国吉佑樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国吉 佑樹
横浜DeNAベイスターズ #65
20121123 Yuki Kuniyosi, pitcher of the Yokohama DeNA BayStars, at Yokohama Stadium.JPG
2012年11月23日 横浜スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府枚方市
生年月日 (1991-09-24) 1991年9月24日(27歳)
身長
体重
196 cm
103 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2009年 育成選手ドラフト1位
初出場 2011年8月27日
年俸 1,700万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

国吉 佑樹(くによし ゆうき、1991年9月24日 - )は、横浜DeNAベイスターズに所属する大阪府枚方市出身のプロ野球選手投手)。右投右打で、妻はタレント桐山紗知[2]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学2年時に軟式野球の「桜丘北ウインズ」で野球を始めると、5年時から6年生チームのエースを務める。中学生時代にボーイズリーグの名門チーム「オール枚方」で活躍したことから、中学校からの卒業を機に、熊本県秀岳館高等学校へ進学した。

秀岳館高校では、2年時の春から控え投手としてベンチ入り。2年時の冬からウエイトトレーニングに取り組んだことで、下半身が安定するとともに、ストレートの球速が140km/hを上回るなど急速に成長した。しかし、在学中には春夏とも、甲子園球場の全国大会に出場できなかった。

2009年のNPB育成ドラフト会議で、横浜ベイスターズから1巡目で指名。支度金200万円、年俸240万円(金額は推定)という条件で、育成選手として入団した。入団当初の背番号は111

プロ入り後[編集]

2010年には、右肩痛を発症した影響で、イースタン・リーグ公式戦5試合の登板にとどまった。このため、シーズン終了後には、下半身を重視したトレーニングで投球フォームの改善に取り組んだ。

2011年には、全身を使った投球フォームへ変更したことによって、ストレートの最高球速が152km/hにまで上昇。7月29日付で支配下選手契約へ移行するとともに、背番号を65に変更した[3]8月27日の対中日ドラゴンズ戦(横浜スタジアム)で、先発投手として一軍公式戦にデビュー。5回2失点という内容で黒星を喫した[4]が、10月4日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦(東京ドーム)で、7回1失点(自責点0)と好投した末に一軍公式戦初勝利を挙げた[5]

2012年には、オープン戦4試合に登板。通算18イニングを無失点で凌いだことから、規定投球回に到達したNPBの全12球団の投手でただ1人、防御率0.00を記録した[6]。このような実績を背景に初めての開幕一軍入りを果たすと、チームのホーム開幕戦に当たる4月5日の対中日戦(横浜)で先発を任された[7]。この試合から先発登板で3連敗を喫したものの、5月6日には、横浜スタジアムの対中日戦で再び先発。26歳1ヶ月年上の山本昌を相手に、「史上最大年齢差での先発対決」(当時のNPB公式戦記録)を制する格好で、シーズン初勝利を挙げた[8]9月7日の対広島東洋カープ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)では、セントラル・リーグの球団に育成選手として入団した投手では初めての完封勝利をマーク[9]。一軍公式戦全体では19試合の登板で、4勝12敗と大きく負け越したが、シーズン終了後には推定年俸1,800万円(前年から800万増)という条件で契約を更改した[10]

2013年には、オープン戦からの不調に加えて、右肩痛を発症したため、一軍登録が8月8日まで持ち越された[11]同月11日の対東京ヤクルトスワローズ戦(秋田こまちスタジアム)では、2回裏2死満塁からの救援登板でシーズン初勝利を挙げるとともに、チームの連敗を9でストップ[12]。一軍公式戦ではシーズン初の先発登板になった8月18日の対広島戦(横浜)では、ストレートで当時の自己最高球速(153km/h)を計測した末に、8回2失点という内容でシーズン初勝利を挙げた[13]。しかし、次に先発で登板した同月25日の対巨人戦(横浜)で2回表の途中までに7点を失って降板すると、そのままシーズンを終えた。

