則本昂大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
則本 昂大
東北楽天ゴールデンイーグルス #14
T norimoto20140806.jpg
QVCマリンフィールドにて(2014年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 滋賀県犬上郡多賀町[1]
生年月日 (1990-12-17) 1990年12月17日(26歳)
身長
体重
178 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2012年 ドラフト2位
初出場 2013年3月29日
年俸 2億円(2017年)[2]
※2017年から3年契約
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本代表
WBC 2017年
プレミア12 2015年

則本 昂大(のりもと たかひろ、1990年12月17日 - )は、滋賀県犬上郡多賀町出身[1]プロ野球選手投手)。右投左打。東北楽天ゴールデンイーグルスに所属。プロ野球滋賀県人会副会長を務めている。

2リーグ制以降では初の「新人から4年連続開幕投手」であり、新人だった2013年シーズンにいくつものNPB記録を達成した。また、NPBにおける奪三振記録をいくつか持っており、連続試合2桁奪三振記録(8試合)の保持者であり、パ・リーグにおいて4年連続最多奪三振2014年 - 2017年)を記録している。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

多賀町立大滝小学校時代には「多賀少年野球クラブ」に所属し、5年生からエースに[3]。主将として全日本学童軟式野球大会(水戸市)出場、近畿ろうきん杯学童軟式野球大会(阪神甲子園球場) 優勝。また、水泳を習っていたため、それにより怪我をしにくい体が作られた[3]。多賀町立多賀中学校では軟式野球部に所属し、滋賀県立八幡商業高等学校入学後に硬式野球に転向した。高校時代は2年生から主戦投手となるも、甲子園の出場経験は無し。

三重中京大学進学後は1年秋からリーグ戦に出場。2年次の第59回全日本大学野球選手権大会では広島経済大学戦で救援登板するもサヨナラ負けを喫した。3年次はナゴヤドームのスピードガンコンテストに一般参加し143キロを記録している。4年次の第61回全日本大学野球選手権大会の1回戦で大阪体育大学相手に延長10回を投げ、大隣憲司近大)や藤岡貴裕東洋大)の持つ大会記録の19奪三振を超える20奪三振(参考記録)を記録し、特別賞を受賞した[4]。大学通算でリーグMVP1回、ベストナイン2回を受賞。三重県リーグ通算成績は33勝0敗、防御率0.56[5]。大学時代の同期には宮崎駿河野大樹がいる。

2012年のドラフト会議東北楽天ゴールデンイーグルスから2位指名を受けた。同年11月に開催された明治神宮野球大会では2回戦で法政大学に敗れる。11月23日に楽天と契約金7000万円、年俸1200万円で仮契約した[6]背番号は「14」。なお、ドラフトでプロからの指名がなかった場合は日本生命に進む予定だった[4]。また、三重中京大学は2013年春に閉校したため、則本らは同大学の最後の卒業生となった[7]

プロ入り後[編集]

2013年、新人選手で唯一、一軍キャンプのメンバーに参加[8]。オープン戦で防御率1.44と好投を続けたことや、開幕直前の第3回WBCに出場した田中将大の疲労を首脳陣が考慮したことなどから、3月29日の福岡ソフトバンクホークスとの開幕戦でプロ入り初登板・初先発[9]。新人の開幕投手は、1984年高野光ヤクルトスワローズ)以来29年振り、パシフィック・リーグでは1958年杉浦忠南海ホークス)以来55年振りであった[10]。試合では6回1/3を投げて、4失点で敗戦投手になっている。新人の開幕投手で敗戦を喫したのは、1950年成田啓二国鉄スワローズ)、1962年城之内邦雄読売ジャイアンツ)以来51年ぶり史上3人目で、パ・リーグでは初[11]。2度目の先発となった4月5日の千葉ロッテマリーンズ戦(Kスタ宮城)では6回2失点に抑え、パ・リーグの新人では1番乗りとなるプロ初勝利を挙げた[12]。4月27日の埼玉西武ライオンズ戦(西武ドーム)では7回1失点で2勝目、この試合は球団通算500勝目となった[13]。7月5日のソフトバンク戦(福岡ヤフオク!ドーム)では1回4失点で降板し敗戦投手となるが、翌6日の同戦で1点ビハインドの3回から中継ぎ登板で3回1/3を無失点で抑えて救援勝利を挙げた[14]。8月29日のオリックス・バファローズ戦(ほっともっとフィールド神戸)では新人勝利の球団新記録の12勝目を挙げ[15]、シーズン最終登板となった同年10月12日のオリックス戦(Kスタ宮城)では、パ・リーグの新人では1999年の松坂大輔以来となる15勝目を挙げた[16]。ロッテとのクライマックスシリーズファイナルステージ(Kスタ宮城)では第2戦で先発し、9回を1失点11奪三振に抑えるものの、試合は延長戦で敗れている[17]

