水上善雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
水上 善雄
橘学苑高等学校硬式野球部 監督
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横須賀市
生年月日 (1957-08-09) 1957年8月9日(65歳)
身長
体重
184 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手三塁手
プロ入り 1975年 ドラフト3位
初出場 1976年5月9日
最終出場 1992年4月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

水上 善雄(みずかみ よしお、1957年8月9日 - )は、神奈川県横須賀市出身[注 1]の元プロ野球選手内野手)・コーチ監督。現在は高校野球指導者に転じ、2019年度より橘学苑高等学校硬式野球部監督。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

横須賀市立不入斗中学校卒業後、桐蔭学園高校に進学[11]。中学生時代も野球をやっていた(ポジションは遊撃手投手[11])が、最初は高校でも野球をやろうとは考えておらず、普通の高校生活を送ってサラリーマンになろうと考えていた(みたいだったと本人の弁[12])が、結局高校でも野球部で活動。1975年夏の甲子園県予選で準々決勝に進むが東海大相模に惜敗(原辰徳にサヨナラ打を打たれた。本人はこの時「外角のくそボールを持って行かれて、この時が投手としての自分の最後だった」と話している[12])。[注 2]高校では同期に長内孝が、2学年後輩には渋井敬一がいた。

プロ野球選手時代[編集]

高校卒業後は「大学か社会人で野球がやれたら」程度のように考えていたが[12]1975年度プロ野球ドラフト会議ロッテ・オリオンズから3位指名を受け入団(本人はこれについて「オマケみたいなものでプロになれた感じ」と話していたことがある[12])。

1976年代走中心だったが[11]河野旭輝内野守備・走塁コーチの指導により2・3年目と守備固めの出場機会を増やした[11]

1979年に監督に就任した山内一弘から「お前の守備なら打率3割を打っているのと同じ」と遊撃手のレギュラーに抜擢された[13]。自身はこの頃の守備を「派手だが雑、からのスタートでした」と振り返る程だったが、雑な部分はコーチの河野から徹底的に指導され、徐々に丁寧な捕球ができるようになったという[13]

1980年には33犠打パシフィック・リーグ記録(当時)を達成[14]

1983年は監督の山本一義から「打率を上げるために打撃フォームを変えてくれ」と説得され、一本足打法からすり足打法に変更するとキャリア初の打率3割を記録し、打撃10傑にも食い込んだ[13]

1986年は80試合、打率.198に終わり、同年オフ日本ハムにトレードで移籍する話も出たが、三遊間を組んでいた有藤道世が監督に就任、有藤が「ミズは大切な戦力。俺が再生して見せる。」と述べ、残留[15]

1987年、開幕スタメンで出場し、ベストナインを受賞した[15]

1988年、「10.19」として語り継がれている、10月19日のロッテ対近鉄バファローズ26回戦(ダブルヘッダー第2試合)では、途中から三塁の守備に入り、新井宏昌の三塁線を襲った強烈な打球をダイビングキャッチで捕球[注 3]し、近鉄の勝ち越しを阻止したことが近鉄監督仰木彬の著書でも言及されている[17]

1990年高橋慶彦白武佳久杉本征使との交換トレードで、高沢秀昭と共に広島東洋カープに移籍。広島ではプロ通算100本塁打を打っている。しかし野村謙二郎の控えに甘んじる。

1991年には金銭トレードで福岡ダイエーホークスへ移籍。遊撃手としてチーム最多の93試合に出場し復活をアピールした。

1992年は自身の怪我や不振や新人の浜名千広の台頭もあり6試合のみの出場に終わり、同年オフに現役を退いた。

選手引退後[編集]

引退後は築地のマグロ市場に勤務するが、少年野球の指導に携わるために退職しコインパーキングを運営する会社に就職[18][注 4]

2000年のプロ野球シーズン途中からは、CSテレビ放送でロッテ戦中継を中心に野球解説者(スポット契約)としての活動を開始[19]。以来、CS局(J SKY SPORTS→J SPORTS[注 5])の解説者として活動。

