アンディ・パリーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンディ・パリーノ
Andy Parrino
Andy Parrino on April 8, 2012.jpg
パドレス時代(2012年4月8日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州モンロー郡ブロックポート英語版
生年月日 (1985-10-31) 1985年10月31日(32歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 遊撃手二塁手
プロ入り 2007年 MLBドラフト26巡目(全体807位)でサンディエゴ・パドレスから指名
初出場 2011年8月26日 アリゾナ・ダイヤモンドバックス
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
獲得メダル
男子 野球
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
パンアメリカン競技大会
2015 野球

アンドリュー・バーカー・パリーノAndrew Barker Parrino, 1985年10月31日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州モンロー郡ブロックポート英語版出身のプロ野球選手内野手)。右投両打。現在は、フリーエージェント(FA)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

ニューヨーク州シラキュースにあるル・モインカレッジ英語版でプレーし、2007年には所属するカンファレンスの年間最優秀選手賞に選ばれる。

プロ入りとパドレス時代[編集]

2007年のMLBドラフト26巡目(全体807位)でサンディエゴ・パドレスから指名され、プロ入り。

2011年8月26日にメジャー初昇格を果たし、その日の対アリゾナ・ダイヤモンドバックス戦でメジャーデビュー。 この年は遊撃手二塁手外野手として試合に出場した。

2012年スプリングトレーニングエバース・カブレラとの競争に勝ち、ユーティリティプレイヤーとして開幕を迎える。6月3日に右手首の張りで故障者リスト入りするまで24試合に先発した、その後は9月5日に再昇格。

アスレチックス時代[編集]

2012年11月16日タイソン・ロスA.J.カービー・ジョーンズとの2対2のトレードで、アンドリュー・ワーナーと共にオークランド・アスレチックスへ移籍した[1]

2013年は開幕をマイナーで迎えるが、負傷したスコット・サイズモアの代わりとして4月10日に昇格。

2014年2月27日ジェイク・エルモアの加入に伴い、DFAとなった[2]

レンジャーズ傘下時代[編集]

2014年3月3日ウェイバー公示を経てテキサス・レンジャーズへ移籍した[3]3月17日にAAA級ラウンドロック・エクスプレスへ異動。AAA級ラウンドロックでは13試合に出場したが、4月18日にDFAとなった[4]

アスレチックス復帰[編集]

2014年4月21日にウェイバー公示を経て古巣・アスレチックスへ復帰[5]。同日にAAA級サクラメント・リバーキャッツへ異動した。6月13日アルベルト・カヤスポが父親産休リスト入りしたため、メジャーへ昇格[6]。2試合に出場したが、16日にカヤスポが復帰したため、AAA級サクラメントへ降格した[7]7月12日にカヤスポが故障者リスト入りしたため、メジャーへ再昇格[8]。昇格後はジョシュ・レディックの故障もあって左翼手の守備に就くなど、3試合に出場したが、7月21日にレディックが故障者リストから復帰したため、AAA級サクラメントへ降格[9]8月14日ジェド・ラウリーが故障者リスト入りしたため再昇格し[10]、遊撃のポジションを奪取したが、12試合の出場で打率.103と結果を残せず、9月は4試合の出場にとどまった。アスレチックスでは21試合に出場して打率.152・1本塁打・3打点だった。

2015年1月10日にDFAとなり[11]、14日に40人枠を外れる形でAAA級ナッシュビル・サウンズ[12]へ配属された。シーズンでは5月22日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りして17試合に出場したが、8打席で無安打だった。6月19日にDFAとなり、22日に再び40人枠を外れる形でAAA級ナッシュビルへ配属された。6月30日2015年パンアメリカン競技大会の男子野球アメリカ合衆国代表に選出されたことが発表され[13]代表入りしている[14][15]。同大会では決勝のカナダ戦でサヨナラ負けし[16]、準優勝で銀メダルを獲得した。10月5日FAとなった[17]

