2018年の東北楽天ゴールデンイーグルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2018年の東北楽天ゴールデンイーグルス
成績
パシフィック・リーグ6位
58勝82敗3分 勝率.414
本拠地
都市 宮城県仙台市
球場 楽天生命パーク宮城
Rakuten Seimei Park Miyagi(2018).jpg
球団組織
オーナー 三木谷浩史
経営母体 楽天
監督 梨田昌孝(6月16日まで)
平石洋介(6月17日から代行)
« 2017
2019 »

2018年の東北楽天ゴールデンイーグルスでは、2018年シーズンについての東北楽天ゴールデンイーグルスの動向をまとめる。

この年の東北楽天ゴールデンイーグルスは、梨田昌孝監督の3年目のシーズンである。6月16日の阪神戦に敗れ、負け越しが20に達したところで梨田監督が辞任し、平石洋介が監督代行に就任した[1]

開幕前[編集]

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

オーダー変遷
開幕 5/2 6/1 7/1 8/1 9/1
1 茂木栄五郎 茂木栄五郎 茂木栄五郎 田中和基 茂木栄五郎 西巻賢二
2 ペゲーロ ペゲーロ 銀次 茂木栄五郎 島内宏明 島内宏明
3 島内宏明 銀次 田中和基 島内宏明 今江年晶 今江年晶
4 ウィーラー ウィーラー 今江年晶 今江年晶 銀次 銀次
5 銀次 アマダー ペゲーロ 銀次 アマダー ウィーラー
6 内田靖人 藤田一也 ウィーラー 藤田一也 渡辺直人 アマダー
7 アマダー 岡島豪郎 内田靖人 ペゲーロ ペゲーロ ディクソン
8 嶋基宏 嶋基宏 岡島豪郎 嶋基宏 山下斐紹 内田靖人
9 岡島豪郎 オコエ瑠偉 嶋基宏 田中和基 田中和基 嶋基宏
則本昂大 岸孝之 辛島航 美馬学 古川侑利 岸孝之
2018年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 西武 -- 西武 -- 西武 -- 西武 -- 西武 -- 西武 --
2位 日本ハム 5.5 日本ハム 1.0 日本ハム 0.0 日本ハム 3.0 ソフトバンク 6.0 ソフトバンク 6.5
3位 ソフトバンク 6.5 ソフトバンク 3.5 ソフトバンク 3.0 ソフトバンク 9.5 日本ハム 7.0 日本ハム 13.5
4位 ロッテ 7.0 オリックス 5.0 オリックス 4.0 ロッテ ロッテ 14.5 オリックス 21.5
5位 オリックス 9.5 ロッテ 7.0 ロッテ 4.0 オリックス 11.5 オリックス 15.0 ロッテ 28.5
6位 楽天 13.5 楽天 12.0 楽天 13.5 楽天 15.0 楽天 21.0 楽天 29.5

[注 1]


2018年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 埼玉西武ライオンズ 88 53 2 .624 ---
2位 福岡ソフトバンクホークス 82 60 1 .577 6.5
3位 北海道日本ハムファイターズ 74 66 3 .529 13.5
4位 オリックス・バファローズ 65 73 5 .471 21.5
5位 千葉ロッテマリーンズ 59 81 3 .421 28.5
6位 東北楽天ゴールデンイーグルス 58 82 3 .414 29.5

セ・パ交流戦[編集]

日本生命セ・パ交流戦2018 最終成績
順位 球団 勝率
優勝 東京ヤクルトスワローズ 12 6 0 .667 ---
2位 オリックス・バファローズ 11 6 1 .647 0.5
3位 千葉ロッテマリーンズ 11 7 0 .611 1.0
4位 福岡ソフトバンクホークス 11 7 0 .611 1.0
5位 北海道日本ハムファイターズ 10 8 0 .556 2.0
6位 埼玉西武ライオンズ 10 8 0 .556 2.0
7位 読売ジャイアンツ 8 10 0 .444 4.0
8位 横浜DeNAベイスターズ 8 10 0 .444 4.0
9位 中日ドラゴンズ 7 11 0 .389 5.0
10位 広島東洋カープ 7 11 0 .389 5.0
11位 阪神タイガース 6 11 1 .353 5.5
12位 東北楽天ゴールデンイーグルス 6 12 0 .333 6.0

[注 2]

入団・退団[編集]

シーズン開幕前[編集]

本節では、前レギュラーシーズン終了から本シーズン開幕までの入退団について記述する。なお、退団の去就はスポーツ関係又は芸能関係の職業に転身した場合のみを記載し、空欄は前述以外の一般職業に転身もしくは去就不明を示す。

