老川祥一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

老川 祥一(おいかわ しょういち、1941年10月25日 - )は、読売新聞グループ本社最高顧問、読売巨人軍7代目オーナー。

経歴・人物[編集]

東京都出身。聖学院高等学校早稲田大学政治経済学部卒業。1964年4月、読売新聞社入社。記者として盛岡支局、政治部、アメリカ合衆国ワシントン支局で活動する。

すぐに自筆の手紙を送る筆まめな性格で知られる。

読売新聞入社後の略歴[編集]

  • 1964年 - 讀賣新聞社(現:読売新聞東京本社)入社
  • 1986年 - 論説委員
  • 1993年 - 政治部長
  • 1995年 - 編集局次長
  • 1996年 - 調査研究本部長
  • 1998年 - 取締役編集局長
  • 2001年 - 大阪讀賣新聞社(現:読売新聞大阪本社)専務取締役編集担当
  • 2004年 - 読売新聞大阪本社取締役副社長
  • 2005年 - 読売新聞大阪本社代表取締役社長
  • 2006年 - 読売新聞グループ本社取締役大阪担当
  • 2007年 - 読売新聞グループ本社取締役編集担当、読売新聞東京本社代表取締役社長 編集主幹
  • 2011年 - 退任(後任は白石興二郎)、読売新聞グループ本社取締役最高顧問
  • 2013年 - 読売新聞グループ本社取締役最高顧問・主筆代理
  • 2014年 - 読売新聞グループ本社取締役最高顧問・主筆代理・国際担当(The Japan News主筆)
  • 2016年 - 読売巨人軍オーナーに就任[1]

社外での役職[編集]

著書[編集]

  • 終戦詔書と日本政治 : 義命と時運の相克(2015年・中央公論新社
  • 政治家の胸中〔肉声でたどる政治史の現場〕(2012年・藤原書店
  • 自衛隊の秘密 : 東西軍事バランスの変化の中で(1981年・潮文社)

脚注[編集]

関連項目[編集]