高田繁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高田 繁
横浜DeNAベイスターズ ゼネラルマネージャー
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市住吉区(現・住之江区
生年月日 (1945-07-24) 1945年7月24日(71歳)
身長
体重
173 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手三塁手
プロ入り 1967年 ドラフト1位
初出場 1968年4月6日
最終出場 1980年10月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

高田 繁(たかだ しげる、1945年7月24日 - )は大阪府大阪市住吉区出身の元プロ野球選手外野手内野手)、元プロ野球監督。現在は横浜DeNAベイスターズゼネラルマネージャーを務める。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

1961年浪商高校に入学。1年生の時、2年生エース尾崎行雄を擁し、第43回全国高等学校野球選手権大会に出場。準決勝では、甲子園で二度敗れている法政二高と対戦。尾崎と法政二高のエース柴田勲投手との投げ合いとなり、延長11回の熱戦の末4-2で勝利。決勝では桐蔭高に苦戦するが1-0で降し優勝を飾る[1]。この時のチームメートには、いずれも3年生の大塚弥寿男捕手住友平二塁手大熊忠義三塁手が揃っていた。1962年夏は大阪大会準々決勝で溜池敏隆遊撃手のいた興国商に敗退[1]1963年夏はエースとして大阪大会準決勝に進出するが、PL学園戸田善紀投手と投げ合い2-3で惜敗[1]、甲子園には届かなかった。

1964年明治大学農学部農業経済学科に進学。大学球界を代表する中堅手として活躍した。東京六大学リーグでは優勝こそなかったものの、1年生の秋季リーグから7季連続ベストナインを受賞している。1965年マニラで開催された第6回アジア野球選手権大会(東京六大学選抜チームが日本代表)、1967年に東京で開催された第7回アジア野球選手権大会に連続出場、いずれも日本の優勝に貢献した。リーグ通算102試合に出場し、打率.331(384打数127安打)、5本塁打、29打点、48盗塁、首位打者1回(1965年春)を記録[2]。通算127安打は2015年高山俊が更新するまで東京六大学記録だった。7度のベストナインは現在も六大学記録である。

1968年3月、明治大学農学部農業経済学科卒業、農学士号取得。

現役時代[編集]

1967年のドラフト1位で読売ジャイアンツに入団。背番号は「8[3]1968年、1年目から左翼手のレギュラーに定着し、打率3割・20盗塁を記録して新人王を獲得する。以後、俊足・強肩・強打と走攻守の三拍子揃った外野手として、V9時代の巨人を支えた。

1975年オフ、日本ハムファイターズから張本勲の移籍で張本本人が左翼手を希望したため、監督の長嶋茂雄に三塁手にコンバート通告される[4][5]。日本プロ野球で初めて外野手から内野手(一塁手を除く)に守備をコンバートされた選手と言われることもあるが、実際には丸山完二(国鉄)、苑田聡彦(広島)、上垣内誠(広島)等の例がある。

正月返上の猛特訓で三塁守備をものにし、1976年、内野でもレギュラーとして定着。内野手にコンバートされた1年目にも関わらず、ダイヤモンドグラブ賞を外野手に続いて獲得した。[6]外野手・内野手両方での受賞経験は史上初だった。後にロッテ西村徳文も内野手→外野手で受賞するが、外野手→内野手の順での受賞は2012年に稲葉篤紀一塁手として受賞するまで唯一の存在であった。

その後、中畑清の台頭や長嶋の監督解任に伴い、1980年に自身初のリーグ最多犠打を記録しながら、35歳の若さで現役引退引退セレモニーは1980年オフの巨人ファン感謝デーにて王貞治と共に行った。

現役引退後[編集]

日本ハム監督[編集]

引退後はNHK解説者(1981年 - 1984年)を経て、1985年から1988年まで日本ハムファイターズの監督を務めた。初年度は総得点が総失点を上回った歴代のチームの中では史上最低の勝率(.449)を記録したこともあったが、1987年からの2年間でAクラスを確保した。勝率は負け越しており、ずば抜けた実績は残していないが、恵まれていないチーム戦力で、この間、後の“ミスターファイターズ”田中幸雄を見出し、レギュラーに育て上げている。また津野浩西崎幸広松浦宏明など1990年前後のファイターズを支えた主力投手が台頭したのもこの時期である。二軍投手コーチだった村上雅則は87年オフ松浦宏明を一軍に送り出した事を球団常務大沢啓二に評価され一軍投手コーチの話が出たが高田が村上の一軍コーチ就任を拒否した為二軍コーチで留任することになった[7]