読売ジャイアンツとの日本シリーズでは、球団のシリーズ初試合となった第1戦(Kスタ宮城)で1952年大神武俊南海ホークス)以来、新人としては61年ぶり3回目となる開幕第1戦で先発登板[18]。8回2失点、10奪三振の内容で好投するも打線が完封され、敗戦投手となった[19]。第5戦(東京ドーム)では2-0で迎えた6回から2番手で登板、7回裏に村田修一にソロ本塁打と、9回裏にも村田の適時打で同点とされ延長戦に入り、10回表に先頭打者で打席が回り、代打も予想されたがそのまま打席に入り、西村健太朗から四球を選び出塁すると、その後銀次の適時打でホームに生還し決勝の勝ち越しとなる得点を記録。その裏を三者凡退に抑えて日本シリーズで初の勝利投手となった[20]。3勝3敗で互いに王手をかけた第7戦では3-0で迎えた7回から2番手で登板し無失点で抑え、美馬学と則本と田中将大の継投で3-0で巨人に完封勝利し、チームは初の日本一達成[21]

日本シリーズの終了後に、チームでは2007年の田中将大以来2人目のパシフィック・リーグ最優秀新人(新人王)を受賞した[22]。12月24日には、八幡商での1年後輩で、同校野球部のマネジャーを務めていた女性との結婚を発表[23]。同月29日には、出身地の滋賀から「滋賀県民スポーツ大賞」の特別賞、出身地の多賀町から「たがスポーツ大賞」をそれぞれ授与された[24]

2014年、3月28日の開幕戦の西武戦(西武ドーム)で開幕投手として先発、9回1失点でプロ初完投勝利を挙げた[25]。2リーグ制以降、新人から2年連続で開幕投手を務めたのは54年ぶり史上3人目[26]。4月18日の日本ハム戦(コボスタ宮城)でプロ初完封勝利を挙げる[27]が、4月25日のオリックス戦(京セラドーム大阪)でプロ入り後最多の9失点で敗戦投手となった[28]5月9日のロッテ戦(QVCマリン)3回表二死から6月3日の阪神タイガース戦(コボスタ宮城)7回表一死にかけて、28回2/3イニング連続無失点を記録した[29]。6月21日の阪神戦(甲子園)で7安打無四球で完封し、交流戦1シーズン最多の4完封勝利を記録するなど[30]4勝1敗の成績で日本生命賞を受賞した。6月は4勝1敗の成績で自身初の月間MVPを受賞した[31]。しかし7月以降は先発で5度登板して勝利投手になれず、8月には中継ぎに異動したが、8月15日のロッテ戦(コボスタ宮城)で2週間ぶりに先発、1安打無四球の内容の準完全試合で10勝目。球団初の新人から2年連続2桁勝利を達成した[32]9月19日の日本ハム戦(コボスタ宮城)で13奪三振の完封勝利を記録し、NPB史上6度目の出場野手全員からの奪三振と、球団新記録のシーズン7完封勝利を挙げた[33][34]。最終的には204の三振を奪い、自身初のタイトルとなる最多奪三振を獲得。イニングも両リーグ最多の202回2/3を投げた(うち28登板199回1/3は先発)。オフの10月9日に、日米野球2014日本代表に選出された事が発表された[35]。先発した第3戦で5回を無安打無失点の快投を見せ、その後もオリックスの西勇輝、西武の牧田和久、ロッテの西野勇士が無安打無失点を続け日米野球史上初の継投ノーヒットノーランを達成した[36]。また、契約更改では球団から3年3億円の複数年契約を提示されたが「まだ2年目なので、1年1年勝負したいと思います」と語り、複数年契約を拒否した[37]

