三木谷浩史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みきたに ひろし
三木谷 浩史
鄭市長歡迎Rakuten Monkeys樂天桃猿隊加入中華職棒,盼提升整體表現(三木谷浩史)(cropped).jpg
生誕 (1965-03-11) 1965年3月11日(56歳)
日本の旗 日本兵庫県神戸市
出身校一橋大学商学部
ハーバード大学経営大学院
職業実業家
慈善活動家
FCバルセロナ取締役
配偶者三木谷晴子(元楽天取締役副社長)
三木谷良一(父:神戸大学名誉教授)
親戚本多忠明(高祖父:第9代山崎藩主)
田嶋一雄(いとこ大おじ:ミノルタ創業者)
受賞日本イノベーター大賞(2004)
企業家大賞(2010)
在日米国商工会議所パーソン・オブ・ザ・イヤー(2011)
ハーバード大学経営大学院卒業生功績賞(2012)
フランス共和国レジオンドヌール勲章(2014)
経済界大賞(2014)
ルクセンブルク大公国メリット勲章(2017)
紺綬褒章(2018)
ベストドレッサー賞(2019)

三木谷 浩史(みきたに ひろし、1965年3月11日 - )は、日本実業家慈善活動家

楽天グループ株式会社の創業者であり、代表取締役会長兼社長。兵庫県神戸市出身。

新経済連盟代表理事、プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルス会長兼球団オーナー、Jリーグヴィッセル神戸会長、日本プロ野球オーナー会議議長、東京フィルハーモニー交響楽団理事長、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会顧問等も務める。身長181㎝。

人物像[編集]

略歴[編集]

兵庫県神戸市出身。一橋大学商学部卒業。ハーバード大学経営大学院修了。

一橋大では金融論が専門の花輪俊哉教授のゼミナールに所属した。卒業論文は「企業の資金調達と資本の最適構成」[1]。卒業後、日本興業銀行(現みずほ銀行)に入行。1993年にハーバード大でMBAを取得して帰国。1995年に興銀を退社し、楽天を創業し会長に就任した。

系譜[編集]

父は日本金融学会会長も務めた三木谷良一神戸大学名誉教授[2]。内祖母の先祖に徳川家康側近徳川四天王の一人である本多忠勝がおり、山崎藩主を務めた本多忠明は高祖父にあたると、NHKの番組で紹介された[3]。さらに遠縁関係を辿ると外祖父のいとこに、ミノルタカメラ創業者田嶋一雄がいる[4][5][6]。楽天ヴィッセル神戸取締役副会長で兵庫県サッカー協会会長の三木谷研一は兄[7]

資産[編集]

現在、旧松濤幼稚園の跡地に居宅を構えている[8]。2008年にはフォーブス誌の日本人富豪ランキング8位にランクイン、38億ドル(約4000億円)保有していると報じられ、2009年には36億ドル(約3384億円)で7位にランクイン、2010年には47億ドル(約4288億円)で6位にランクイン、2011年には56億ドル(約4648億円)で5位にランクイン、2015年には68億ドル(約1兆400億円)で3位にランクイン(なお、楽天での役員報酬は2010年12月期現在で1億円強。内訳は基本報酬7千万円、ストックオプション900万円、賞与2700万円[9][10])。

慈善活動[編集]

2011年、東日本大震災に際し、個人として10億円強の寄付を行い、会社からも3億円の寄付を行った[11][12]。2014年にはフォーブスでアジアの慈善事業家として日本人では3人、福武總一郎花沢菊香とともに選ばれた[13]

2015年、京都大学iPS細胞研究所の基金に、セールスフォース・ドットコム創業者のマーク・ベニオフとともに、それぞれ2億5000万円、計5億円を寄付[14]。2016年の熊本地震では3000万円を寄付し、楽天グループからも3000万円相当を拠出した[15]

