寺岡寛治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
寺岡 寛治
東北楽天ゴールデンイーグルス #68
K teraoka20200901.jpg
ヤクルト戸田球場にて(2020年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県糟屋郡粕屋町
生年月日 (1992-12-03) 1992年12月3日(29歳)
身長
体重
180 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り NPB / 2017年 ドラフト7位
初出場 NPB / 2019年8月4日
年俸 740万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

寺岡 寛治(てらおか かんじ、1992年12月3日 - )は、福岡県糟屋郡粕屋町出身[2]プロ野球選手投手)。右投右打。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

粕屋町立粕屋西小学校では内橋ジュニアスラッガーズでソフトボールをプレーし[3]、粕屋町立粕屋東中学校から福岡粕屋ボーイズで野球を始める[2][3]

東海大学付属第五高等学校(現・東海大学付属福岡高等学校)の2年春には投手として149km/hをマークするまでに成長したが[4]、右肘を疲労骨折したことで外野手に転向[2][4]。3年夏の福岡県大会では左翼手として出場し[5]、準々決勝でサヨナラの適時二塁打を放つなど[6]、チームのベスト4進出に貢献した[5]

九州共立大学では右肘を手術し、3年時までリハビリに専念[3]。4年春から外野手として公式戦に出場すると[3]、同季は打率.371をマークしてベストナインを受賞した[2]

九州三菱自動車には外野手として入社したが、寺岡の強肩と投手経験を知った投手コーチの山内孝徳の指示で投球練習を再開[3][4]。すぐさまオープン戦で150km/hを計測したため、以降は主に外野手とリリーフ二刀流でプレーを続けた[4]NPB入りを目指す上で、山内からの「上を目指すならピッチャーが近道」という進言と、寺岡自身の「育成枠であってもまずは入ること」という考えから、投手への専念と独立リーグへの挑戦を決意[4]。「正社員なんだから今更プロ野球選手を目指さなくても」という家族の反対を押し切って[7]、九州三菱自動車を2年で退社し、特別合格枠で石川ミリオンスターズに入団した[8]

石川時代[編集]

石川では1年目からチームの開幕投手に抜てきされ、その後はセットアッパーに定着[9]。43試合に登板して防御率1.52の好成績を残し[4]、NPBの9球団からスカウトが視察に訪れるまでに評価を高めた[9]

2017年のドラフト会議で東北楽天ゴールデンイーグルスから7位指名を受け、契約金2000万円、年俸600万円で契約に合意。背番号は56に決まった[2]

楽天時代[編集]

2018年の春季キャンプでは、新人ながら一軍スタートとなった[10]が、一軍での登板はなく、シーズン終了後に戦力外通告を受けた。その後育成選手として再契約した[11]。背番号は056

2019年は二軍で33試合に登板して2勝1敗、防御率0.64と好調をキープし、7月28日に支配下選手として登録されたことが球団から発表された[12][13]。新しい背番号は68。8月4日の千葉ロッテマリーンズ戦の7回にプロ初登板を果たし、8回までの2イニングは無失点に抑えたが、9回に代打の清田育宏に3ランを浴びた[14]。一軍での登板はこの1試合にとどまった。二軍では51試合に登板した。

2020年は中継ぎとして自己最多となる24試合に登板し、2勝1敗10ホールド、防御率3.15という成績を残した。9月13日の北海道日本ハムファイターズ戦ではプロ初勝利を挙げた[15]

2021年は一軍の登板無し。二軍での成績は33試合3勝1敗防御率5.47であった。

プレースタイル・人物[編集]

最速155km/hのストレートに加え、カットボールフォークなどの変化球を武器とする[7]。追い込んでからは必ず三振を狙いに行くスタイルで、石川時代は59回1/3を投げて82個の三振を奪うなど、奪三振率が高い[4]。自ら「毛の生えた心臓」と表現するように度胸の良さ[7]と、常に全力投球で闘志を前面に出した投球を持ち味としており[4][16]、石川時代の総合コーチだった武田勝からは「打者に向かって行く気持ち」を高く評価されている[5]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2019 楽天 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 15 3.0 6 1 0 0 0 2 0 0 3 3 9.00 2.00
2020 24 0 0 0 0 2 1 0 10 .667 88 20.0 15 0 11 1 2 14 2 0 7 7 3.15 1.30
通算:2年 25 0 0 0 0 2 1 0 10 .667 103 23.0 21 1 11 1 2 16 2 0 10 10 3.91 1.39
  • 2021年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2019 楽天 1 0 1 0 0 1.000
2020 24 1 6 0 0 1.000
通算 25 1 7 0 0 1.000
  • 2021年度シーズン終了時