巨人コーチ・二軍監督[編集]

退任後は再びNHKの解説者(1989年 - 1991年)を務め、1992年に古巣・巨人のヘッドコーチとなったが、藤田元司の監督退任に伴い1年で退団。その後は日本テレビラジオ日本解説者(1993年 - 1995年)を経て、巨人に復帰。一軍外野守備・走塁コーチ(1996年 - 1997年, 2001年)、二軍監督(1998年 - 2000年)を務めた。その後はラジオ日本解説者(2002年 - 2004年)を務めた。

日本ハムGM[編集]

2005年から2007年にかけて、北海道日本ハムファイターズゼネラルマネージャー(GM)を務めた。

2006年にチームは日本シリーズを制し、アジアシリーズでも優勝。アジア一を経験した、日本初のGMとなった。翌2007年も、日本ハム初のパ・リーグ連覇を達成している。編成権を握るチーム統括部などと積極的に会議を繰り返し、現場経験者としての貴重なアドバイスを送り、就任初年度はチーム遠征にも同行した。こうしたフロント改革の成果として、日本ハム優勝の一つの力となった、社長の藤井純一とチーム統括本部長の島田利正が運用の「選手評価システム」が挙げられる。2005年・2006年のドラフトで獲得したルーキー投手(武田勝吉川光夫木下達生ら)の活躍も話題になっている。

日本ハムGM職初仕事となったダルビッシュ有の入団交渉に際しては、ダルビッシュの母が現役時代の高田の熱烈なファンであったため、指名の挨拶の斬込み役として交渉をスムーズにしたといわれる。MLBを目指してFA宣言した稲葉篤紀を、アメリカ球界からのオファー切れを待つ姿勢を見せて招聘したときも、交渉役を務めている。

ヤクルト監督[編集]

2008年より、東京ヤクルトスワローズの監督に就任。背番号は現役時代の番号を重ね合わせた88

2007年 - 2008年シーズンオフに神宮球場が拡張工事されたことで、3億と高年俸に加え守備に難のある主砲アレックス・ラミレスを放出。高田率いるヤクルトは機動力を重視し、スモールベースボールを掲げた(球場の特性や主軸の流出からスモールボールに切り替えるパターンは、日本ハムのパターンと似ている)。かつてGMだった日本ハムから川島慶三押本健彦橋本義隆萩原淳が移籍。韓国からは林昌勇ダニエル・リオスをそれぞれ獲得するなど積極的な補強・選手の入れ替えを行った。また俊足の福地寿樹、巨人を戦力外通告された斉藤宜之を獲得した。

2008年シーズンは福地がリードオフマンとして活躍。またチーム事情で三塁手だった飯原誉士が本職の左翼手に収まり躍進。空いた三塁にはチームリーダーで名手の宮本慎也がコンバートされ、遊撃には宮本の後継者として期待する川島慶三が積極的に試用された。一塁には中盤以降ファームの主砲畠山和洋が起用され結果を残した。福地が42盗塁を記録、盗塁王を獲得したのをはじめ、青木宣親、飯原誉士、川島慶三などの選手が積極的に盗塁することでチーム盗塁数が12球団最多の148を記録。投手陣は前年の勝ち頭セス・グライシンガーが退団、巨人へ移籍。獲得した外国人選手も林昌勇を除き活躍しなかったが、前年壊滅状態だった投手スタッフが積極的なメンバー入れ替え、村中恭兵押本健彦松岡健一など若手の台頭で整備されたことでチーム防御率も3点台に回復、最下位を脱出し5位となったが、中継ぎ左腕不在に泣いた。この盗塁、ヒットエンドラン、バントなどを積極的に多用し、終盤まで中日ドラゴンズ広島東洋カープクライマックスシリーズ進出争いをしていたが、終盤に大型連敗したことで最終的に5位となった。

2009年も積極的に補強に乗り出し、12球団合同トライアウトで中日から森岡良介、ソフトバンクから吉本亮、オリックスから田中祐貴を獲得し、また球団史上初のFA補強選手として横浜から相川亮二を獲得、外国人も韓国から補強ポイントだった左腕の李惠踐、おなじく左腕のリッキー・バレット、野手では長打力強化のためにジェイミー・デントナを獲得、さらに開幕直前に楽天から一場靖弘宮出隆自とのトレードで獲得した。シーズンではチームを3年ぶりのAクラス入りへ導いた。