2020年には新型コロナウイルス感染症の世界的流行を受け、郷里神戸市が設立したこうべ医療者応援ファンドに1億円を寄付し、代理として神戸市役所を訪れた三木谷の母親に対して感謝状が授与された[16][17]。また、大阪府に対しては、個人所有のザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを感染者受け入れ施設として無償提供した[18]

2021年、9000万円を寄付し、フルブライト・プログラムに参加した日本人支援のためのフルブライト・三木谷記念奨学金を設立し、ジョセフ・ヤング駐日アメリカ合衆国大使館臨時代理大使とともに発表を行った[19]

経歴[編集]

1965年3月11日、神戸市で生まれる。6歳まで神戸市垂水区にあった神戸商科大学職員住宅に居住した。7歳の時に父がイェール大学研究員に就任したため家族で渡米、アメリカで2年余り過ごしたのち、帰国しアメリカ合衆国の小学校から明石市立松が丘小学校へ転入[20]1977年岡山県岡山白陵中学校に入学、実家から離れ寮生活を送った。その後、スパルタ教育のためノイローゼにかかり、2年生の6月に退学。実家に戻り近所の明石市立朝霧中学校へと転校した。三木谷は後に、この経験をバネにして奮起したと述懐している。1980年、明石市立朝霧中学校卒業、兵庫県立明石高等学校入学。高校時代はテニスのジュニア関西ベスト16。学校法人予備校神戸セミナー経営者であった村上雄藏の英語塾に在籍。1983年に兵庫県立明石高等学校卒業。卒業後は1年間の浪人生活を送った。1984年一橋大学商学部入学。花輪俊哉ゼミナール所属。体育会テニス部主将。テニス部の1年先輩に漫画家の吉住渉、1年後輩に元インデックス(旧法人)社長の小川善美がいる。大学同期の小野日子内閣広報官とも親しい。2018年に提携を結んだウォルマートの日本法人CEO上垣内猛は大学の1年先輩[21]

1988年、一橋大学商学部を卒業し、当時の日本興業銀行(現みずほ銀行)に入行。名古屋支店を経て、本店外国為替部配属。同期入行の石原宏高[注釈 1]とは今でも親友にあたる。楽天CFOを務めた高山健全日本柔道連盟事務局長も同期入行[22]。銀行でもテニス部に所属し、銀行対抗戦では後に頭取になった黒澤洋とダブルスを組んだ[23]1991年、銀行の1年後輩と結婚。同期で初めてハーバード大学に留学。滞米生活で企業家への夢が芽生えた。1993年にはMBA取得。企業金融開発部で国際的なM&Aの斡旋を担当し、孫正義(ソフトバンク)、増田宗昭(TSUTAYA)などが顧客であった[24]1995年1月17日阪神・淡路大震災で故郷の神戸が瓦礫の山と化し、敬愛していた叔父叔母を失ったことが人生観に大きな影響を与えた。間もなく起業を決意。

11月、日本興業銀行を退職、コンサルティング会社のクリムゾングループを設立。慶大院卒の新卒者だった本城愼之介と2人だけの起業であった。1996年2月、株式会社クリムゾングループ代表取締役社長。1997年2月7日、クリムゾングループで稼いだ6000万円を元手に、株式会社エム・ディー・エム(現楽天グループ)を設立。

2002年、アメリカの経済誌『フォーチュン誌』の若手富豪ランキング6位に選ばれる。この当時から3000億円近い資産を有していた。5月、株式会社ネクスト取締役。6月26日カルチュア・コンビニエンス・クラブ取締役。8月、楽天トラベル株式会社代表取締役。

2003年、「神戸に社会貢献したい」と、発足当時から赤字が続くJリーグヴィッセル神戸を、クリムゾングループを通じて買収し、プロスポーツチームのオーナーとなった。ディーエルジェイディレクト・エスエフジー証券(現楽天証券)会長。10月、マイトリップ・ネット株式会社(後に楽天トラベルに吸収合併) 会長。

