デビッド・ハフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
デーブ・ハフ
Dave Huff
東京ヤクルトスワローズ #45
David Huff - Yankees at Orioles 09 09 13 2.jpg
ニューヨーク・ヤンキース時代
(2013年9月9日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンディエゴ
生年月日 (1984-08-22) 1984年8月22日(34歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 左投両打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 MLBドラフト1巡目追補(全体39位)でクリーブランド・インディアンスから指名
初出場 MLB / 2009年5月17日
KBO / 2016年7月14日
NPB / 2018年4月4日
年俸 1億4,700万円(2018年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
獲得メダル
男子 野球
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
パンアメリカン競技大会
2015 野球

デビッド・グレゴリー・ハフDavid Gregory Huff, 1984年8月22日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ出身のプロ野球選手投手)。左投両打。NPB東京ヤクルトスワローズに所属。

MLBKBOではDavid Huff(デビッド・ハフ)という名前でプレーしたが、NPBでの登録名はデーブ・ハフとなっている。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2003年MLBドラフト31巡目(全体930位)でアナハイム・エンゼルスから指名されたが、契約せずにサイプレス大学英語版に進学した。

2005年MLBドラフト19巡目(全体577位)でフィラデルフィア・フィリーズから指名されたが、契約せずにカリフォルニア大学アーバイン校に編入した。その後、カリフォルニア大学ロサンゼルス校 (UCLA)に移籍。

2006年にはMLBドラフト1巡目追補(全体39位)でクリーブランド・インディアンスから指名されると、ようやくプロ入りした[1]

インディアンス時代[編集]

2008年にAA級アクロン・エアロズとAAA級コロンバス・クリッパーズで合計11勝5敗・防御率2.52を記録し、インディアンスの最優秀マイナー投手に選ばれた[1]

2009年5月17日タンパベイ・レイズ戦でメジャーデビュー[1]。シーズン終了までに23試合に先発し、11勝(8敗)をマークしたが防御率5.62が示すように投球内容は不安定だった。

2010年は2勝11敗と大きく負け越し、後半戦はAAA級コロンバスへ降格を余儀なくされた。

2011年もAAA級コロンバスにいる時間が長かったが、後半戦に昇格して10試合に先発した。

2012年ジーンマー・ゴメスらと先発5番手の座を争う予定だった[2]が、6試合の登板にとどまった。

2013年5月24日DFAとなった。

ヤンキース時代[編集]

2013年5月26日ニューヨーク・ヤンキースへ移籍し、同日のレイズ戦に中継ぎとして登板した。5月28日ジョバ・チェンバレンが故障者リストから復帰したためDFAとなった。8月15日に再びヤンキースとメジャー契約を結んだ。

2014年1月22日田中将大の加入に伴い、DFAとなった[3]

ジャイアンツ時代[編集]

2014年1月24日トレードで、サンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍した[4]。開幕ロースター入りし、開幕後は8試合に登板したが、4月22日に左大腿四頭筋の故障で15日間の故障者リスト入りした。5月12日に復帰。復帰後は8試合に登板したが、計13回で12失点と結果を残せず、6月6日にDFAとなった[5]

ヤンキース復帰[編集]

2014年6月11日に金銭トレードで、ヤンキースに復帰した[6]。ヤンキース移籍後は、30試合の登板で防御率1.85と大活躍した。シーズン全体では、自己ベストとなる46試合に登板。先発登板がないのはメジャーデビュー以来初めてだったが、防御率3.36(ジャイアンツとヤンキースでの通算)は、こちらも自己ベストの数値となった。オフの12月2日にノンテンダーFAとなった[7]

ドジャース時代[編集]

2015年1月9日ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んだ[8]4月14日にメジャー契約を結ぶと、6月1日にアクティブ・ロースター入りしたが、6月3日にDFAとなり、6月6日にマイナー契約に切り替えてAAA級オクラホマシティ・ドジャースに配属された[9]6月30日2015年パンアメリカン競技大会の男子野球アメリカ合衆国代表に選出されたことが発表され[10]代表入りしている[11][12]。同大会では決勝のカナダ戦でサヨナラ負けし[13]、準優勝で銀メダルを獲得した。

ロイヤルズ傘下時代[編集]

2016年1月19日カンザスシティ・ロイヤルズとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに参加したがメジャー昇格はならず、4月5日にAAA級オマハ・ストームチェイサーズに配属され、5月16日に自由契約となった[14]

エンゼルス時代[編集]

2016年5月18日ロサンゼルス・エンゼルスとマイナー契約を結び、AAA級ソルトレイク・ビーズに配属された[14]6月7日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[15][14]6月13日にDFAとなり、16日に40人枠を外れる形でAAA級ソルトレイクに配属された[14]

