この記事は良質な記事に選ばれています

2013年の東北楽天ゴールデンイーグルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
2013年の東北楽天ゴールデンイーグルス
SeibuDome scoreboard 2013 09 26.JPG
パリーグ優勝時のスコアボード
成績
アジアシリーズ準決勝敗退
日本一
日本S:4勝3敗(対巨人
CSFinal:4勝1敗(対ロッテ
パシフィック・リーグ優勝
82勝59敗3分 勝率.582
本拠地
都市 宮城県仙台市宮城野区
球場 日本製紙クリネックススタジアム宮城
Kleenex Stadium Miyagi.JPG
球団組織
オーナー 三木谷浩史
経営母体 楽天
監督 星野仙一
« 2012
2014 »

2013年の東北楽天ゴールデンイーグルス(2013ねんのとうほくらくてんゴールデンイーグルス)は、日本野球機構パシフィック・リーグ(パリーグ)に属する東北楽天ゴールデンイーグルスの創設9年目のシーズン。監督星野仙一の下、球団史上初のパリーグ優勝・日本シリーズ優勝を達成した。

概要[編集]

東北楽天ゴールデンイーグルス(以下、楽天)は2012年 - 2013年のストーブリーグで、3人のメジャーリーガーを獲得した。レギュラーシーズンは2013年3月29日に開幕し、4月終了時点では5位であったが、5月に2位に浮上。7月には首位に浮上し、以降首位から陥落することなく、9月26日にパリーグ優勝が決定した。また、楽天のエース田中将大は、24勝0敗1Sという成績を記録し、最優秀選手(MVP)に選ばれた。クライマックスシリーズ ファイナルステージではロッテと対戦し、4勝[注釈 1]1敗で日本シリーズ進出を決めた。日本シリーズでは、巨人と対戦し、4勝3敗で日本一となった。アジアシリーズでは、準決勝で敗退し、優勝することはできなかった。

シーズン開幕まで[編集]

2012年、パリーグ3位の福岡ソフトバンクホークスと1ゲーム差のパリーグ4位となり、クライマックスシリーズ進出を逃した楽天[1]は、3人の現役メジャーリーガーアンドリュー・ジョーンズケーシー・マギー斎藤隆を獲得するという大補強を行った[2]

球団社長の立花陽三は、2012年の楽天について「右打者の長距離砲不在」という問題点があると考えており[3]ニューヨーク・ヤンキースに所属していた[2]右打者[3]ジョーンズを獲得した[2][3]。ジョーンズは日本野球機構のチームに加入した日本人以外の選手としては、歴代最多の434本のホームランメジャーリーグベースボールの公式戦で打った実績を持っている[2]。また、立花はジョーンズの熱意・人間性を自ら確かめるべくアトランタで4時間にわたって直接交渉を行った[4]。ジョーンズは人格者であり、立花は「ジョーンズの自信みなぎる態度に」「魅了され」たという[4]。そして、交渉の際、立花はジョーンズに「もうひとりの外国人選手は誰がいい?」と尋ね[4]、ジョーンズと同じく2012年にニューヨーク・ヤンキースに所属していた[2]「右の長距離砲」マギーを獲得した[4]

また、8年振りに日本球界に復帰することになった斎藤[2]は楽天の本拠地のある仙台市出身で、楽天は何年か前より斎藤に入団のオファーを出していたという[5]

2012年のドラフト会議では、東福岡高校森雄大など、育成選手を含め7名を指名した[6]。一方、田中将大は、球団と3年契約を結んだものの、2013年のオフにメジャーリーグへ移籍するかどうか球団側と相談できるようになっていると報じられた[7]。田中は「将来的に、そういうところ(メジャー)でやろうという気持ちが芽生えた」とコメントし、メジャー挑戦へ意欲を見せた[7]

2013年の春季キャンプは、9年目となる沖縄県島尻郡久米島町で行われた[8]。初日である2月1日は、2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表の監督である山本浩二らが久米島野球場を訪れ、同日本代表候補メンバーに選ばれていた田中が注目を集めた[9]。田中を含め、同日本代表候補メンバーである松井稼頭央聖澤諒の3名は、2月13日までキャンプに参加し、14日にチームを離れた[10]。1軍の久米島でのキャンプは14日で終わり[11]、16日より沖縄県国頭郡金武町にて練習を行った[12]。21日には、ジョーンズがチームを離れ、2013 ワールド・ベースボール・クラシック・オランダ代表に合流した[13]

2月23日よりオープン戦が始まり[14]、楽天は10勝7敗で12チーム中4位という成績であった[15]。オープン戦期間中には2013 ワールド・ベースボール・クラシック(2013WBC)が行われた。同代表の田中は、同大会で使用されたボールへの順応に苦しんだが、大会の途中から状態は上がってきていた[16]。同大会の決勝では先発として登板する予定であったが、準決勝で日本代表が敗れ、その予定は消えた[16]。田中は「投げ足りない」とコメントを残した[16]。3月21日に田中と松井はチームに合流し[17]、3月22日にはジョーンズも合流した[18]

レギュラーシーズン[編集]

3月・4月[編集]

3月29日、ヤフオクドームでの対福岡ソフトバンクホークス戦で球団創設以来9年目となるレギュラーシーズンの幕が開いた。開幕時点での1軍メンバーは以下の通り[19]

また、監督・コーチは以下の通り[22][23]

開幕投手にはエースの田中ではなく、2012年のドラフト2位で新人の則本昂大が選ばれた[24]。田中は2013WBC出場により開幕投手を回避し、本拠地開幕戦で先発することになり、その代役として辛島航釜田佳直ブランドン・ダックワースの名前も挙がっていたが、辛島は故障し、ダックワースも3月23日に行われたオープン戦で良い結果を残せなかった[24]。一方則本はオープン戦5試合に登板し、3勝0敗・防御率1.44と良い成績を挙げていた[24]。また、監督の星野は(ベテランの)「ダックは好投しても、将来につながらない」とコメントする一方で[24]、新人を起用することについては、普段から「全然怖くない」とコメントしていた[24]。新人が開幕投手を務めるのは球団史上初で[25]、パリーグでは1958年杉浦忠以来55年ぶり[26]、セリーグを含めても1984年高野光以来29年ぶりとなった[26]

一方、田中は4月2日に日本製紙クリネックススタジアム宮城(Kスタ宮城)での本拠地開幕戦でシーズン初登板し[27]、7回1失点でシーズン初勝利を挙げた[28]。5日の対千葉ロッテマリーンズ戦では、開幕戦敗戦投手となった則本がシーズン2度目の先発投手となり、2013年のパリーグの新人の中では最も早く初勝利を挙げた[29]。また、同試合では野手全員が得点を挙げたが、これは球団史上初であった[30]

4月20日には対ロッテ戦で敗北し、最下位タイとなった[31]。4月27日には、球団通算500勝を挙げた[32]。3・4月は3連敗・4連敗を含む[33]11勝14敗、勝率.440で5位となった[27]

5月[編集]

2013年5月12日、QVCマリンフィールドにて斎藤隆

5月3日には借金4となったが[34]、5日には監督の星野の監督通算勝利数が1066となったことにより、川上哲治と同順位の歴代10位タイとなり、楽天も4位に浮上した[35]。6日には監督通算勝利数が1067となり、歴代単独10位となった[27]。また、同試合では斎藤隆が日本復帰初登板初勝利を果たした[27]。8日には田中が7回2失点で勝利投手となり、楽天は3位に浮上[36]。14日には日本生命セ・パ交流戦が始まり[37]、交流戦開幕投手となった田中[38]が、8回3失点で勝利投手となった[39]。22日には田中がシーズン初となる完投勝利を挙げ、楽天は2位に浮上した[40]。田中は「このままシーズンが終わるまで(連勝を続けたい)と思っている」とコメントした[40]

5月は16勝7敗で、月間勝率.696となり、5月終了時点でのシーズン成績は27勝21敗、勝率.563で2位となった[27]。また、同時点で交流戦首位であった[27]。田中は月間MVPを獲得した[41]

6月[編集]

6月13日、ソフトバンクが対東京ヤクルトスワローズ戦に勝利し、楽天を含む優勝の可能性が残されていたチームがいずれも敗北したことにより、ソフトバンクの交流戦優勝が決まり[42]、楽天は交流戦初優勝を逸した[43]。16日、交流戦最終試合となる阪神タイガース戦で田中がシーズン初となる完封勝利を挙げ、球団記録となるシーズン9連勝を記録した[44]。交流戦は最終的に15勝9敗で、球団史上最高位の2位となり、楽天は「上昇気流に乗」った[34]

6月は11勝9敗で、月間勝率.550となり、6月終了時点でのシーズン成績は38勝30敗、勝率.559で2位となった[27]。田中は2ヶ月連続で月間MVPを獲得した[45]

7月[編集]

7月4日、1位の千葉ロッテマリーンズとの首位攻防戦に勝利し、楽天は首位に並んだ[46]。6月以降に首位に立ったのは球団史上初で[47]、以降、楽天はシーズン優勝決定まで一度も2位以下になることはなかった[34]。5日のソフトバンク戦では則本がプロ最短の1回4失点で降板となったが[48]、翌6日には同じくソフトバンク戦に中継ぎで登板し、3回1/3を無失点で勝利投手となった[49]。楽天も単独首位に立った[50]

9日、田中はシーズン2度目となる完封勝利を挙げ[51]、6月9日の対読売ジャイアンツ戦より続けている連続無失点イニング記録[52]を40に伸ばした[51]。同記録はどこまで伸びるか注目されていたが[51]、16日の対オリックス・バファローズ戦の3回、1アウト3塁の場面で、安達了一タイムリー安打を打たれ、パリーグ歴代4位の42イニング[注釈 2]でストップした[54]。17日に前半戦(オールスター前まで)が終了し、首位で折り返した[55]。24日には、後半戦が開幕した[56]

7月は14勝6敗1分で、月間勝率.700となり、7月終了時点でのシーズン成績は52勝36敗1分、勝率.591で1位となった[27]。楽天は「勢いを加速させた」[34]。田中は3ヶ月連続で月間MVPを獲得した[57]。3ヶ月連続獲得はパリーグでは初で、セントラル・リーグを含めてもこれまでアレックス・ラミレスが1回達成したのみであった[58]

8月[編集]

8月9日、田中は7回無失点で勝利投手となり、日本プロ野球新記録の開幕16連勝を達成[59]。16日には、2012年8月26日からの連勝記録を21とし、日本プロ野球新記録を達成した[60]

一方、楽天は8月22日までに5連敗を喫し、ロッテとのゲーム差が2.5にまで減った[61][62]。監督の星野は「まだひとヤマもふたヤマもある」とコメント、山場はまだ先にあるとした[61]。翌23日、田中はロッテとの首位攻防戦で7回無失点に抑え[62]、勝利投手となり楽天の連敗を5で止めた[63]。翌24日のロッテ戦は、抑え投手ダレル・ラズナーが右ひじを痛め降板したものの、緊急登板した斎藤が日本復帰後初となるセーブを挙げ、事なきを得た[64]。ラズナーは翌25日に出場選手登録を抹消され[65]、楽天は抑え投手を日替わりで起用することになった[66]

その25日は、プロ3年目で、シーズン初打席の榎本葵サヨナラ安打を打ち、2位のロッテを相手に3連勝し、ゲーム差を5.5とした[67]。監督の星野は、パリーグ優勝決定後のインタビューにおいて「今年行けそうかなと手ごたえを感じたのはいつ頃ですか」という質問に対し、「ロッテに3連勝しまして逆にいけるという思いになった。5連敗の後3連勝してくれまして、9割方確信を持ちました」と答えた[68]。28日は、対オリックス戦に勝利し、球団史上初となる優勝マジック28が点灯した[66]

8月は14勝11敗で、月間勝率.560となり、8月終了時点でのシーズン成績は66勝47敗1分、勝率.584で1位となった[27]。田中は4ヶ月連続で月間MVPを獲得した[69]。4ヶ月連続・年間4度の月間MVP獲得は共に日本プロ野球初となり[69]、通算11度目の受賞も日本プロ野球史上最多となった[70]

また、楽天はかねてから日本野球機構に要望されていたKスタ宮城の客席の増設に着手した[71]