2004年日本イノベーター大賞受賞。1月、株式会社クリムゾンフットボールクラブ代表取締役。9月、株式会社あおぞらカード(現楽天カード株式会社)代表取締役会長。ライブドアに続いて、プロ野球への新規参入を意思表明する。株式会社楽天野球団(球団名は東北楽天ゴールデンイーグルス)を設立し、本拠地を仙台市に置くことを決める。11月2日、プロ野球オーナー会議の最終審査でライブドアとの競争に勝ち、楽天野球団の参入が正式承認されプロ野球球団のオーナーとなった。プロ野球とJリーグのオーナーを務めたのは三木谷が初である。

2005年6月、国内信販株式会社(現KCカード株式会社)会長。10月、経済産業省産業構造審議会商務情報政策基本問題小委員会委員[25]。 11月、東京オリンピック基本構想懇談会委員[26]

2006年3月、楽天ブックス会長。4月、株式会社クリムゾンフットボールクラブ代表取締役会長[27]。9月、楽天証券ホールディングス株式会社 会長。

2007年8月10日、楽天が傘下に収めることとなったフュージョン・コミュニケーションズ代表取締役社長兼執行責任者に就任した。11月1日、フュージョン・コミュニケーションズ代表取締役会長となる。

2008年フォーブス誌の日本人富豪ランキング8位にランクイン、38億ドル(約4000億円)保有していると報じられた。1月1日付けで球団オーナー職を退き、株式会社楽天野球団代表取締役会長に就任した[27]。ヴィッセル神戸のオーナーは継続している。6月25日、楽天KC取締役。9月29日、イーバンク銀行(現楽天銀行)株式会社取締役会長に就任する。

2009年、フォーブス誌の日本人富豪ランキング7位にランクイン、36億ドル(約3384億円)保有していると報じられた。2月、厚生労働省医薬品新販売制度の円滑施行に関する検討会委員[28]。財団法人東京フィルハーモニー交響楽団の理事に就任[29]10月15日、日本ソムリエ協会からソムリエ・ドヌール(名誉ソムリエ)の認定を受ける[30]

2010年、フォーブス誌の日本人富豪ランキング6位にランクイン、47億ドル(約4277億円)保有していると報じられた。1月21日ビットワレット株式会社代表取締役社長就任[31]。2月、一般社団法人eビジネス推進連合会会長[27]。7月、企業家大賞受賞[32]。8月、ビットワレット株式会社代表取締役会長に就任する。

2011年3月、東日本大震災発生時、三木谷自身が阪神・淡路大震災の影響を受けた経緯から推定10億円もの義援金を寄付したと報じられた。6月、日本経団連を脱退。10月、財団法人東京フィルハーモニー交響楽団理事長[27]

2012年、ハーバード大学経営大学院卒業生功績賞(HBS Alumni Achievement Award)受賞(史上最年少)[19][33][34]。1月、コボ社取締役に就任。6月、一般社団法人新経済連盟代表理事。7月、公益社団法人経済同友会教育改革による国際競争力強化プロジェクト・チーム委員長[35]8月1日付で東北楽天ゴールデンイーグルス球団代表取締役会長から代表取締役会長兼オーナーへ再就任[36][27]

2013年1月、内閣日本経済再生本部産業競争力会議メンバー(第2次安倍内閣

2014年フォーブスでアジアの慈善事業家として日本人では3人、福武總一郎花沢菊香とともに選ばれる[37]。1月、フランス共和国外務省鈴木庸一駐仏大使らが列席する中ローラン・ファビウス外務大臣よりレジオンドヌール勲章シュバリエを受けた[38][39]。2月、文部科学省英語教育の在り方に関する有識者会議委員[40]。6月、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会顧問[41]。12月、経済界大賞受賞[42]

2015年3月、Lyft, Inc. Director[27]

2016年8月、Aspyrian Therapeutics, Inc. Chairman & Director[27]

2017年2月、Aspyrian Therapeutics, Inc.取締役会長[43]。9月、ジェネシスヘルスケア取締役[27]。11月、アンリルクセンブルク大公よりメリット勲章を受けた[44]

