フランク・ハーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フランク・ハーマン
Frank Herrmann
F j herrmann20170520.jpg
楽天時代
(2017年、ZOZOマリンスタジアムにて)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニュージャージー州バーゲン郡ラザーフォード英語版
生年月日 (1984-05-30) 1984年5月30日(38歳)
身長
体重
193 cm
100 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 アマチュアFA
初出場 MLB / 2010年6月4日
NPB / 2017年3月31日
最終出場 MLB / 2016年10月2日
NPB / 2021年10月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

フランク・ジョセフ・ハーマンFrank Joseph Herrmann, 1984年5月30日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州バーゲン郡ラザフォード英語版出身の元プロ野球選手投手)。右投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

高校時代は、野球の他にもアメリカンフットボールバスケットボールをプレーしており、特にバスケットボールでは3年間で1000点を取るほどの活躍を見せていた[1]

大学はアメリカの名門・ハーバード大学経済学部に進学[1]。経済学を学びつつ、学内誌「The Harvard Crimson英語版」のコラムの執筆もしていた[2]。大学でも野球を続けていたが当初はプロのことは全く考えていなかった[1]。しかし、大学3年時の夏にハワイで行われた大学野球のサマーリーグに参加した際、クリーブランド・インディアンスのスカウトの目に留まり、家族の猛反対を受けながらもドラフト外でのプロ入りを決意[1]2005年8月14日にインディアンスと契約した[3]

プロ入りとインディアンス時代[編集]

インディアンス時代(2014年)

2006年は、傘下のA級レイクカウンティ・キャプテンズでプロデビューし、26試合に先発登板して4勝6敗、防御率3.90、89奪三振を記録した。この年はまだ大学生であったため、シーズンオフに大学へ戻って学位を取得し、12月に卒業した[1]

2007年は、A+級キンストン・インディアンスでプレーし、26試合に先発登板して11勝5敗、防御率4.01、88奪三振を記録した。

2008年は、A+級キンストン、AA級アクロン・エアロズ、AAA級バッファロー・バイソンズでプレーし、3球団合計で26試合に先発登板して11勝8敗、防御率4.14、104奪三振を記録した。

2009年は、AA級アクロンとAAA級コロンバス・クリッパーズでプレーし、2球団合計で49試合(先発5試合は全てAA級)に登板して4勝4敗2セーブ、防御率2.95、62奪三振を記録した。

2010年は、AAA級コロンバスで開幕を迎えると、27.1回連続無失点の好投が認められ、6月にメジャー初昇格を果たした[4]。6月4日のシカゴ・ホワイトソックス戦でメジャーデビュー。ハーバード大出身者では史上16人目のメジャーリーガーとなった[1]。この年は、メジャーでは40試合に登板して0勝1敗1セーブ、防御率4.03、24奪三振を記録した。シーズンオフには大学時代からの知人女性と結婚した[1]

2011年は、40試合に登板して4勝0敗、防御率5.11、34奪三振を記録した。

2012年は、15試合に登板して勝敗なしの防御率2.33、14奪三振を記録した。

2013年は、3月にトミー・ジョン手術を受けたため[5]、全休した。

2014年は、メジャーでの登板は無く、8月11日に自由契約となった[6]。この年はAAA級コロンバスで28試合に登板して1勝1敗、防御率6.37、30奪三振を記録した。

インディアンス退団後[編集]

2015年は、1月27日からロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムのスプリングトレーニングに招待選手として参加し[7]、傘下のAAA級ソルトレイク・ビーズで開幕を迎えた。37試合に登板し、3勝1敗1セーブ、防御率4.05の成績を残していたが、被打率が.320と高く8月11日にFAとなった[3]。その後、同16日にピッツバーグ・パイレーツと契約し、傘下のAAA級インディアナポリス・インディアンスでプレー。7試合の登板で1勝1敗、防御率1.50の成績を残したが、オフにFAとなった[3]