2010年は開幕当初は3カード連続勝ち越しと上々のスタートを見せたが、4月中旬以降になり急激に失速。連勝すら挙げられなくなる。5月にセ・パ交流戦が始まってからは全く勝てなくなり、球団に進退伺いを出す事態となる。6連敗となった5月20日、球団から慰留を受け一度は辞任を思い留まるものの、その後も2連敗。5月23日にはテコ入れとして、打撃アドバイザーに伊勢孝夫を招聘。5月26日には一部メディアで「辞任」と報じられる。本人は一旦は否定したものの、同日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(神宮球場)でも敗れ、9連敗となる。試合後、改めて辞任を申し出て了承された[8]。ここまで13勝32敗1分の借金19で、リーグ最下位。特に4月24日以降は、2勝20敗と大きく負け越した。後任には、ヘッドコーチの小川淳司がシーズン終了まで監督代行を務めることとなった[9]。連敗に業を煮やした少年ファンから「高田、やめちまえ」と罵声を浴びたことが、最終的に辞任に踏み切らせたという[10][11]

退任後、2011年には日刊スポーツの評論家、テレビ北海道GAORAプロ野球中継の解説者を務めていた。

DeNA・GM[編集]

2011年12月5日横浜DeNAベイスターズがゼネラルマネージャー(GM)を新設したのに伴い、その初代GMに正式に就任[12]。なお同日の就任会見の席で、監督就任を要請していた工藤公康(後に福岡ソフトバンクホークスの監督に就任)の起用を断念したことを発表した[13]。その後、巨人時代の後輩でもあった中畑清(元巨人内野手・打撃コーチ、2004年アテネ五輪日本代表打撃コーチ)が監督候補に挙がり、高田は中畑に監督就任を正式に要請。そして12月9日、中畑がDeNA初代監督に就任した。

スカウト陣を駆使して三嶋一輝三上朋也山崎康晃関根大気等をドラフトで獲得するかたわら、それまでチームの中心選手だった金城龍彦らベテランを放出し若手重視の編成を行った。2015年には梶谷隆幸筒香嘉智らを主力に成長させた。

2015年10月、最下位となった責任をとり中畑が監督を辞職した為に、2011年12月〜2013年10月にベイスターズに選手として所属していたアレックス・ラミレスを一軍監督に抜擢した。

選手としての特徴[編集]

打撃[編集]

大学までは両拳を離してバットを握る独特のスタイルで知られたが、さすがにこれはプロ入り後に修正させられた。レフト線への強烈な打球がしばしばファウルになり、「高田ファウル」と名付けられるほどの極端な引っ張りが特徴で、当時の打撃コーチだった荒川博は打球の方向を修正するためにかなり苦心したが、結局直らなかったという。荒川は高田について「言われたことは何でも『ハイ!』と素直に聞いてくれたが、試合になると結局元に戻っていた。もしかしたら守備に比べたら、あまりまじめに取り組んでいなかったんじゃないかな」と述懐している。また荒川は「もし矯正できていれば、コンスタントに年間30本塁打できる選手になれた」とも語っている。

打席ではファウルを連発し、よく粘ることで相手ピッチャーの投球数を稼がせるのが常套手段であった(そのとき観客からは、1回のファウル毎に溜め息をつかれることがしばしばあった)。

守備[編集]

上述のとおり、大学時代は強肩俊足の中堅手として高く評価されていたが、巨人では柴田勲が不動のレギュラーとして存在しており、左翼手への転向を余儀なくされた。そのような経緯にもかかわらず、高田はプロ野球史上でも屈指の名左翼手の呼び声が高い。特に得意としたのは外野フェンスに当たった打球がどのようにはね返るかを正確に先読みし、本来なら二塁打となる当たりを単打にとどめてしまうというプレーで、「壁際の魔術師」と呼ばれた。どの球場においても三塁線を抜いた打球が左翼フェンスのどこに当たり、どの角度で跳ね返るかを把握していた。そしてゴロを捕球した際、今度は二塁ベースがどこにあるか把握できており、目をつぶっても送球できたという。

また、クッションボールの正確な処理もさることながら高田自身は「クッションに入れないことを第一に考えた」と語っており、打者のスイングから打球の方向を見極め、常に打球への最短距離を走るように努めたという。その守備範囲の広さ、打球への反応の速さは長嶋茂雄に「オレの後ろにもう一人三塁手がいたようなもの」と言わしめた。ある試合で、田淵幸一の打ち返した打球が長嶋がファウルだと思うほどのライン際で、長嶋が「ファウルだファウルだ」とアピールする中、高田がこの打球を素早く処理し田淵を二塁アウトにし、長嶋が一転して「やっぱりフェア、アウトアウト」とアピールし直したこともあるという。このプレーは田淵も覚えており、「いくら僕が足が遅いといったって、あれは完全な二塁打コース。あれで高田さんに逆らうのはやめよう(一塁にとどまろう)と思った」と語っている。

