シジマール・アントニオ・マルチンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シジマール Football pictogram.svg
名前
本名 シジマール・アントニオ・マルチンス
Sidmar Antônio Martins
愛称 クモ男
ラテン文字 Sidmar
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1962-06-13) 1962年6月13日(54歳)
身長 183cm
体重 78kg
選手情報
ポジション GK
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1979-1983 ブラジルの旗 グアラニ
1984-1988 ブラジルの旗 ノヴェンブロ
1988 ブラジルの旗 バイーア
1989-1990 ブラジルの旗 ポルトゥゲーザ・デスポルトス
1991-1992 ブラジルの旗 グレミオ
1992-1993 ブラジルの旗 ノヴェンブロ
1993-1994 日本の旗 清水エスパルス 47 (0)
1994-1995 ブラジルの旗 ノヴェンブロ
1995 日本の旗 清水エスパルス 14 (0)
2017 日本の旗 藤枝MYFC 0 (0)
監督歴
2006-2007 日本の旗 VOLARE FC
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

シジマール・アントニオ・マルチンス(Sidmar Antônio Martins、1962年6月13日 - )は、ブラジル出身の元サッカー選手・サッカー指導者。ポジションはゴールキーパー

1993年に日本に渡り、Jリーグを代表するGKとして活躍した。現役引退後はサッカー指導者として活動している。

経歴[編集]

選手時代[編集]

サンパウロ州サン・ジョゼー・ド・リオ・プレトで生まれ[1]、幼少時から好んでゴールキーパーとしてプレーする[1]。14歳のときにサンパウロFCのテストに合格し[1]、17歳のときにグアラニFCとプロ契約[1]。U-20ブラジル代表に選出され1981年の南米ユース選手権に準優勝、1983年のトゥーロン国際大会に優勝した[2]キンゼ・デ・ピラシカーバへ移籍後、1988年はECバイーアへと貸し出され、同年のブラジル全国選手権に優勝した[3][1]。その後はポルトゥゲーザ、再びキンゼ・デ・ピラシカーバと移籍した[3]

ポルトゥゲーザ時代に監督だったエメルソン・レオンから直接連絡を受け[1]、1993年7月[1]に日本の清水エスパルスと契約[1]。2ndステージ第2節でデビューすると、第3節から6試合連続で無失点に抑えた[4]。清水は1stステージに18試合25失点したが、シジマールが加入した2ndステージでは18試合9失点となり、ステージ優勝争いを演じた[1][4]。同シーズンに達成した731分間連続無失点は、現在もJ1の無失点記録となっている(Jリーグ記録としては、2006年横浜FCのGK菅野孝憲がJ2で770分を記録)[5]

清水の監督が1994年途中にレオンからリベリーノに代わり、FWジャウミーニャが加入すると、シジマールは構想から外れるようになった[6]。1994年10月17日に退団記者会見を行い、その5日後の試合後に退団セレモニーが行われた[6]。退団発表から間もなく清水サポーターにより彼の復帰を求める署名運動が起こり、1995年シーズン前にはGKコーチ兼任で復帰した[6]1995年4月26日大宮サッカー場における浦和レッドダイヤモンズ対清水エスパルスにおいて、シジマールの言動を過度な挑発であると浦和サポーターが激怒しスタジアムが混乱した為[7]、事態収拾の為に衆目で土下座する事件が起きた。

日本ではリーグ戦61試合、カップ戦7試合、天皇杯4試合に出場した。

引退後[編集]

現役引退後は2003年から2006年3月まで静岡県菊川市国際開洋第一高等学校サッカー部コーチを務めた。その後はプーマサッカークリニックの講師を経て、静岡県西部1部リーグに所属するVOLARE FC(現・ヴォラーレFC浜松)の監督に就任するとともに大阪学院大学サッカー部の特別コーチも務めた。2009年からは柏レイソルのGKコーチに就任し高橋真一郎新監督の下で菅野孝憲南雄太らを指導した。2011年、チームスタッフとして同クラブ、リーグ優勝の場に立ち会う。

2013年、ヴィッセル神戸のゴールキーパーコーチに就任。2014年12月12日、ヴィッセル神戸のゴールキーパーコーチから退任することが発表された。

2015年2月から、浜松開誠館高等学校のGKコーチを務め[8]、翌年の2016年は、タイ・プレミアリーグタイ・ポートFCのGKコーチを務めた。

現役復帰[編集]