2015年11月18日にフィラデルフィア・フィリーズとマイナー契約を結んだ。2016年は開幕を傘下のAAA級リーハイバレー・アイアンピッグスで迎え、27試合に登板して6勝1敗、防御率1.72、31奪三振を記録した。8月17日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[6]。その後は、閉幕までメジャーに帯同。この年は、メジャーで14試合に登板して1勝2敗、防御率8.40、14奪三振を記録した。

楽天時代[編集]

2016年11月29日、東北楽天ゴールデンイーグルスへの入団が発表された[8]。背番号は42[9]。ハーバード大学出身の選手がNPBの球団に所属する事例は、1954年高橋ユニオンズにおよそ2か月間だけ所属したジム・ドゥール以来2人目[1]

2017年は、勝ちパターンのセットアッパーとして、一軍公式戦56試合に登板。3勝1敗33ホールド、防御率2.72という成績で、チームの4年ぶりクライマックスシリーズ(CS)進出に貢献したほか、CSでは通算3試合の登板を無失点で凌いだ。その一方で、オープン戦からレギュラーシーズン序盤の試合までは、ボークを取られる場面が続出。登板を重ねるにつれて改善されたものの、レギュラーシーズンでは、パシフィック・リーグ最多の4ボークを記録した。

2018年は、前年に続いて、セットアッパーとしてシーズンをスタート。クローザー松井裕樹が不調に陥ったことを背景に、5月中旬からは、松井と役割を入れ替える格好でクローザーを務めた。一軍公式戦では、通算で47試合に登板。左大内転筋付着部炎や左半腱様筋付着部炎の発症で8月末から一時戦線を離脱した[10]ほか、2勝3敗と負け越したものの、防御率1.99、18セーブ、12ホールドを記録した。

2019年は、セットアッパー候補としてアラン・ブセニッツが新たに入団したため、2017年のシーズン終盤から一軍の救援陣に加わっている宋家豪と合わせて、3人の右投手で一軍の外国人枠とセットアッパーの座を争った。レギュラーシーズンの開幕こそ宋と揃って一軍で迎えたものの、5月11日の対オリックス・バファローズ戦(ほっともっとフィールド神戸)8回裏の登板で一死を取っただけで5点を失った末に逆転負けを喫する[11]と、15日付でブセニッツに代わって出場選手登録を抹消[12]。宋の不調で6月中旬に再び登録されて[13]からは、ブセニッツと共にセットアッパーを担った。チームが千葉ロッテマリーンズとの間でCS最後の1枠(レギュラーシーズン3位の座)を激しく争っていた9月中旬にも、故障で戦線を離脱していた主力打者ゼラス・ウィーラーの復帰を優先させる首脳陣の方針で登録を抹消されたが、一軍公式戦には前年を上回る50試合に登板[14]。防御率が3.04にまで達した一方で、入団後最も多い5勝を挙げたほか、21ホールドを記録した。なお、レギュラーシーズン最終盤の9月下旬には、残り2試合の時点でブセニッツに代わって一軍へ復帰[15]。チームは復帰後に2年ぶりのCS進出を決めたが、福岡ソフトバンクホークスとのCSファーストステージを含めて、ハーマンには登板の機会がなかった。前述したチーム事情などとの兼ね合いで翌2020年への残留交渉の機会もないまま、球団からNPBに対する契約保留者名簿の提出期限(11月30日)を迎えた[16]ため、12月2日付でNPBから自由契約選手として公示された[17]

ロッテ時代[編集]