2018年1月、楽天モバイルネットワーク代表取締役会長[27]。6月、紺綬褒章受章[45]。11月、Rakuten Aspyrian, Inc. Chairman & CEO[27]

2019年、日本プロ野球オーナー会議議長[46]。11月、ベストドレッサー賞受賞[27]

2020年1月、楽天モバイル代表取締役会長兼CEO[47]2021年9月、デジタル庁デジタル社会構想会議委員[48]

英語教育[編集]

文部科学省の英語教育の在り方に関する有識者会議で委員を務め、大学入学共通テストでの民間試験の利用を強く主張し、のちに制度化された[49]

TBS問題[編集]

楽天が東京放送[50]を実質的に買収しようとした問題について、三木谷はあくまでも株式買い増しを進め、自身のTBS役員就任を求める姿勢を崩していなかった。既にプロ野球団を保有している楽天がTBSを実質買収した場合、TBSがオーナーとなっている横浜ベイスターズをどうするかという問題が生じるが、三木谷は「その場合はTBSに横浜球団を売却させる」という姿勢を示していた[51]。結局は東京放送が買収不可能な放送持株会社(あわせて東京放送ホールディングスに商号変更)に移行したために、楽天は「反対株主の株式買取請求権」を行使して全株式を売却することで決着している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 衆議院議員、当時運輸相在職中だった石原慎太郎の三男。

出典[編集]