LGツインズ時代[編集]

2016年7月13日、エンゼルスから契約解除されると、翌14日に韓国プロ野球LGツインズと契約した。同年LGでは7勝を記録。

2017年は故障により一軍初登板が5月にずれこむなど離脱した期間が長く6勝にとどまった。LGは2018年の再契約を望み2017年11月30日発表の保留選手名簿に記載した。

ヤクルト時代[編集]

2017年12月21日、日本プロ野球東京ヤクルトスワローズが契約を発表した[16]。なお、登録名は『デーブ・ハフ』となっている。

選手としての特徴[編集]

オーバースローから、最速96.2mph(約155km/h[17])、平均91mph(約146km/h)のフォーシーム、平均83mph(約134km/h)のチェンジアップを中心に、平均89mph(約143km/h)のカットボール、平均82mph(約132km/h)のスライダー、平均78mph(約126km/h)のカーブを持ち球としている[18]

また、2014年まではツーシームを加えた3球種を中心とし、打たせる投球スタイルを重視していたため、MLB通算奪三振率が5.35と低い。また、MLB通算ゴロ/フライ比率(GB/FB)は0.65と平均を大きく下回っており、打たせた打球はフライになることのが圧倒的に多かった。しかし、ツーシームを投げなくなった2015年以降はGB/FBが1.00以上を記録しており、ゴロのが多くなっている[19]

2015年からプレー時には眼鏡を着用している。

エピソード[編集]

2018年ヤクルト加入後、登板予定の試合が雨で中止になる、試合開始時間が遅れることが度重なり球団から「Rain man(雨男)」Tシャツが売り出されることになった。[20]

  • 2018年3月21日 - 神宮球場で登板予定だった巨人とのオープン戦が雨天中止。東京ドームに移動し、試合形式の合同練習に登板。[21]
  • 2018年4月24日 - 松山で先発予定だった阪神戦が雨天中止。翌日にスライド登板した。[22]
  • 2018年5月23日 - 甲子園球場で先発予定だった阪神戦が雨天中止。翌日にスライド登板した。[23]
  • 2018年5月30日 - 先発予定だった神宮球場での交流戦ロッテ戦、雨で試合開始時間が50分遅れる。[24]
  • 2018年6月6日 - 先発予定だった神宮球場での交流戦・ソフトバンク戦が雨天中止。[25]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2009 CLE 23 23 0 0 0 11 8 0 0 .579 574 128.1 159 16 41 1 1 65 1 0 82 80 5.61 1.56
2010 15 15 1 0 0 2 11 0 0 .154 369 79.2 101 14 34 1 3 37 2 0 61 55 6.21 1.69
2011 11 10 0 0 0 2 6 0 0 .250 227 50.2 55 6 17 1 0 36 4 0 35 23 4.09 1.42
2012 6 4 0 0 0 3 1 0 0 .750 114 26.2 30 5 5 0 1 19 0 0 14 10 3.38 1.31
2013 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 15 3.0 7 0 1 0 0 5 0 0 5 5 15.00 2.67
NYY 11 2 0 0 0 3 1 0 0 .750 136 34.2 26 7 8 1 1 26 1 0 18 18 4.67 0.98
'13計 14 2 0 0 0 3 1 0 0 .750 151 37.2 33 7 9 1 1 31 1 0 23 23 5.50 1.12
2014 SF 16 0 0 0 0 1 0 0 1 1.000 92 20.0 27 2 6 0 1 11 0 0 15 14 6.30 1.65
NYY 30 0 0 0 0 3 1 0 3 .750 166 39.0 34 3 17 2 0 28 1 0 10 8 1.85 1.31
'14計 46 0 0 0 0 4 1 0 4 .800 258 59.0 61 5 23 2 1 39 1 0 25 22 3.36 1.42
2015 LAD 3 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 30 6.0 11 2 1 1 1 4 0 0 6 6 9.00 2.00
2016 LAA 2 2 0 0 0 0 2 0 0 .000 32 5.1 13 4 2 0 0 3 0 0 10 7 11.81 2.81
LG 13 11 0 0 0 7 2 0 1 .778 299 74.2 72 2 9 0 1 46 0 0 34 26 3.13 1.08
2017 19 17 2 0 1 6 4 0 0 .600 490 124.2 100 7 14 0 2 98 2 0 37 33 2.38 0.91
MLB:8年 120 57 1 0 0 25 30 0 4 .455 1755 393.1 463 59 132 6 8 234 9 0 256 226 5.17 1.51
KBO:2年 32 28 2 0 1 13 6 0 1 .684 789 199.1 172 9 23 0 3 144 2 0 71 59 2.66 0.98
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録[編集]

背番号[編集]