2002年頃から2006年まではテレビ東京の解説者も務めた[注 6]

その一方、2001年にスタートしたプロ野球マスターズリーグ[注 7]では東京ドリームスの二塁手[注 8]としてもプレーした。また、ハロー!プロジェクトキックベースボールチームであるメトロラビッツH.P.の監督も務めていた。

2007年北海道日本ハムファイターズ二軍内野守備コーチとして15年ぶりに現場復帰[6]

2008年二軍監督兼内野守備コーチ、2009年は二軍監督専任となり、同年オフに退団。2年間、中田翔陽岱鋼らの若手選手育成に努めた[14][注 9]

2010年からは札幌テレビ放送(STV)・STVラジオの野球解説者として活動[注 10]。また、村田兆治による離島の子供たちへの野球親睦活動にも参加し、補佐役を務める。

2011年からはGAORAの解説者、道新スポーツ野球評論家にも就任。東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)の解説者も務めた。

2013年からは再びテレビ東京の解説者も務めていた。

2014年にはソフトバンクの三軍統括コーチ兼ファーム内野守備チーフコーチに就任[27]

2015年からは二軍監督を務めた。

2018年に一軍内野守備走塁コーチへ異動し、選手時代を含めても初めての日本シリーズ制覇を経験し、同年に退団した[28]

2019年2月に学生野球資格を回復。日本プロ野球OBクラブを通じ、同年4月1日付で橘学苑高等学校の硬式野球部監督に就任した[29][注 11]

選手としての特徴[編集]

打撃[編集]

1979年~1981年まで3年連続でリーグ最多犠打を記録するなど小技が巧みであった[13]。水上は「(投手の)リリースに合わせて顔を引くようにして、球のスピード感を無くすのがコツ」と語っている[13]。一方で荒っぽさも持ち味であり、「無死か一死の場面で走者がいれば犠打、それ以外は本塁打狙い」という一本足打法で、1980年には自己最多の15本塁打を放っている[13]。1983年には打率向上のため、すり足で引いてから、少しだけ上げる打法に変更すると、中堅方向への打球が急増。キャリア初となる打率3割に到達し、打撃10傑にも食い込んだ[13]。翌1984年からは2年連続で2桁本塁打を記録している[13]

守備[編集]

抜群の強肩を武器にダイナミックなプレーで魅せる内野手[13]。ロッテ時代は長らく遊撃手のレギュラーとして活躍。肩力に自信があったことから守備位置は深く、外野の芝生に入った場所で守ることもあった[13]。また、相手走者が一塁にいる場面で右中間の打球をバックホームする際、一般的には二塁手が中継に入るところを、遊撃手の水上が中継で走者を本塁で刺すこともあった[13]。ベテラン選手となった1989年以降は三塁手を中心に守っている[13]

エピソード[編集]