2019年12月19日、千葉ロッテマリーンズが獲得を発表した[18]。背番号は楽天時代と変わらず42

2020年は、8回のジェイ・ジャクソン、9回の益田直也につなぐ7回の投手として勝利の方程式に組み込まれ、開幕一軍入り[19]。6月19日に行われたソフトバンクとの開幕戦(福岡PayPayドーム)で、7回裏に移籍後初登板すると、翌20日の同カードでは、同点の7回裏に登板し、移籍後初勝利を挙げた[20]。7月8日にジャクソンが退団すると、8回に配置転換。7回を投げる男が不在になったが、8月になってその穴を唐川侑己が埋め、新たに7回唐川、8回ハーマン、9回益田の勝ちパターンが構築された[19]。8月に限ると、この3人を合わせた防御率は0.53と抜群の安定感を誇った[21]。さらに、9月7日にはトレードで加入した澤村拓一も勝ちパターンに加わったことにより中継ぎの厚みが増し、吉井理人投手コーチの徹底した登板管理もあり、3日連続で登板することがなく、シーズンを通して安定したピッチングを披露[19]。9月にはリーグトップの月間救援防御率2.48を記録したチームの救援陣を支えた[19]。しかし、9月16日に右手第2指伸筋腱損傷で離脱[22]。10月27日に復帰した[23]あとは再びブルペンを支え、最終的に38試合の登板で3勝2敗、防御率2.15、リーグ3位タイとなる23ホールドを記録し、チーム13年ぶりの2位、4年ぶりのAクラス入り・クライマックスシリーズ進出に貢献した。クライマックスシリーズでは、11月14日の第1戦、翌日の第2戦共に7回裏に登板。第1戦は三者凡退に抑えたが、第2戦は周東佑京に適時打を打たれ、1回1失点だった[24]。チームは両日敗戦し、シーズンを終えた。シーズンオフの12月2日に自由契約となったが[25]、12月14日に2021年も契約を結ぶことが発表された[26][27]

2021年は、前年オフに澤村がメジャーリーグに移籍したため、前年の中盤と同様、勝ち試合の8回を担当するセットアッパーとして開幕一軍入り[28]。しかし、初登板となった3月27日のソフトバンク戦(福岡PayPayドーム)で、1点リードの8回裏に3安打を浴びて同点を許し[29]、翌28日の同カードでは1点リードの8回裏にアルフレド・デスパイネから逆転2点本塁打を浴びた[30]。さらに4月2日の北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)では14点リードの8回裏に登板するも1回5安打4失点と[31]、開幕から3試合連続で失点を喫してしまい[28]、一時は勝ちパターンを外れた[32]。それでも、その後は10試合連続無失点を記録するなど復調し、4月中旬からは勝ち試合の7回を任されるようになり[33][注 1]、5月16日の埼玉西武ライオンズ戦(ZOZOマリンスタジアム)では、史上35人目となる通算100ホールドを達成した[34]。6月4日に腰痛で登録抹消されることはあったものの[35]、同20日に復帰[36]。その後、前半戦は計29試合に登板し、0勝0敗20ホールド、防御率5.93の成績だった[37]。この年は、東京オリンピック開催の影響により、7月14日から約1か月間リーグ戦が中断されたため、7月15日にアメリカへ一時帰国した[38]。後半戦は、佐々木千隼の台頭したことや、6月に横浜DeNAベイスターズからトレードで加入した国吉佑樹が合流したことにより勝ちパターンとして投げる機会が減少[39]。シーズン最終盤の10月25日にコンディション不良で登録抹消された[40][41]。最終成績は、45試合の登板で1勝1敗24ホールド、防御率は来日以降ワーストとなる5.19であった。チームは2年連続でクライマックスシリーズに進出したが、出場選手登録されず、11月8日に帰国した[42]。12月2日に公示された保留者名簿には記載されず、自由契約となった[43]

ロッテ退団後[編集]

2022年2月19日、現役を引退し、トロント・ブルージェイズのフロント入りすることが発表された[44]。今後はスカウト部門と編成、および育成部門で業務にあたる[44]

プレースタイル[編集]

スリークォーターから最速157km/hのストレートと[45]カーブスライダーを投じる[46]。速球の切れの良さを示すボール回転数は則本昂大(平均2300rpm台後半[47])と同程度[46]

人物[編集]

愛称は「ハーム[48]