独立リーグでの投手成績[編集]










































W
H
I
P
2017 石川 43 0 2 1 0 .667 239 59.1 38 1 25 3 82 10 0 15 10 1.52 1.06
通算:1年 43 0 2 1 0 .667 239 59.1 38 1 25 3 82 10 0 15 10 1.52 1.06

記録[編集]

NPB[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 20(2017年)
  • 56(2018年)
  • 056(2019年 - 同年7月28日[17]
  • 68(2019年7月29日[17] - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 楽天 - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2021年11月30日閲覧。
  2. ^ a b c d e “【楽天】ドラ7寺岡、投手専念わずか1年でプロ入り 即戦力目指す”. スポーツ報知. (2017年11月11日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20171110-OHT1T50231.html 2018年3月8日閲覧。 
  3. ^ a b c d e “実用性に優れる最速155キロ右腕 寺岡 寛治(石川ミリオンスターズ・投手)”. Baseball Gate. (2017年10月25日). https://baseballgate.jp/p/135046/ 2018年3月8日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h 【投手編01】寺岡 寛治(石川ミリオンスターズ) 投手 #20”. ルートインBCリーグ. 2018年3月8日閲覧。
  5. ^ a b c “BC石川、野手から転向の155キロ右腕・寺岡、開幕戦は「気迫で投げたい」”. スポーツ報知. (2017年4月8日). http://www.hochi.co.jp/baseball/etc/20170407-OHT1T50261.html 2018年3月8日閲覧。 
  6. ^ “東海大五―東福岡 飯塚―西日本短大付 準決勝を展望”. 朝日新聞. (2010年7月23日). http://www.asahi.com/koshien/92/fukuoka/news/SEB201007220044.html 2018年3月8日閲覧。 
  7. ^ a b c “<ファイト若ワシ>「強心臓」の救援候補 寺岡寛治投手”. 河北新報. (2018年1月17日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201801/20180117_14025.html 2018年3月8日閲覧。 
  8. ^ 2016年ルートインBCLドラフト指名選手のお知らせ”. 石川ミリオンスターズ (2016年11月13日). 2018年3月8日閲覧。
  9. ^ a b “【BCリーグ】石川・寺岡、ドラフト「待ち遠しい」運命の10・26へ万全”. スポーツ報知. (2017年9月9日). http://www.hochi.co.jp/baseball/etc/20170908-OHT1T50270.html 2018年3月8日閲覧。 
  10. ^ 「マジェスティック スプリングキャンプ 2018」参加選手に関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2018年1月18日). 2018年3月8日閲覧。
  11. ^ 来季の育成選手契約に関して|東北楽天ゴールデンイーグルス” (日本語). 楽天イーグルス オフィシャルサイト. 2019年2月6日閲覧。
  12. ^ 【由規選手・寺岡寛治選手】支配下選手登録に関して|東北楽天ゴールデンイーグルス”. 2019年7月28日閲覧。
  13. ^ 楽天が由規と寺岡寛治を支配下登録!由規「ホッとしたというのが今の率直な気持ち」”. BASEBALL KING (2019年7月28日). 2021年7月18日閲覧。
  14. ^ 楽天寺岡、2軍チーム最多登板を自信に 「ファームで投げた試合数に近い数を1軍で」”. Full-Count (2019年10月21日). 2021年7月18日閲覧。
  15. ^ 楽天・寺岡380万円増 来期は「飛躍の年に」”. サンケイスポーツ (2020年11月26日). 2021年7月18日閲覧。
  16. ^ “【ヤクルト】BC石川155キロ右腕・寺岡の指名を検討”. スポーツ報知. (2017年10月24日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20171024-OHT1T50013.html 2018年3月8日閲覧。 
  17. ^ a b 新規支配下選手登録 | 2019年度公示 | NPB.jp 日本野球機構”. 2019年7月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]