白井文吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
白井 文吾
(しらい ぶんご)
生誕 (1928-01-27) 1928年1月27日(90歳)
日本の旗 日本 愛知県
教育 旧制静岡高等学校
(現在の静岡大学の前身)
職業 中日新聞社代表取締役会長
中日ドラゴンズオーナー
ナゴヤドーム代表取締役社長
活動期間 1949年 -

白井 文吾(しらい ぶんご、1928年(昭和3年)1月27日 - )は、愛知県出身の日本新聞記者実業家株式会社中日新聞社代表取締役会長、株式会社中日ドラゴンズオーナー、株式会社ナゴヤドーム代表取締役社長。株式会社中日新聞社代表取締役社長を経て現職。

人物[編集]

現在の愛知県立成章高等学校の前身である成章中学校、現在の静岡大学の前身である旧制静岡高等学校を卒業後、1949年(昭和24年)中部日本新聞社(現・中日新聞社)に入社する。名古屋本社編集局整理部長、名古屋本社編集局長、専務取締役、代表取締役社長・会長などを歴任した。

現場の記者から叩き上げて社長となった人物でもあり、記者時代は主に社会部で凶悪事件などを担当していた。

元中日監督の落合博満の招聘に尽力した人物でもある。その一方で、3代目「ミスタードラゴンズ」こと[1]立浪和義とは不仲説が囁かれており、落合曰く立浪は周囲に「『白井オーナーがいるかぎり監督にはなれない』と漏らしていた」という[2]

脚注[編集]

  1. ^ 初代は西沢道夫、2代目は高木守道星野仙一阪神タイガースの監督に就任する以前はこの愛称で呼ばれることがあった(オークラ出版「中日ドラゴンズ伝説」(2008年4月30日出版、ISBN 4775511882 / ISBN 978-4775511886)p.21)。
  2. ^ 落合「中日のタブー暴露」講演会を実況中継(3)立浪派と山崎派が対立している - ライブドアニュース(2012年2月2日 10時59分 アサ芸プラス

関連項目[編集]

外部リンク[編集]