三木谷良一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三木谷 良一
生誕 (1929-11-30) 1929年11月30日
日本の旗 日本 兵庫県神戸市
死没 (2013-11-09) 2013年11月9日(83歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 生活経済学
母校 神戸経済大学
受賞 生活経済学会特別功績賞(2005年度)
テンプレートを表示

三木谷 良一(みきたに りょういち、1929年11月30日 - 2013年11月9日)は、神戸市出身の経済学者神戸大学名誉教授、元日本金融学会会長。

神戸親和女子大学の非常勤講師であり、理事を務めた。また、ヴィッセル神戸(株式会社クリムゾンフットボールクラブ)の非常勤取締役も務めた。

人物・生涯[編集]

神戸市灘区生まれ。1953年神戸経済大学(現神戸大学)経済学部を卒業、1954年に神戸大学経済学部助手、1957年神戸商科大学講師を経て、1959年同助教授となった。ハーバード大学スタンフォード大学を経て、1966年に神戸商科大学教授に就任。1969年神戸大学経済学部助教授、1972年同教授となった。

イェール大学オックスフォード大学ミュンスター大学などを経て、1993年に神戸大学名誉教授となった。1993年から2002年まで神戸学院大学教授を務めた。

2013年11月9日、膵臓癌のため死去[1]

家族[編集]

3人の子がおり、長男が東京大学農学博士のバイオ研究者・大学教授、次男は楽天創業者で実業家の三木谷浩史、長女は医師大阪大学医学博士である。

著作物[編集]

共編著[編集]

  • 安居洋)『世界の金利』、有斐閣、1983年
  • 則武保夫)『現代金融論』、有斐閣、1984年
  • 川口慎二)『テキストブック銀行論』、有斐閣、1986年
  • 石垣健一)『金融政策と金融自由化――先進7カ国・ECの経験と理論の展開』、東洋経済新報社、1993年
  • (石垣健一)『中央銀行の独立性』、東洋経済新報社、1998年
  • (三木谷浩史)『競争力』、講談社、2013年
  • Japan's Financial Crisis and Its Parallels to U.S. Experience, co-edited with Adam S. Posen, Institute for International Economics, 2000.
『日本の金融危機――米国の経験と日本への教訓』、東洋経済新報社、2001年

翻訳[編集]

  • ベンジャミン・M・フリードマン『アメリカの金融政策』、東洋経済新報社、1982年
  • ベンジャミン・M・フリードマン『アメリカ最後の選択――1990年代の経済戦略』、東洋経済新報社、1989年
  • エリザベス・ジョンソン編『インドとケンブリッジ――1906-14年の諸活動』、東洋経済新報社、2010年

表彰[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 三木谷良一・神戸大名誉教授死去 楽天・三木谷社長の父:朝日新聞デジタル”. 2014年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月9日閲覧。- 朝日新聞 2013年11月9日


先代:
花輪俊哉
日本金融学会会長
第7代:1994年 - 1998年
次代:
堀内昭義