ロッテ時代の1988年、理容院に行かれないまま春期キャンプ入ると打撃好調が続き、ゲン担ぎで髪を切らずにいると、周囲から「見苦しいから切れ」という圧力が入った[13]。水上は反骨心から切りにいかず、以降は長髪がトレードマークとなった(ロッテを退団する1989年まで[13])。水上は後に「いま思えば(あの頃は)薄っぺらな反骨心だった」と振り返っている[13]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1976 ロッテ 5 8 7 0 1 1 0 0 2 1 0 0 1 0 0 0 0 1 1 .143 .143 .286 .429
1977 44 48 46 5 6 3 0 0 9 1 0 0 1 0 1 0 0 13 1 .130 .149 .196 .345
1978 58 45 40 8 9 1 0 0 10 2 4 2 5 0 0 0 0 9 2 .225 .225 .250 .475
1979 126 375 341 30 68 11 1 3 90 26 11 4 24 0 7 0 3 60 7 .199 .222 .264 .486
1980 130 459 391 50 97 14 1 15 158 44 11 10 33 3 28 0 3 61 8 .248 .301 .404 .705
1981 130 453 386 51 100 16 2 8 144 45 9 7 32 2 28 1 5 55 7 .259 .316 .373 .689
1982 130 501 446 50 103 22 3 7 152 46 5 5 8 4 39 0 4 69 8 .231 .296 .341 .637
1983 130 468 427 49 129 22 4 9 186 54 9 6 5 2 32 0 2 73 7 .302 .352 .436 .788
1984 100 338 291 38 74 13 0 10 117 33 13 4 2 6 36 2 3 58 6 .254 .336 .402 .738
1985 115 412 358 47 87 9 1 15 143 43 20 7 13 3 37 1 1 63 5 .243 .313 .399 .713
1986 80 184 162 20 32 5 0 4 49 15 6 3 8 0 14 1 0 33 2 .198 .261 .302 .564
1987 119 404 361 34 95 18 0 9 140 42 14 12 18 4 19 0 2 66 6 .263 .301 .388 .688
1988 121 389 330 30 78 16 1 9 123 33 3 3 25 3 30 0 1 72 7 .236 .299 .373 .672
1989 76 282 233 28 60 20 1 6 100 36 1 1 20 2 26 0 1 53 5 .258 .332 .429 .761
1990 広島 76 152 134 13 26 4 1 5 47 13 4 0 2 1 15 0 0 36 4 .194 .273 .351 .624
1991 ダイエー 100 220 190 15 46 5 0 5 66 16 5 2 13 3 14 1 0 49 5 .242 .290 .347 .637
1992 6 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:17年 1546 4740 4145 470 1011 180 15 105 1536 450 115 66 210 33 326 6 25 771 81 .244 .301 .371 .671
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録

背番号[編集]

  • 23 (1976年 - 1982年)
  • 7 (1983年 - 1989年、1991年 - 1992年)
  • 5 (1990年)
  • 72 (2007年 - 2009年)
  • 80 (2014年 - 2018年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

※特記ない限り、解説者を務めたプロ野球中継

映画[編集]

DVD[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 横須賀市出身とする情報は次の資料を参照。
    • 野球解説者当時の各種名鑑[1][2][3][4][5]
    • 日本ハムコーチ・二軍監督時代の名鑑[6]
    • 第2期解説者時代の名鑑[7][8]
    • ソフトバンクコーチ・二軍監督時代の各種名鑑[9][10]
  2. ^ 2000年の雑誌記事では、高校入学当初投手だったが、2年の秋より遊撃手へ転向し同級生の長内孝に次ぐ5番打者を務めたとする記述が見られる[11]
  3. ^ この時、テレビ中継を担当した朝日放送アナウンサーの安部憲幸は「This is プロ野球」と実況したことが語り継がれている(具体名を出さずテレビ中継のアナウンサーと紹介する媒体もあり[16])。
  4. ^ 2000年の雑誌記事では、引退から約1年の空白を経て[19]、築地の魚河岸に勤務[19]。就職2年目から息子の所属する少年野球チームのコーチとなり[19]、その後コーチとの両立が体力的に厳しくなったため不動産会社へ転職した[19]としている。
  5. ^ 参考資料…2001年(J SKY SPORTS公式サイト内の出演情報[20])、2002年(「Jスカイスポーツ」と記載[1])、2003年(「Jスカイスポーツ」と記載[2])、2005年(「Jスポーツ」と記載[21])、2006年(「Jスポーツ」と記載[22]
  6. ^ 参考…2002年3月25日のロッテ対巨人オープン戦、4月29日のロッテ対ダイエー戦各中継[23]、2003年4月27日のロッテ対西武戦中継[24]。『12球団全選手カラー百科名鑑』シリーズでは2004年版(人物評に「CS系での評判を買われ、東京キイ局にデビューする。」との記述あり[3])から2006年版[5]まで、『週刊ベースボール』のプロ野球名鑑では2006年に[22]、テレビ東京解説者としてプロフィールが掲載。
  7. ^ 日本プロ野球NPB)の選手OBによるリーグ戦
  8. ^ 2003年発行のプロ野球名鑑に掲載のプロフィールより、「優勝したML東京の正二塁手」と記述[2]
  9. ^ 参考:
    • 次の資料より、日本ハムやソフトバンクでコーチ・二軍監督を歴任していたころ、新人時代の中田、陽岱鋼らを指導したとする記述あり[25]
  10. ^ 参考…2010年当時[26]。プロ野球名鑑では、2011年より[7]2013年まで[8]STVの解説者として紹介。
  11. ^ 参考:
    • 2019年2月に学生野球資格を回復し、4月に同校野球部監督を就任したことは、次の資料も参照[25]