高田を内野手に転向させたのは長嶋茂雄だが、その長嶋自身が「高田の魅力は内野手より外野手でしょう」と語っている[14]

1980年に引退した際、「イメージと捕球位置との間、20cmぐらいの誤差が出るようになりました。プロとしては失格ですよ」と述べている。高田と同じく34歳で開幕を迎えたシーズンで引退した新庄剛志の引退理由とやや似ている。

評価[編集]

当時の巨人はV9時代であり、レギュラーもほとんどが固定している中で、高田は厳しい競争を勝ち抜いてレギュラーを勝ち取った。その一方で選手からの信望も厚かったという。当時監督の川上哲治は、高田について「実にスマートな生き方をした選手。自分勝手に気ままにやりながら誰からも憎まれも嫌われもせず、逆に良く好かれていた。努力も相当したんだろうけど、彼には努力の跡はまるで感じられず、ただ良い選手だったという事だけが強く残っている」と語っている。

人物[編集]

大阪市立加賀屋中学校時代は成績優秀であったため、当初は大阪府立岸和田高等学校への進学を希望していた。しかし野球をしたいがために、途中で志望を変更し、最終的には浪商高校への入学を決めた。子供の頃から南海ホークスファンで、高校在学時に南海の当時の監督鶴岡一人から、「内野手として採るから来て欲しい」と誘われる。大学進学後も南海が第一志望だった[15]

大学時代は、明治の「御大」こと監督の島岡吉郎にもっとも可愛がられた優等生であった。主将を務めていた時期も、鉄拳制裁を辞さないスパルタ教育で知られた島岡に、一度も殴られなかったという。一方、高田自身は、荒くれ者揃いで知られる浪商高出身であるからか、紳士的な外見からは想像できないほどの武闘派であった。大学の1年後輩であり乱闘で有名な星野仙一(後の中日阪神楽天イーグルス/監督)にとって、頭の上がらない人物の一人である。ある番組で星野曰く「高田さんを温厚そうに見えるなんてとんでもない。本当の高田さんを知らないだけだよ」と言いながら笑っていた。

1976年には、巨人に移籍してきた張本勲に対して「巨人では俺の方が先輩」という理由で対等に口をきいた(張本は高田の出身校・浪商高の大先輩にあたり、また当時パ・リーグの暴れ者として知られた日本ハムの中でも、特に一目置かれる存在であった)。高田の芯の強さ、気の強さを示すエピソードの一つである。

近眼で、大学時代からコンタクトレンズを愛用していた。しかし目が悪いことを誰にも話しておらず、周囲の人間はもちろん、寮で同室だった星野や、キャプテン時代ほとんど行動を共にしていた島岡もそのことを知らなかった。卒業直前、何気なくコンタクトを外した高田を見た島岡から「いつからコンタクトをはめていた?」の問いに「大学1年の春からです」と答え、これを聞いた島岡は驚きのあまり座っていた椅子から転げ落ちたという。

近年では、カラフルなグローブを利用する選手も多く見られるが、1970年代後半期においては茶色のグラブ以外を使う選手はまずいなかった。そのようななか、高田は青いグラブを愛用しており、アドバイザリースタッフ契約しているミズノ(当時は美津濃スポーツ)では“高田モデル”という青のグラブが大変人気があった。手袋も青いものを使用して、同時期に活躍した赤い手袋の柴田勲と対称的な人気があった。

詳細情報[編集]

通算打撃成績[編集]

















































