濱矢廣大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
濱矢 廣大
東北楽天ゴールデンイーグルス #46
K hamaya20160423.jpg
西武プリンスドームにて(2016年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 奈良県吉野郡十津川村
生年月日 (1993-02-27) 1993年2月27日(24歳)
身長
体重
185[1] cm
78[1] kg
選手情報
投球・打席 [1]投左[1]
ポジション 投手
プロ入り 2013年 ドラフト3位
初出場 2014年9月28日
年俸 1,000万円(2017年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

濱矢 廣大(はまや こうだい[3]1993年2月27日[1] - )は、奈良県吉野郡十津川村出身[4]プロ野球選手投手)。左投左打。現在は東北楽天ゴールデンイーグルスに所属。

「濱」と「廣」が旧字体であることから、メディアによっては「浜矢広大」の表記もみられる。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校2年の時に野球を始め[5]、中学校時代は硬式野球チーム「熊野ベースボールクラブ」に所属していた[6]。当時のポジションは主に一塁手[5]。高校は和歌山県立日高高等学校中津分校に進学[6]。2年秋に[5]細峪規良監督(当時)によって一塁手から投手にコンバート[7]。濱矢の同期に投手が少なかったこと・身長が185cmと高かったことがその理由だという[7]。エースとして迎えた[7]3年夏の和歌山県大会では、初戦の[5]近畿大学附属新宮高等学校戦で敗退した[7]

2011年Honda鈴鹿に加入[8]。3年目の2013年よりエース格となった[9]

2013年10月24日の2013年のドラフト会議東北楽天ゴールデンイーグルスから3位指名を受けた[8]。11月26日に契約金6000万円、年俸1000万円で仮契約し[5]、12月9日には、背番号が13と決まった[10]

プロ入り後[編集]

2014年、即戦力として期待されていたが8月の肋骨骨挫傷により一軍昇格が遅れ、9月23日に初昇格[11][12]。新人投手8人中7人目のデビューとなった。その後9月28日の西武戦にプロ初登板、初先発。5回0/3を投げて2失点で初勝利をあげた[13]。一軍での登板はこの1試合に終わった。

2015年春季キャンプ前の自主トレーニングで自らが課題とするフォークの握り方を岩隈久志塩見貴洋から教わった[11][14]。中継ぎ陣の一角として開幕一軍に選ばれるが、不安定な投球が続き、4月16日に一軍登録を抹消。その後も2度一軍に上がるが、結果は残せなかった。

2016年は13試合に登板して2勝とプロ初のホールドを挙げたものの、防御率は10.24と2015年に比べ悪化してしまった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2014 楽天 1 1 0 0 0 1 0 0 0 1.000 24 5.0 9 0 3 0 0 0 1 0 2 2 3.60 2.40
2015 8 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 57 10.0 19 2 9 0 0 14 0 0 10 8 7.20 2.80
2016 13 0 0 0 0 2 0 0 1 1,000 52 9.2 12 1 10 1 0 15 0 0 13 11 10.24 2.28
通算:3年 22 1 0 0 0 3 0 0 1 1.000 133 24.2 40 3 22 1 0 29 1 0 25 21 7.66 2.51
  • 2016年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録

背番号[編集]

  • 13 (2014年 - 2016年)
  • 46 (2017年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e ドラフト会議2013”. 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト. 2013年12月15日閲覧。
  2. ^ 楽天 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年11月22日閲覧。
  3. ^ 2013年プロ野球ドラフト 浜矢 広大”. スポニチ Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2013年12月15日閲覧。
  4. ^ “浜矢投手が楽天指名を後輩に報告”. 日高新報 Web Hidaka (日高新報社). (2013年11月7日). http://www.hidakashimpo.co.jp/news/2013/11/post-785.html 2013年12月15日閲覧。 
  5. ^ a b c d e “【楽天】ドラ3左腕・浜矢、目標「2ケタ」則本に続く新人王だ”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2013年11月27日). オリジナル2013年11月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131127062541/http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20131126-OHT1T00133.htm 2013年12月15日閲覧。 
  6. ^ a b “ドラフト:楽天3位 浜矢「社会人の3年間むだにしない」”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2013年10月24日). http://mainichi.jp/sports/news/20131025k0000m050062000c.html 2013年12月15日閲覧。 
  7. ^ a b c d “高校野球「ライバルに快音許し 和歌山大会」”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年7月18日). http://www.asahi.com/koshien/localnews/OSK201007180061.html 2013年12月15日閲覧。 
  8. ^ a b “楽天3位浜矢1年目から先発ローテ目標だ”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2013年10月24日). http://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2013/news/f-bb-tp0-20131024-1208600.html 2013年12月15日閲覧。 
  9. ^ “【プロ野球】「絶対に新人王とる」 楽天ドラ3位指名、ホンダ鈴鹿の浜矢投手”. MSN産経west. (2013年10月26日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_sports/news/131026/wsp13102617390009-n1.htm 2013年12月15日閲覧。 
  10. ^ 2014年度:新入団選手発表会”. 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト. 楽天野球団 (2013年12月9日). 2013年12月15日閲覧。
  11. ^ a b “【楽天】プロ初登板初先発初勝利の浜矢、現状維持1000万円”. スポーツ報知. (2014年12月4日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20141204-OHT1T50037.html 2015年3月21日閲覧。 
  12. ^ “【楽天】ドラ3浜矢、プロ初登板1勝!「次は完投、完封を」”. スポーツ報知. (2014年9月29日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20140928-OHT1T50345.html 2015年3月21日閲覧。 
  13. ^ “楽天のD3位・浜矢。苦しみながら初勝利”. 産経ニュース. (2014年9月28日). http://www.sankei.com/sports/news/140928/spo1409280076-n1.html 2015年3月21日閲覧。 
  14. ^ “<楽天>浜矢、成長の証し フォークに手応え”. 河北新報. (2015年3月5日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201503/20150305_14005.html 2015年3月21日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]