吉田雄人 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉田 雄人
BS YOSHIDA YUUTO 20140705.JPG
2014年7月5日、萩谷総合公園野球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道茅部郡森町
生年月日 (1995-04-21) 1995年4月21日(24歳)
身長
体重
178 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2013年 ドラフト5位
初出場 2017年4月1日
最終出場 2018年8月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

吉田 雄人(よしだ ゆうと、1995年4月21日 - )は、北海道茅部郡森町出身の元プロ野球選手外野手)。右投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学1年から森クラブ野球少年団で野球を始める。森中時代は函館東リトルシニアで投手兼外野手[1]の傍ら、俊足を活かして陸上部も掛け持ちしていた[2]

北照高等学校には当初投手として入学したが、打者としての大成を目指し野手に専念[3][4]。1年秋からレギュラーの座を獲得すると、2年春3年春と、3度にわたって甲子園球場での全国大会出場を経験した。全国大会では、通算5試合で16打数8安打[5]を記録。主将を務めた3年時には、夏の選手権大会後に開かれた第26回AAA世界野球選手権大会(IBU野球ワールドカップ)に、日本代表のメンバーとして出場。「1番・右翼手」して9試合に起用されると、通算12安打、通算打率.364[5]という成績でチームのワールドカップ準優勝に貢献した。

2013年のNPBドラフト会議で、オリックス・バファローズから5巡目で指名[6]。契約金3,500万円、年俸500万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は53

オリックス時代[編集]

2014年には、春季キャンプの途中から一軍に抜擢された[7]が、一軍公式戦への出場機会はなかった。その一方で、ウエスタン・リーグ公式戦には71試合に出場。本塁打を放てなかったものの、打率.236、11打点、4盗塁を記録した。

2015年には、ウエスタン・リーグ公式戦71試合に出場。打率・打点・本塁打数は前年と変わらず、2年連続で一軍昇格を逃した。

2016年には、入団後初めて、春季キャンプを一軍で迎える。同期入団の吉田一将に加えて、吉田凌吉田正尚が新たに入団したチーム状況の下で、吉田姓の選手から唯一抜擢された[8]。レギュラーシーズンでは、ウエスタン・リーグ公式戦でチーム最多の99試合に出場したが、チームの支配下登録野手でただ1人一軍に昇格できなかった。

2017年には、入団後初めて、公式戦の開幕を一軍で迎える[9]。4月1日には、東北楽天ゴールデンイーグルスとの開幕カード第2戦9回裏に、小谷野栄一代走で一軍デビューを果たした。4月28日の福岡ソフトバンクホークス戦7回裏に代打で一軍初打席を経験すると、5月5日の北海道日本ハムファイターズ戦(いずれも(京セラドーム)では「2番・右翼手」として一軍公式戦で初めてスタメンに起用された。10月7日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(京セラドーム)では、4回裏に代打へ起用されると、そのまま右翼の守備に就いた。しかし、9回表1死2塁で5番・阿部俊人が放ったゴロを、前進しながら捕ろうとして後逸。右翼フェンス方向へ打球が転がる間に、二塁走者ばかりか阿部の本塁生還まで許した。さらに、なおも1死1・2塁から、8番・足立祐一が放ったゴロのファンブルで1点を献上。いずれのプレーでも打者の安打と吉田の失策が記録されたため、1イニング2失策を喫した末に9回裏の打席で代打・若月健矢への交代を命じられた。チームも散発2安打で0 - 7と大敗したため、一軍監督の福良淳一は試合後に、吉田を含むナインへ向けて「(吉田)雄人の(2失策)は完璧に初歩的なミスなので許されない。こんな試合を(本拠地最終戦で)見せたのは(チームとして)最低で、(観戦したファンに)申し訳ない」との苦言を呈した[10]。一軍公式戦には、通算で11試合に出場。打席に8回立ったが、一軍公式戦での初安打には至らなかった。75試合に出場したウエスタン・リーグ公式戦でも、7盗塁を記録しながら、打撃面では打率.183と精彩を欠いた。

2018年は8月1日の楽天戦で代走での出場からプロ初盗塁、さらにスタメン出場した8月2日の楽天戦の第2打席で美馬学からプロ初安打を記録した[11]。しかしその試合を最後に一軍出場はなく、10月4日に球団から戦力外通告を受けた[12]

