松濤幼稚園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松濤幼稚園(閉園後)
(2011年7月撮影)

松濤幼稚園(しょうとうようちえん)は、かつて東京・渋谷区松濤に存在した幼稚園である[1]2010年平成22年)3月をもって閉園した。

概要[編集]

開園は1947年昭和22年)で、開設者は後の学習院大学名誉教授・林友春の妻、林貞子[2]であった[3][4]。東京でも屈指の高級住宅街である松濤に所在するとともに、有名小学校への進学実績、高額な学費、政官財界・著名人の子弟が多く通うことなどで知られ、東京のいわゆる「お受験」界においては、若葉会幼稚園(港区西麻布)、枝光会付属幼稚園(港区三田)とともに『御三家』(進学)幼稚園と呼ばれていた。

従来、日本で最も学費が高額だった幼稚園としても知られていたが、閉園前の2008年度(平成20年度)における初年度納付金額だけをみても135.0万円で、東京都内の幼稚園としては青山学院幼稚園(145.5万円[5])に次いで2番目に高額であった[5][6]。また、卒園生でもある後の寛仁親王妃三笠宮家寛仁親王と結婚する以前、母・麻生和子同様、姉の旦子らと共に英語教師として勤務していたことでも知られた[7]

2008年度より新入園の募集を中止、その2年後に閉園となった。その後、敷地は売却され、建物は取り壊されて現存していない。

著名な出身者[編集]

松濤幼稚園の主な卒園生には寛仁親王妃信子高円宮憲仁親王と3人の御子様(承子女王典子女王絢子女王)、千容子などの皇族や旧華族関係者らのほか、寛仁親王と寛仁親王妃の2人の御子様(彬子女王瑶子女王)も一時通った。そのほか、政財界では麻生泰岸信夫富士重工中島洋次郎ソニー盛田英夫盛田昌夫武見敬三、他諸分野には、吉川洋(経済学者)、近衛忠大(映像作家、一時在籍)、寺島しのぶ(女優)、小宮山雄飛(音楽家)、竹田恒泰(タレント・評論家)、森勉(デザイナー)・森泉(タレント)・森星(モデル)ら森英恵の孫、山下徹大(俳優)・梓真悠子(タレント)・池端えみ(女優)ら加山雄三の子弟など芸能メディア関係者等も多い。

その他[編集]

創立者・林貞子の夫・友春や妹・杉山淑子らと同様、三女・楢原茂子も松濤幼稚園の運営に携わり園長を務めた。

林貞子の長女である富美子は三井家の三井之乘に嫁いだ[4]。富美子は1980年昭和55年)頃から若葉会幼稚園の運営にかかわるようになり、1984年昭和59年)4月から2009年平成21年)3月まで同園園長を務めた[4][8]

三年保育の同園から二年保育の学習院幼稚園に途中移る例も多く見られた。

跡地は現在、楽天社長の三木谷浩史の邸宅となっている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 閉園前の住所は、東京都渋谷区松濤1-10-14
  2. ^ 林友春は満鉄総裁も務めた伯爵・林博太郎と、貴族院議員・田島竹之助の長女・富貴子との間の長男。林貞子は伯爵・牧野伸顕の長男・伸通と、美智子皇后の皇太子妃時代の東宮女官長を勤めた男爵・鍋島直明の長女・純子との間の長女。
  3. ^ 「元伯爵夫人林貞子さんは、名門幼稚園のナンバーワンといわれる松濤幼稚園の園長として、夫君の林友春氏は学習院大の教授としてともに人気が高い。」『ある華族の昭和史: 上流社会の明暗を見た女の記録』酒井美意子 主婦と生活社 1982年
  4. ^ a b c トップインタビュー vol.12 若葉会幼稚園園長 三井富美子さん 『都政新聞』 2008年12月20日号、平成23年7月10日閲覧
  5. ^ a b 平成19年度 都内私立幼稚園入園児(4歳児)納付金調査 東京都生活文化局私学部私学行政課、平成23年7月10日閲覧
  6. ^ 初年度納付金の高い私立幼稚園(都内) 2008年8月31日 『となりの芝生』編集部調べ WebCrew Inc.、平成23年7月10日閲覧
  7. ^ 「ヒゲの殿下として国民に親しまれている三笠宮寛仁親王と結婚された麻生家の令嬢・信子妃は、娘時代この松濤幼稚園の英語教師として園児達に慕われておられた。」 『ある華族の昭和史: 上流社会の明暗を見た女の記録』酒井美意子 主婦と生活社 1982年
  8. ^ 若葉会幼稚園の沿革 若葉会幼稚園のウェブサイト、平成23年7月10日閲覧