立花陽三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たちばな ようぞう
立花 陽三
生誕 1971年1月10日(43歳)
日本の旗 日本 東京都
現況 東北
国籍 日本の旗 日本
職業 実業家
肩書き 東北楽天ゴールデンイーグルス
代表取締役社長
前任者 島田亨
テンプレートを表示

立花 陽三(たちばな ようぞう、1971年1月10日[1] - )は、日本実業家。株式会社楽天野球団(東北楽天ゴールデンイーグルス)代表取締役社長。元ラグビー選手。

ラグビー選手時代[編集]

1971年1月10日東京都出身。成蹊高等学校から、1990年にAO入試第1期合格者として慶應義塾大学総合政策学部に入学[2]

成蹊高等学校時代からラグビーをはじめ、高等学校日本代表候補選手に選ばれたこともある[3]慶應義塾大学ラグビー部ではバックスプレイヤー(スタンドオフ)で出場[4]。大学3年次の早稲田大学との試合で顔面骨折の負傷をした[3]ラグビー日本代表の主将を務める廣瀬俊朗も学生時代の教え子である[5]。『宿澤広朗 運を支配した男』(著者:加藤仁)でも名前が登場する。

証券マン時代[編集]

1994年大学卒業後、ソロモンブラザーズ証券に入社し、証券マンとして歩み出す[1]。その間、1999年に上田昭夫監督の下で慶應義塾大学ラグビー部コーチに就任し、全国大学ラグビーフットボール選手権大会優勝に尽力している[4][2]

職歴としては、ソロモン・ブラザーズ、ゴールドマン・サックス証券メリルリンチ日本証券を渡り歩いた後、2011年にメリルリンチ日本証券執行役員に就任[1]

楽天野球団 社長時代[編集]

2012年8月1日、東北楽天ゴールデンイーグルス球団社長に就任[1]。就任にあたっては球団オーナーの三木谷浩史からの誘いを受けたという[6]

会見では自身のラグビーの経験から「私の闘争心というものをチーム・会社にお送りたい」と述べた[7]

2012年10月25日にグランドプリンスホテル新高輪で行われた第48回のプロ野球ドラフト会議では、高校生NO・1左腕、東福岡高等学校森雄大投手(3年)を引き当てた。広島東洋カープとの競合の末、交渉権を獲得した[8]

アンドリュー・ジョーンズの獲得にも剛腕を発揮[9]。さらに米大リーグから8年ぶりの日本球界復帰となる斎藤隆を獲得し、入団会見では「野球に対する思いをチームに伝えてほしい。彼を中心にまとまり、ことしは何としても優勝したい」とコメントしている[10]

2012年のシーズンオフから「東北ろっけん活動」と称して、東北各地へ表敬訪問を行っている[11][12][13]

2013年大崎八幡宮で行われた必勝祈願では、絵馬に元ラグビー日本代表監督で尊敬する故宿澤広朗のモットー「勝つことのみが善である」としたためた[14][15]

2013年シーズンは自ら2種類のCMに出演し、優勝への想いをファンに伝えている[16][17]

経営方針として「ファン」「東北」「リスペクト・イーチ・アザー」の「3つのキーワード」を掲げている[18]

「好調の要因は約8年間、球団が正しい方針を貫いてきたから」と分析している。[19]

2013年9月26日 東北楽天ゴールデンイーグルスがパ・リーグ優勝を決める。初優勝の影の尽力者として立花の名前が挙がる[20]。優勝の記者会見では「素直に嬉しい」と初優勝の喜びを語っている[21]

2013年10月24日にグランドプリンスホテル新高輪で行われたプロ野球ドラフト会議では、高校生NO・1左腕、桐光学園松井裕樹投手(3年)を右手で引き当てた。5球団との競合の末、交渉権を獲得し、「本当に緊張しました。田中を超えるような投手になってほしい」と語った[22]