9月[編集]

9月1日、対ソフトバンク戦に敗北し、一旦点灯した優勝マジックが消滅した[72]。監督の星野は「マジックなんて消えるもの。壊れた蛍光灯みたいなもんや」とコメントした[72]。3日、Kスタ宮城の三塁側内野席の外野寄りに作られた936席の特設スタンドの使用が開始された[73]。5日には、ロッテがオリックスに敗北し、優勝マジック22が再点灯した[74]。9日には、ラズナーが右ひじの検査を受けるためにアメリカへ帰国した[75]。13日、Kスタ宮城の左翼席に作られた1249席の特設スタンドの使用が開始され、最大収容人数が2万5651人となった[76]。また、同スタンドの愛称は「栗駒」で、3日より使用されている三塁側内野席の特設スタンドの愛称は「蔵王」となった[76]

同日、田中は2失点完投勝利を挙げ、同一シーズン連勝記録を21とし、日本プロ野球新記録を達成した[77]。一方、同試合ではこれまで9番打者として打線のつなぎ役を担ってきた島内宏明が守備で左肩を痛め、全治6週間 - 8週間と診断され、スポーツニッポンはレギュラーシーズン・クライマックスシリーズへの出場は絶望的と報道した[78]。また、デイリースポーツは「今季中の復帰は絶望的」と報道した[79]。14日には、ラズナーが右ひじの側副靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受け、全治10ヶ月 - 12ヶ月と診断された[80]

17日、対ソフトバンク戦(Kスタ宮城)に勝利し、ロッテが敗北したことによって優勝マジックが1桁の9となった[81]。監督の星野は「もうとぼけたことは言ってられない。(優勝の)計算、意識はしています。前に進むだけ」とコメントした[81]。22日は、対北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)に勝利し、2009年以来2度目となるクライマックスシリーズ進出が決定[82]。優勝マジックは5となった[82]。翌23日の同戦では、6月2日に支配下選手登録された宮川将がプロ初先発し、7回1安打無失点で勝利投手となった[83]。楽天は球団史上最多となるシーズン78勝目をマークし、優勝マジックは3となった[84]

24日、対埼玉西武ライオンズ戦(西武ドーム)では、これまでにシーズン14勝をマークしている則本が先発し、7回までは無失点に抑えたが、8回に3失点し逆転されて降板[85]。9回表に枡田慎太郎のソロホームランで追いついたものの、その裏に青山浩二がサヨナラ打を浴び、楽天は敗北した[85]。また、2位ロッテが日本ハムに勝利したため、優勝マジックは3のまま変化はなかった[85]。25日の同戦では、1回に先発のジム・ハウザーが西武の栗山巧に頭部死球を与え退場[86]。緊急登板した福山博之は4回1/3を無失点に抑える好投を見せたが[87]、9回に加藤大輔がサヨナラホームランを打たれ[87]、楽天は敗北した[88]。これで西武ドームでの試合は4試合連続サヨナラ負けとなった[68][89]。一方、2位ロッテは日本ハムに敗北したため、優勝マジックは2となった[88]。そのため、翌日の26日の試合で、楽天が勝利し、ロッテが敗北すれば楽天の優勝が決まるという状況になった[90]。監督の星野は、エースの田中をブルペン待機させ[90]胴上げ投手として起用することを明言した[88]

優勝決定戦[編集]

2013年9月26日、西武ドームにて、パリーグ優勝時のスコアボード

9月26日、対西武戦(西武ドーム)が行われた[91]。ロッテは楽天対西武戦が終了する前に[92]、日本ハムに敗北した[93]。そのため、楽天は勝てば優勝が決定するという状況となり[92]、9回に田中が登板した[94]。田中はピンチを招くが後続を断ち、西武に勝利し、楽天は初のパリーグ優勝を決めた[94]。また、クライマックスシリーズ ファイナルステージへの進出も同時に決定した[94]

楽天は1回、押し出し四球により1点先制するが、3回・4回と先発美馬学がソロホームランを打たれて西武に勝ち越され、5回にもタイムリー安打を打たれ点差が2点となった[95]。6回、美馬は先頭打者に四球を与えたところで降板し、投手はハウザーに交代[96]。ハウザーは後続を断ち0点に抑えた[96]。7回、2点を追う楽天[97]聖澤諒岡島豪郎銀次がチャンスを作り2死満塁とし[96]アンドリュー・ジョーンズが右中間に走者一掃の二塁打を打ち[97][98]4-3と逆転した[96]。ジョーンズは送球間に三塁へ進塁し、西武の捕手が送球を逸らしたのに乗じ本塁へ突入したものの、アウトとなった[97]。一方、ハウザーはピンチを招くが0点に抑えた[96]。8回、ハウザーは左肩の違和感により降板し、斎藤が緊急登板することになったが、斎藤は後続の打者2人を抑えた[99]

9回表、楽天は3者凡退し、裏のマウンドには田中が向かった[96]。田中は投球練習が終わった際、1軍投手コーチの佐藤義則に日本ハムが勝利したことを教えられ[68][100]、田中は勝てば優勝が決定することを知った[68][注釈 3]。田中は鬼崎裕司エステバン・ヘルマンに出塁を許し、片岡治大の犠打により1死2・3塁のピンチを招いた[94][96]。次打者の栗山には150km/h台の直球で勝負し見逃し三振に抑え、続く浅村栄斗にも直球で勝負し、最後は空振り三振に抑えた[94]。栗山・浅村には都合8球連続で直球を投げ、連続三振でピンチを脱し、田中は胴上げ投手となった[94]。楽天は球団創設9年目で初のパリーグ優勝を果たした[94][101]

スコアボード[91][編集]
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
楽天 1 0 0 0 0 0 3 0 0 4 6 1
西武 0 0 1 1 1 0 0 0 0 3 9 0
  1. (楽天9勝11敗2分)
  2. 楽 : 美馬(5回0/3)- ハウザー(2回1/3)- H斎藤(0回2/3)- S田中(1回)
  3. 西 : 増田(4回1/3)- H高橋(0回2/3)- 野上(2回)- 涌井(2回)
  4. : ハウザー(2勝1敗0S)  : 野上(8勝7敗)  S: 田中(22勝0敗1S)  
  5. :  西 – 鬼崎2号(3回1点・美馬)、秋山12号(4回1点・美馬)
  6. 審判:球審…中村、塁審…栄村(1B)、杉永(2B)、木内(3B)
  7. 開始:18時01分 有料入場者:27,869人 時間:3時間46分[102]
オーダー[91][編集]
楽天
打順守備選手
1()岡島
2()藤田
3()銀次
4()ジョーンズ
5()マギー
6()枡田
7()松井
8()
9()聖澤
西武
打順守備選手
1(三)ヘルマン
2(二)片岡
3(左)栗山
4(一)浅村
5(中)秋山
6(指)中村
7(右)坂田
熊代
8(捕)炭谷
打捕上本
9(遊)鬼崎
田代


9月26日時点での順位表[31][編集]
パ・リーグ
楽天 79 53 2 .598
ロッテ 70 63 2 .526 9.5
ソフトバンク 69 66 2 .511 11.5
西武 66 65 4 .504 12.5
オリックス 61 68 4 .473 16.5
日本ハム 62 72 2 .463 18.0

なお、同試合はKスタ宮城でパブリックビューイングが開催された[98]

優勝決定時点での9月の成績は13勝6敗1分で、それまでの9月の勝率は.684となった[27]。田中は5ヶ月連続で9月も月間MVPを獲得した[103]

10月[編集]

3日、Kスタ宮城の座席数が217席増やされ、最大収容人数が2万5868人となった[104]

8日、田中はレギュラーシーズン最終登板において7回2失点で勝利投手となり、開幕24連勝を達成し、2012年8月26日からの連勝記録も28へと伸ばした[105]。無敗の最多勝利・無敗の20勝以上は日本プロ野球史上初となった[105]。田中は最多勝利以外にも勝率第一位投手賞(1.000)・最優秀防御率(1.27)も獲得し、投手「3冠」となった[106]

レギュラーシーズン総括[編集]

楽天は10月13日にレギュラーシーズンの日程を全て終了し[107]、82勝59敗3分で2位西武と7.5ゲーム差という結果となった[108]。初優勝した理由について、監督の星野は「田中だけじゃない。みんながしっかりと投げ抜いて、ここを守ってくれました」「選手を褒めなきゃいけないですよね」と優勝インタビューで答えた[68]

毎日新聞は「「田中が投げれば勝つ」という空気」があったと述べ、「田中の存在抜きには語れない」とした[34]。スポーツニッポンは「優勝の立役者はもちろん田中」と評価し[109]、サンケイスポーツは「エース田中がけん引」とした[110]。阿部珠樹は「大きかったのは田中のピッチングとそれを支えた嶋基宏のリード」と述べ、田中と嶋のコンビを評価した[111]

その嶋は、東日本大震災後の慈善試合で「見せましょう野球の底力を」という言葉を含むスピーチを披露したことが重荷になっていた[112]。同震災以降「スピーチによる重圧」で時間を「長く感じた」のだという[112]。しかし「きょうの優勝で救われ」たとコメントした[112]

毎日新聞は、田中以外の投手では則本を評価し「年間を通じて活躍」とした[34]。一方、リリーフ投手については「不安は年間を通じてつきまとった」とした[34]。スポーツニッポンは則本について「新人の奮闘」「則本の力投」と表現した[109]週刊ベースボールは「先発の2本目の柱」と評価した[113]

打線は、ジョーンズとマギーが評価された。スポーツニッポンは「MJ砲が打線の軸」とし[109]、毎日新聞は2012年のシーズンと比べ「2人で(ホームラン)50本以上」を打ったことによりホームランが増える一方、盗塁数が減ったことから「2人の加入はチームの戦い方までを変えた」とした[34]。また、この2名はチームに貢献するという姿勢が見られる[114]。ジョーンズは「“チーム第一”の四球」と評されるなど[115]、シーズン両リーグ最多の四球(105個)を選び[116]、マギーも内野守備の際に積極的に投手に声をかけに行くという姿勢が見られた[114]

守備では、セカンドを守る藤田が評価された。毎日新聞は「何度も好守でチームを救った」とし[34]、元楽天投手の山村宏樹は「今季の勝ち星で10〜15は藤田選手の守備がもたらした」と評価した[117]

日本の政界では、内閣官房長官菅義偉が「東北の人々に夢と希望」と述べ、楽天に対し賛辞を述べた[118]宮城県知事の村井嘉浩は「これで復興にはずみがつく。」と喜びを表し、田中に対しては県民栄誉賞を贈呈する意向を示した[119]岩手県知事の達増拓也も「素晴らしい」と述べ、岩手県出身の銀次についてもその活躍をたたえた[120]

ポストシーズン[編集]

クライマックスシリーズ[編集]

クライマックスシリーズ ファーストステージはレギュラーシーズン3位であったロッテが2勝1敗で勝ち上がり、ファイナルステージで楽天と対戦することとなった[121]

10月17日に行われたファイナルステージ第1戦(Kスタ宮城)では、田中将大が完封勝利を挙げ、2013年のレギュラーシーズンから通算し25連勝を達成し、2012年からの連勝記録も29へと伸ばした[122]。打線は銀次のホームラン[123]ケーシー・マギーのタイムリー安打[124]により2点を挙げた。田中は銀次のホームランについて「じぇじぇじぇ!」と驚きを表現した[123]。また、二塁手の藤田一也は2回1死1・2塁の状況で「0・1秒早い一塁転送」を見せ、併殺を完成させ、田中を守備で援護した[125]。これで楽天はアドバンテージを含め2勝とした[126]。また、この日よりKスタ宮城の最大収容人数が1097人増やされ、2万6965人となった[104]

18日に行われた第2戦(Kスタ宮城)では、則本昂大が9回4安打1失点125球の熱投を見せたが[127]、延長10回にリリーフ投手が打ち込まれ、楽天は敗北した[128]。これで楽天はアドバンテージを含め2勝1敗となった[128]