2017年からはJ3藤枝MYFCのGKコーチに就任したが[9]、開幕前にGKの佐藤隼が負傷離脱し、所属GKが2人になったため、負傷などによるGK不足という最悪のケースを防ぐためにGKコーチだったシジマールがサポート役として現役復帰することになり[10]、3月31日にJリーグに選手登録され、実に22年ぶりに選手として復帰することになった[11]4月16日のJ3・グルージャ盛岡戦でベンチ入りを果たしたものの[12]4月28日に選手登録が抹消された[13]

人物[編集]

身長は183cmとGKとしてはそれほど高くないが、両腕を広げた際の長さは193cmである。

テレビ番組『やべっちFC』に番組専属ゴールキーパーとして度々出演し、宮本恒靖とのフットサル対決や中村俊輔とのフリーキック対決などで活躍を見せている。

2006年に結婚した妻のホザンジェラ・岩瀬・マルチンスは1990年に来日した日系ブラジル人で、浜松を中心に大学、市民講座などでポルトガル語の教師を務めている。シジマール自身も流暢な日本語を話す[14]

2013年、クラブ100週年を記念してファンとジャーナリストの投票により選定されたキンゼ・デ・ピラシカーバの歴代ベストイレブンに選ばれた[15]

2013年、Jリーグ20週年を記念してJリーグが実施したJクロニクルベストにて、サポーター投票により川口能活楢﨑正剛に次ぎ歴代ベストイレブンGK部門の3位となった[16]

過去の出演番組[編集]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1993 清水 - J 17 0 6 0 4 0 27 0
1994 30 0 1 0 0 0 31 0
1995 14 0 - - 14 0
2017 藤枝 44 J3 0 0 - - 0 0
通算 日本 J 61 0 7 0 4 0 72 0
通算 日本 J3 0 0 - - 0 0
総通算 61 0 7 0 4 0 72 0

指導歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 加部究 「海を越えてきたフットボーラー シジマール」 『サッカー批評』 Issue 43、双葉社、2009年、100-104頁。
  2. ^ SELEÇÃO BRASILEIRA SUB-20”. RSSSF Brasil. 2017年3月6日閲覧。
  3. ^ a b Sidmar - Que fim levou?”. Terceiro Tempo. 2017年3月6日閲覧。
  4. ^ a b http://www.s-pulse.co.jp/club/history/1993/
  5. ^ “菅野 シジマール超えだ!無失点記録も狙う”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2009年2月16日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2009/02/16/kiji/K20090216Z00002290.html 2017年3月6日閲覧。 
  6. ^ a b c 田中孝一 『清水エスパルス 新たなる挑戦』 TOKYO FM出版、1998年、179-182頁。
  7. ^ No.100 相手への憎悪を応援と思うな”. サッカーの話をしよう 大住良之オフィシャルアーカイブサイト (1995年5月2日). 2012年6月7日閲覧。
  8. ^ 日刊スポーツ (2015年6月3日). “(サッカー現場発) シジマール氏「いくよ」流ちょう日本語で高校生指導”. 2015年6月4日閲覧。
  9. ^ “シジマール・アントニオ・マルチンス氏 GKコーチ就任のお知らせ” (プレスリリース), 藤枝MYFC, (2017年1月8日), http://myfc.co.jp/news/20170108/17817/ 2017年3月6日閲覧。 
  10. ^ 日刊スポーツ (2017年3月28日). “藤枝シジマールGKコーチ、明日にも選手復帰へ”. 2017年3月31日閲覧。
  11. ^ “シジマール氏 選手再登録のお知らせ” (プレスリリース), 藤枝MYFC, (2017年4月1日), http://myfc.co.jp/news/20170401/18492/ 2017年4月1日閲覧。 
  12. ^ 54歳GKシジマール、J3でベンチ入り! 藤枝、盛岡戦でベンチGK2人体制 - フットボールチャンネル 2017年4月16日
  13. ^ 最年長出場はならず…GKシジマール、わずか1か月で“現役引退” - ゲキサカ 2017年4月28日
  14. ^ シジマール監督支える妻ホザンジェラさん
  15. ^ “Definida a seleção do centenário do XV de Piracicaba”. Futebol Interior. (2013年9月23日). https://www.futebolinterior.com.br/futebol/XV-de-Piracicaba-SP/noticias/2013-09/Definida-a-selecao-do-centenario-do-XV-de-Piracicaba 2017年3月6日閲覧。 
  16. ^ “Jリーグ20周年記念企画『Jクロニクルベスト』最終投票結果発表” (プレスリリース), Jリーグ, (2013年5月17日), http://www.jleague.jp/release/article-00005072/ 2017年3月6日閲覧。 
  17. ^ VOLARE FC浜松. “VOLARE FCの概要”. 2015年6月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]