ポートFC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ポートFC
原語表記 การท่าเรือ
愛称 สิงห์เจ้าท่า (Port Lions)
クラブカラー オレンジ・青
創設年 1967年
所属リーグ タイ・リーグ1
ホームタウン バンコク
ホームスタジアム PATスタジアム
収容人数 12,000
代表者 タイ王国の旗ヌアンパン・ラムサム
監督 タイ王国の旗サラーウット・トリーパン
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

ポートフットボールクラブタイ語: การท่าเรือ, 英語: Port Football Club)は、タイ王国の首都バンコククローントゥーイ区に本拠地を置くサッカークラブである。

歴史[編集]

2015年から会長を務めるヌアンパン・ラムサム

1967年にタイ港湾公社によってポート・オーソリティ・オブ・タイランドFC(สโมสรฟุตบอลการท่าเรือไทย)として創設された。創設初年度からコー・ロイヤル・カップに優勝してリーグチャンピオンに輝いた。1968年から1979年までに6回のリーグ優勝を果たした。またカップ戦のクイーンズカップにおいても4年連続優勝(1977年から1980年)した。

1996年のタイ・プレミアリーグ (TPL) に創設時より参加。1999年には優勝したタイ・エアフォースFCと勝ち点差で並びながら、得失点差で2位に終わった。これはプレミアリーグとなって以降のクラブ最高順位である。

2007年と2008年は下位に沈み、両年とも勝ち点差わずか1で降格を免れた。

2009年、リーグの規約改正に伴ってクラブを株式会社化してタイ・ポートFCに改名した。ホームスタジアムをPATスタジアムに移転したこの年にはタイFAカップを初制覇して16年ぶりにタイトルを獲得した。

2012年、TPL16位で初めてディビジョン1に降格してしまう。クラブ名をシンタールアFCタイ語: สิงห์ท่าเรือ, 英語: Singhtarua Football Club)と改称した2013年はディビジョン1を2位で終え、1年でTPL復帰を決める。

2015年、ポートFCに改名。この年、保険会社ムアンタイ・インシュアランスの社長兼CEOである「マダム・ペーン」ことヌアンパン・ラムサム英語版がタイ港湾公社からクラブの経営権を取得した[1][2]。ヌアンパンはカシコン銀行を創業したラムサム家の5代目の子孫で、タイ民主党事務総長補佐やサッカータイ王国女子代表のゼネラルマネージャーも務めた人物である[3]。最初の年は再びディビジョン1に降格してしまうが、翌2016年には再昇格。2017年はタイ・リーグ1で9位に留まったものの、2018年はクラブ史上最大となる勝ち点61を積み上げて3位でシーズンを終えた[2]。2019年もリーグ3位になったほか、タイFAカップ決勝でラーチャブリー・ミトポンを1-0で下して2回目の優勝を果たした。

2020年、ホームで1月21日に行われたAFCチャンピオンズリーグ2020予選2回戦でフィリピンセレス・ネグロスFCに0-1で敗れ、国際舞台での戦いは早々に終了した[4]。翌2021年のAFCチャンピオンズリーグ2021はグループステージからの参加となったが、グループJで3位となり、ラウンド16には進めなかった。

2021年9月27日、マダム・ペーンの実娘のヌアンワン・ラムサムがクラブの副会長に就任した[5]

クラブ名の変遷[編集]

  • 1967-2008 ポート・オーソリティ・オブ・タイランドFC
  • 2009-2012 タイ・ポートFC
  • 2013-2014 シンタールアFC
  • 2015- ポートFC

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

  • ボルドロイ・カップ:3回
    • 1979, 1993, 2007

過去の成績[編集]

年度 所属 順位 FAカップ リーグカップ コー・ロイヤルカップ ACL AFCカップ
1996-97 プレミア 11位 34 41 9 14 11 44 39
1997 プレミア 4位 22 32 9 5 8 36 35
1998 プレミア 4位 22 37 10 7 5 50 27
1999 プレミア 2位 22 39 12 3 7 31 16
2000 プレミア 5位 22 30 8 6 8 18 21
2001-02 プレミア 6位 22 28 6 10 6 26 23
2002-03 プレミア 3位 18 33 10 3 5 25 19
2003-04 プレミア 5位 18 28 9 1 8 29 28
2004-05 プレミア 4位 18 26 7 5 6 26 27
2006 プレミア 7位 22 28 7 7 8 21 28
2007 プレミア 12位 30 36 9 9 12 36 43
2008 プレミア 13位 30 30 7 9 14 30 47
2009 プレミア 6位 30 44 12 8 10 33 30 優勝
2010 プレミア 4位 30 48 13 9 8 41 29 3回戦 優勝 準優勝 ベスト8
2011 プレミア 7位 34 45 12 9 13 33 38 3回戦 準優勝
2012 プレミア 16位 34 33 8 9 17 32 48 4回戦 3回戦
2013 ディヴィジョン1 2位 34 65 20 5 9 61 40 ベスト8 1回戦
2014 プレミア 13位 38 45 15 9 14 44 52 4回戦 2回戦
2015 プレミア 17位 34 33 10 3 21 31 49 4回戦 2回戦

