田中大輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 大輝
Kokugaku Tanaka.JPG
國學院大學時代
(2014年5月27日、明治神宮野球場)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県熊本市
生年月日 (1992-08-07) 1992年8月7日(26歳)
身長
体重
182 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2014年 ドラフト4位
年俸 650万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

田中 大輝(たなか だいき、1992年8月17日 - )は、熊本県熊本市出身のプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校4年生の時、家の隣の先輩に勧められ川尻ドリームスで野球を始める[2]城南中学では軟式野球部に所属、卒業後は熊本市立必由館高等学校へ進学。

必由館高では1年春からベンチ入りし、2年春から背番号1。3年春の県大会では全6試合を完投し準優勝に導いた。1学年先輩に阪神タイガース岩貞祐太がいる[3]

卒業後は國學院大學へ進学。3年まで故障等でほとんど出場機会がなかったが、2014年の4年春の東都リーグ戦で4勝(1敗)を挙げ、7月に第27回ハーレムベースボールウィーク大学代表として選ばれたが大会で左肩を痛め、その後はドラフト会議に指名されるまで登板しなかった[4]

2014年10月25日プロ野球ドラフト会議で、読売ジャイアンツからの4巡目指名を受けて入団[5]。当時の一軍監督であった原辰徳は、「肩の故障がなければ、2位ぐらいで指名されていたんじゃないか」と評価していた。その一方で、田中自身は、「4位まで進んだ時に(指名は)もうないな」と内心諦めていたという。また、指名後も、左肩の怪我を考慮しながらノースロー調整を続けていた[6]

プロ入り後[編集]

2015年には、左肩のリハビリに専念したため、一・二軍とも公式戦での登板機会がなかった。10月29日には、球団から自由契約を通告された[7]。11月22日に育成選手として再契約。12月8日に左肩関節鏡視下手術を受けたことが発表された[8]

2017年10月31日、自由契約公示された[9]。11月20日、再度育成選手契約を結んだことが発表された[10]が、2018年10月26日付をもって来季の契約を結ばないことを通告され[11]、10月31日、自由契約公示された[12]

選手としての特徴・人物[編集]

左のスリークオーターから投げる球は最速144キロ、球種はキレのあるスライダーとツーシームで、コントロールの良さとスタミナが武器。

目標の投手は杉内俊哉

4人家族だが、父親と母親が歯科技工士で、姉が歯科衛生士という家系で、田中本人も父親と同じ職種を継ぐ話があったが断っている[13]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 69 (2015年)
  • 024 (2016年 - 2018年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]