ホワイトソックス傘下時代[編集]

2015年12月4日シカゴ・ホワイトソックスとマイナー契約を結んだ。

2016年は傘下のAAA級シャーロット・ナイツでプレーし、52試合に出場して打率.213・1本塁打・19打点・2盗塁の成績を残した。オフの11月7日にFAとなった[17]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2011 SD 24 55 44 3 8 1 0 0 9 4 1 0 0 1 9 1 1 17 1 .182 .327 .205 .532
2012 55 138 116 9 24 5 0 1 32 6 1 0 2 1 17 7 2 35 2 .207 .316 .276 .592
2013 OAK 14 36 34 2 4 2 0 0 6 1 0 0 0 0 2 0 0 12 1 .118 .167 .176 .343
2014 21 51 46 4 7 3 0 1 13 3 0 0 0 1 3 1 1 14 1 .152 .216 .283 .498
2015 19 8 6 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 5 0 .000 .250 .000 .250
通算:5年 133 288 246 19 43 11 0 2 60 14 2 0 2 3 33 9 4 83 5 .175 .280 .244 .524
  • 2016年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 3(2011年 - 2012年)
  • 12(2013年 - 2015年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ben Nicholson-Smith (2012年11月16日). “Padres Acquire Ross For Parrino, Werner” (英語). MLB Trade Rumors. 2017年5月18日閲覧。
  2. ^ A's Acquire INF Jake Elmore from White Sox”. MLB.com A's Press Release (2014年2月27日). 2014年3月1日閲覧。
  3. ^ Rangers receive INF Andy Parrino on waiver claim from Oakland A's; place LHP Dderek Holland on 60-day disabled list”. MLB.com Rangers Press Release (2014年3月3日). 2014年3月4日閲覧。
  4. ^ Rangers Place Scheppers on DL; Purchase Poreda Contract”. MLB.com Rangers Press Release (2014年4月18日). 2014年4月19日閲覧。
  5. ^ A's claim IF Andy Parrino off waivers from Texas; option him to Sacramento”. MLB.com A's Press Release (2014年4月21日). 2014年4月22日閲覧。
  6. ^ A's Place IF Callaspo on Paternity List; Recall IF Parrino from Sacramento”. MLB.com A's Press Release (2014年6月14日). 2015年1月11日閲覧。
  7. ^ A's Reinstate IF Callaspo from Paternity List; Option IF Parrino to Sacramento”. MLB.com A's Press Release (2014年6月16日). 2015年1月11日閲覧。
  8. ^ A's Place IF Callaspo on 15-Day DL; Recall IF Parrino from Sacramento”. MLB.com A's Press Release (2014年7月13日). 2015年1月11日閲覧。
  9. ^ A's reinstate Reddick from the DL”. MLB.com A's Press Release (2014年7月23日). 2015年1月11日閲覧。
  10. ^ A's Place IF Lowrie on 15-Day DL; Recall IF Parrino from Triple-A Sacramento”. MLB.com A's Press Release (2014年8月15日). 2015年1月11日閲覧。
  11. ^ A's Acquire Ben Zobrist and Yunel Escobar from Tampa Bay”. MLB.com A's Press Release (2015年1月10日). 2015年1月11日閲覧。
  12. ^ 2015年よりアスレチックス傘下
  13. ^ 2015 U.S. Pan Am Men's Baseball roster announced Official web site of USA baseball (英語) (2015年6月30日) 2015年7月21日閲覧
  14. ^ Provisional Athletes List Toronto2015 Pan Am/Parapan Am (英語) 2015年7月21日閲覧 (PDF)
  15. ^ Baseball - Athlete Profile United States Toronto2015 Pan Am/Parapan Am (英語) 2015年7月21日閲覧
  16. ^ Costly errors sink U.S., Canada wins Pan Am baseball gold in wild final Toronto2015 Pan Am/Parapan Am (英語) (2015年7月19日) 2016年4月12日閲覧
  17. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2017年5月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]