ハーバード大学で経済学の学位を取得している。もし野球選手にならなければ投資銀行に就職していたという[4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 CLE 40 0 0 0 0 0 1 1 7 .000 189 44.2 48 6 9 0 2 24 2 0 22 20 4.03 1.28
2011 40 0 0 0 0 4 0 0 0 1.000 253 56.1 71 7 16 1 0 34 1 0 35 32 5.11 1.54
2012 15 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 71 19.1 12 1 4 0 0 14 0 0 5 5 2.33 0.83
2016 PHI 14 0 0 0 0 1 2 0 0 .333 69 15.0 20 7 5 0 1 14 3 0 16 14 8.40 1.67
2017 楽天 56 0 0 0 0 3 1 1 33 .750 222 53.0 48 8 13 0 3 58 2 4 20 16 2.72 1.15
2018 47 0 0 0 0 2 3 18 12 .400 183 45.1 36 2 17 2 2 44 4 0 13 10 1.99 1.17
2019 50 0 0 0 0 5 3 0 21 .625 184 47.1 31 5 16 2 0 49 2 0 16 16 3.04 0.99
2020 ロッテ 38 0 0 0 0 3 2 1 23 .600 149 37.2 28 2 12 3 0 37 4 0 9 9 2.15 1.06
2021 45 0 0 0 0 1 1 0 24 .500 189 43.1 47 7 13 1 1 38 3 0 26 25 5.19 1.38
MLB:4年 109 0 0 0 0 5 3 1 7 .625 582 135.1 151 21 34 1 3 86 6 0 78 71 4.72 1.37
NPB:5年 236 0 0 0 0 14 10 20 113 .583 927 226.2 190 24 71 8 6 226 15 4 84 76 3.02 1.15
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



投手












2010 CLE 40 0 4 0 0 1.000
2011 40 0 3 0 0 1.000
2012 15 0 1 0 0 1.000
2016 PHI 14 0 1 1 0 .500
2017 楽天 56 1 7 0 0 1.000
2018 47 0 10 0 1 1.000
2019 50 1 7 0 0 1.000
2020 ロッテ 38 4 3 0 0 1.000
2021 45 2 4 1 0 .857
MLB 109 0 9 1 0 .900
NPB 236 8 31 1 1 .975

記録[編集]

NPB[編集]

初記録
節目の記録

背番号[編集]

  • 56(2010年 - 2012年)
  • 53(2016年)
  • 42(2017年 - 2021年)

登場曲[編集]

