鈴木翔天

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 翔天
東北楽天ゴールデンイーグルス #56
S suzuki20200901.jpg
ヤクルト戸田球場にて(2020年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市旭区
生年月日 (1996-08-19) 1996年8月19日(24歳)
身長
体重
185 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2018年 ドラフト8位
初出場 2020年9月15日
年俸 660万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

鈴木 翔天(すずき そら、1996年8月19日 - )は、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属する神奈川県横浜市旭区出身のプロ野球選手投手)。左投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

横浜市立南本宿小学校で小学校3年生からソフトボールを始め、6年生で瀬谷リトルで野球を始めた。横浜市立万騎が原中学校では瀬谷シニアに所属した[2]

向上高校進学後、レフト兼ピッチャーとして、2年夏にベンチ入りし、3年春には神奈川県大会準優勝。準決勝の小笠原慎之介吉田凌ら擁する東海大相模高校戦では9回からリリーフし、2回を無失点に抑え勝利に貢献[3]第66回春季関東大会でも準優勝に輝いた。3年の夏の神奈川県大会でも決勝まで進み、再び東海大相模高校と対戦。鈴木は先発するも4回途中2失点で降板。チームも敗れ甲子園には届かなかった[4]

富士大学進学後、本格的にピッチャーに転向。1年春から北東北大学リーグで登板したが怪我の影響で登板が少なく、3年春から主力として活躍。3年春は防御率1.72を記録し、リーグ優勝に貢献。第66回全日本大学野球選手権大会では初戦の福岡大学戦に4回からリリーフでマウンドに上がると、6回2安打8奪三振無失点の好投で逆転勝利を呼び込んだ[5]。3年秋には八戸工業大学戦で北東北大学リーグ初の完全試合を達成[6]。4勝0敗、防御率0.72の好成績で優秀選手賞に輝き、優勝に貢献。第9回東北地区代表決定戦でも好投を見せ優勝。第48回明治神宮野球大会に出場を決めた。初戦の大阪商業大学戦では足がつりながらも、5回途中9奪三振の好投を見せた[7]。4年春には左肘痛の影響で登板は無く、4年秋に復帰したが、第10回東北地区代表決定戦東北福祉大学に敗れ、神宮大会への出場を逃した。野球部の同期には佐藤龍世佐々木健がいる。

2018年ドラフト会議で、東北楽天ゴールデンイーグルスから8巡目で指名。契約金2,500万円、年俸700万円(金額は推定)という条件で入団[8]。背番号は56

プロ入り後[編集]

2019年は、大学時代の左肘の怪我の完治を医者からお墨付きを得ていたが、教育リーグ以降腰痛に悩まされて、2軍でも終盤まで登板機会が無かった。

2020年は、9月15日のオリックス・バファローズ戦で一軍デビュー。2試合に登板した。

選手としての特徴[編集]

独特のテークバックから最速149km/hの速球を誇るサウスポー。スライダー、カーブ、チェンジアップ等の変化球を持ち、スライダーは前田健太の握り方を参考にしている[9]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2020 楽天 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 8 1.1 2 1 1 0 2 1 0 0 2 2 13.50 2.25
通算:2年 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 8 1.1 2 1 1 0 2 1 0 0 2 2 13.50 2.25
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2020 楽天 2 0 0 0 0 ----
通算 2 0 0 0 0 ----
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 56 (2019年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]