大住良之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大住 良之
生誕 (1951-07-17) 1951年7月17日(67歳)
日本の旗 日本神奈川県横須賀市
教育 一橋大学法学部
職業 サッカージャーナリスト
サッカー指導者
活動期間 1974年 - 現在
公式サイト http://www.soccertalk.jp/ サッカーの話をしよう 大住良之オフィシャルアーカイブサイト

大住 良之(おおすみ よしゆき、1951年7月17日[1] - )は、日本サッカージャーナリスト、サッカー指導者。サッカーマガジン編集長、FC PAF監督、日本スポーツプレス協会副会長、日本サッカー協会審判委員等を歴任。アジアサッカー連盟フットボール・ライター・オブ・ザ・イヤー受賞。

人物[編集]

神奈川県横須賀市久里浜出身。日本のサッカージャーナリストの先駆者的な存在で知られる。

栄光学園中学校・高等学校一橋大学法学部卒業後、大学時代にアルバイトをしていたベースボール・マガジン社1974年に入社、サッカーマガジン編集部に在籍。1978年以降は編集長を務めた。

1982年ベースボール・マガジン社退社後はアンサーを経て1988年からはフリーとなる。

1998年アジアサッカー連盟「フットボール・ライター・オブ・ザ・イヤー」を受賞している。

サッカージャーナリスト以外には、日本サッカー協会公認C級コーチングライセンスを取得し、1984年から女子クラブチームFC PAFの監督を務めている[2]

日本サッカーライターズ協議会事務局長、日本スポーツプレス協会副会長、日本サッカー協会女子委員会委員、日本サッカー協会審判委員会委員、日本サッカー協会殿堂委員会委員[3]

発言[編集]

2012年8月、ロンドンオリンピックのサッカー女子グループリーグ最終戦の南アフリカ戦後の会見において、佐々木則夫監督が「後半途中に引き分け狙いを指示した」と述べたことに対して、「FIFAの規律委員会で問題になるのではないか。佐々木監督に何らかのペナルティーが与えられるかもしれない」と憂慮を示しつつ、「意図的に勝とうとしなかったことは明らかでフェアプレーの精神に反している」[4]と批判した。この件は、FIFAが「規律委員会には掛けず懲罰の対象にもしない」という声明を出す事態にまで至った[5]

その他[編集]

  • 日本サッカーライターズ協議会事務局長
  • 女子サッカークラブ「FC PAF」監督

主な著書[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.568
  2. ^ FC PAF 20年間の友情物語 サッカーの話をしよう 2000年8月16日付
  3. ^ [1]
  4. ^ 引き分け狙い…なでしこ、フェアプレー精神はどこへ 日本経済新聞 2012年8月1日
  5. ^ なでしこ監督「引き分け指示」 FIFAは「不問」 J-CASTニュース 2012年8月2日

外部リンク[編集]