  • 「Thunder struck」AC/DC(2017年 - 2021年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 勝ち試合の8回は、開幕当初は7回を担当していた唐川が務めた[33]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 家族からは猛反対…ハーバード大出身、ロッテのフランク・ハーマンが野球の道に進んだ理由”. 文春オンライン (2021年4月7日). 2022年2月19日閲覧。
  2. ^ Frank Herrmann” (英語). The Harvard Crimson. 2022年2月19日閲覧。
  3. ^ a b c Frank Herrmann” (英語). 2022年2月19日閲覧。
  4. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2011』廣済堂出版、2011年、162頁。ISBN 978-4-331-51518-1 
  5. ^ Aaron Gleeman (2013年3月13日). “Indians reliever Frank Herrmann out for the season after Tommy John surgery” (英語). NBCSports.com. 2016年12月10日閲覧。
  6. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2016年12月10日閲覧。
  7. ^ Minor Moves: Morris, Stewart, Herrmann” (英語). MLBTR (2015年1月27日). 2022年2月19日閲覧。
  8. ^ フランク・ハーマン選手の契約合意に関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト (2016年11月29日). 2016年12月10日閲覧。
  9. ^ 背番号と表記変更に関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト (2016年11月29日). 2016年12月10日閲覧。
  10. ^ 楽天ハーマン登録抹消 ケガで競技復帰まで2週間”. 日刊スポーツ (2018年8月31日). 2019年11月23日閲覧。
  11. ^ 楽天 痛ッ!ハーマン5失点炎上、連敗で勝率5割逆戻り”. スポーツニッポン (2019年5月15日). 2019年11月23日閲覧。
  12. ^ 楽天 ブセニッツが一軍初昇格「とても興奮しているよ」”. スポーツニッポン (2019年5月15日). 2019年11月23日閲覧。
  13. ^ 【楽天】セットアッパー・宋家豪が登録抹消 代わりにハーマンが再昇格”. スポーツ報知 (2019年6月13日). 2019年11月23日閲覧。
  14. ^ 【楽天】平石監督が勝負手!セットアッパーのハーマンを抹消してウィーラーが一軍へ「苦渋の決断だった」”. スポーツ報知 (2019年9月12日). 2019年11月23日閲覧。
  15. ^ 【楽天】残り2試合でハーマンが一軍に復帰「きょう勝つためにベストの選択」と平石監督”. スポーツ報知 (2019年9月24日). 2019年11月23日閲覧。
  16. ^ 楽天 ブラッシュ、ブセニッツ、宋家豪と契約更新”. 日刊スポーツ (2019年12月3日). 2019年12月3日閲覧。
  17. ^ 2019年度自由契約選手NPB日本野球機構
  18. ^ フランク・ハーマン投手 入団について”. 千葉ロッテマリーンズ (2019年12月19日). 2019年12月19日閲覧。
  19. ^ a b c d 救援防御率リーグ2位の「3.30」 ロッテの“強力ブルペン陣”を振り返る”. BASEBALL KING (2020年11月18日). 2020年12月15日閲覧。
  20. ^ ロッテ初勝利、ハーマン1勝、ソフトバンク松本1敗”. 日刊スポーツ (2020年6月20日). 2020年12月15日閲覧。
  21. ^ ロッテは登板管理徹底 10月以降に救援陣フル稼働”. 日刊スポーツ (2020年8月30日). 2020年12月15日閲覧。
  22. ^ ロッテ「8回の男」ハーマンが故障で登録抹消”. 日刊スポーツ (2020年9月16日). 2020年12月15日閲覧。
  23. ^ DeNA佐野ら抹消、森敬斗ら登録/27日公示”. 日刊スポーツ (2020年10月27日). 2020年12月15日閲覧。
  24. ^ ソフトバンク周東が適時三塁打「取り返したかった」”. 日刊スポーツ (2020年11月15日). 2020年12月15日閲覧。
  25. ^ ロッテ球団本部長「ハーマンとチェンは交渉を継続」”. 日刊スポーツ (2020年12月2日). 2020年12月15日閲覧。
  26. ^ ハーマン投手 来季契約について”. 千葉ロッテマリーンズ (2020年12月15日). 2020年12月15日閲覧。
  27. ^ ロッテ、ハーマンと契約「プレーできること興奮」”. 日刊スポーツ (2020年12月15日). 2020年12月15日閲覧。
  28. ^ a b リリーフタイプの投手獲得にみたロッテの補強の上手さ”. ベースボールキング (2021年12月19日). 2022年1月9日閲覧。
  29. ^ “ロッテがサヨナラ負け開幕連敗、美馬好投も援護なし”. 日刊スポーツ. (2021年3月27日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202103270001118_m.html 2022年2月20日閲覧。 
  30. ^ “ロッテまた救援陣が崩れて開幕3連敗 連日の悪夢に井口監督「中継ぎ、後ろがしっかりしない…」”. スポーツニッポン. (2021年3月29日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/03/29/kiji/20210329s00001173173000c.html 2022年2月20日閲覧。 