  • 58(2009年)
  • 28(2010年)
  • 31(2011年 - 2013年途中)
  • 60(2013年途中 - 同年途中)
  • 61(2013年途中 - 同年終了)
  • 34(2014年 - 同年途中)
  • 55(2014年途中 - 同年終了)
  • 54(2015年 - 同年途中)
  • 32(2016年 - 同年途中)
  • 38(2016年7月 - 2017年)
  • 45(2018年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Former UCLA Standout David Huff Promoted to Cleveland Indians. UCLABruins.com(英語). 2012年1月26日閲覧
  2. ^ Jordan Bastian (2011年9月24日). “Huff makes case in final start as Tribe wins” (英語). MLB.com. 2016年6月8日閲覧。
  3. ^ “Yankees sign RHP Masahiro Tanaka” (英語) (プレスリリース), MLB.com (New York Yankees), (2014年1月22日), http://m.yankees.mlb.com/news/article/66940902 2016年6月8日閲覧。 
  4. ^ “Giants acquire left-handed pitcher David Huff from the New York Yankees in exchange for cash considerations” (英語) (プレスリリース), MLB.com (San Francisco Giants), (2014年1月24日), http://m.giants.mlb.com/news/article/67100580 2016年6月8日閲覧。 
  5. ^ Chris Haft (2014年6月6日). “Giants designate Huff for assignment” (英語). MLB.com. 2016年6月8日閲覧。
  6. ^ Bryan Hoch (2014年6月11日). “Kelley returns from DL; Yanks reacquire Huff” (英語). MLB.com. 2016年6月8日閲覧。
  7. ^ Bryan Hoch (2014年12月4日). “Yanks non-tender Huff, avoid arbitration with Rogers” (英語). MLB.com. 2014年12月13日閲覧。
  8. ^ “Dodgers announce 17 non-roster invitees” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Los Angeles Dodgers), (2015年1月9日), http://m.dodgers.mlb.com/news/article/106052086/dodgers-announce-17-non-roster-invitees 2015年1月10日閲覧。 
  9. ^ Steve Bourbon (2015年6月7日). “Dodgers' Huff to Triple-A; Santos free agent” (英語). MLB.com. 2016年6月8日閲覧。
  10. ^ 2015 U.S. Pan Am Men's Baseball roster announced[リンク切れ] Official web site of USA baseball (英語) (2015年6月30日) 2015年7月21日閲覧
  11. ^ Provisional Athletes List[リンク切れ] Toronto2015 Pan Am/Parapan Am (英語) 2015年7月21日閲覧 (PDF)
  12. ^ Baseball - Athlete Profile United States Toronto2015 Pan Am/Parapan Am (英語) 2015年7月21日閲覧
  13. ^ Costly errors sink U.S., Canada wins Pan Am baseball gold in wild final[リンク切れ] Toronto2015 Pan Am/Parapan Am (英語) (2015年7月19日) 2016年4月12日閲覧
  14. ^ a b c d MLB公式プロフィール参照。2016年6月20日閲覧。
  15. ^ Alden Gonzalez (2016年6月7日). “Angels place Smith on DL, recall Morin” (英語). MLB.com. 2016年6月8日閲覧。
  16. ^ 新外国人選手獲得のお知らせ” (日本語). 東京ヤクルトスワローズ (2017年12月21日). 2017年12月21日閲覧。
  17. ^ 2010年シーズン計測
  18. ^ Player Card: David Huff”. Brooks Baseball. Baseball Prospectus. 2017年12月14日閲覧。
  19. ^ David Huff Stats > Advanced Stats > Rotio Pitching” (英語). Baseball Reference.com. 2017年12月25日閲覧。
  20. ^ 「ハフ投手 Rain man Tシャツ」の受注販売について”. 東京ヤクルトスワローズ (2018年6月8日). 2018年6月11日閲覧。
  21. ^ ヤクルト・ハフ、静寂も集中6回1失点「教会で投げている気分でした」”. サンケイスポーツ (2018年3月22日). 2018年6月11日閲覧。
  22. ^ ヤクルト・ハフ 雨天中止でスライドも「ダイジョウブ!」”. スポーツニッポン (2018年4月25日). 2018年6月11日閲覧。
  23. ^ 【ヤクルト】「アイアム・レインマン」ハフは今季2度目の雨天中止→スライド先発”. スポーツ報知 (2018年5月23日). 2018年6月11日閲覧。
  24. ^ 小川監督、交流戦初勝利にハフ&バレの奮起期待”. 日刊スポーツ (2018年5月30日). 2018年6月11日閲覧。
  25. ^ 6月6日(水)福岡ソフトバンク戦(神宮)試合中止のお知らせ”. 東京ヤクルトスワローズ (2018年6月6日). 2018年6月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]