  1. ^ 「楽天創業に至る自由な発想は一橋のキャンパスで育まれた」 一橋大
  2. ^ 「規制や常識に挑み続ける楽天創業者・三木谷浩史氏」 日本経済新聞
  3. ^ 内祖母の血統上では、キリシタン大名有馬晴信の遠い子孫にもあたることになる。
  4. ^ 「楽天社長・三木谷浩史、経営者としての原点は戦国武将!?『ファミリーヒストリー』」 テレビドガッチ、2018年12月15日
  5. ^ 「NHKドキュメンタリー - ファミリーヒストリー「三木谷浩史〜経営者の原点」 日本放送協会[リンク切れ]
  6. ^ 「楽天・三木谷会長の幼少期はやんちゃ坊主...母が明かす「怒られてもケロっとしていました」」 スポーツ報知、2018年12月17日21時53分
  7. ^ 「兵庫県サッカー協会会長に三木谷浩史氏の兄・研一氏 2020/07/12 19:12」 神戸新聞
  8. ^ 麻生太郎財務相がご近所に建つ「三木谷御殿」に苦虫顔の理由NEWSポストセブン、2014年1月29日
  9. ^ 「世界長者番付】日本人トップのユニクロ柳井氏に「社員に還元しろ」と非難の声」DMMニュース 2015.03.11 06:50
  10. ^ 楽天、三木谷社長の報酬を開示 日本経済新聞2011年4月1日
  11. ^ 「楽天・三木谷社長、個人として10億円寄付へ」朝日新聞2011年4月1日21時59分
  12. ^ 「楽天社長、被災地に10億円超の義援金 」日本経済新聞2011/3/25付
  13. ^ フォーブス
  14. ^ 「楽天の三木谷社長、iPS研究に2億5000万円寄付」日本経済新聞2015/4/9付
  15. ^ 楽天・三木谷社長 個人で3000万円寄付 グループでも3000万円相当支援スポニチ2016年4月21日 05:3
  16. ^ 医療従事者への応援メッセージ神戸市
  17. ^ 「こうべ医療者応援ファンド」へのご寄付に対する三木谷浩史氏への感謝状贈呈神戸市
  18. ^ 柳井正、ジャック・マー、李嘉誠ら 新型コロナでアジアの富豪は何をした?フォーブス 2020/06/01 11:00
  19. ^ a b プレスリリース:三木谷浩史氏の寄付により日本人のフルブライト奨学金および日米間の教育の機会を拡大へ駐日アメリカ合衆国大使館
  20. ^ [1]
  21. ^ 「広がるネット大手の実店舗進出、楽天とウォルマートが提携」日経コンピュータ2018/02/01 「五輪組織委の新広報官に 外務省女性キャリアの“前途多難”」日刊ゲンダイ2015年12月20日 「1年で地球を6.2周 海外を飛び回る外交官ママ 」日経DUAL2014.07.25
  22. ^ 全柔連の事務局長にメルカリ社外取締役の高山健氏日刊スポーツ2021年02月01日18時44分
  23. ^ AERA2009年5月18日
  24. ^ AERA2009年5月18日
  25. ^ 「「安心・安全な情報経済社会」について」経済産業省
  26. ^ 「1 東京オリンピック基本構想懇談会の設置 」
  27. ^ a b c d e f g h i j k ベストドレッサー賞に三木谷・楽天会長兼社長や杏 ゲストのラグビー稲垣選手「この場にいても大丈夫ですか」WWD
  28. ^ 「医薬品新販売制度の円滑施行に関する検討会構成員名簿(PDF:21KB)」厚生労働省
  29. ^ 新理事就任のお知らせ” (2009年11月26日). 2012年5月19日閲覧。
  30. ^ ソムリエ・ドヌール - 日本ソムリエ協会
  31. ^ 取締役および監査役の異動について” (2010年1月22日). 2010年1月22日閲覧。
  32. ^ [2]企業家倶楽部
  33. ^ 「三木谷 浩史」新経済サミット
  34. ^ [3]Harvard Business School
  35. ^ 「経済同友会 2012年度 教育改革による国際競争力強化PT会合「議事サマリー」の一般公開と意見募集の試験的な実施について」公益社団法人経済同友会
  36. ^ 三木谷氏がオーナー復帰へ 球団社長には立花氏が就任 スポーツニッポン 2012年7月24日閲覧
  37. ^ フォーブス
  38. ^ 楽天株式会社の三木谷浩史社長がレジオン・ドヌール勲章を受章”. 駐日フランス大使館 (2014年12月29日). 2021年6月20日閲覧。
  39. ^ 「楽天の三木谷浩史氏、フランスの最高勲章である「レジオン・ドヌール勲章」を受章」Shopping Tribe-2014/02/19
  40. ^ 「英語教育の在り方に関する有識者会議 委員名簿」文部科学省
  41. ^ 「顧問会議」公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  42. ^ [4]経済界
  43. ^ 楽天・三木谷氏が出資先の米医療ベンチャー会長に就任 国内企業との合弁視野に日本経済新聞
  44. ^ [5]
  45. ^ 『官報』7301号、平成30年7月9日
  46. ^ 【鬼筆のスポ魂】出るか三木谷議長の「プロ野球交流戦大幅増」産経ニュース-2019/03/18 楽天・三木谷オーナーが新議長に 過去に外国人枠撤廃など提言 大胆手腕毎日新聞-2018/11/28
  47. ^ 有価証券報告書 - 第23期(2019年1月1日 - 2019年12月31日) 楽天
  48. ^ デジタル社会構想会議の開催についてデジタル庁
  49. ^ 「大学入試これでいいのか!日本の英語 2020年度・大学入試改革の“真実」毎日新聞2018/06/11
  50. ^ 放送局としては、TBSテレビTBSラジオ
  51. ^ TBSに勝ったら楽天“横浜ベイ売却””. スポーツニッポン (2007年6月28日). 2007年6月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
(新設)
楽天グループ(旧エム・ディー・エム)社長
1997年 -
次代:
(現職)
先代:
大島悦郎
フュージョンコミュニケーションズ社長
2007年
次代:
島田亨
先代:
丹治誠
楽天銀行(旧イーバンク銀行)会長
2008年 - 2012年
次代:
國重惇史
先代:
白井文吾
日本プロ野球オーナー会議議長
2019年 - 2020年
次代:
南場智子