2015年、3年連続で開幕投手となり、ルーキーから3年連続での開幕投手は58~60年の杉浦忠以来で2人目[38]8月25日オリックス戦で7回1失点も10敗目を喫する[39]。それでも、9月、10月に4勝を記録。10月1日ソフトバンク戦では6回2失点で3年連続の2桁勝利を記録する[40]。最終的に215奪三振を奪い、2年連続の最多奪三振を獲得、そして、自身初の防御率2点台をマークした。7月16日に、第1回WBSCプレミア12の日本代表第1次候補選手に選出された事が発表された[41]。9月10日に、第1回WBSCプレミア12の日本代表候補選手に選出された事が発表された[42]。10月9日に、最終ロースター28名に選出された事が発表された[43]。11月8日、韓国との開幕戦において、二番手でリリーフ登板し、自身最速の157km/hを計測した[44]。同月19日の韓国との準決勝では1回0/3、4失点で敗戦投手となった[45]

2016年、2リーグ制では初となる新人から4年連続で開幕投手を務め、開幕を7回3失点11奪三振で勝利[46]。史上初となる開幕から3試合連続で二桁奪三振勝利を達成した[47]。8月6日に新人から4年連続で二桁勝利を達成。しかし、その後は勝ち星が伸びず、5連敗を喫した。最後の登板となった10月2日のソフトバンク戦で6回無失点で約2ヶ月ぶりに勝ち投手となった。奪三振は自己最多の216個を奪い、野茂英雄以来の3年連続の奪三振王に輝いた。

2017年第4回WBC日本代表に選出。その影響を考慮し、新人の年から続いていた開幕投手の記録は4年連続で途切れた[48]。4月19日の西武戦から5月25日のオリックス戦まで6試合連続2桁奪三振を達成し、野茂以来26年ぶり2人目の記録となった[49]。6月1日の巨人戦では、NPB新記録の7試合連続2桁奪三振を達成した[50]。6月8日のDeNA戦でも2桁奪三振で8試合連続2桁奪三振としてNPB記録を更新した。[51]。6月15日のヤクルト戦(神宮)では7回6失点8奪三振と崩れ、連続試合2桁奪三振の世界記録更新はならなかった[52]

選手としての特徴[編集]

リリースの瞬間に顔が上を向く独特のスリークォーター[53]から平均球速約149km/h[54]フォーシームと、平均約134km/hのスライダー[54]、平均約139km/hのフォーク[54][注釈 1]の3球種で全投球の約9割を占め、その他にカーブチェンジアップ[54]を使用する[注釈 2]。2017年のオールスターゲームでは自己最速となる158km/hを記録した[55]。球団のデータによると、ストレートの平均回転数は2300rpm台後半、メジャーの平均値より上だった[56]。NPB通算の奪三振率は9.4[57]、4度の最多奪三振のタイトルを獲得した。

同じスライダーでも状況に応じて様々な種類に投げ分けることができ、“七色のスライダー”とも称される[8][58]。非常に手首が柔らかく、内側に曲げると親指が、外側に曲げると中指が手首に届く[58]。気迫を前面に押し出す投球スタイルである[3]

人物[編集]

憧れの投手として、自身と同じ14番の背番号を背負った津田恒実を挙げている[59]

弟の佳樹は北大津高校第94回全国高等学校野球選手権大会に出場。初戦の滝川第二戦で先発マウンドを任され、8回3分の1を投げ自責点2だったが、4-5で敗れた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2013 楽天 27 25 3 0 0 15 8 0 0 .652 695 170.0 142 14 51 1 6 134 4 0 65 63 3.34 1.14
2014 30 28 9 7 5 14 10 0 0 .583 821 202.2 187 14 39 3 6 204 1 0 73 68 3.02 1.12
2015 28 28 3 1 0 10 11 0 0 .476 797 194.2 176 14 48 0 4 215 6 1 68 63 2.91 1.15
2016 28 28 2 0 1 11 11 0 0 .500 820 195.0 192 12 50 0 6 216 5 0 87 63 2.91 1.24
2017 25 25 8 2 0 15 7 0 0 .682 750 185.2 148 11 48 1 3 222 12 0 63 53 2.57 1.06
通算:5年 138 134 25 10 6 65 47 0 0 .580 3883 948.0 845 65 236 5 25 991 28 1 356 310 2.94 1.14
  • 2017年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