19日に行われた第3戦(Kスタ宮城)では、美馬学が自身プロ初となる完封勝利を挙げた[129]。美馬は4日に登板した際、4度の手術歴がある右肘に痛みを覚え途中降板し、約2週間ぶりの登板であった[129]。打線は2回、2死1・3塁から嶋基宏の二塁打により2点を挙げた[130]。1塁走者の松井稼頭央は、本塁に突入する際、バックネット方向に回り込むことを考えていたが、ロッテ捕手の里崎智也の足の間が空いたのを見て、その隙間に手を伸ばしホームベースに触れ、生還に成功した[131]。これで楽天はアドバンテージを含め3勝1敗とし、クライマックスシリーズ突破まで後1勝とした[129]。20日に行われる予定だった第4戦は、雨天中止となり、予告先発投手だった辛島航は翌21日の第4戦にスライド登板することになった[132]

その21日に行われた第4戦(Kスタ宮城)では、1回にアンドリュー・ジョーンズ犠飛、2回には銀次のタイムリー安打などで3点を先取[133]。4回にはG.G.佐藤の3ランホームランなどで逆転されたが、ジョーンズの2ランホームランで再逆転、7回には根元俊一のタイムリー安打で同点に追いつかれるも、マギーがソロホームランを打って勝ち越した[133]。8回には則本が角中勝也サブロークレイグ・ブラゼルを抑えると、その裏には藤田・銀次のタイムリー安打により点を追加[133]。9回、楽天は田中が登板し、鈴木大地金澤岳を抑えた後、根元・福浦和也に安打を許すが、井口資仁が凡退し試合終了[133]。楽天は8-5でロッテに勝利し、球団創設9年目にして初となる日本シリーズへの進出を決めた[133]。クライマックスシリーズのMVPには、1勝1Sの成績を挙げた田中が選ばれた[134]

一方、2013年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ巨人がアドバンテージを含め4勝で勝ち上がり、日本シリーズ進出を決めた[135]

日本シリーズ[編集]

コナミ日本シリーズ2013(2013年の日本シリーズ)は、パリーグからは球団創設9年目で初出場となる楽天が出場し、セリーグからは2年連続の日本一を目指す巨人が出場した[136]。試合が行われる球場は、Kスタ宮城と東京ドームである[136]。ロッテオリオンズはかつて仙台を準本拠地としていた頃にリーグ優勝した経験を持っているが、球場の収容人数の少なさが問題となり、後楽園球場で日本シリーズが行われたため、東北地方で日本シリーズが行われるのはこれが初となる[137]。下馬評では巨人有利と報道されていた[138]

10月24日、スポーツニッポンは左肩を負傷していた島内宏明が代打要員としてベンチ入りする予定があると報じた[139]。同日には、日本シリーズの出場資格者名簿が発表された[140][141]

一方、田中は21日に行われたクライマックスシリーズ第4戦登板による疲労を考慮され、第1戦の先発を回避し、先発マウンドには則本が上がることになった[142]。則本もクライマックスシリーズ第4戦に登板していたが、投手コーチの佐藤義則が「則本の方が元気」と判断し[注釈 4]則本の先発が決まった[144]

26日に行われた第1戦(Kスタ宮城)では、則本が8回2失点と好投を見せたが[145]、打線はあと1本が出ず、巨人の投手内海哲也と、スコット・マシソン - 山口鉄也 - 西村健太朗スコット鉄太朗[146])に完封リレーされ敗北した[147]。また、この日よりKスタ宮城の最大収容人数が1155人増やされ、2万8120人となった[104]

27日に行われた第2戦(Kスタ宮城)では、田中が9回1失点で完投勝利を挙げ、2013年のレギュラーシーズンから通算し26連勝を達成し、2012年からの連勝記録も30へと伸ばした[148]。田中は「初戦に投げないことで、いろんなとこでいろんな人が言っていた。黙らせないとなと思っていた」とコメントした[148]。打線は、銀次のタイムリー安打[149]・藤田のタイムリー内野安打[150]により2点を挙げた。藤田の内野安打に関しては微妙な判定となり、巨人の監督の原辰徳が審判に抗議したが、抗議は認められなかった[151][152]。また外国人コンビのジョーンズとマギーもそれぞれ3出塁した[153]。これで楽天は1勝1敗のタイとした[149]

29日に行われた第3戦(東京ドーム)では、美馬が5回2/3を無失点に抑え、日本シリーズ初先発初勝利を挙げた[154]。美馬は6回2アウトから阿部慎之助の打球を右足甲に受け降板したものの[155]、右頬骨骨折の影響でフェースガードを着用し、緊急登板したケニー・レイが2回1/3を1失点に抑え[156]、最終回は横浜時代の1998年以来の日本シリーズ登板となった斎藤が3者凡退に抑えた[157]。打線は、藤田・銀次・ジョーンズのタイムリー安打により5点を挙げた[158]。これで楽天は2勝1敗とした[159]

30日に行われた第4戦(東京ドーム)では、1回にジョーンズが3ランホームランを打って先制した[160]。ジョーンズは1996年のワールドシリーズでもホームランを打っており、日本シリーズ・ワールドシリーズ双方でホームランを記録した[161][162]。これはジョニー・ローガンロイ・ホワイト松井秀喜以来となる史上4人目の記録である[161][162]。ジョーンズ以外にも藤田が3試合連続タイムリー安打を打つなど打線の調子は良かったが[160]宮川将がワンアウトを取れないまま被安打1・与四死球3で降板するなど、投手陣が合計12四死球を出し逆転負けした[163]。これで楽天は2勝2敗となった[163]

31日に行われた第5戦(東京ドーム)では、クライマックスシリーズで先発したものの4回4失点で降板した辛島が先発マウンドに上がった[164]。辛島は4回まで巨人打線に安打を許さず、5回に安打を打たれたものの後続を抑え、5回1安打無失点に抑えた[165]。打線は3回、岡島豪郎が日本シリーズ初打点となるタイムリー安打を打ち先制すると[166]、銀次のタイムリー二塁打で点を追加[167]。投手は、チーム首脳陣が思い描いていた「勝っていれば6回から則本」のシナリオ通り、6回から辛島から則本にスイッチ[168]。その則本は7回村田修一にソロホームランを浴び、1点差で迎えた9回、先頭打者の高橋由伸に二塁打を打たれると、1死1・3塁の場面で再び村田を打席に迎えた[168]。村田には投ゴロを打たせたが、則本は取りきれず同点に追いつかれた[168]。なおもサヨナラ負けのピンチであったが、監督の星野は投手を代えず則本は続投[169]。ここで則本はピンチをしのぎ、試合は延長戦に突入した[168]

10回、先頭打者として打席に立った則本は四球を選び出塁[168]、続く岡島は送りバントを成功させた[167]。藤田は左ふくらはぎに死球を受け一旦ベンチ裏に下がるが、グラウンドに戻り楽天ファンの声援を受けた[170]。続く銀次は[170]「オレが決めるんだという気持ちで打席に入」り、1死1・2塁からタイムリー安打を打った[171]。2塁走者の則本は本塁に生還し[171]、1塁走者の藤田は3塁まで走ったが、左ふくらはぎをかばいながらの走塁だったため、左太ももの裏が吊ったという[170]。次のジョーンズの打席の途中で藤田は代走を告げられ交代した[170]。そのジョーンズは内野安打を打ち、3試合連続となる打点を記録した[170]。続くマギーも安打を打ち、巨人投手の西村をKOした[167]。その裏、則本はマウンドに向かう途中、岡島が「藤田さんの分まで頑張ろう!」と言うのを聞いて「涙が出そうになった」という[168]森山周の好守もあり[172]、則本は2点差を守りきり勝利投手となった[168]。これで楽天は3勝2敗とし、日本一へ後1勝とした[173]

この時点で11月2日に行われる第6戦目の先発は田中と予想されており[173]、11月1日には予告先発投手が楽天田中・巨人菅野智之と発表された[174]デイリースポーツ記者の水足丈夫は、第6戦で田中が勝利すると判断し、11月3日のホテルの予約を取っていなかったという[175]。また、元巨人の橋本清は「田中投手の先発が予想されますので、巨人にとっては大変厳しい」と予想しながらも、巨人打線が田中を打ち崩すためのポイントについて解説した[176]。元楽天の山村宏樹は「巨人は究極に追い込まれましたね。負けられない試合で、負けない男と対峙しなければならない。」「日本一への流れは完全に楽天に来た」とコメントし、田中が巨人打線を眠らせておくためのポイントについて解説した[177]。さらに、過去のデータも楽天有利を示していると報道されており、スポーツニッポンは「初出場で先に王手なら過去6チーム全て優勝」と報道した[178]

11月2日に行われた第6戦(Kスタ宮城)では、ポストシーズンを含め今シーズン26連勝で[179]、2012年から公式戦30連勝中の田中が先発マウンドに上った[180]。打線は2回、四球・安打・巨人の失策等で2点を先制[181]。しかし、2点をリードして迎えた5回、1死2塁から田中のスプリットホセ・ロペスに打たれ、ホームランを浴び同点[182]。続いて2死1・3塁から高橋由にシュート回転して甘くなった直球を打たれ、逆転された[180]。捕手の嶋はこの1球について「(配球を)読まれた。僕のミス」とコメントしている[183]。6回にも田中は村田に二塁打を打たれ、ロペスの内野ゴロで村田が本塁に生還し、追加点を許した[184]。7回、球数が120を超えた田中は、監督の星野に交代を打診されたが、志願して続投[185]。9回表2死2塁の場面、田中は高橋由を2ボール2ストライクと追い込み[185]、この日160球目となる場面で152km/hの直球を投げ、高橋由を空振り三振に抑えた[180]。9回裏、打線はマシソンにジョーンズ、マギーが抑えられる[186]など逆転することはできず、田中は9回4失点完投負けという結果に終わった[185]。これで楽天は3勝3敗となり、巨人に逆王手をかけられた[187]

田中は今季公式戦初黒星で、公式戦で敗北したのは、2012年8月19日の西武戦以来440日ぶりとなる[188]。また、ポストシーズンを含めた連勝記録は30でストップした[188]。田中が打たれた原因について、吉井理人は「コントロールの乱れ」があり、中でも「スプリットのコントロールミスが多かったと分析した[189]週刊ベースボールも「伝家の宝刀・スプリットが抜ける場面が多く」と評価した[183]。吉井はまた「右打者に対してのツーシーム」・「左打者に」対する「インコースの真っすぐ」にもコントロールミスが見られたとしている[189]。翌日のブルペン待機について、田中は「自分のできることをやりたい」とコメントし、その可能性を残したが[180][185]、日刊スポーツの古川真弥は「160球も投げた翌日にブルペン待機はないだろう」とした[185]

この試合の観客動員数はKスタ宮城過去最高となる2万5271人を記録した[190]。また、球場の外周にもファンが集まり、その数は把握されていないが、楽天の担当者によれば「1万人以上」だという[190]。球場の正面広場および外周では、入場制限が行われた[191]。テレビの平均視聴率は仙台地区で42.7%で、瞬間最高視聴率は48.5%であった[192]

11月3日に行われた第7戦(Kスタ宮城)では、第3戦で5回2/3を無失点に抑えた美馬が先発した[193]。また、ベンチ入り選手の中には、前日160球を投げた田中[194]、第5戦で79球を投げ、第6戦でもベンチ入りした則本の名前もあった[195]。試合は1回、美馬の立ち上がりが不安定で[196]、2死満塁とされたが[193]坂本勇人を抑えると[193]、打線は四球・二塁打で2死2・3塁とし、坂本の失策により先制[197]。2回も2死2塁から岡島がタイムリー二塁打を打ち[198]、巨人先発の杉内俊哉[197]をKOした[198]。4回には、牧田明久がホームランを打ち追加点を挙げた[199]。一方、美馬は6回を1安打無失点に抑え[200]、7回からは則本がマウンドへに上がり、2回を無失点に抑えた[201]

9回には、前日160球を投げた田中がマウンドへ上がった[202]。通常、抑えの投手が9回に登板するときの登場曲は「ファイナル・カウントダウン」であるが、田中が9回に登板するときに限りFUNKY MONKEY BABYSの「あとひとつ」が使われる[203]。田中の登場時、スタジアムは大歓声で湧きかえり、「あとひとつ」が大合唱されたという[203]。田中は、先頭打者の村田にヒットを打たれ、その後2死までこぎつけるが、ロペスにヒットを打たれ2死1・3塁のピンチとなった[204]。次打者の代打矢野謙次に対しては、1ボール2ストライクから、142km/hのスプリットで空振り三振を奪った[204]。楽天は球団創設9年目にして初の日本一となり、田中は三度胴上げ投手となった[202]