2014年には、公式戦の開幕に出遅れたものの、中継ぎ要員として5月8日にシーズン初の出場選手登録。同月には、8試合の救援登板で、防御率1.46、WHIP0.81という好成績を残した。この活躍を背景に、6月から先発に再び転向したが、3試合の登板で防御率7.11、0勝1敗と不振。一時は、二軍での再調整を余儀なくされた。7月中旬に一軍へ復帰してからは、中継ぎに専念。クローザー三上朋也が調子を落としていたシーズン終盤には、三上に代わってクローザーを務めると、9月25日の対阪神タイガース戦(横浜)で一軍公式戦での初セーブを挙げた。一軍公式戦全体では、49試合に登板。先発登板時の防御率が7.11だったのに対して、救援登板時の防御率は2.54と安定していた。

2015年には、公式戦を2年振りに一軍でスタート[14]。前年に救援登板で好成績を挙げたことから、クローザーやセットアッパーとして期待されたが、実際にはもっぱらロングリリーフで一軍公式戦28試合に登板した。シーズン終了後の秋季キャンプでは、「自分には打者を絶対に抑えられるような変化球を投げられないので、長いイニングを投げた方が持ち味が出る」として、一軍監督へ就任したばかりのアレックス・ラミレスに先発への復帰を直訴した[15]

2016年には、前述した経緯やチーム事情を背景に、先発要員へ復帰。7月10日の対巨人戦(東京ドーム)で2年振りの先発登板を果たしたが、四球を連発したあげく2回途中4失点で降板したため、一軍公式戦での登板はこの試合だけにとどまった[16][17]

2017年には、救援要員に復帰。チームはレギュラーシーズン3位から19年振りの日本シリーズ進出に至ったが、国吉はレギュラーシーズンで一軍公式戦4試合に登板しただけで、ポストシーズンの試合には登板機会がなかった。シーズン終了後には、二軍投手コーチとしてチームに復帰した元メジャーリーガー大家友和からカットボールツーシームの投げ方を教わるなど、投球の幅を広げることに努めた[18]

2018年には、カットボールを新たな武器として、公式戦を一軍でスタート。当初はロングリリーフに起用されたが、4月6日の対広島戦(マツダ)6回裏の登板中に、會澤翼が放った強烈な打球を右脚のふくらはぎに受けて急遽降板した[19]。その影響で戦線離脱を余儀なくされたが、5月下旬に一軍へ復帰すると、復帰後の救援登板中にストレートで当時の自己最高球速(157km/h)を計測した。6月中盤から調子を落としてからは、一軍と二軍の往復を繰り返したが、9月25日の対広島戦(横浜)に先発で起用。4回表2死で交代を命じられながらも、当時セントラル・リーグの3連覇に王手を掛けていた広島打線を相手に、変化球を駆使しながら無失点に抑えた。一軍公式戦通算では13試合の登板で未勝利に終わったが、シーズン終了後には、この年に球団が業務提携を結んだばかりのキャンベラ・キャバルリーオーストラリアン・ベースボールリーグの強豪チーム)で腕を磨いた[20]

2019年には、救援要員として2年連続で開幕一軍入りを果たすと、4月6日の対巨人戦(横浜)で一軍公式戦4年振りの勝利を挙げた。この試合では、5回表2死で迎えたアレックス・ゲレーロへの5球目に、ストレートで自己最速の161km/h(NPBの日本人投手では歴代2位タイの球速)を計測している[21]

選手としての特徴[編集]

国吉の投球フォーム(2018年)

スリークォーターの投球フォームから、平均球速約143km/h[22](最速161km/h)のストレート[23]や、スライダーカーブフォーク[24]カットボールツーシームなどの変化球を駆使する。

DeNAで支配下選手登録を経て一軍に台頭した当初は、速球の球威と将来性に対する期待から先発登板の機会を重ねていたものの、制球が安定していなかった。打者の手許で微妙に変化するカットボールやツーシームを勝負球に使い始めた[25]2018年からは、筋力トレーニングによるストレートの球速の向上[21]と相まって、ロングリリーフで新たな境地を見出しつつある。

家族[編集]

