本城愼之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

本城 慎之介(ほんじょう しんのすけ、1972年 - )は、株式会社音別代表、元株式会社楽天取締役副社長、元校長(2007年3月まで)。北海道音別町(現釧路市)出身。

父親の本城洋は元釧路市議会議員。

略歴[編集]

函館ラ・サール高等学校卒業。慶應義塾大学総合政策学部卒業。SFCの秋祭創設に携わる。同大学大学院政策・メディア研究科修了。1997年、就職活動で三木谷浩史と出会い、株式会社エム・ディー・エム起業に携わり、取締役として楽天市場をつくりあげる。1999年取締役副社長に就任。

教育に関心があり、2002年に新しい学校の設立を目指し、株式会社「音別」を設立。同時に、楽天取締役副社長から取締役に退いた。

2005年3月に楽天を退社、横浜市教育委員会の公募により同年4月から2007年3月まで横浜市立東山田中学校校長を務めた(当時全国最年少(32歳)の公立中学校校長)。2006年文部科学省中央教育審議会初等中等教育分科会、教職員給与の在り方に関するワーキンググループ委員に任命される。また9月には、シブヤ大学の特別講師を務めた。

私生活では「仕事の学校」と題したセミナーを開講。若者の育成に努めている。

2011年12月、東日本大震災に関連するボランティア等で縁のあった宮城県南三陸町に、高台移転用地として同町のゴルフ場開発跡地106ヘクタールを寄付した[1]

脚注[編集]

  1. ^ 南三陸町が高台移転用地を取得 楽天元副社長が購入寄付河北新報、2012年1月11日)

外部リンク[編集]