WBSCプレミア12での投手成績[編集]










































2015 日本 4 0 1 1 0 43 13.0 7 0 1 0 1 8 0 0 4 4 6.00

WBCでの投手成績[編集]










































2017 日本 2 0 0 0 0 18 3.2 7 1 1 0 1 3 0 0 4 4 9.82

年度別守備成績[編集]



投手












2013 楽天 27 5 20 0 0 1.000
2014 30 7 27 0 2 1.000
2015 28 6 23 1 1 .967
2016 27 13 29 2 2 .955
2017 25 9 29 1 0 .974
通算 137 40 128 4 5 .976
  • 2017年度シーズン終了時

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
その他の記録
  • 新人によるシーズン公式戦開幕試合先発:2013年3月29日、対福岡ソフトバンクホークス1回戦(福岡ヤフオク!ドーム) ※球団史上初
  • クライマックスシリーズ[注釈 3]新人二桁奪三振:2013年10月18日、対千葉ロッテマリーンズ(ファイナルステージ第2戦・クリネックススタジアム宮城)、9回11奪三振。 ※史上2人目、パ・リーグのCSでは史上初
  • 日本シリーズ新人先発:2013年10月26日、対読売ジャイアンツ第1戦(Kスタ宮城) ※史上18人目、23度目。
  • 日本シリーズ新人初登板初先発:同上 ※史上13人目
  • 日本シリーズ新人第1戦先発:同上 ※史上2人目
  • 日本シリーズ新人二桁奪三振:同上、10奪三振 ※史上2人目
  • セ・パ交流戦1シーズン完封勝利:4、2014年
  • 準完全試合:2014年8月15日、対千葉ロッテマリーンズ戦(QVCマリンフィールド)、1安打無四球
  • 出場野手から全員奪三振:2014年9月19日、対北海道日本ハムファイターズ戦(楽天Koboスタジアム宮城) ※NPB史上16人目
  • シーズン通算完封勝利:7、2014年(9月19日現在)※球団記録
  • 新人から4年連続開幕投手:2013年 - 2016年 ※2リーグ制では史上初
  • 新人から5年連続二桁勝利:2013年 - 2017年
  • 8試合連続二桁奪三振:2017年4月19日 - 2017年6月8日 ※NPB記録・世界記録タイ
登板日 登板 対戦チーム 投球回 奪三振
4月19日 先発 西武 8 10
4月26日 先発 ロッテ 7 10
5月3日 先発 オリックス 8 0/3 12
5月10日 完封 ロッテ 9 12
5月17日 先発 日本ハム 7 12
5月25日 先発 オリックス 8 10
6月1日 先発 巨人 8 12
6月8日 完投 DeNA 9 12

背番号[編集]

  • 14 (2013年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

関連情報[編集]

出演[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ スプリットとも表記される。
  2. ^ 平均球速は2017年シーズンに基づく。
  3. ^ 2006年までのプレーオフを含む

出典[編集]