O
P
S
1968 巨人 120 404 346 75 104 19 9 9 168 30 23 7 10 1 35 0 12 60 1 .301 .383 .486 .869
1969 120 525 462 70 136 23 3 12 201 46 12 12 6 5 37 0 15 67 4 .294 .362 .435 .797
1970 130 569 519 85 136 24 0 10 190 26 24 5 2 1 41 1 6 45 3 .262 .323 .366 .689
1971 127 535 477 74 129 26 2 11 192 51 38 8 14 3 33 1 8 42 5 .270 .326 .403 .729
1972 128 557 488 84 137 19 3 19 219 62 19 10 8 2 52 1 7 34 10 .281 .357 .449 .806
1973 121 428 375 67 94 18 1 14 156 42 18 1 14 5 30 0 4 34 6 .251 .309 .416 .725
1974 121 374 333 53 84 10 2 12 134 30 9 9 2 2 31 0 6 33 4 .252 .325 .402 .728
1975 123 386 332 49 78 16 3 6 118 31 9 3 8 3 36 0 7 41 6 .235 .320 .355 .676
1976 118 492 430 84 131 22 3 13 198 58 17 2 25 3 28 1 6 24 7 .305 .353 .460 .814
1977 127 554 473 81 140 22 2 17 217 65 11 6 32 6 40 1 3 42 6 .296 .351 .459 .809
1978 100 411 349 48 97 15 2 5 131 31 11 3 17 4 38 1 3 25 4 .278 .350 .375 .726
1979 96 355 316 48 87 10 2 8 125 21 6 3 12 1 23 0 3 33 5 .275 .329 .396 .725
1980 81 209 164 20 31 5 0 3 45 6 3 2 22 2 17 0 4 14 6 .189 .278 .274 .552
通算:13年 1512 5799 5064 838 1384 229 32 139 2094 499 200 71 172 38 441 6 84 494 67 .273 .339 .414 .753
  • 各年度の太字はリーグ最高

通算監督成績[編集]

年度 球団 順位 試合[16] 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 チーム
本塁打
チーム
打率
チーム
防御率
1985年 日本ハム 5位 130 53 65 12 .449 23.0 169 .265 4.36
1986年 5位 130 57 65 8 .467 13.5 151 .262 4.10
1987年 3位 130 63 60 7 .512 11.5 128 .259 3.96
1988年 3位 130 62 65 3 .488 12.5 101 .245 3.12
2008年 ヤクルト 5位 144 66 74 4 .471 17.5 83 .266 3.75
2009年 3位 144 71 72 1 .497 22.0 116 .259 3.97
2010年[17] [18] 46 13 32 1 .289
通算:7年 854 385 433 36 .471 Aクラス3回 Bクラス3回

獲得タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 8 (1968年 - 1980年)
  • 80 (1985年 - 1988年)
  • 72 (1992年)
  • 78 (1996年 - 2001年)
  • 88 (2008年 - 2010年)

※上記はいずれも公式試合の記録

関連情報[編集]

解説者としての出演番組[編集]

ゲスト出演[編集]

漫画・アニメ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 『明治大学野球部 - 「人間力野球」の軌跡』(ベースボール・マガジン社)P19。 ISBN 978-4583621197
  3. ^ 巨人でこの背番号は、高田から続く3人が連続して新人王を獲得している。ちなみに2人目は、高田が現役引退した翌1981年入団の原辰徳で、3人目は原が引退した翌1996年入団の仁志敏久である。余談だが、この背番号から新人王が出た年に巨人はリーグ優勝を達成している(高田と原のときは日本一も達成)。
  4. ^ 張本の入団で高田は球団にトレードを志願した。しかし長嶋に慰留され、守備変更を要請された。
  5. ^ 高田繁、長嶋監督に呼び出され…トレード覚悟
  6. ^ 【11月15日】1975年(昭50) サード・高田繁デビュー 長嶋監督「去年までのサードよりうまい」
  7. ^ スポーツニッポン2016年7月30日村上雅則の我が道
  8. ^ ヤクルト・高田監督が成績不振を理由に辞任 - サンケイスポーツ 2010年5月26日
  9. ^ シーズン終了後に正式に監督に就任、2014年まで指揮を執った。
  10. ^ 「やめちまえ」少年ファンの声に戦意喪失 ヤクルト・高田監督 - 朝日新聞 2010年5月26日
  11. ^ 高田繁、朝の4時過ぎまで眠れなかった監督時代 - サンスポ 2015年4月23日
  12. ^ “高田GM就任を発表…横浜DeNA”. スポーツ報知. (2011年12月5日). http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20111205-OHT1T00172.htm 
  13. ^ “横浜が工藤氏の監督起用断念”. 毎日新聞. (2011年12月5日). http://mainichi.jp/enta/sports/news/20111205k0000e050179000c.html?inb=fs 
  14. ^ 文春Numberビデオ「巧守好走列伝」
  15. ^ 小学館『サライ』2010年10月号
  16. ^ 1985年から1996年までは公式試合130試合制、現在は144試合
  17. ^ 開幕から5月26日まで
  18. ^ 辞任した5月26日時点では最下位。最終的には4位

関連項目[編集]