ケイシー・コールマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケイシー・コールマン
Casey Coleman
ニューブリテン・ビーズ
Casey Coleman on March 10, 2012.jpg
カブス時代(2012年3月10日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州リー郡フォートマイヤーズ
生年月日 (1987-07-03) 1987年7月3日(30歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 MLBドラフト15巡目(全体461位)でシカゴ・カブスから指名
初出場 2010年6月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
プレミア12 2015年
獲得メダル
男子 野球
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
パンアメリカン競技大会
2015 野球

ジョゼフ・ケイシー・コールマンJoseph Casey Coleman, 1987年7月3日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州リー郡フォートマイヤーズ出身のプロ野球選手投手)。右投左打。2017年現在は、独立リーグ・アトランティックリーグニューブリテン・ビーズに所属。

経歴[編集]

カブス時代[編集]

2008年MLBドラフト15巡目(全体461位)でシカゴ・カブスから指名を受けてプロ入り。同年は傘下のマイナー3球団(A-級ボイシ・ホークス、A級ピオリア・チーフス、A+級デイトナ・カブス)でプレーした。

2009年は、AA級テネシー・スモーキーズに昇格して全て先発で27試合に登板して14勝6敗・防御率3.68の成績を残した。この年挙げた14勝はサザンリーグの最多勝であり、カブスの最優秀マイナー投手にも選ばれた。

2010年は、開幕をAAA級アイオワ・カブスで迎え、全て先発で20試合に登板して10勝7敗・防御率4.07の成績を残した。8月2日ミルウォーキー・ブルワーズ戦でメジャーデビューを果たした。同年カブスでは12試合に登板して4勝2敗・防御率4.11の成績を残した。

2011年2012年は、メジャーとマイナーを行き来する事が多く、メジャーでの成績は振るわなかった。

2013年は、一年間AAA級アイオワに在籍し、メジャーでの登板は無かった。

2014年4月14日FAとなった。

ロイヤルズ時代[編集]

2014年4月16日カンザスシティ・ロイヤルズとマイナー契約を結び、傘下のAAA級オマハ・ストームチェイサーズに配属された。5月16日に昇格し、同日のボルチモア・オリオールズ戦で2年ぶりにメジャー復帰したが、この年のメジャー登板はほとんどが9月以降だった。ロイヤルズでは10試合に登板、1勝0敗・防御率5.25の成績を残した。12月15日DFAとなった後[1]、24日にAAA級オマハに配属された[2]

2015年6月30日2015年パンアメリカン競技大会アメリカ合衆国代表に選出されたことが発表され[3]代表入りしている[4][5]。同大会では決勝のカナダ戦でサヨナラ負けし[6]、準優勝で銀メダルを獲得した。

オフの10月5日に自由契約となる。また、10月21日第1回WBSCプレミア12のアメリカ合衆国代表に選出されたことが発表された[7]

ロイヤルズ退団後[編集]

2015年12月17日シアトル・マリナーズとマイナー契約を結んだ[8]

2016年は開幕から傘下のAAA級タコマ・レイニアーズでプレーしていたが、7月1日に自由契約となった。7月7日タンパベイ・レイズとマイナー契約を結び、傘下のAAA級ダーラム・ブルズへ配属された。オフの11月7日にFAとなった[8]

2017年4月30日ヒューストン・アストロズとマイナー契約を結び、5月3日に傘下のAAA級フレズノ・グリズリーズへ配属された[8]。7月6日に解雇となり、7月24日に独立リーグ・アトランティックリーグニューブリテン・ビーズと契約。

人物[編集]

親子孫三代メジャーリーガー[編集]

コールマン家は三世代でメジャー経験があり、全員が投手としてメジャーでプレーしている。祖父ジョー・シニア英語版フィラデルフィア・アスレチックス等で活躍し、1948年にはオールスターに選出されており、実働10年で通算52勝。父ジョー・ジュニア英語版デトロイト・タイガース等で活躍し、こちらも1972年オールスターに選出されており、実働15年で通算142勝。引退後もコーチやスカウトとして長く球界に携わっている。その後、孫ケイシーが2010年にメジャーデビューして史上5組目の「親子孫三代メジャーリーガー」及び史上初の「親子孫三代投手のメジャーリーガー」となった[9]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 CHC 12 8 0 0 0 4 2 0 0 .667 248 57.0 56 3 25 2 2 27 3 0 27 26 4.11 1.42
2011 19 17 0 0 0 3 9 0 0 .250 398 84.1 102 10 46 3 4 75 3 1 62 60 6.40 1.76
2012 17 1 0 0 0 0 2 0 0 .000 119 24.1 37 5 12 0 0 16 1 0 20 20 7.40 2.01
2014 KC 10 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 55 12.0 16 0 6 0 0 5 0 0 8 7 5.25 1.83
通算:4年 58 26 0 0 0 8 13 0 0 .381 820 177.2 211 18 89 5 6 123 7 1 117 113 5.72 1.69
  • 2016年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 27(2010年 - 2012年)
  • 25(2014年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “Royals sign right-hander Pino, designate Coleman”. Associated Press. ESPN.com. (2015年1月12日). http://sports.espn.go.com/espn/wire?section=mlb&id=12034081 2014年12月16日閲覧。 
  2. ^ Polishuk, Mark (2014年12月24日). “Minor Moves: Mijares, Bowden, Runzler”. mlbtraderumors.com. 2015年1月12日閲覧。
  3. ^ 2015 U.S. Pan Am Men's Baseball roster announced Official web site of USA baseball (英語) (2015年6月30日) 2015年7月21日閲覧
  4. ^ Provisional Athletes List Toronto2015 Pan Am/Parapan Am (英語) 2015年7月21日閲覧 (PDF)
  5. ^ Baseball - Athlete Profile United States Toronto2015 Pan Am/Parapan Am (英語) 2015年7月21日閲覧
  6. ^ Costly errors sink U.S., Canada wins Pan Am baseball gold in wild final Toronto2015 Pan Am/Parapan Am (英語) (2015年7月19日) 2016年4月12日閲覧
  7. ^ 2015 USA Baseball Premier12™ roster announced Official Websitr of USA Baseball (英語) (2015年10月21日) 2015年10月24日閲覧
  8. ^ a b c MLB公式プロフィール参照。2017年5月11日閲覧。
  9. ^ 「2010年メジャーデビュー組全203選手リスト」『月刊スラッガー』2011年2月号 日本スポーツ企画出版社 64頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]