この試合の観客動員数は2万5249人であった[204]。また、球場の正面広場および外周で行っていた試合中継の場所が変更され、Kスタ宮城の隣にある仙台市陸上競技場で行われた[205]。同競技場には、1万人以上の人が集まったという[206]。テレビの平均視聴率は仙台地区で44.0%で、瞬間最高視聴率は60.4%であった[192]

日本シリーズのMVPにはシリーズ2勝で、11回2/3を無失点に抑えた美馬が選ばれた[162][193]。美馬はポストシーズン全体では3戦3勝で、20回2/3を無失点に抑えた[162][207]。また、優秀選手賞には田中・銀次が選ばれた[208]。田中はシリーズ全体で1勝1敗1Sの成績であった[209]。銀次はシリーズ全体で2度決勝打を打ち、チーム1位タイとなる5打点を挙げた[210]。また、鷲田康は“陰のMVP”として、則本を選んだ[211]。鷲田は、日本一達成後の記者会見における監督の星野のコメントを理由として「最後の最後にチームの命運をかけて指揮官が送り出したのは(中略)ルーキー右腕[注釈 5]だった」とし、則本に対し賛辞を述べた[211]荒木大輔は、巨人打者の内角を攻める強気のリードをした嶋をMVPに選んだ[212]

アジアシリーズ[編集]

2013年11月、アジアシリーズにおいて

楽天は日本一になったことにより、台湾で行われるアジアシリーズに出場することになった[213]。田中はアジアシリーズには参加せず、国内に残る予定であったが[213]、星野のかつての弟子にあたる郭源治からの要望があり[214]、登板予定はないものの[214]、急遽帯同することになった[215]。また、則本も登板予定はないものの、帯同することになった[216]。美馬はシーズン中に何度か右ひじ痛で出場選手登録を抹消されたため、ベテラン斎藤・松井と共にメンバーから外れた[217]。また、外国人選手も出場しない[215]。11月11日には、台湾遠征の帯同メンバーが発表された[218]

楽天はキャンベラ・キャバルリー(以下、キャンベラ・オーストラリア代表・2012年 - 2013年のオーストラリアン・ベースボールリーグ優勝)、義大ライノズ(以下、義大・台湾代表・2013年の台湾シリーズ準優勝)と共に予選リーグB組に配置された[219]。11月15日に行われた義大との予選リーグ戦(台中インターコンチネンタル野球場)では、先発の辛島が5回1/3を1失点に抑え[220]、打線は7回に聖澤諒がタイムリーヒットを打ち同点に追いつくと、8回に5点を挙げ、6-1で勝利した[221]。16日にキャンベラが義大に勝利したことにより、楽天は予選リーグB組2位以内が確定し、準決勝進出が決まった[222]。17日に行われたキャンベラとの予選リーグ戦(桃園国際野球場)では、小関翔太の走者一掃の二塁打・長谷部康平の3イニング連続3者凡退等により、6-3で勝利した[223]。楽天は予選リーグB組1位となり、準決勝ではA組2位の統一セブンイレブン・ライオンズ(以下、統一)と対戦することになった[223]。11月19日に行われた統一との準決勝(台中インターコンチネンタル野球場)では、宮川が2回途中でKOされ、打線も聖澤の犠飛による1点のみで終わり、1-4で敗退した[224]。日本からアジアシリーズに出場したチームが決勝に進出できなかったのは初となった[224]

その他のポストシーズン[編集]

2013年11月、仙台市の東二番丁通りで開催された優勝パレード

11月23日、ファン感謝祭が行われ、その中で田中のギネス世界記録の表彰式が行われた[225]。記録は以下の3つが認定された[225]

  • 単独シーズン連続勝利数:24
  • 公式戦連続勝利数:28(2015年現在継続中)
  • 連続勝利数:30

11月24日、球団初となる優勝パレードが仙台市東二番丁通りで行われ、沿道には21万4千人のファンが集まった(パレード実行委員会調べ)[226]。メジャーリーグのチームに移籍する可能性のある田中にとって、これが最後のユニホーム姿になる可能性があり、ファンに向かって何回か「ありがとう」と叫んだ[226]。また、松井は「ミッキーマウスになったみたい」とコメントした[227]

11月26日、プロ野球コンベンション2013が開催され、2013年度のパ・リーグ最優秀選手(MVP)に田中が選ばれた[228]。パリーグの有効投票総数233の全ての1位票を独占(満票)しての受賞となった田中は、ベストナインも満票で受賞しており、史上2人目のダブル満票での受賞となった[229]。また、正力松太郎賞を受賞した星野、パ・リーグ最優秀新人賞を受賞した則本の表彰も行われた[228]

12月2日[230]新語・流行語大賞の選考委員特別賞に「被災地が、東北が、日本がひとつになった 楽天、日本一をありがとう」が選ばれ、代表して嶋と美馬が受賞した[231]

記録[編集]

チーム[編集]

成績表
パ・リーグ
楽天 82 59 3 .582
西武 74 66 4 .529 7.5
ロッテ 74 68 2 .521 8.5
ソフトバンク 73 69 2 .514 9.5
オリックス 66 73 5 .475 15.0
日本ハム 64 78 2 .451 18.5
セ・パ交流戦
ソフトバンク 15 8 1 .652
楽天 15 9 0 .625 0.5
巨人 13 10 1 .565 2.0
日本ハム 13 10 1 .565 2.0
ロッテ 13 10 1 .565 2.0
オリックス 13 10 1 .565 2.0
阪神 12 11 1 .522 3.0
広島 11 13 0 .458 4.5
西武 11 13 0 .458 4.5
中日 10 13 1 .435 5.0
ヤクルト 7 16 1 .304 8.0
横浜 7 17 0 .292 8.5
その他
  • シーズン最高順位:1位
  • シーズン最多勝利:82勝(78勝目の時点で最多[84]
  • シーズン最高勝率:.582
  • シーズン観客動員数:1試合平均1万7793人(球団史上最多)[232]

個人[編集]

備考

アンドリュー・ジョーンズは両リーグ最多の105個の四球を選んだ[116]

試合結果[編集]

2013年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 西武 -- ロッテ -- ロッテ -- 楽天 -- 楽天 -- 楽天 --
2位 ロッテ 4.5 楽天 3.0 楽天 2.0 西武 5.5 ロッテ 4.5 西武 7.5
3位 ソフトバンク 5.0 西武 3.0 ソフトバンク 4.0 ロッテ 5.5 ソフトバンク 7.5 ロッテ 8.5
4位 日本ハム 5.5 ソフトバンク 5.0 西武 5.5 ソフトバンク 7.5 西武 9.0 ソフトバンク 9.0
5位 楽天 6.0 オリックス 6.5 日本ハム 6.5 オリックス 9.0 日本ハム 11.5 オリックス 15.0
6位 オリックス 日本ハム 10.5 オリックス 8.0 日本ハム 11.0 オリックス 14.5 日本ハム 18.5

レギュラーシーズンの結果[編集]

3月[240]・4月[241]・5月[242]・6月[243]・7月[244]・8月[245]・9月[246]・10月[247]

凡例
楽天の勝利試合 楽天の敗北試合 引き分け 試合中止
2013年 レギュラーシーズン

ポストシーズンの結果[編集]

クライマックスシリーズ ファイナルステージ[247]。日本シリーズ[247][248]。アジアシリーズ[248]。クライマックスシリーズの勝敗には、アドバンテージの1勝を含む。

凡例
楽天の勝利試合 楽天の敗北試合 引き分け 試合中止
2013年 ポストシーズン

選手・スタッフ[編集]

  • 背番号変更
    • 中川大志 156→56
    • 上園啓史 47→61
    • 宮川将 121→91
    • 井坂亮平 13→103

    個人成績[編集]

    投手成績[編集]

    色付きは規定投球回数(144イニング)以上の選手
































    田中将大 28 8 2 24 0 1 0 1.000 212.0 168 6 183 9 1.27
    則本昂大 27 3 0 15 8 0 1 .652 170.0 142 14 134 4 3.34
    青山浩二 60 0 0 3 5 11 20 .375 60.1 61 6 60 3 3.43
    小山伸一郎 45 0 0 1 4 0 17 .200 45.2 40 6 42 1 3.94
    金刃憲人 39 0 0 1 0 0 10 1.000 34.0 30 1 25 2 1.85
    ラズナー 37 0 0 1 2 17 4 .333 37.2 31 1 40 1 3.35
    片山博視 31 0 0 3 1 0 5 .750 35.2 38 1 22 0 3.03
    斎藤隆 30 0 0 3 0 4 7 1.000 26.2 25 1 25 2 2.36
    長谷部康平 24 0 0 1 1 3 11 .500 34.1 24 1 31 0 1.83
    ハウザー 22 0 0 2 2 0 5 .500 37.1 42 4 32 1 6.03
    福山博之 22 0 0 0 0 0 1 .000 34.2 34 1 20 0 4.41
    美馬学 18 0 0 6 5 0 0 .545 98.1 118 11 63 7 4.12
    ダックワース 18 0 0 5 5 0 0 .500 87.2 91 9 64 4 4.31
    宮川将 17 0 0 2 0 0 1 1.000 40.1 41 5 33 2 2.45
    菊池保則 14 0 0 1 5 0 0 .167 33.1 38 3 22 4 6.48
    高堀和也 14 0 0 1 0 0 2 1.000 12.2 14 2 5 0 6.39
    戸村健次 12 0 0 4 2 0 0 .667 67.2 63 4 22 4 3.33
    辛島航 11 1 0 3 4 0 1 .429 59.0 63 6 45 1 4.42
    星野智樹 11 0 0 0 1 0 0 .000 5.2 8 1 4 0 12.71
    永井怜 10 1 0 2 4 0 0 .333 54.2 47 6 31 3 3.46
    釜田佳直 8 0 0 1 2 0 1 .333 13.2 24 1 11 1 12.51
    川井貴志 6 0 0 3 2 0 0 .600 30.0 33 3 13 0 3.00
    加藤大輔 6 0 0 0 2 0 0 .000 10.1 17 4 4 0 8.71
    レイ 5 0 0 0 1 0 0 .000 19.1 13 2 10 0 3.26
    上園啓史 5 0 0 0 3 0 0 .000 13.2 16 1 11 3 7.24
    土屋朋弘 5 0 0 0 0 0 0 .000 6.1 9 3 6 0 5.68

    野手成績[編集]

    色付きは規定打席(447打席)以上の選手





















    銀次 131 525 482 63 153 24 3 4 54 3 1 4 44 .317 .365
    マギー 144 590 513 78 150 30 0 28 93 2 0 5 119 .292 .376
    聖澤諒 120 491 433 51 123 17 4 2 40 21 9 0 100 .284 .357
    藤田一也 128 536 466 48 128 17 2 1 48 3 33 4 43 .275 .320
    嶋基宏 134 507 447 44 115 13 1 4 48 3 16 3 92 .257 .318
    松井稼頭央 125 497 448 55 111 26 2 11 58 1 2 4 85 .248 .311
    ジョーンズ 143 604 478 81 116 21 1 26 94 4 0 6 164 .243 .391
    島内宏明 97 329 299 36 85 6 4 6 38 6 4 5 44 .284 .326
    森山周 89 95 81 20 22 0 0 0 9 6 4 5 10 .272 .344
    枡田慎太郎 86 311 268 32 73 17 0 8 47 1 1 6 81 .272 .352
    岡島豪郎 79 264 226 40 73 9 1 1 13 3 7 0 31 .323 .405
    岩崎達郎 74 112 101 17 22 5 0 0 12 0 5 1 18 .218 .252
    鉄平 54 168 146 24 35 7 1 1 10 2 7 0 22 .240 .311
    中島俊哉 45 90 82 7 19 4 0 1 3 0 2 0 8 .232 .284
    牧田明久 27 90 81 15 18 3 1 2 7 0 1 0 6 .222 .292
    西田哲朗 26 52 48 3 8 1 0 0 2 1 2 0 14 .167 .200
    小斉祐輔 22 47 46 3 11 3 0 1 3 0 0 0 7 .239 .255
    阿部俊人 22 46 38 4 8 2 0 0 1 1 6 0 7 .211 .250
    高須洋介 21 55 50 3 8 1 0 0 3 0 2 1 6 .160 .189
    伊志嶺忠 19 35 32 2 4 0 0 1 6 0 1 2 8 .125 .118
    仲澤広基 14 8 8 1 2 0 0 0 1 0 0 0 1 .250 .250
    榎本葵 13 11 11 1 1 0 0 0 2 0 0 0 5 .091 .091
    三好匠 6 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000 .000
    小山桂司 5 8 6 0 1 0 0 0 0 0 0 0 2 .167 .375
    中川大志 1 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000 .000
    • 太字はリーグ最高