  1. ^ a b 滋賀県が楽天・則本を表彰「県民にも元気や感動を与えた」 スポーツニッポン 2013年12月29日配信
  2. ^ “則本 マー君に並ぶ球団最速5年目2億円 無縁“投手3冠”狙う”. スポーツニッポン新聞社. (2016年12月1日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/12/01/kiji/K20161201013824020.html 2016年12月1日閲覧。 
  3. ^ a b c 楽天・星野監督のお気に入り、ルーキー則本を解剖する”. 2014年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月17日閲覧。
  4. ^ a b 「ブレーク必至の逸材たち」、『週刊ベースボール』2012年7月30日号、ベースボール・マガジン社、 16頁、 雑誌20445-7/30。
  5. ^ 「2012ドラフト総決算」、『週刊ベースボール』2012年11月12日号、ベースボール・マガジン社、 35頁、 雑誌20442-11/12。
  6. ^ “楽天、2位則本と入団合意”. 時事ドットコム (時事通信社). (2012年11月23日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2012112300217 2012年11月23日閲覧。 [リンク切れ]
  7. ^ 楽天・則本昴大を覚醒させたライバルの存在”. web Sportiva. 集英社 (2013年5月26日). 2013年12月2日閲覧。
  8. ^ a b 則本 ブルペン入り 七色スライダーでアピール”. CHUNICHI Web. 2013年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月17日閲覧。
  9. ^ “星野監督抜てき!新人則本を開幕投手に”. nikkansports.com. (2013年3月26日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130326-1102983.html 2013年3月29日閲覧。 
  10. ^ “29日開幕戦の予告先発発表!楽天・則本は29年ぶり新人大役”. Sponichi Annex. (2013年3月28日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/03/28/kiji/K20130328005495760.html 2013年3月29日閲覧。 
  11. ^ “則本 4失点初黒星…新人開幕投手「負けたので60点」”. Sponichi Annex. (2013年3月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/03/30/kiji/K20130330005504890.html 2013年3月31日閲覧。 
  12. ^ “ルーキー則本2戦目でプロ初勝利「母校の名前残したい」”. Sponichi Annex. (2013年4月5日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/05/kiji/K20130405005553040.html 2013年4月5日閲覧。 
  13. ^ “楽天 球団通算500勝!首位討ち大勝で花 ルーキー則本2勝目”. Sponichi Annex. (2013年4月27日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/27/kiji/K20130427005693020.html 2013年4月27日閲覧。 
  14. ^ 楽天 単独首位浮上!則本“リベンジ登板”で今季7勝目 スポーツニッポン 2013年7月6日配信
  15. ^ 則本 マー君超え球団新人記録の12勝目! スポーツニッポン 2013年8月29日配信
  16. ^ 楽天・則本、パ新人で松坂以来の15勝 デイリースポーツ 2013年10月13日配信
  17. ^ スポーツニッポン 2013年10月19日関西版12版2-3面
  18. ^ 則本、グラブ叩きつけた! 楽天、悔し拙守&拙攻で負けた サンケイスポーツ 2013年10月27日閲覧
  19. ^ 朝日新聞2013年10月27日スポーツ面
  20. ^ 第5戦試合結果 日本シリーズ公式サイト
  21. ^ 第7戦試合結果 日本シリーズ公式サイト
  22. ^ NPB2013年度 表彰選手 投票結果(最優秀新人)
  23. ^ 則本イブ婚! ニッカンスポーツ 2013年12月25日配信
  24. ^ 滋賀県が楽天・則本を表彰「県民にも元気や感動を与えた」 スポーツニッポン 2013年12月29日配信
  25. ^ 楽天則本が初完投勝利「最高のスタート」 ニッカンスポーツ 2014年3月28日配信
  26. ^ 楽天則本2年連続開幕「期待に応えたい」 ニッカンスポーツ 2014年3月27日配信
  27. ^ 楽天則本プロ初完封、原点回帰の直球勝負 ニッカンスポーツ 2014年4月19日配信
  28. ^ 楽天則本が自己最悪9失点「申し訳ない」 日刊スポーツ (2014年4月25日)
  29. ^ 楽天則本、メッセンジャーへの四球で28イニングぶり失点 日刊スポーツ (2014年6月3日)
  30. ^ 則本 “ダル超え”交流戦4完封「狙っていこうと思っていた」 スポーツニッポン 2014年6月21日配信
  31. ^ 則本昂大選手が6月度「日本生命月間MVP賞」を受賞! 楽天球団公式サイト 2014年7月8日配信
  32. ^ 則本男泣き!復活の47日ぶり白星は準完全試合 スポーツニッポン 2014年8月16日配信
  33. ^ 則本、プロ史上6人目「野手全員から三振」 楽天4連勝 朝日新聞公式サイト 9月19日配信
  34. ^ 則本、今季7度目完封 シーズン7完封は巨人・斎藤以来 スポーツニッポン 2014年9月19日配信