祖父はアメリカ人[26]。実父は沖縄県出身で、興南高等学校時代にバスケットボールの選手として名を馳せていた[27]

桐山とは、横浜入団後の2014年3月に結婚[2]。結婚後に1児を授かった。

人物・エピソード[編集]

DeNA3年目の2012年4月29日の中日戦(ナゴヤドーム)では、先発で登板しながら、2回裏が終了するまで友利結(当時は一軍投手コーチ)のユニフォームを着用した。自身のユニフォームを宿泊先のホテルに忘れたことや、友利の身長が192cmで自身の身長(196cm)と近いことによる[28]。この時期までは2XLサイズの上着で間に合っていたが、2018年から積極的に取り組んでいる筋力トレーニングで体重が106kgにまで増えたため、2019年にストレートで161km/hを計測した時点では3XLサイズの上着しか身に付けられなくなっているという[21]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2011 横浜
DeNA
8 8 0 0 0 1 4 0 0 .200 198 47.0 42 2 20 1 2 39 1 0 13 12 2.30 1.32
2012 19 19 1 1 0 4 12 0 0 .250 498 112.2 108 10 59 2 2 95 4 0 57 46 3.67 1.49
2013 3 2 0 0 0 2 1 0 0 .667 93 19.1 27 2 6 0 5 10 0 0 16 16 7.45 1.71
2014 49 3 0 0 0 2 3 2 14 .400 267 62.1 61 4 23 0 1 59 4 0 29 24 3.47 1.35
2015 28 0 0 0 0 3 2 1 0 .600 138 33.1 22 1 16 0 3 28 4 0 10 9 2.43 1.14
2016 1 1 0 0 0 0 0 0 0 .--- 12 1.2 4 0 3 0 0 2 0 0 4 4 21.60 4.20
2017 4 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- 30 8.0 5 0 4 0 0 3 3 0 2 2 2.25 1.13
2018 13 1 0 0 0 0 0 0 1 .--- 75 16.2 17 2 9 0 0 15 1 0 9 9 4.86 1.56
NPB:8年 125 34 1 1 0 12 22 3 15 .353 1311 301.0 286 21 140 3 13 251 17 0 140 122 3.65 1.42
  • 2018年度シーズン終了時
  • 横浜(横浜ベイスターズ)は、2012年にDeNA(横浜DeNAベイスターズ)に球団名を変更

記録[編集]

投手記録
打撃記録
  • 初安打:2012年8月31日、対読売ジャイアンツ17回戦(東京ドーム)、3回表に小山雄輝から右前安打
  • 初打点:2013年8月18日、対広島東洋カープ18回戦(横浜スタジアム)、4回裏に中崎翔太から左前適時打

背番号[編集]