    ドラフト[編集]

    順位 選手名 守備位置 所属 結果
    1位 松井裕樹 投手 桐光学園高 入団
    2位 内田靖人 捕手 常総学院高 入団
    3位 濱矢廣大 投手 Honda鈴鹿 入団
    4位 古川侑利 投手 有田工業高 入団
    5位 西宮悠介 投手 横浜商科大学 入団
    6位 横山貴明 投手 早稲田大学 入団
    7位 相原和友 投手 七十七銀行 入団
    8位 相沢晋 投手 日本製紙石巻 入団
    9位 今野龍太 投手 岩出山高 入団

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    注釈[編集]

    1. ^ アドバンテージ1勝を含む
    2. ^ 42回1/3 とも報じられている[53]
    3. ^ 田中は日本ハムが勝利したことを知っていたが、捕手の嶋基宏は知らなかったため、最後の打者を抑えた際戸惑ったという[68]
    4. ^ 「(田中)本人の意思」とする報道もある[143]
    5. ^ 則本のこと
    6. ^ Chris Motta

    出典[編集]

    東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイトは「オフィシャルサイト」と略記。

    [ヘルプ]
    1. ^ 浜田昭八 (2013年2月10日). “楽天・星野監督、こわもてと気配り 大型補強で「勝負」”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). http://www.nikkei.com/article/DGXZZO51513890Y3A200C1000000/ 2013年11月27日閲覧。 
    2. ^ a b c d e f 浜田昭八 (2013年2月10日). “楽天・星野監督、こわもてと気配り 大型補強で「勝負」2”. 日本経済新聞. http://www.nikkei.com/article/DGXZZO51513890Y3A200C1000000/?df=2 2013年11月27日閲覧。 
    3. ^ a b c 中島大輔 (2013年9月27日). “楽天優勝の立役者は、42歳の元外資金融マン 野球界に見る 凡才がトップに登り詰める方法”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. p. 2. 2014年1月22日閲覧。
    4. ^ a b c d 中島大輔 (2013年9月27日). “楽天優勝の立役者は、42歳の元外資金融マン 野球界に見る 凡才がトップに登り詰める方法”. 東洋経済オンライン. p. 3. 2014年1月22日閲覧。
    5. ^ 「今までの会見とは全く違った興奮」斎藤隆選手の入団会見”. オフィシャルサイト. 楽天野球団 (2013年1月8日). 2013年11月27日閲覧。
    6. ^ 浜田昭八 (2013年2月10日). “楽天・星野監督、こわもてと気配り 大型補強で「勝負」3”. 日本経済新聞. http://www.nikkei.com/article/DGXZZO51513890Y3A200C1000000/?df=3 2013年11月27日閲覧。 
    7. ^ a b “【楽天】マー3年12億契約もMLB挑戦へ”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2012年12月22日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20121222-1062890.html 2013年11月27日閲覧。 
    8. ^ 久米島キャンプに関して”. オフィシャルサイト (2013年1月21日). 2013年11月27日閲覧。
    9. ^ 2013久米島キャンプレポート 久米島キャンプ1日目”. オフィシャルサイト. 2013年11月27日閲覧。
    10. ^ 2013久米島キャンプレポート 久米島キャンプ13日目”. オフィシャルサイト. 2013年11月27日閲覧。
    11. ^ 2013久米島キャンプレポート 久米島キャンプ14日目”. オフィシャルサイト. 2013年11月27日閲覧。
    12. ^ 沖縄県:金武町ベースボールスタジアムで練習を行いました!”. オフィシャルサイト (2013年2月16日). 2013年11月27日閲覧。
    13. ^ “【楽天】ジョーンズ、オランダ代表へ合流”. nikkansports.com. (2013年2月21日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130221-1088191.html 2013年11月27日閲覧。 
    14. ^ 【オープン戦】全18試合で試合速報コンテンツを発信!”. オフィシャルサイト (2013年2月23日). 2013年11月27日閲覧。
    15. ^ プロ野球 - オープン戦 - 順位”. スポーツナビ. 2013年11月27日閲覧。
    16. ^ a b c “幻のWBC決勝先発、悔しい田中「投げ足りぬ」”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2013年3月21日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/wbc/2013/news/20130321-OYT1T00896.htm 2013年11月27日閲覧。 
    17. ^ “【楽天】侍マー&稼頭央がチーム合流”. nikkansports.com. (2013年3月21日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130321-1100912.html 2013年11月27日閲覧。 
    18. ^ “【楽天】ジョーンズ復帰「若い力結集して」”. nikkansports.com. (2013年3月22日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130322-1101363.html 2013年11月27日閲覧。 
    19. ^ 【2013シーズン】3/29(金)開幕戦の出場登録選手を発表”. オフィシャルサイト (2013年3月27日). 2013年11月27日閲覧。
    20. ^ 公示(出場選手登録・抹消)2013年3月”. オフィシャルサイト. 2013年11月28日閲覧。
    21. ^ 公示(出場選手登録・抹消)2013年4月”. オフィシャルサイト. 2013年11月28日閲覧。
    22. ^ 来季の1軍チーム体制に関して”. オフィシャルサイト (2012年10月15日). 2013年12月5日閲覧。
    23. ^ コーチの役職名称変更および背番号に関して”. オフィシャルサイト (2012年11月19日). 2013年12月5日閲覧。
    24. ^ a b c d e “星野監督抜てき!新人則本を開幕投手に”. nikkansports.com. (2013年3月26日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130326-1102983.html 2013年11月28日閲覧。 
    25. ^ “有言実行!パ新人王に楽天・則本「濃い、長い1年だった」”. SANSPO.COM (産業経済新聞社). (2013年11月25日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20131125/gol13112517000010-n1.html 2014年1月11日閲覧。 
    26. ^ a b “星野監督 「開幕でいいんじゃないかな」則本抜てき明言”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2013年3月28日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/03/28/kiji/K20130328005492220.html 2014年1月11日閲覧。 
    27. ^ a b c d e f g h i j 優勝への軌跡”. 東北楽天ゴールデンイーグルス|パ・リーグ初優勝 特設サイト. 楽天野球団. 2013年11月28日閲覧。
    28. ^ “【楽天】マー君、1勝!「WBCの延長」侍カーブで7回1失点”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2013年4月3日). http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/baseball/tanaka/news/20130402-OHT1T00213.htm 2013年11月28日閲覧。 
    29. ^ “則本パ新人一番乗りプロ1勝 開幕の雪辱果たした”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年4月6日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/06/kiji/K20130406005554530.html 2013年11月28日閲覧。 
    30. ^ “楽天 パでは10年ぶり10度目の野手全員得点 セは50年近くなし”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年4月5日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/06/kiji/K20130406005555730.html 2013年11月28日閲覧。 
    31. ^ a b 週刊ベースボール2013年10月14日号 7頁
    32. ^ “楽天500勝の記念球を観客席に…高堀「殺されるかと」”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年4月28日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/28/kiji/K20130428005698390.html 2013年11月28日閲覧。 
    33. ^ 山村宏樹 (2013年7月8日). “星野監督と選手の関係 ~好調楽天5つのキーワード~”. Yahoo!ニュース. 2013年11月28日閲覧。
    34. ^ a b c d e f g h i 江連能弘 (2013年9月27日). “田中・則本、JM砲が両輪”. 毎日新聞朝刊 14新版 (毎日新聞社): p. 20 
    35. ^ “星野監督 1066勝「神様に並んだのはめでたいんでしょう」”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年5月6日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/06/kiji/K20130506005744890.html 2013年11月28日閲覧。 
    36. ^ プロ野球速報 5月8日(水) 日本ハム vs 楽天(試合詳細)”. エキサイトベースボール. TBSラジオ&コミュニケーションズ. 2013年11月28日閲覧。
    37. ^ “交流戦、9年目が開幕 ロッテが巨人との首位対決制す”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年5月14日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/14/kiji/K20130514005805190.html 2013年11月28日閲覧。 
    38. ^ “マー君V誓う「交流戦で勢いつけて」ペナントも制する!”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年5月14日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/14/kiji/K20130514005799810.html 2013年11月28日閲覧。 
    39. ^ “【楽天】マー君、最速155キロで単独トップ6勝目!自身10連勝”. スポーツ報知. (2013年5月15日). http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/baseball/tanaka/news/20130514-OHT1T00196.htm 2013年11月28日閲覧。 
    40. ^ a b “マー君 今季初完投で開幕7連勝 坂本、沢村の88年同期制圧!”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年5月23日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/23/kiji/K20130523005859280.html 2013年11月28日閲覧。 
    41. ^ 田中将大選手が5月度「日本生命月間MVP賞」を受賞”. オフィシャルサイト (2013年6月5日). 2013年11月28日閲覧。
    42. ^ “ソフトバンク、セ・パ交流戦優勝 2年ぶり4度目”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2013年6月13日). http://www.asahi.com/sports/update/0613/SEB201306130018.html 2013年11月28日閲覧。 
    43. ^ “楽天 守護神炎上でまさかの逆転負け、交流戦初優勝逃す”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年6月13日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/06/13/kiji/K20130613006008040.html 2013年11月28日閲覧。 
    44. ^ “マー君今季初完封 甲子園V腕対決は藤浪に貫禄勝ち”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年6月17日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/06/17/kiji/K20130617006027810.html 2013年11月28日閲覧。 
    45. ^ 田中将大選手が6月度「日本生命月間MVP賞」を受賞”. オフィシャルサイト (2013年7月4日). 2013年11月28日閲覧。
    46. ^ “楽天 ついに首位タイ浮上!ジョーンズ豪快2連発、ロッテ撃破”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年7月4日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/04/kiji/K20130704006149430.html 2013年11月28日閲覧。 
    47. ^ “楽天、首位キタ~ッ!6月以降は球団史上初 (1/3ページ)”. SANSPO.COM. (2013年7月5日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130705/gol13070505040000-n1.html 2013年11月28日閲覧。 
    48. ^ “楽天・則本、1回4失点…プロ最短降板”. SANSPO.COM. (2013年7月6日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130706/gol13070605040000-n1.html 2013年11月28日閲覧。 
    49. ^ “則本“投げ直し”勝ち 前夜初回KOから連投初中継ぎ”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年7月7日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/07/kiji/K20130707006165380.html 2013年11月28日閲覧。 
    50. ^ a b c “【プロ野球】開幕12連勝の田中、圧倒的な存在感 「いつもゼロに抑えるために投げている」”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2013年7月9日). http://sankei.jp.msn.com/sports/news/130709/bbl13070923020009-n1.htm 2013年11月28日閲覧。 
    51. ^ “田中、パ歴代2位の17連勝 連続無失点は42回で止まる”. MSN産経ニュース. (2013年7月16日). http://sankei.jp.msn.com/sports/news/130716/bbl13071622000015-n1.htm 2013年11月28日閲覧。 
    52. ^ “マー君 前半戦締めは1失点完投 無傷の開幕13連勝”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年7月16日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/16/kiji/K20130716006231510.html 2013年11月28日閲覧。 
    53. ^ “楽天・田中、パ歴代2位の17連勝 連続無失点は42回で止まる”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2013年7月16日). http://www.nikkei.com/article/DGXNSSXKC0781_W3A710C1000000/ 2013年11月28日閲覧。 
    54. ^ “楽天、白星で締めくくれず 2回の逸機嘆く”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年7月17日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/17/kiji/K20130717006238850.html 2013年11月28日閲覧。 
    55. ^ ““お疲れ”マー君 後半戦初登板は2カード目、26日西武戦濃厚に”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年7月21日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/21/kiji/K20130721006258150.html 2013年11月28日閲覧。 
    56. ^ 田中将大選手が7月度「日本生命月間MVP賞」を受賞”. オフィシャルサイト (2013年8月6日). 2013年11月28日閲覧。
    57. ^ “【月間MVP】マー君、ラミに並ぶ日本タイ3連続!イチに並ぶ10度目”. スポーツ報知. (2013年8月7日). http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/baseball/tanaka/news/20130806-OHT1T00271.htm 2013年11月28日閲覧。 
    58. ^ “【楽天】マー君、日本新!開幕16連勝!!星野監督「神様?もっと上」”. スポーツ報知. (2013年8月10日). http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/baseball/tanaka/news/20130810-OHT1T00035.htm 2013年11月28日閲覧。 
    59. ^ “【楽天】「神の子」マー君、神様超えた!日本新21連勝!”. スポーツ報知. (2013年8月17日). http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/baseball/tanaka/news/20130817-OHT1T00042.htm 2013年11月28日閲覧。 
    60. ^ a b “楽天5連敗 ロッテと2・5差 星野監督「田中にプレッシャーがかかる」”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年8月22日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/08/22/kiji/K20130822006468210.html 2013年11月28日閲覧。 