2013年11月3日 東北楽天ゴールデンイーグルスが初の日本一に。“陰の立役者”として立花のマネジメント力が評価される[23] [24]

「堅実経営で球界を変えた楽天。新しい哲学を持ち込んで両リーグの頂点に立った意義は大きい。」[25]

コンビニで買った野菜ジュ-スとおにぎりを食べながら、メ-ルをチェック。その後神棚に手を合わせてから、 トレ-ニングル-ムのランニングマシンで汗を流すのが日課であると番組で紹介された。[26]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 立花陽三代表取締役社長 就任のお知らせ 東北楽天ゴールデンイーグルス プレスリリース 2012年7月24日付
  2. ^ a b 立花陽三、楽天社長に 上田昭夫のひとりごと 2012年7月25日付
  3. ^ a b 闘将星野楽天に慶大ラグビー魂 スカパー! 野球ニュース 2012年7月25日閲覧
  4. ^ a b 【楽天】元慶大ラガーマンが球団新社長 日刊スポーツ 2012年7月24日閲覧
  5. ^ 主将・廣瀬俊朗(北野高→慶大理工→ラグビー日本代表)「オトコが惚れる人間力」 現代ビジネス 2013年7月8日
  6. ^ 東北に愛される球団に プロ野球・楽天新社長が本社訪問 共同通信 47News(河北新報配信) 2012年8月4日
  7. ^ 元慶大スタンドオフ立花陽三氏 プロ野球 楽天イーグルス社長に就任 ラグビー共和国 2012年07月24日
  8. ^ 楽天1位は高校生N0・1左腕の森 nikkansports.com 2012年10月26日
  9. ^ プロ野球レポート いったい何が起きたのか 東北楽天が首位を独走するなんて 現代プレミア 2013年8月28日
  10. ^ 日本復帰の斎藤、地元の楽天で入団会見 8年ぶり 日本経済新聞 2013年1月8日
  11. ^ 楽天が7月にイースタン公式戦/八戸で初 デーリー東北 2013年1月13日
  12. ^ 楽天野球団の社長が花巻市にいらっしゃいました!! はなまきスポーツコンベンションビューロー 2013年4月26日
  13. ^ プロ野球で地域活性化 仙台で楽天と地元団体がシンポ 47NEWS 2013年6月13日
  14. ^ 楽天幹部が必勝祈願 絵馬に「勝つことのみが善である」 Sponichi Annex 2013年1月5日
  15. ^ (フロントランナー)立花陽三さんプロフィル朝日新聞デジタル 2014年1月11日
  16. ^ 楽天イーグルス CM「Burn!」篇 が公式チャンネルで公開。立花陽三社長自らが出演。 動画NOW!! 2013年07月27日
  17. ^ ニュースTVCM立花陽三より応援よろしくお願いいたします! YouTube 2013年03月18日
  18. ^ 優勝目前…楽天球団社長が掲げた“黒字化への3つのキーワード” 女性自身 2013年09月04日
  19. ^ プロ野球特別読み物 あんなに弱かったのに楽天を変身させた球団社長の告白「野球の素人だから、出来ることもある」現代Sportsプレミア 2013年09月23日(月)
  20. ^ 楽天優勝の立役者は、42歳の元外資金融マン 東洋経済オンライン 2013年9月27日
  21. ^ 【初優勝】楽天の三木谷浩史社長と立花陽三球団社長の会見 Youtube
  22. ^ 楽天持ってる!“強運”社長、右手で松井引き当てた! Sponichi Annex 2013年10月24日
  23. ^ 楽天日本一を支えた1年目球団社長日経ビジネスオンライン 2013年11月4日
  24. ^ 立花陽三氏(42) 証券マンから転身、楽天を日本一に導いた球団社長日本経済新聞 2013年11月5日
  25. ^ 初栄冠の楽天を襲う“マー君移籍”の試練東洋経済オンライン 2013年11月11日
  26. ^ CROSSROADテレビ東京 2014年2月8日(放送)

外部リンク[編集]