AFC大会での成績[編集]

1986-87: 予選ステージ
1991-92: グループステージ
2020: 予選ステージ
2021: グループステージ
年度 大会 ラウンド クラブ ホーム アウェー 合計
1986 アジアクラブ選手権 1回戦 マレーシアの旗 セランゴール 0-1, 0-1 0-2
1991 アジアクラブ選手権 グループA カタールの旗 アル・ラーヤン 1-3 3位
バングラデシュの旗 モハメダン 4-1
アラブ首長国連邦の旗 アル・シャバーブ 1-3
2010 AFCカップ グループH ベトナムの旗 ダナン 2-3 0-0 2位
香港の旗 和富大埔 2-0 1-0
シンガポールの旗 ゲイラン 2-2 1-0
ラウンド16 インドネシアの旗 スリウィジャヤ 4-1 4-1
準々決勝 クウェートの旗 アル・カーディシーヤ 0-0 0-3 0-3
2020 AFCチャンピオンズリーグ 予選2回戦 フィリピンの旗 セレス・ネグロス 0-1 0-1
2021 AFCチャンピオンズリーグ グループJ 香港の旗 傑志 1-1 0-2 3位
中華人民共和国の旗 広州 3-0 5-1
日本の旗 セレッソ大阪 0-3 1-1

現所属メンバー[編集]

2021年現在

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
1 GK タイ王国 ワチャラ・ブアトーン英語版
2 DF タイ王国 ティタウィー・アクソンスリー英語版
3 DF タイ王国 ティターソン・アクソンスリー英語版
4 DF タイ王国 エリアス・ドラー英語版
5 MF スペイン セルヒオ・スアレス英語版
6 MF タイ王国 シャリル・シャプイ
7 MF タイ王国 パコーン・プレムパック英語版
8 MF 大韓民国 高述基英語版
9 FW エルサルバドル ネルソン・ボニーラ英語版
10 MF タイ王国 ボルディン・パラ英語版
11 MF タイ王国 タナシット・シリパラ英語版
13 MF タイ王国 ヌルル・シーヤーケム英語版
14 MF タイ王国 Tawin Mahajindawong
16 MF タイ王国 シワコーン・ジャックプラサート英語版
18 GK タイ王国 ラッタナイ・ソンサンチャン英語版
20 DF タイ王国 アディソン・プロムラック英語版
No. Pos. 選手名
21 DF タイ王国 ヤトゥラパット・サッタム英語版
22 DF スペイン ダビド・ロチェラ
23 DF タイ王国 ケヴィン・ディーロムラム英語版
24 DF タイ王国 ウォラウット・ナムベク英語版
25 GK タイ王国 Chatcharin Phutangdaen
26 DF タイ王国 サラーウット・カンラヤーナバンディット
29 DF タイ王国 ミーコック・マーラサラヌクン英語版
31 MF タイ王国 カナリン・ターウォンサック英語版
33 FW タイ王国 フィリップ・ローラー英語版
34 DF タイ王国 ニティポン・セーラーノン英語版
35 DF タイ王国 ナンタワット・スアンケオ英語版
36 GK タイ王国 ウォラウット・スリスパー英語版
45 MF タイ王国 ナッタウット・ソムバチョタ英語版
69 MF タイ王国 サンサーン・リムワッタナー英語版
70 MF タイ王国 Phodchara Chainarong
91 MF タイ王国 ジョン・バッジョ

※星印は外国人選手を示す。

監督

ローン移籍[編集]

in

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
9 FW タイ王国 アディサク・クライソーン (ムアントン・ユナイテッドFC)
No. Pos. 選手名
37 FW ブラジル ヘベルチ (ムアントン・ユナイテッドFC)

歴代所属選手[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]