選手としての特徴[編集]

走攻守バランス良く、打撃での高いバットコントロール[5][13]と、持ち前の脚力を活かした走塁・守備が持ち味[6]。オリックス2年目(2015年)の秋季キャンプでは、当時一軍の打撃コーチへ就任したばかりの高橋慶彦による指導で、従来に比べてバットを拳1つ分以上短く持つ打撃フォームに改造した[8]

オリックス1年目の2014年には、春季キャンプ前の新人合同自主トレーニングで、視察に訪れていた当時の一軍監督・森脇浩司から走力を高く評価[14]。高卒野手では異例の一軍キャンプ抜擢につながった。

2016年には、レギュラー遊撃手安達了一が春季一軍キャンプの直前に潰瘍性大腸炎で入院したことから、外野手登録のまま一軍キャンプでもっぱら遊撃手の守備の練習に取り組む[15]。安達は公式戦の開幕直後から一軍でレギュラー遊撃手の座を維持したが、吉田自身はウエスタン・リーグ公式戦出場99試合のうち、17試合で遊撃、23試合で二塁、5試合で三塁の守備に就いていた[16]。なお、一軍へのデビューを果たした2017年には、外野の守備に再び専念している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 オリックス 11 8 8 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
2018 3 6 6 0 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 1 0 .167 .167 .167 .300
通算:2年 14 14 14 1 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 4 0 .071 .071 .071 .143

年度別守備成績[編集]



外野












2017 オリックス 5 2 0 2 0 .500
2018 3 3 0 0 0 1.000
通算 8 5 0 2 0 .714

記録[編集]

背番号[編集]

  • 53 (2014年 - 2018年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ プロ野球ドラフト 吉田(森中出身)オリ5位指名【東京】”. 北海道ニュースリンク(函館新聞). 2014年4月3日閲覧。
  2. ^ オリ・ドラ5吉田雄が韋駄天ぶり発揮”. デイリースポーツonline. 2014年4月3日閲覧。
  3. ^ オリックス指名!北照・吉田雄人選手”. 小樽ジャーナル. 2014年4月3日閲覧。
  4. ^ 『プロ野球選手データ名鑑2014』(宝島社[別冊宝島]、2014年、ISBN 9784800222480)86頁。
  5. ^ a b c ドラフト候補100選手カタログ 高校生40人”. 週刊ベースボール速報. 2014年4月3日閲覧。
  6. ^ a b 2013年度ドラフト会議 契約交渉権獲得選手”. オリックス・バファローズオフィシャルサイト. 2014年4月3日閲覧。
  7. ^ オリックスドラフト5位の吉田雄人が一軍合流”. 日刊スポーツ. 2016年2月5日閲覧。
  8. ^ a b オリックス3年目、吉田雄 初の一軍抜てき意欲 同姓4人から抜け出す”. スポーツニッポン. 2016年2月5日閲覧。
  9. ^ オリックス 開幕一軍登録メンバー一覧”. 日刊スポーツ. 2017年4月4日閲覧。
  10. ^ オリックス福良監督「こんな試合見せたらダメ」寂しすぎる本拠最終戦”. スポーツニッポン. 2017年11月13日閲覧。
  11. ^ オリックスの吉田雄がプロ初安打「ホッとしました」”. SANSPO.COM (2018年8月2日). 2018年10月4日閲覧。
  12. ^ オリックスが佐藤世那ら7人と来季契約せず”. 日刊スポーツ (2018年10月4日). 2018年10月4日閲覧。
  13. ^ オリックス - 2013年指名選手”. SANSPO.COM. 2014年4月3日閲覧。
  14. ^ オリックス森脇監督ドラフト5位吉田に熱視線”. 日刊スポーツ. 2016年2月5日閲覧。
  15. ^ 【オリックス好き】吉田雄人と奥浪鏡、高卒3年目の下剋上なるか”. J SPORTS 野球好きコラム. 2016年2月5日閲覧。
  16. ^ 2016年度 オリックス・バファローズ 個人守備成績(ウエスタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2017年4月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]