0 1 11 3 0 0 2 0 2 0 0 8 1 .167 .205 .262 .466
2017 5 9 7 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 2 0 0 1 1 .143 .333 .143 .476
NPB:6年 231 327 285 33 54 15 2 4 85 26 5 0 17 1 24 0 0 75 4 .189 .252 .298 .550
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]


遊撃 三塁 二塁 一塁
















































2012 14 13 29 3 11 .933 5 1 0 0 0 1.000 7 6 14 0 1 1.000 -
2013 8 3 5 2 1 .800 20 2 7 0 1 1.000 10 14 17 0 8 1.000 17 27 3 0 3 1.000
2014 - 24 2 6 0 0 1.000 8 15 14 0 1 1.000 2 4 0 0 0 1.000
2015 3 4 6 0 0 1.000 37 6 20 1 2 .963 40 63 81 2 18 .986 7 7 0 0 0 1.000
2016 11 13 22 2 4 .946 6 0 9 1 1 .900 2 3 6 0 1 1.000 7 9 0 0 1 1.000
2017 1 1 5 0 0 1.000 2 2 2 0 0 .900 - 1 4 0 0 1 1.000
通算 37 34 67 7 16 .935 94 13 42 2 4 .966 67 101 132 2 29 .991 34 51 3 0 5 1.000
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 33 (2012年 - )

脚注[編集]

  1. ^ オリックス - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2018年5月30日閲覧。
  2. ^ “【オリックス】T岡田抹消、縞田ら登録”. 日刊スポーツ. (2012年4月28日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20120428-941767.html 2014年5月14日閲覧。 
  3. ^ “【オリックス】安達ら登録、井川ら抹消”. 日刊スポーツ. (2012年5月10日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20120510-948645.html 2014年5月14日閲覧。 
  4. ^ “【オリックス】マクレーンを抹消”. 日刊スポーツ. (2012年7月4日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20120704-977695.html 2014年5月14日閲覧。 
  5. ^ “【オリックス】ドラ2縞田がプロ初打点”. 日刊スポーツ. (2012年9月14日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20120914-1016987.html 2014年5月14日閲覧。 
  6. ^ “【オリックス】岡田監督「投手おらん」”. 日刊スポーツ. (2012年9月14日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20120914-1017080.html 2014年5月14日閲覧。 
  7. ^ オリ2位縞田「まさか」の順位”. nikkansports.com (2011年10月27日). 2011年11月19日閲覧。
  8. ^ 【オリックス】2位縞田に岡田監督の色紙”. nikkansports.com (2011年11月14日). 2016年3月17日閲覧。
  9. ^ “【オリックス】縞田初安打「好機ものに」”. 日刊スポーツ. (2012年7月15日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20120715-983910.html 2014年5月14日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]