  31. ^ 2021年4月2日(金) 札幌ドーム【パ・リーグ公式戦】 北海道日本ハムファイターズ vs 千葉ロッテマリーンズ 1回戦”. NPB. 2022年2月20日閲覧。
  32. ^ “速球自慢のロッテ小野郁 悔しがる1回5失点 呼ばれない歯がゆさを飛躍に”. 日刊スポーツ. (2021年12月12日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202112110000999_m.html 2022年1月9日閲覧。 
  33. ^ a b 好調ロッテ、6回終了時点でリードしていれば負けない?抜群の安定感を誇る救援陣”. ベースボールキング (2021年9月7日). 2022年2月19日閲覧。
  34. ^ a b “千葉ロッテマリーンズ・ハーマンがNPB通算100ホールドを達成、史上35人目”. DAZN NEWS (株式会社DAZN). (2021年5月16日). https://www.dazn.com/ja-JP/news/npb/%E5%8D%83%E8%91%89%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%81%8Cnpb%E9%80%9A%E7%AE%97100%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%92%E9%81%94%E6%88%90%E5%8F%B2%E4%B8%8A35%E4%BA%BA%E7%9B%AE-%E3%83%97%E3%83%AD%E9%87%8E%E7%90%83/54yrwwws5trx1w05ke8rd50l2 2021年5月16日閲覧。 
  35. ^ “ロッテ・ハーマン、腰痛のため登録抹消 井口監督「長引いては困るので」”. 日刊スポーツ. (2021年6月15日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202106040001384_m.html 2022年1月10日閲覧。 
  36. ^ “ヤクルト奥川恭伸、大下佑馬ら登録 日本ハム立野ら抹消/20日公示”. 日刊スポーツ. (2021年6月20日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202106200000347_m.html 2022年2月20日閲覧。 
  37. ^ “ロッテの中継ぎ右腕・ハーマンが米国に一時帰国”. サンケイスポーツ. (2021年7月15日). https://www.sanspo.com/article/20210715-ATEBPG6VXFLTNHV2V6XZJVYF5A/ 2022年2月20日閲覧。 
  38. ^ ロッテのハーマンが一時帰国”. ベースボールキング (2021年7月15日). 2022年2月20日閲覧。
  39. ^ 救援防御率「3.24」ロッテを支えたリリーフ陣”. ベースボールキング (2021年11月16日). 2022年2月20日閲覧。
  40. ^ “ロッテがハーマンを抹消 オリックスは能見、宮城を抹消し、後藤、西村の2外野手を登録”. デイリースポーツ. (2021年10月25日). https://www.daily.co.jp/baseball/2021/10/25/0014790417.shtml 2022年2月20日閲覧。 
  41. ^ “ロッテ・ハーマン退団へ 今季45戦登板もCS前に帰国 フローレスも今季限り”. スポーツニッポン. (2021年11月14日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/11/14/kiji/20211114s00001173092000c.html 2022年1月26日閲覧。 
  42. ^ “【ロッテ】ハーマンが米国帰国 CSファーストステージには登録されず”. 中日スポーツ. (2021年11月9日). https://www.chunichi.co.jp/article/362406 2022年2月20日閲覧。 
  43. ^ 【NPB】プロ野球、球団保留者名簿から漏れたのは? 一斉公示された自由契約選手一覧”. ベースボールチャンネル (2021年12月2日). 2022年2月20日閲覧。
  44. ^ a b “元楽天で昨年ロッテ退団のハーマン氏がブルージェイズでフロント入り、スカウト部門など担当”. 日刊スポーツ. (2022年2月19日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/mlb/news/202202190000357_m.html 2022年2月19日閲覧。 
  45. ^ “楽天 最速157キロの“インテリ右腕”ハーマンが入団会見”. スポーツニッポン. (2017年1月31日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/01/31/kiji/20170131s00001173158000c.html 2022年2月20日閲覧。 
  46. ^ a b <楽天>新守護神ハーマン驚異の活躍 先頭出さぬ意識徹底” (2018年7月20日). 2022年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月20日閲覧。
  47. ^ “【石井一久 分析】なぜ三振取れる?則本 米トップ級の直球2500回転超”. スポーツニッポン. (2017年5月26日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/05/26/kiji/20170525s00001173455000c.html 2022年2月20日閲覧。 
  48. ^ 42 フランク・ハーマン 選手名鑑2021|千葉ロッテマリーンズ” (日本語). 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト. 2021年8月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]