    61. ^ a b 山村宏樹 (2013年9月27日). “楽天初優勝。チームをひとつにした「8月のある出来事」”. web Sportiva. 集英社. p. 1. 2014年1月11日閲覧。
    62. ^ 山村宏樹 (2013年9月27日). “楽天初優勝。チームをひとつにした「8月のある出来事」”. web Sportiva. p. 2. 2014年1月11日閲覧。
    63. ^ “楽天 斎藤 日本3986日ぶりセーブ 緊急登板もあせりなし”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年8月25日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/08/25/kiji/K20130825006479930.html 2013年11月28日閲覧。 
    64. ^ “【楽天】福山ら1軍登録、ラズナーら抹消”. nikkansports.com. (2013年8月25日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130825-1178620.html 2013年11月28日閲覧。 
    65. ^ a b “楽天M28点灯 球団創設9年目にして初”. nikkansports.com. (2013年8月29日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130829-1180437.html 2013年11月28日閲覧。 
    66. ^ ““星野チルドレン”榎本 今季初打席でサヨナラ打!楽天M点灯目前”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年8月26日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/08/26/kiji/K20130826006486520.html 2013年11月28日閲覧。 
    67. ^ a b c d e f 監督・選手インタビュー”. 東北楽天ゴールデンイーグルス|パ・リーグ初優勝 特設サイト. 2013年11月28日閲覧。
    68. ^ a b 田中将大選手が8月度「日本生命月間MVP賞」を受賞”. オフィシャルサイト (2013年9月6日). 2013年11月28日閲覧。
    69. ^ “【楽天】マー君、イチロー超えの史上最多11度目月間MVP”. スポーツ報知. (2013年9月7日). http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/baseball/tanaka/news/20130906-OHT1T00199.htm 2013年11月28日閲覧。 
    70. ^ “【犬鷲の「底力」 東北楽天 9年目の頂点(中)】Kスタ宮城増設へ突貫工事+(1/2ページ)”. MSN産経ニュース. (2013年11月6日). http://sankei.jp.msn.com/sports/news/131106/bbl13110611510003-n1.htm 2013年11月28日閲覧。 
    71. ^ a b “星野監督 マジック消滅に「壊れた蛍光灯みたいなもんや」”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年9月2日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/09/02/kiji/K20130902006533180.html 2013年11月28日閲覧。 
    72. ^ “Kスタ宮城の特設スタンドが使用開始に”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年9月4日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/09/04/kiji/K20130904006546660.html 2013年11月28日閲覧。 
    73. ^ “星野楽天 雨天中止でもM22再点灯”. デイリースポーツ online (神戸新聞社). (2013年9月6日). http://www.daily.co.jp/baseball/2013/09/06/0006314072.shtml 2013年11月28日閲覧。 
    74. ^ “【楽天】ラズナー、右肘検査で米国へ帰国”. nikkansports.com. (2013年9月10日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130910-1187152.html 2013年11月28日閲覧。 
    75. ^ a b “【楽天】Kスタ宮城左翼に特設スタンド”. nikkansports.com. (2013年9月13日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130913-1188622.html 2013年11月28日閲覧。 
    76. ^ “【楽天】マー、怒りの開幕21連勝!56年ぶり稲尾超え日本新&通算25連勝世界新”. スポーツ報知. (2013年9月14日). http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/baseball/tanaka/news/20130914-OHT1T00039.htm 2013年11月28日閲覧。 
    77. ^ “楽天 “恐怖の9番”島内がCS絶望 左肩痛め全治6~8週間”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年9月14日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/09/15/kiji/K20130915006617030.html 2013年11月28日閲覧。 
    78. ^ “楽天・島内、今季中の復帰は絶望的”. デイリースポーツ online. (2013年9月15日). http://www.daily.co.jp/baseball/2013/09/15/0006339115.shtml 2013年11月28日閲覧。 
    79. ^ “楽天、ラズナーの激励がサヨナラ呼んだ”. nikkansports.com. (2013年9月20日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130920-1192266.html 2013年11月28日閲覧。 
    80. ^ a b “マギー 逆転満弾 今季11打数無安打の“苦手”場面でドカ~ン”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年9月18日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/09/18/kiji/K20130918006637830.html 2013年11月28日閲覧。 
    81. ^ a b “楽天、15点大勝でM5!09年以来のCS確定”. SANSPO.COM. (2013年9月22日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130922/gol13092218230003-n1.html 2013年11月28日閲覧。 
    82. ^ “楽天育成出身の宮川プロ初先発で1勝”. nikkansports.com. (2013年9月24日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130924-1194185.html 2013年11月28日閲覧。 
    83. ^ a b “先輩上原譲りの「雑草魂」!楽天・宮川 育成1位からプロ初先発2勝目”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年9月24日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/09/24/kiji/K20130924006675240.html 2013年11月28日閲覧。 
    84. ^ a b c “楽天お預け 星野監督「則本甘い」”. nikkansports.com. (2013年9月25日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130925-1194699.html 2013年11月28日閲覧。 
    85. ^ “楽天M2王手!マー君胴上げ投手で仙さん舞う (2/3ページ)”. SANSPO.COM. (2013年9月26日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130926/gol13092605060002-n2.html 2013年11月28日閲覧。 
    86. ^ a b “楽天・福山、好投報われず…プロ初勝利スルリ”. SANSPO.COM. (2013年9月25日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130925/gol13092523250005-n1.html 2013年11月28日閲覧。 
    87. ^ a b c “楽天M2王手!マー君胴上げ投手で仙さん舞う (1/3ページ)”. SANSPO.COM. (2013年9月26日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130926/gol13092605060002-n1.html 2013年11月28日閲覧。 
    88. ^ 週刊ベースボール2013年10月14日号 11頁
    89. ^ a b “楽天M2王手!マー君胴上げ投手で仙さん舞う (3/3ページ)”. SANSPO.COM. (2013年9月26日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130926/gol13092605060002-n3.html 2013年11月28日閲覧。 
    90. ^ a b c スコアボード 2013年9月26日 埼玉西武 対 楽天”. オフィシャルサイト. 2013年11月28日閲覧。
    91. ^ a b “楽天 7月上旬から首位快走!星野監督 史上3人目の3球団V”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年9月26日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/09/26/kiji/K20130926006694700.html 2013年11月28日閲覧。 
    92. ^ “ロッテ8年ぶりリーグ優勝逃す”. デイリースポーツ online. (2013年9月26日). http://www.daily.co.jp/newsflash/baseball/2013/09/26/0006371736.shtml 2013年11月28日閲覧。 
    93. ^ a b c d e f g “【楽天】マー絶叫初V!魂の8球オール150キロ超えKK締め”. スポーツ報知. (2013年9月27日). http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/baseball/tanaka/news/20130927-OHT1T00022.htm 2013年11月28日閲覧。 
    94. ^ “楽天がリーグ初制覇!田中が胴上げ投手 (1/2ページ)”. SANSPO.COM. (2013年9月26日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130926/gol13092618160003-n1.html 2013年11月28日閲覧。 
    95. ^ a b c d e f g “楽天がリーグ初制覇!田中が胴上げ投手 (2/2ページ)”. SANSPO.COM. (2013年9月26日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130926/gol13092618160003-n2.html 2013年11月28日閲覧。 
    96. ^ a b c “AJ7回逆転V打 米プレーオフ11度の勝負強さ発揮”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年9月27日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/09/27/kiji/K20130927006697210.html 2013年11月28日閲覧。 
    97. ^ a b 週刊ベースボール2013年10月14日号 6頁
    98. ^ “斎藤隆 復興への思いが力に!すべてを懸け日本一を仙台で”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年9月27日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/09/27/kiji/K20130927006697110.html 2013年11月28日閲覧。 
    99. ^ 週刊ベースボール2013年10月14日号 12頁
    100. ^ 週刊ベースボール2013年10月14日号 3頁
    101. ^ 2013年9月26日 【公式戦】 試合結果 (埼玉西武vs東北楽天)”. 日本野球機構オフィシャルサイト. 2013年11月28日閲覧。
    102. ^ 田中将大選手が9月度「日本生命月間MVP賞」を受賞”. オフィシャルサイト (2013年10月4日). 2013年11月28日閲覧。
    103. ^ a b c 日本製紙クリネックススタジアム宮城「28,000増席計画のお知らせ」”. オフィシャルサイト (2013年10月1日). 2013年11月28日閲覧。
    104. ^ a b “【楽天】マー君「ビックリ」24連勝!プロ野球史上初の無敗最多勝!!”. スポーツ報知. (2013年10月9日). http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/baseball/tanaka/news/20131009-OHT1T00045.htm 2013年11月28日閲覧。 
    105. ^ a b c d “マー君 3冠確定 史上初無敗の最多勝投手に”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年10月14日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/14/kiji/K20131014006803600.html 2013年11月28日閲覧。 
    106. ^ “星野監督 CS見据え苦言「もっとバッテリーがしっかり考えないと」”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年10月14日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/14/kiji/K20131014006804640.html 2013年11月28日閲覧。 
    107. ^ 中島大輔 (2013年10月17日). “いざCS!楽天は短期決戦に強いのか、弱いのか?”. web Sportiva. 2013年11月28日閲覧。
    108. ^ a b c “データで見る楽天の強さ エース奮投に打線はAJ砲が軸”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年9月27日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/09/27/kiji/K20130927006697470.html 2013年11月30日閲覧。 
    109. ^ “楽天、震災乗り越え初V!エース田中がけん引”. SANSPO.COM. (2013年9月26日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130926/gol13092623110011-n1.html 2013年11月30日閲覧。 
    110. ^ 山崎武司が語る「楽天初優勝と野村野球の遺産」” (2013年9月30日). 2013年11月30日閲覧。
    111. ^ a b c “今だから言える…嶋スピーチによる重圧「優勝で救われた」”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年9月27日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/09/27/kiji/K20130927006697400.html 2013年11月30日閲覧。 
    112. ^ 週刊ベースボール2013年10月14日号 15頁
    113. ^ a b 週刊ベースボール2013年11月18日号 24頁
    114. ^ “ジョーンズ “チーム第一”の四球 日米通じ初のサイクル安打目前も”. スポニチ Sponichi Annex 野球. (2013年9月23日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/09/23/kiji/K20130923006669910.html 2013年12月4日閲覧。 
    115. ^ a b 百留康隆 (2013年10月22日). “パCSファイナル:楽天 ジョーンズ、マギーがアーチ攻勢”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/sports/news/20131022k0000m050114000c.html 2013年12月4日閲覧。 
    116. ^ 「マー君ではなく、藤田一也がMVP」”. スポーツナビ (2013年9月28日). 2013年11月30日閲覧。
    117. ^ “「東北の人々に夢と希望」 楽天優勝に菅長官が祝意”. MSN産経ニュース. (2013年9月27日). http://sankei.jp.msn.com/sports/news/130927/bbl13092713020018-n1.htm 2013年11月30日閲覧。 
    118. ^ “宮城県知事、楽天・田中に「県民栄誉賞を」”. SANSPO.COM. (2013年9月27日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130927/gol13092720390015-n1.html 2013年11月30日閲覧。 
    119. ^ “仙台市長「復興上向いた」楽天に賛辞の盾”. nikkansports.com. (2013年11月6日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20131106-1214433.html 2013年11月30日閲覧。 
    120. ^ “ロッテ“下克上”再現だ! 接戦制しCSファイナル進出 (1/2ページ)”. SANSPO.COM. (2013年10月14日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20131014/npb13101412550001-n1.html 2013年11月28日閲覧。 
    121. ^ “【楽天】マー、完封で25連勝!CSも神!星野監督「素晴らしい」”. スポーツ報知. (2013年10月18日). http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/baseball/tanaka/news/20131017-OHT1T00204.htm 2013年11月28日閲覧。 
    122. ^ a b “マー君も「じぇじぇじぇ」の銀次弾”. nikkansports.com. (2013年10月18日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20131018-1205675.html 2013年11月28日閲覧。 
    123. ^ “【楽天】マギー適時打「手ごわい投手…」”. nikkansports.com. (2013年10月17日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20131017-1205622.html 2013年11月28日閲覧。 