支配下選手
登録 抹消
No 選手名 区分 前所属 No 選手名 区分 去就
投手
12 近藤弘樹 ドラフト1位 岡山商科大学 26 金刃憲人 自由契約 打撃投手
47 渡邊佑樹 ドラフト4位 横浜商科大学 28 石橋良太 自由契約 育成再契約
56 寺岡寛治 ドラフト7位 BCリーグ・石川 34 武藤好貴 自由契約 社会人JR北海道
47 大塚尚仁 自由契約 巨人打撃投手
50 入野貴大 自由契約 育成再契約
90 宮川将 自由契約 育成再契約
91 久保裕也 自由契約 育成再契約
捕手
29 山下斐紹 トレード 福岡ソフトバンクホークス 29 小関翔太 自由契約 社会人・新日鐵住金かずさ
内野手
26 渡辺直人 自由契約 埼玉西武ライオンズ 00 阿部俊人 自由契約 球団職員(イーグルスアカデミーコーチ)
34 山﨑剛 ドラフト3位 國學院大學 7 松井稼頭央 自由契約 埼玉西武ライオンズ
67 西巻賢二 ドラフト6位 仙台育英高 55 西田哲朗 トレード 福岡ソフトバンクホークス
56 中川大志 自由契約 横浜DeNAベイスターズ
外野手
0 島井寛仁 支配下登録 育成選手 24 福田将儀 自由契約
13 岩見雅紀 ドラフト2位 慶應義塾大学 67 クルーズ 自由契約 メキシコの旗 メキシコシティ・レッドデビルズ
50 耀飛 ドラフト5位 BFL・兵庫
55 ディクソン 新外国人 アメリカ合衆国の旗ドジャース傘下AAA
育成選手
登録 抹消
No 選手名 区分 前所属 No 選手名 区分 去就
投手
028 石橋良太 再契約 支配下選手
091 久保裕也 再契約 支配下選手
121 宮川将 再契約 支配下選手
124 入野貴大 再契約 支配下選手
132 井手亮太郎 育成ドラフト1位 九州産業大学
内野手
133 松本京志郎 育成ドラフト2位 光南高
外野手
134 中村和希 育成ドラフト3位 天理大学 005 島井寛仁 支配下登録 開幕前に支配下登録

[2][3]

シーズン開幕後[編集]

本節では、本シーズン開幕から終了までの入退団について記述する。

育成選手→支配下
No. 選手名 守備
5月 091→91 久保裕也 投手
7月 028→94 石橋良太 投手

[4]

ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018 選出選手[編集]

日本代表
松井裕樹
則本昂大
高梨雄平

2018日米野球 選出選手[編集]

日本代表
岸孝之
松井裕樹
高梨雄平
田中和基

選手・スタッフ[編集]

  • 背番号変更
小野郁 15→28[5]
美馬学 31→15[5]
三好匠 57→24[5]
宋家豪 94→43[6]
八百板卓丸 95→57[5]
島井寛仁 005→0(開幕前に支配下登録)[7]
久保裕也 091→91(5月支配下登録)[8]
石橋良太 028→94(7月支配下登録)[9]
  • 登録名変更
出口匠→匠[10]

試合結果[編集]

凡例
勝利試合 敗北試合 引き分け 中止
2018年 レギュラーシーズン

個人成績[編集]

表彰[編集]

達成記録[編集]

  • 4月6日 - 則本昂大が通算1000奪三振、史上147人目。
  • 4月21日 - 今江年晶が通算100本塁打、史上286人目。
  • 5月19日 - 則本昂大が通算1000投球回、史上349人目。
  • 6月7日 - 岸孝之が通算1500奪三振、史上54人目。
  • 8月10日 - 嶋基宏が通算200犠打、史上42人目。
  • 9月16日 - 松井裕樹が通算100セーブ、史上31人目。

ドラフト指名選手[編集]

新人選手選択会議
順位 選手名 守備 所属
1位 辰己涼介 外野手 立命館大学
2位 太田光 捕手 大阪商業大学
3位 引地秀一郎 投手 倉敷商業高
4位 弓削隼人 投手 SUBARU
5位 佐藤智輝 投手 山形中央高
6位 渡邉佳明 内野手 明治大学
7位 小郷裕哉 外野手 立正大学
8位 鈴木翔天 投手 富士大学
育成選手選択会議
順位 選手名 守備 所属
1位 清宮虎多朗 投手 八千代松陰高
2位 則本佳樹 投手 山岸ロジスターズ

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 勝率が同率で並んだ場合、(1)当該球団間の対戦勝率(2)交流戦を除くリーグ戦勝率(3)前年度順位で順位が決定される>
  2. ^ 勝率が同率で並んだ場合、(1)勝利数(2)当該チーム間の当年度交流戦の直接対決成績(3チーム以上並んだ場合は省略)(3)得点/攻撃イニング-失点/守備イニング(4)前項を自責点に置き換えたもの(5)チーム打率(6)前年度の交流戦順位で順位が決定される。

出典[編集]

  1. ^ 楽天梨田監督、借金20で辞任決断「この時期では」日刊スポーツ 2018年6月17日
  2. ^ 2017年度NPB公示 NPBHP
  3. ^ ニュース 一覧 東北楽天ゴールデンイーグルス公式HP
  4. ^ 2018年度NPB公示 NPBHP
  5. ^ a b c d 背番号の変更に関して 東北楽天イーグルス公式HP(2017年12月5日)、2017年12月6日閲覧
  6. ^ 背番号の変更に関して 東北楽天イーグルス公式HP(2017年11月27日)、2017年12月2日閲覧
  7. ^ 【島井寛仁選手】支配下選手登録に関して”. 東北楽天イーグルス公式HP (2017年11月22日). 2018年3月16日閲覧。
  8. ^ 【久保裕也選手】支配下選手登録に関して”. 東北楽天イーグルス公式HP (2018年5月5日). 2018年5月7日閲覧。
  9. ^ 【石橋良太選手】支配下選手登録に関して”. 東北楽天イーグルス公式HP (2018年7月26日). 2018年7月26日閲覧。
  10. ^ 登録名の変更に関して 東北楽天イーグルス公式HP(2017年11月27日)、2017年12月2日閲覧

関連項目[編集]