  • 111 (2010年 - 2011年7月28日)
  • 65 (2011年7月29日 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ DeNA - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2018年11月9日閲覧。
  2. ^ a b DeNA国吉 タレント美女と42センチ差婚 今年3月婚姻届提出”. スポーツニッポン (2014年12月2日). 2014年12月17日閲覧。
  3. ^ 支配下登録および背番号変更のお知らせ”. 横浜ベイスターズ (2011年7月29日). 2012年3月21日閲覧。
  4. ^ “育成出身・国吉 プロ初登板初先発は5回2失点で及第点”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2011年8月28日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/08/28/kiji/K20110828001500160.html 2013年4月26日閲覧。 
  5. ^ ““ハマのダル”国吉1勝 母に「5年待って」から7カ月”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2011年10月5日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/10/05/kiji/K20111005001759330.html 2013年4月26日閲覧。 
  6. ^ 2012年度 オープン戦 個人投手成績(規定投球回以上)NPB日本野球機構
  7. ^ “国吉「力んだ」5回2失点…オープン戦無失点が仇に”. スポーツニッポン. (2012年4月5日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/04/05/kiji/K20120405002982270.html 2019年4月7日閲覧。 
  8. ^ “国吉やっと今季初勝利!史上最大年齢差投げ合い制した”. スポーツニッポン. (2012年5月7日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/05/07/kiji/K20120507003196510.html 2013年4月26日閲覧。 
  9. ^ “万歳!国吉 ゲンコツ初完封 デニーコーチの一発効いた”. スポーツニッポン. (2012年9月8日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/09/08/kiji/K20120908004068010.html 2013年4月26日閲覧。 
  10. ^ “【DeNA】国吉、800万増の年俸1800万円で更改”. 日刊スポーツ. (2012年11月21日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20121121-1049881.html 2019年4月7日閲覧。 
  11. ^ “【DeNA】山口、林ら登録、福田ら抹消”. 日刊スポーツ. (2013年8月8日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130808-1170116.html 2014年1月25日閲覧。 
  12. ^ “【DeNA】国吉初勝利Wピンチ防いだ”. 日刊スポーツ. (2013年8月11日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130811-1171936.html 2014年1月25日閲覧。 
  13. ^ “【DeNA】国吉、今季初先発で白星”. 日刊スポーツ. (2013年8月18日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130818-1175492.html 2014年1月25日閲覧。 
  14. ^ “セ・リーグ 出場選手登録 これが開幕一軍メンバーだ”. スポーツニッポン. (2015年3月25日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/03/25/kiji/K20150325010050060.html 2019年4月7日閲覧。 
  15. ^ “国吉 ラミレス監督に先発直訴「長い回を投げた方が持ち味出る」”. スポーツニッポン. (2015年12月11日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/12/11/kiji/K20151211011664330.html 2019年4月7日閲覧。 
  16. ^ “DeNA 今季初登板の国吉、2回途中4失点降板「申し訳ない」”. スポーツニッポン. (2016年7月10日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/07/10/kiji/K20160710012940000.html 2019年4月7日閲覧。 
  17. ^ 国吉 佑樹 - 横浜DeNAベイスターズ - プロ野球 - スポーツナビ”. スポーツナビ. 2016年12月19日閲覧。
  18. ^ BASEBALL KING. (2018年3月21日). https://baseballking.jp/ns/column/146822+2019年4月7日閲覧。 
  19. ^ “DeNA国吉が打球直撃し負傷、試合後松葉づえ姿に”. 日刊スポーツ. (2018年4月6日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201804060000939.html 2019年4月7日閲覧。 
  20. ^ “DeNAの国吉佑樹が10年目の覚醒へ!「一回り大きくなって帰って来ます」”. BASEBSALL KING. (2018年10月31日). https://baseballking.jp/ns/column/170774 2019年4月7日閲覧。 
  21. ^ a b c “DeNAが常識破り“巨人化”トレで161キロ”. 日刊スポーツ. (2019年4月6日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201904060000982.html 2019年4月7日閲覧。 
  22. ^ 『2013 プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2013年、94頁。ISBN 978-4-905411-11-6
  23. ^ “DeNA国吉161キロ 外角低め直球にざわめく”. 日刊スポーツ. (2019年4月6日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201904060000541.html 2019年4月6日閲覧。 
  24. ^ “尾花監督 育成出身“横浜の佑樹”を1軍抜てきへ”. スポーツニッポン. (2011年8月16日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/08/16/kiji/K20110816001421030.html 2012年3月21日閲覧。 
  25. ^ 京山、国吉よ1軍奪え! DeNA・ラミレス監督、新戦力出現に期待”. デイリースポーツ (2018年2月6日). 2018年4月2日閲覧。
  26. ^ “筒香、国吉、黒羽根ら若手を大抜擢!横浜ベイの終盤戦から目が離せない。”. Number Web. (2011年9月24日). https://number.bunshun.jp/articles/-/160705 2019年4月6日閲覧。 
  27. ^ “実力、見た目とも揃ったハマのダルビッシュ”. 東京スポーツ. (2012年3月12日). http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/4983/ 2015年11月16日閲覧。 
  28. ^ “DeNA国吉、ちぐはぐ“背信投”3敗目”. サンケイスポーツ. (2012年4月30日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20120430/den12043005010000-n1.html 2012年5月4日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]