小野郁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小野 郁
東北楽天ゴールデンイーグルス #15
F ono20150418.jpg
ロッテ浦和球場にて
(2015年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県久留米市
生年月日 (1996-10-23) 1996年10月23日(20歳)
身長
体重
175 cm
67 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2014年 ドラフト2位
初出場 2015年8月19日
年俸 600万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小野 郁(おの ふみや、1996年10月23日 - )は、福岡県久留米市出身[2]プロ野球選手投手)。右投右打。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

南薫小学校2年生の時に「南薫エンゼルス」で軟式野球を始め、櫛原中学校では硬式野球の「久留米中央ボーイズ」でプレーした。3年の夏に全国大会で立田将太と投げ合い敗れている。西日本短大附属高校では1年生時の夏にベンチ入りし、秋にはエースになった[2]。3年生時の 夏の甲子園・福岡大会では初戦から7回完封、9回完封、9回2失点完投、9回4失点完投で勝ち進んだが、準々決勝で清水優心古澤勝吾擁する九州国際大付属高校に8失点を喫し7回コールド負けで敗退した[3]

2014年10月23日に行われたプロ野球ドラフト会議東北楽天ゴールデンイーグルスに2巡目で指名され[4]、契約金6,000万円、年俸600万円(金額は推定)で合意し[5]、入団。背番号は15に決まった[6]

プロ入り後[編集]

2015年
6月29日に行われた「侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜」のNPB選抜チームのメンバーに選出されていたが、6月25日に出場が安樂智大に変更された[7]。8月18日に初めて一軍に昇格すると、翌日にプロ初登板を果たす。4試合に登板し無失点に抑えたのは1試合のみだった。二軍では22試合に投げ、防御率3.09、3勝をあげた。
2016年
一軍では前年を上回る11試合に登板した。二軍では7試合に登板し、防御率3.45だった。

選手としての特徴[編集]

高校生時で直球の最速は153km/h。変化球は縦のスライダーカーブフォークチェンジアップカットボールなどを投げる。50メートル走のタイムは6秒2、遠投は100メートル[2]

高校通算で25本塁打を放った「二刀流」。しかし、高校3年生時の6月に学校の階段で転倒し左手首を骨折してからは投手に専念した[2]。プロ入り時には「最初は投手一本で勝負したい」と話した[5]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2015 楽天 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 27 5.0 10 1 4 0 1 0 1 0 8 8 14.40 2.80
2016 11 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 69 13.1 20 1 9 0 0 7 3 0 14 13 8.78 2.17
通算:2年 15 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 96 18.1 30 2 13 0 1 7 4 0 22 21 10.31 2.35
  • 2016年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 15 (2015年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 楽天 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年11月6日閲覧。
  2. ^ a b c d 西日本短大付・小野 投手で勝負 日刊スポーツ 2017年1月17日閲覧 2014年10月23日紙面から
  3. ^ プロ注150キロ腕西短付・小野快投/福岡プロ注目西短付・小野が14K完封/福岡西短付・小野完投!福大大濠下す/福岡西短付8強 小野血染めの完投/福岡西日本短大付・小野がコールド負け/福岡 日刊スポーツ
  4. ^ 【2014年ドラフト会議】「契約交渉権獲得」選手のお知らせ 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト 2014年10月23日配信
  5. ^ a b 楽天2位小野が契約合意 日本最速目指す 日刊スポーツ 2014年11月14日紙面から
  6. ^ 2015年度:新入団選手発表会 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト 2014年12月11日配信
  7. ^ ユニバーシアード 日本代表壮行試合 NPB選抜チーム出場選手変更のお知らせ 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト 2015年6月25日掲載

関連項目[編集]

外部リンク[編集]