  35. ^ 2014年10月9日 侍ジャパン「2014 SUZUKI 日米野球」出場選手発表! 侍ジャパン公式サイト (2014年10月9日) 2015年3月26日閲覧
  36. ^ 侍則本5回0封「人生最高のピッチング」 日刊スポーツ (2014年11月16日)
  37. ^ 1億2000万円更改の楽天・則本 「単年で勝負」発言の本音日刊ゲンダイ2014年12月4日配信
  38. ^ <楽天>則本、真のエースへ 3年連続開幕投手 河北新報 (2015年3月28日) 2015年11月8日閲覧
  39. ^ 【楽天】単独最下位転落!則本、7回1失点も援護なし10敗」 スポーツ報知 (2015年8月25日)2015年12月16日閲覧
  40. ^ <楽天>則本12K 3年連続2桁勝利 河北新報 (2015年10月2日) 2015年12月16日閲覧
  41. ^ トップチーム第一次候補選手発表!11月に行われる「WBSC世界野球プレミア12」へ向けて65名が名を連ねる 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年7月16日) 2015年8月4日閲覧
  42. ^ 「WBSC世界野球プレミア12」侍ジャパントップチーム候補選手45名を発表 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年9月10日) 2015年9月20日閲覧
  43. ^ 「WBSC プレミア12」侍ジャパントップチーム最終ロースター28名発表!! 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年10月9日) 2015年10月9日閲覧
  44. ^ 【侍ジャパン】則本、157キロ!メジャー青木が腕の振り絶賛 スポーツ報知 (2015年11月8日) 2015年11月8日閲覧
  45. ^ 侍則本4失点悔しさ1敗「気持ちの部分で甘かった」 日刊スポーツ (2015年11月20日) 2015年11月23日閲覧
  46. ^ 【楽天】則本、2リーグ制初!新人から4年連続開幕投手「成長見せつける」 スポーツ報知 2016年3月25日配信
  47. ^ 史上初!楽天則本開幕3戦連続2桁K勝利で単独首位 日刊スポーツ 2016年4月9日配信
  48. ^ 則本 千賀意識し立ち上がり直球連発 WBCの悔しさぶつけた”. スポーツニッポン (2017年4月4日). 2017年5月25日閲覧。
  49. ^ 則本 野茂に並ぶ日本記録6戦連続2桁奪三振「チームの勝利が全て」 スポニチアネックス 2017年5月26日配信
  50. ^ “楽天・則本、プロ野球新の7試合連続2桁奪三振!巨人相手に偉業達成”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2017年6月1日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/06/01/kiji/20170601s00001173327000c.html 2017年6月1日閲覧。 
  51. ^ “則本8試合連続2桁K!プロ野球記録更新、メジャー記録に並んだ”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2017年6月8日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/06/08/kiji/20170608s00001173273000c.html 2017年6月8日閲覧。 
  52. ^ “楽天・則本は7回6失点で8K “世界新”の9試合連続2桁奪三振ならず”. サンケイスポーツ. (2017年6月15日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20170615/gol17061520360004-n1.html 2017年6月15日閲覧。 
  53. ^ “楽天ドラ2・則本 武器は“上を向いて投げよう”投法”. Sponichi Annex. (2013年2月5日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/02/05/kiji/K20130205005128980.html 2013年2月19日閲覧。 
  54. ^ a b c d 1.02 - Essence of Baseball | DELTA Inc.2017年7月28日閲覧。
  55. ^ 楽天則本「うれしい」球宴で自己最速更新158キロ”. 日刊スポーツ. 2017年7月19日閲覧。
  56. ^ 【石井一久 分析】なぜ三振取れる?則本 米トップ級の直球2500回転超スポニチ Sponichi Annex
  57. ^ Takahiro Norimoto Japanese Leagues Statistics & History | Baseball-Reference.com
  58. ^ a b “楽天ドラ2則本 韓国王者サムスン斬り 多彩スライダーで手玉”. Sponichi Annex. (2013年2月19日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/02/19/kiji/K20130219005225330.html 2013年2月19日閲覧。 
  59. ^ 「伝統の背番号を背負う7人のルーキーズ」、『週刊ベースボール』2013年2月25日号、ベースボール・マガジン社、 17頁、 雑誌20444-2/25。
  60. ^ “東北楽天ゴールデンイーグルスの則本昂(たか)大(ひろ)選手がCM出演 「冬の準備はお早めに!交通安全キャンペーン」に協賛” (プレスリリース), 住友ゴム工業, (2016年9月1日), http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M103622/201609013835/_prw_OR1fl_L6N15420.pdf 2016年9月1日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]