出典[編集]

  1. ^ a b 『12球団全選手カラー百科名鑑2002』(『ホームラン』2002年3月号増刊。同31日、日本スポーツ出版社発行)P240掲載のプロフィール(「Jスカイスポーツ」解説者として紹介)
  2. ^ a b c 『12球団全選手カラー百科名鑑2003』(『ホームラン』2003年3月号増刊。同29日、日本スポーツ出版社発行)P240掲載のプロフィール(「Jスカイスポーツ」解説者として紹介)
  3. ^ a b 『12球団全選手カラー百科名鑑2004』(『ホームラン』2004年3月号増刊。同31日、日本スポーツ出版社発行)P236掲載のプロフィール(「テレビ東京」解説者として紹介)
  4. ^ 『12球団全選手カラー百科名鑑2005』(『ホームラン』2005年3月号増刊。同31日、日本スポーツ出版社発行)P235掲載のプロフィール(「テレビ東京」解説者として紹介)
  5. ^ a b 『12球団全選手カラー百科名鑑2006』(『ホームラン』2006年3月号増刊。同31日、日本スポーツ出版社発行)P235掲載のプロフィール(「テレビ東京」解説者として紹介)
  6. ^ a b 『12球団全選手カラー百科名鑑2007』(『ホームラン』2007年3月号増刊。同26日、日本スポーツ出版社発行)P27掲載のプロフィール(北海道日本ハムファイターズ二軍内野守備コーチとして紹介)
  7. ^ a b 『12球団全選手カラー百科名鑑2011』(『廣済堂ベストムック』169号 『ホームラン』特別編集。2011年2月20日、廣済堂あかつき発行。コード:ISBN 4331801721)P280掲載のプロフィール(「札幌テレビ」解説者として紹介)
  8. ^ a b 『12球団全選手カラー百科名鑑2013』(『廣済堂ベストムック』219号 『ホームラン』特別編集。2013年2月25日、廣済堂出版発行。コード:ISBN 4331802213)P276掲載のプロフィール(「札幌テレビ」解説者として紹介)
  9. ^ 12球団全選手カラー百科名鑑2014(『廣済堂ベストムック』247号 『ホームラン』特別編集。2014年2月21日、廣済堂出版。コード:ISBN 978-4331802533)P73掲載のプロフィール(福岡ソフトバンクホークス二軍監督として紹介)
  10. ^ 『12球団全選手カラー百科名鑑2015』(『廣済堂ベストムック』286号 『ホームラン』特別編集。2015年2月20日、廣済堂出版発行。コード:ISBN 978-4331802939)P25掲載のプロフィール(福岡ソフトバンクホークス二軍監督として紹介)
  11. ^ a b c d e 『週刊ベースボール』2000年5月1日号P168
  12. ^ a b c d 別冊ベースボール「よみがえる1980年代のプロ野球 PART8 1982年編」66頁 ※原出典:週刊ベースボール1982年8月9日号 菅家ゆかり(当時日本テレビアナウンサー)との対談記事
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 水上善雄 長髪に隠されたホンモノの闘志/プロ野球1980年代の名選手 | 野球コラム” (日本語). 週刊ベースボールONLINE (2019年5月30日). 2021年7月31日閲覧。
  14. ^ a b c 『GAORAプロ野球中継(ファイターズ)』出演者情報 - GAORA公式サイトより(GAORA解説者在任当時配信されたもの。水上を含む解説者・実況アナウンサー・リポーターのプロフィールが記載) ※インターネットアーカイブ2012年10月29日付保存キャッシュ