    124. ^ “マー君を救った二塁手・藤田 0・1秒早い一塁転送”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年10月18日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/18/kiji/K20131018006829760.html 2013年11月28日閲覧。 
    125. ^ “マー君“2勝”存在自体がアドバンテージ”. nikkansports.com. (2013年10月18日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20131018-1205653.html 2013年11月28日閲覧。 
    126. ^ “則本 新人でCS2人目最多タイ11Kも「執念足りなかった」”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年10月19日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/19/kiji/K20131019006835480.html 2013年11月28日閲覧。 
    127. ^ a b “楽天 救援乱調で不安噴出 星野監督「野球の神様は厳しいんだよ」”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年10月19日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/19/kiji/K20131019006835470.html 2013年11月28日閲覧。 
    128. ^ a b c “楽天が王手 美馬もビックリ プロ初完封”. nikkansports.com. (2013年10月20日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20131020-1206687.html 2013年11月28日閲覧。 
    129. ^ “嶋 読み勝ちV打!里崎のリード読み切りバット短く持った”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年10月20日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/20/kiji/K20131020006841820.html 2013年11月28日閲覧。 
    130. ^ “稼頭央「とっさに出た」 ブロックの股の下から“神の手”生還”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年10月20日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/20/kiji/K20131020006842500.html 2013年11月28日閲覧。 
    131. ^ “【楽天】辛島スライド登板に「仕方ない」”. nikkansports.com. (2013年10月20日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20131020-1206958.html 2013年11月28日閲覧。 
    132. ^ a b c d e “【CSファイナルS第4戦】マー君締め!楽天、日本S進出決定!”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年10月21日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/21/kiji/K20131021006853390.html 2013年11月28日閲覧。 
    133. ^ 球団史上初の日本シリーズ進出決定!MVPは田中選手”. オフィシャルサイト (2013年10月21日). 2013年12月1日閲覧。
    134. ^ “巨人3連勝突破 2年連続日本一あと4勝”. nikkansports.com. (2013年10月19日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20131019-1206159.html 2013年11月28日閲覧。 
    135. ^ a b “日本シリーズきょう開幕、楽天vs巨人 東北で初開催”. 日本経済新聞. (2013年10月26日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO61653600V21C13A0UU2000/ 2013年11月28日閲覧。 
    136. ^ “東北で初のシリーズ開催「震災からよみがえった球場」”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年10月27日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/27/kiji/K20131027006888500.html 2013年11月28日閲覧。 
    137. ^ 岸本悠 (2013年11月4日). “巨人 連覇の夢遠く”. 毎日新聞朝刊 14新版: p. 18 
    138. ^ ““恐怖の9番”楽天・島内 1軍合流へ 日本Sは代打要員”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年10月24日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/24/kiji/K20131024006866050.html 2013年11月28日閲覧。 
    139. ^ “楽天VS巨人 日本シリーズ出場資格者を発表”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年10月24日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/24/kiji/K20131024006872120.html 2013年12月5日閲覧。 
    140. ^ コナミ日本シリーズ 出場資格者公示”. NPBニュース (2013年10月24日). 2013年12月5日閲覧。
    141. ^ “衝撃の予告先発!マー君、疲労訴え開幕“回避”第2戦スライド (1/4ページ)”. SANSPO.COM. (2013年10月26日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20131026/gol13102605060004-n1.html 2013年11月28日閲覧。 
    142. ^ “【楽天】マー、フル回転疲れ「志願の中5日」”. スポーツ報知. (2013年10月26日). http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/baseball/tanaka/news/20131025-OHT1T00210.htm 2013年11月28日閲覧。 
    143. ^ “楽天、初戦は則本が先発!「開幕という感じしない」”. SANSPO.COM. (2013年10月25日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20131025/gol13102517460009-n1.html 2013年11月28日閲覧。 
    144. ^ “則本10K力投報われず…史上初の白星逃す”. nikkansports.com. (2013年10月27日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20131027-1209771.html 2013年11月28日閲覧。 
    145. ^ “【巨人】スコット鉄太朗で無失点リレー”. nikkansports.com. (2013年10月26日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20131026-1209707.html 2013年11月29日閲覧。 
    146. ^ “楽天0-2巨人/日本シリーズ詳細”. nikkansports.com. (2013年10月26日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20131026-1209593.html 2013年11月28日閲覧。 
    147. ^ a b “【楽天】マー、毎回12Kで今季26連勝!通算30連勝も「完封したかった」”. スポーツ報知. (2013年10月28日). http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/baseball/tanaka/news/20131028-OHT1T00049.htm 2013年11月28日閲覧。 
    148. ^ a b “銀次 菅野討ち先制打でリベンジ 前日ミスも「気合と根性で」”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年10月28日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/28/kiji/K20131028006895700.html 2013年11月28日閲覧。 
    149. ^ “藤田 気迫の一塁ヘッドスライディング 泥臭く2点目”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年10月28日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/28/kiji/K20131028006896230.html 2013年11月28日閲覧。 
    150. ^ “微妙な2点目…原監督判定に猛抗議実らず”. nikkansports.com. (2013年10月28日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20131028-1210256.html 2013年11月28日閲覧。 
    151. ^ “原監督「何でセーフなんだ!」 猛抗議も判定覆らず致命的2点目”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年10月27日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/28/kiji/K20131028006895730.html 2013年11月28日閲覧。 
    152. ^ “ジョーンズ&マギーが存在感 3四球のMJ「我慢するときは我慢」”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年10月28日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/28/kiji/K20131028006896170.html 2013年11月28日閲覧。 
    153. ^ “PS男だ!楽天・美馬、巨人に雪辱5回2/3を0封 (1/3ページ)”. SANSPO.COM. (2013年10月30日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20131030/gol13103005040003-n1.html 2013年11月28日閲覧。 
    154. ^ “PS男だ!楽天・美馬、巨人に雪辱5回2/3を0封 (2/3ページ)”. SANSPO.COM. (2013年10月30日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20131030/gol13103005040003-n2.html 2013年11月28日閲覧。 
    155. ^ “フェースガード装着のレイ 肩に打球直撃も好救援”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年10月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/30/kiji/K20131030006909220.html 2013年11月28日閲覧。 
    156. ^ “43歳斎藤 15年ぶり日本シリーズ登板 貫禄の9球締め”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年10月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/30/kiji/K20131030006909230.html 2013年11月28日閲覧。 
    157. ^ “星野チルドレンで巨人に連勝!藤田&銀次が連続2点打で杉内KO”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年10月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/30/kiji/K20131030006908590.html 2013年11月28日閲覧。 
    158. ^ “楽天、巨人・杉内後略し2勝1敗”. デイリースポーツ online. (2013年10月30日). http://www.daily.co.jp/newsflash/baseball/2013/10/30/0006457006.shtml 2013年11月28日閲覧。 
    159. ^ a b “ハッスルAJ 先制3ランも空砲「切り替えていきたい」”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年10月31日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/31/kiji/K20131031006915140.html 2013年11月28日閲覧。 
    160. ^ a b “AJ史上4人目、日米シリーズ弾も空砲”. nikkansports.com. (2013年10月31日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20131031-1211598.html 2013年11月28日閲覧。 
    161. ^ a b c d 週刊ベースボール2013年11月18日号 38頁
    162. ^ a b “【楽天】星野監督継投「俺のミステーク」”. nikkansports.com. (2013年10月30日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20131030-1211560.html 2013年11月28日閲覧。 
    163. ^ “辛島5回1安打無失点 初登板で大役果たす”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年11月1日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/01/kiji/K20131101006924210.html 2013年11月29日閲覧。 
    164. ^ “楽天・辛島、5回0封1安打斬り!シリーズ初登板で役割果たす”. SANSPO.COM. (2013年11月1日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20131101/gol13110105010000-n1.html 2013年11月29日閲覧。 
    165. ^ “楽天・岡島がシリーズ初打点「打ててよかった」”. SANSPO.COM. (2013年11月1日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20131101/gol13110105020002-n1.html 2013年11月29日閲覧。 
    166. ^ a b c “楽天 延長制し初の日本一王手!則本 気迫のロングリリーフ”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年10月31日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/31/kiji/K20131031006920130.html 2013年11月29日閲覧。 
    167. ^ a b c d e f g “則本ロング救援「涙出そう」な初白星”. nikkansports.com. (2013年11月1日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20131101-1212001.html 2013年11月29日閲覧。 
    168. ^ 週刊ベースボール2013年11月18日号 12頁
    169. ^ a b c d e “藤田泣いた 死球→激走→痛み耐えかね交代”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年11月1日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/01/kiji/K20131101006924040.html 2013年11月29日閲覧。 
    170. ^ a b “銀次、藤田の姿に胸熱く…魂の決勝打”. nikkansports.com. (2013年11月1日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20131101-1212019.html 2013年11月29日閲覧。 
    171. ^ “森山美守で救った 延長10回にダイビングキャッチ”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年11月1日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/01/kiji/K20131101006924200.html 2013年11月29日閲覧。 
    172. ^ a b “星野采配ズバリ 明日マー君で日本一”. nikkansports.com. (2013年11月1日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20131101-1211995.html 2013年11月29日閲覧。 
    173. ^ “田中vs菅野【2日の日本S予告先発】”. nikkansports.com. (2013年11月1日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20131101-1212320.html 2013年11月29日閲覧。 
    174. ^ 水足丈夫 (2013年11月3日). “第7戦のマー君の登板はあるのか”. 水足丈夫の交遊録. 2013年11月29日閲覧。
    175. ^ 崖っぷち巨人、マー君攻略は序盤「1点」”. スポーツナビ. p. 1 (2013年11月1日). 2013年11月29日閲覧。
    176. ^ 崖っぷち巨人、マー君攻略は序盤「1点」”. スポーツナビ. p. 2 (2013年11月1日). 2013年11月29日閲覧。
    177. ^ “データも楽天後押し…初出場で先に王手なら過去6チーム全て優勝”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年11月1日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/01/kiji/K20131101006924050.html 2013年11月29日閲覧。 
    178. ^ 百留康隆 (2013年11月3日). “田中も人間 4失点”. 毎日新聞朝刊 14新版: p. 21 
    179. ^ a b c d “マー君直訴「最後まで行く」第7戦ブルペン待機の可能性も”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年11月3日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/03/kiji/K20131103006937570.html 2013年11月29日閲覧。 
    180. ^ “菅野雪辱7回2失点「とにかくうれしい」”. nikkansports.com. (2013年11月3日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20131103-1213030.html 2013年11月29日閲覧。 