  15. ^ a b 『【セ・パ誕生70記念特別企画】よみがえる1980年代のプロ野球 Part.3 [1987年編] 』(『週刊ベースボール別冊』立春号)ベースボール・マガジン社、2020年、67頁
  16. ^ 『Sports Graphic Number PLUS 20世紀スポーツ最強伝説 (3) プロ野球 大いなる白球の軌跡。』(1999年8月19日発売。文藝春秋発行。ISBN 416008107X)掲載記事“「10・19―ロッテ・オリオンズの誇り」”(文:小林照幸)
  17. ^ 仰木『燃えて勝つ』(学習研究社、1990年3月。ISBN 978-4051045821)より、30、241ページ
  18. ^ 赤坂英一 『プロ野球 二軍監督--男たちの誇り』講談社、2011年4月26日。ISBN 978-4062167871 
  19. ^ a b c d e 『週刊ベースボール』2000年5月1日号P169
  20. ^ Jスカイスタジアム2001 千葉ロッテ vs 西武(08/31) - J SKY SPORTS公式サイト内で配信された2001年8月31日18時10分から放送予定(試合は同15分開始予定)のロッテ対西武戦中継の番組情報(インターネットアーカイブ2001年8月22日付保存キャッシュ) ※“解説:水上 善雄 実況:節丸 裕一”のクレジットあり。
  21. ^ 『週刊ベースボール』2005年2月26日増刊号「2005プロ野球全選手写真名鑑」(第60巻・第7号・通巻2679号)より、「評論家・解説者名鑑」に掲載された解説者名簿を参照(「Jスポーツ」解説者として紹介)。
  22. ^ a b 『週刊ベースボール』2006年2月25日増刊号「2006プロ野球全選手写真名鑑」(第61巻・第7号・通巻2737号)より、「評論家・解説者名鑑」に掲載された解説者名簿を参照(「テレビ東京」「Jスポーツ」解説者として紹介)。
  23. ^ 2002年当時のテレビ東京プロ野球中継公式サイト - インターネットアーカイブ2002年6月7日付保存キャッシュ
  24. ^ 2003年当時のテレビ東京プロ野球中継公式サイト - インターネットアーカイブ同10月6日付保存キャッシュ
  25. ^ a b 【神奈川】橘学苑・水上監督「チームの力」で初勝利 昨年までソフトBコーチ - 『スポニチアネックス』2019年7月14日
  26. ^ 2010年3月当時のSTV公式サイト内スポーツポータルサイト - インターネットアーカイブ同31日付保存キャッシュ。4月のプロ野球中継放送予定を参照。4日の日本ハム対西武戦・14日の日本ハム対ロッテ戦各テレビ中継、13日の日本ハム対ロッテ戦ラジオ中継の解説者として記載。
  27. ^ 小川ヘッドコーチ、水上コーチが就任会見を行いました福岡ソフトバンクホークス公式サイト2013年10月15日配信
  28. ^ ホークスが達川光男1軍ヘッドコーチの退団を正式発表 水上コーチも退団”. Full-count (2018年11月4日). 2019年2月6日閲覧。
  29. ^ 上原伸一 (2019年7月1日). “縁の深い神奈川で恩返しを誓う橘学苑高・水上善雄監督/令和元年の夏、初陣の新指揮官”. 週刊ベースボールONLINE. http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=097-20190701-10 2020年9月27日閲覧。 

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]