    181. ^ “タイムリー後逸も落球も帳消し ロペス同点2ラン”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年11月3日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/03/kiji/K20131103006938050.html 2013年11月29日閲覧。 
    182. ^ a b 週刊ベースボール2013年11月18日号 11頁
    183. ^ “【巨人】村田、攻めの走塁で4点目生還”. nikkansports.com. (2013年11月2日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20131102-1212968.html 2013年11月29日閲覧。 
    184. ^ a b c d e 古川真弥 (2013年11月3日). “マー君が負けた 4失点志願の160球完投”. nikkansports.com. http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20131103-1213027.html 2013年11月29日閲覧。 
    185. ^ “9回1死で登板 マシソンがAJ、マギー連続K斬り”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年11月3日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/03/kiji/K20131103006937720.html 2013年11月29日閲覧。 
    186. ^ “逆王手のG有利!日本S3勝3敗は過去20度”. SANSPO.COM. (2013年11月3日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20131103/gia13110305050005-n1.html 2013年11月29日閲覧。 
    187. ^ a b “マー君、槙原以来19年ぶり1シリーズ2完投”. SANSPO.COM. (2013年11月3日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20131103/gol13110305030006-n1.html 2013年11月29日閲覧。 
    188. ^ a b 無敗のエース・田中将大はなぜ打たれたのか”. web Sportiva (2013年11月3日). 2013年11月29日閲覧。
    189. ^ a b “【楽天】観客動員2万5271人過去最多”. nikkansports.com. (2013年11月3日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20131103-1212993.html 2013年11月29日閲覧。 
    190. ^ 【コナミ日本シリーズ2013】11/2(土)第6戦 Kスタ宮城試合中継の入場制限につきまして”. オフィシャルサイト (2013年11月2日). 2013年11月30日閲覧。
    191. ^ a b “マー君見たい!! 日本シリーズ視聴率44・0%”. MSN産経ニュース. (2013年11月5日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/131105/ent13110510580007-n1.htm 2013年11月29日閲覧。 
    192. ^ a b c d “美馬がMVP シリーズ2勝&0封”. nikkansports.com. (2013年11月4日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20131104-1213450.html 2013年11月29日閲覧。 
    193. ^ “【楽天】マー君ベンチ入り 連投も - プロ野球ニュース”. nikkansports.com. (2013年11月3日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20131103-1213285.html 2013年11月29日閲覧。 
    194. ^ 楽天日本一の“陰のMVP”則本昂大。マー君の有終を支えたルーキー右腕。(2/3)”. Number Web. 文藝春秋 (2013年11月4日). 2013年11月29日閲覧。
    195. ^ 週刊ベースボール2013年11月18日号 9頁
    196. ^ a b “杉内 またプロ最短KO タカでは強かった舞台が…”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年11月3日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/03/kiji/K20131103006941430.html 2013年11月29日閲覧。 
    197. ^ a b “岡島 杉討ちタイムリー 2番手捕手から日本一のリードオフマンに”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年11月4日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/04/kiji/K20131104006945730.html 2013年11月29日閲覧。 
    198. ^ “楽天・牧田、貴重な一発!「声援が本当に後押ししてくれた」”. SANSPO.COM. (2013年11月4日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20131104/gol13110405450012-n1.html 2013年11月29日閲覧。 
    199. ^ ““小さな大投手”楽天・美馬、シリーズ0封&2戦2勝でMVP (2/3ページ)”. SANSPO.COM. (2013年11月4日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20131104/gol13110405110004-n2.html 2013年11月29日閲覧。 
    200. ^ “楽天・則本、また救援で快投!「しっかりつなごうと思った」”. SANSPO.COM. (2013年11月4日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20131104/gol13110406290018-n1.html 2013年11月29日閲覧。 
    201. ^ a b “マー君 神の連投 160球敗戦翌日に志願「もやもやしていた」”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年11月4日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/04/kiji/K20131104006945770.html 2013年11月29日閲覧。 
    202. ^ a b “日本一へ「あとひとつ」その時スタジアムは…”. 河北Weeklyせんだい (河北新報社). (2013年11月28日). http://www.kahoku.co.jp/weekly/sports/131128_1.html 2013年11月30日閲覧。 
    203. ^ a b c “楽天・田中、日本一締め!!“国内ラス投”で新伝説 (2/5ページ)”. SANSPO.COM. (2013年11月4日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20131104/gol13110405150009-n2.html 2013年11月29日閲覧。 
    204. ^ 【第7戦 試合中継会場の変更について】仙台市陸上競技場にて開催します。”. オフィシャルサイト (2013年11月2日). 2013年11月30日閲覧。
    205. ^ “日本一!1万人以上が隣接競技場でPV(2)”. デイリースポーツ online. (2013年11月4日). http://www.daily.co.jp/gossip/2013/11/04/1p_0006470895.shtml 2013年11月30日閲覧。 
    206. ^ “MVPの美馬 大仕事2勝 闘病中の母が退院その日に快投”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年11月4日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/04/kiji/K20131104006943960.html 2013年11月30日閲覧。 
    207. ^ コナミ日本シリーズ2013 表彰選手/賞金・賞品一覧”. 日本野球機構オフィシャルサイト. 2013年11月30日閲覧。
    208. ^ 第7戦試合結果”. コナミ日本シリーズ2013公式サイト. 2013年11月30日閲覧。
    209. ^ “銀次 被災地に届け!日本一 2度のV打で優秀選手賞受賞”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年11月4日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/04/kiji/K20131104006944010.html 2013年11月30日閲覧。 
    210. ^ a b 楽天日本一の“陰のMVP”則本昂大。マー君の有終を支えたルーキー右腕。(3/3)”. Number Web (2013年11月4日). 2013年11月30日閲覧。
    211. ^ 週刊ベースボール2013年11月18日号 25頁
    212. ^ a b “【楽天】星野監督、マー君抜きでアジア獲る!流出想定ローテで若手底上げ”. スポーツ報知. (2013年11月5日). http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/baseball/tanaka/news/20131104-OHT1T00249.htm 2013年11月30日閲覧。 
    213. ^ a b “マー君に“偶像的熱狂”台湾 登板予定なしも「伝令役」で盛り上げる”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年11月14日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/14/kiji/K20131114007006030.html 2013年11月30日閲覧。 
    214. ^ a b “【楽天】マー、アジアS急きょ参戦!休養予定も星野監督「ファンが期待」”. スポーツ報知. (2013年11月8日). http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/baseball/tanaka/news/20131107-OHT1T00237.htm 2013年11月30日閲覧。 
    215. ^ “則本 左で投げたい? 秋季キャンプで汗”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年11月9日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/09/kiji/K20131109006979110.html 2013年11月30日閲覧。 
    216. ^ ““MVP”美馬はメンバー外、オーバーホール最優先”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年11月9日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/09/kiji/K20131109006974850.html 2013年11月30日閲覧。 
    217. ^ 【アジアシリーズ】台湾遠征の帯同メンバー発表”. オフィシャルサイト (2013年11月11日). 2013年12月5日閲覧。
    218. ^ アジアシリーズ”. 日本野球機構オフィシャルサイト. 2013年11月30日閲覧。
    219. ^ “楽天・辛島 6回途中降板に「投げきりたかった」”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年11月16日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/16/kiji/K20131116007020280.html 2013年11月30日閲覧。 
    220. ^ “楽天 一挙5点で勝ち越し 同点打の聖沢は台湾移籍志願!?”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年11月16日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/16/kiji/K20131116007019570.html 2013年11月30日閲覧。 
    221. ^ “楽天、統一など準決勝進出の4強が決定/アジアS”. SANSPO.COM. (2013年11月16日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20131116/npb13111616460002-n1.html 2013年11月30日閲覧。 
    222. ^ a b “楽天 小関の3点二塁打などで快勝 19日の準決勝へ/アジアS”. SANSPO.COM. (2013年11月17日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20131117/gol13111713500003-n1.html 2013年11月30日閲覧。 
    223. ^ a b “楽天が準決敗退 初回失点重く/アジアS”. nikkansports.com. (2013年11月20日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20131120-1220457.html 2013年11月30日閲覧。 
    224. ^ a b 田中将大選手の連勝記録がギネス世界記録に認定!”. オフィシャルサイト (2013年11月25日). 2013年12月1日閲覧。
    225. ^ a b “マー君 人生初Vパレードに絶叫締め「ありがとう!」”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年11月25日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/25/kiji/K20131125007078490.html 2013年11月30日閲覧。 
    226. ^ “稼頭央「ミッキーマウスになったみたいでした」”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年11月25日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/25/kiji/K20131125007078330.html 2013年11月30日閲覧。 
    227. ^ a b 田中将大選手が【パ・リーグ:最優秀選手(MVP)】に輝く!”. オフィシャルサイト. 2013年11月30日閲覧。
    228. ^ a b “最優秀選手決定! パはノムさん以来の満票で田中、セはバレ”. SANSPO.COM. (2013年11月26日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20131126/npb13112620370004-n1.html 2013年11月30日閲覧。 
    229. ^ “新語・流行語大賞:過去最多四つが大賞! 「今でしょ!」「倍返し」など”. 毎日新聞. (2013年12月2日). http://mainichi.jp/mantan/news/20131202dyo00m200022000c.html 2013年12月6日閲覧。 
    230. ^ “楽天「特別賞」受賞 嶋「東北が一つになって頂けた」”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年12月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/12/03/kiji/K20131203007126890.html 2013年12月6日閲覧。 
    231. ^ “楽天 観客動員前年比8・8%増 パ1試合平均は2・8%増”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年10月14日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/14/kiji/K20131014006803670.html 2013年12月1日閲覧。 
    232. ^ a b 星野仙一監督が「正力松太郎賞」を受賞!田中将大選手は特別賞”. オフィシャルサイト (2013年11月11日). 2013年12月1日閲覧。
    233. ^ “マー君 満票ベストナインで8冠!MVPならイチ、上原に並び最多”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年11月22日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/22/kiji/K20131122007057330.html 2013年12月1日閲覧。 
    234. ^ a b c d 田中将大選手、嶋基宏選手、藤田一也選手、C.マギー選手が【パ・リーグ:ベストナイン】を受賞!”. オフィシャルサイト (2013年11月21日). 2013年12月1日閲覧。
    235. ^ a b c 【第42回三井ゴールデン・グラブ賞】田中将大選手・嶋基宏選手・藤田一也選手が受賞!”. オフィシャルサイト (2013年11月7日). 2013年12月1日閲覧。
    236. ^ a b 田中将大選手&嶋基宏選手が【2013プロ野球最優秀バッテリー賞】受賞”. オフィシャルサイト (2013年10月23日). 2013年12月1日閲覧。
    237. ^ 田中将大選手が【沢村賞】を受賞!「チームが優勝することが一番」”. オフィシャルサイト (2013年10月28日). 2013年12月1日閲覧。
    238. ^ 則本昂大選手が【パ・リーグ:最優秀新人賞】を受賞!”. オフィシャルサイト (2013年11月25日). 2013年12月1日閲覧。
    239. ^ 試合日程・結果 2013年3月”. オフィシャルサイト. 2013年11月28日閲覧。
    240. ^ 試合日程・結果 2013年4月”. オフィシャルサイト. 2013年11月28日閲覧。
    241. ^ 試合日程・結果 2013年5月”. オフィシャルサイト. 2013年11月28日閲覧。
    242. ^ 試合日程・結果 2013年6月”. オフィシャルサイト. 2013年11月28日閲覧。
    243. ^ 試合日程・結果 2013年7月”. オフィシャルサイト. 2013年11月28日閲覧。
    244. ^ 試合日程・結果 2013年8月”. オフィシャルサイト. 2013年11月28日閲覧。
    245. ^ 試合日程・結果 2013年9月”. オフィシャルサイト. 2013年11月28日閲覧。
    246. ^ a b c 試合日程・結果 2013年10月”. オフィシャルサイト. 2013年11月28日閲覧。
    247. ^ a b 試合日程・結果 2013年11月”. オフィシャルサイト. 2013年11月28日閲覧。

    参考文献[編集]

    • 「特集 球団創設9年目、杜の都に訪れた歓喜 楽天“魂”の初優勝!」、『週刊ベースボール』2013年10月14日号、ベースボール・マガジン社、2013年10月、 3-35頁。
    • 「E対G頂上決戦リポート」、『週刊ベースボール』2013年11月18日号、ベースボール・マガジン社、2013年11月、 8-21頁。
    • 「荒木大輔(野球評論家)の日本シリーズ総括」、『週刊ベースボール』2013年11月18日号、ベースボール・マガジン社、2013年11月、 24-25頁。
    • 「週刊記録室」、『週刊ベースボール』2013年11月18日号、ベースボール・マガジン社、2013年11月、 38頁。

    外部リンク[編集]